FC2ブログ
大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 12/27(水)の昼間に行なわれたのは、高校生バンド4組が集まった「ホイストロックステージvol.2」。まずは、トリオバンドで、現在ギターを募集中という「ファッションマンション」(左上)はオリジナルナンバーを5曲披露。続いての、先日の高校生バンド選手権で敢闘賞を獲得したという「フリージア」(右上)は、これまた良くまとまったオリジナル曲で堂々としたステージを披露してくれた。
 主催の「ホイスト」(左下)は、B'zやポルノグラフティなどのおなじみのナンバーをプレイし、観客を大いに盛り上げる。最後の「まるみかんメガンテ」(右下)は3曲ながら、妙に詞にフックを感じさせる自作曲を披露してくれた。
ホイストロックフェス

スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

12/23(土)の14:00から、大分大学の音楽サークル「SOUND FAMILY」による「SOUND FAMILY HOT LIVE」が今年も行なわれた。3回生の追い出しライヴとして、今回出演したのは10バンド。
 ミッシェルカバーの「でいぶ・ガン・エレファント」、イエモンカバーの「伊右衛門」、HOLEカバーの「虎穴」、オリジナルを演奏した「パラダイス銀河」、マキシマム・ザ・ホルモンカバーの「マキシマム・ザ・大内」、ラルクカバーの「Taiso~en~ciel」、アシッドマンカバーの「ACID MAN」(そのままやね)、東京事変カバーの「* incidents」、レッチリカバーの「HOT pepper」、ピエロカバーの「ピエール」(いやー、いっぱい。ちょっと疲れた)。
サウンドファミリー

 各バンドの演奏が終わった後は、サークル卒業をする3回生からお別れの言葉が。みんなが仲間への感謝の言葉を述べる中、感極まり涙を見せるメンバーもおり、ホールは実に感動的なムードに。何とも心洗われるような雰囲気に、思わず大学生に戻りたくなってしまいました。
 いやー、良いイベントでした。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 大阪から「BOGULTA」を迎えて行なわれたライヴ「ユメミルトゥデイvol.2」。出演は「BOGULTA」に加え、三沢洋紀(a.k.a. labcry)率いる「バタコス」、「シャグス」を思い出させる大分の誇るローファイロックバンド「clavinotes(クラヴィノーツ)」、電脳空間から生まれた演奏よりセッティングの方が長いジャンクノイズユニット「DIGIMO-DISCO(デジモディスコ)」の4組。

 「clavinotes」は、相変わらずのゆるくもセンスを感じる楽曲をプレイ。クリスマスイブイブイブということもあり、爆裂ギターはちょっと抑えめか? 

               バタコス3

 「バタコス」は、相変わらずストレートな歌ものロックとして、イイ感じの"歌"を聴かせてくれた。新曲も数曲披露し、新局面を感じさせるナンバーもあったが、演奏面に関しては未だ熟成中といった感も。
 「DIGIMO-DISCO」は、クリスマスに引っかけた反則パフォーマンスをステージ上で展開。感想は、…スカムな感じでした。

bogultal2

 「BOGULTA」はドラムとベースだけという「ruins」的な編成。NANIの破壊的でいてテクニカルなドラミングとヨシカワショウゴのひずんだベース、さらにサンプラーとNANIのパワフルなボーカルによりケオティックな音世界が繰り広げられる。変則的でミニマムな編成ながら、非常にカッコイイバンドだった。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

【2007年】

1/3(水)【OTHERS】
★「コタツでだらだらお正月」★
OPEN/START 17:00~
料金:当日¥1,000(鍋付き/ドリンク別)※着物の女性は半額

●コタツに入って、鍋をつつきながら、でっかいスクリーンでのんびりと正月番組などを見ながら過ごす、ホールをお茶の間に変えるイベント。ミカンもあるよ。

1/7(日)【ライヴ】※情報追加
★あけました今年もよろしくライブ★
OPEN 14:00/START 14:20~
出演:ハイビスカス/アイランドビレッジ/スタンドバイズ
料金:¥440

●高校生バンド4組によるライブイベント。

1/11(木) 【ライヴ】※情報追加
★「Amazon Saliva」ライヴ★
OPEN 20:30/START:21:00~
出演:Amazon Saliva(京都)/VINSS/THE BROKEN BLOSSOMS/BORBO HECATE※出演者追加
料金:前売り・予約¥1,500/当日¥1,800

●元ウルトラビデのHIDE、元ゼニゲバの田畑満、BOGULTA/ZUINOSINのNANIによる骨太パンクバンドがAT HALLに再来襲!
amazaonsakivas1

Amazon Saliva HP:http://www.amazonsaliva.com/

1/13(土) 【クラブ】
★「Dem Ah Tuning」★
OPEN/START 20:00~
出演:SOUND:SUNLINE/Artical Zion/One Run Crew
GUEST:KOS(岐阜)
   DeeJay:NANA/芸短の人々and more
GUEST:K-SNIPER(岐阜)
料金:\1,500(1ドリンク付)

●ルーツロック、ダンスホールなど様々なサウンドを取り上げる、オープンマインドなレゲエイベント。岐阜からのスペシャルゲストもあり。

1/14(日)【ライヴ】※情報追加
★アナファ主催「ロッキンポ殺しvol.2」★
OPEN/START 13:00~
出演:TB/FAT★FREE
料金:\600

●高校生バンド3バンドによるライブイベント。

1/15(月) 【パフォーマンス】
★「山田広野の活弁泥棒?」★
OPEN 20:00/START 20:30~
出演:山田広野/ザ・ドロップス
料金:前売り・予約¥1,800/当日¥2,000

●お馴染み・自作自演活弁士・山田広野が新作を携えて正月早々やって参ります! 更に、大分で活躍中の昭和グルーヴ歌謡ロックの星「ザ・ドロップス」がライヴとトークで盛り上げます!

※山田広野とは:自ら撮影した映画に活弁を付けるという独自の上映活動を続ける活弁士。TV Bros.を始め、雑誌連載・テレビラジオ出演など、最近様々な媒体での露出も増加中。
yamadas1dropss1

山田広野HP:http://katsuben.net/

1/21(日) 【ライヴ】※出演バンド情報追加
★「BUG6-12(バグロクテュエルブ)」★
OPEN/START 13:00
出演:その箱/SELLOUTS/レジスタンス/虚空式/B.J/つくね春子/空の隙間/FashionMansion/吉田幹雄/○△□(博多)
料金:\500

●前後二つのステージで、ステージの入れ替えによる中断無しに、高校生から社会人バンドさらには博多から参戦組まで、10組の出演者の演奏が聴けるというロックイベント。

SONO-BOX HP:http://sono-box.hp.infoseek.co.jp/

1/22(月) 【ライヴ】※出演DJ情報追加
★「夜音vol.2~middle9を迎えて~」★
OPEN/START 20:00~
出演:middle9(大阪)
DJ:DJ HACKY/DJ HIROFUMI/DJ KAWASAKI/DJ MIENO & more
料金:前売り・予約¥1,800/当日¥2,000

●ポップ、ジャズ、ファンクと言った多種多様なエッセンスが注入された、"ポストロック meets クラブジャズ"的なサウンドを奏でる「middle9」。繊細且つ力強い生演奏でホールはダンスフロアに変わる。
middle9s1

middle9 HP:http://middle9.net/
※試聴あり

※開始時間20:00からに変更になりました。「middle9」の出演は21:30頃からの予定です。

1/27(土) 【ライヴ】
★「中谷達也&山内桂」SOLO&DUO★
OPEN 19:30/START 20:00~
出演:中谷達也/山内桂/打音(ex.大分ジャンベフレンズ)
料金:前売り・予約\2,000/当日¥2,500

●ニューヨーク在住の国際的な即興ドラマー・パーカッショニスト「中谷達也」。日本の伝統
音楽なども内包しつつ、国境の壁を越えてゆく音楽を作り出す。山内の3年半ぶりのソロ
アルバム「SALMOSAX2」も2007/1/22に発売!
nakatanis1

中谷達也HP:http://www.hhproduction.org/TATSUYA_NAKATANI_WORKS.html
※演奏ムービーあり

問)バクの夢:bakuyume_ken@ybb.ne.jp

1/28(日) 【クラブ】
★「BLOCK PARTY from 和祭 vol.6」★
OPEN/START:18:00~
出演:星空窃盗団/MMC/ダイナスティアドベント
DANCER:レタス/ウォーリー?/ファンタスティックファイブ/ななふし
料金:700円

●地元大分発の動員力抜群のヒップホップイベントがAT HALL初開催。DJチーム、MC
チーム2チームずつに加え、ダンサーのパフォーマンスもあり。

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、左記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。

テーマ:大分県情報 - ジャンル:地域情報

 先月に引き続いて行なわれた「鶏冠」主催のハードコアパンクイベント「CHIKENS ATTACK vol.10~2006 FINAL~」。まずは、大分の活きの良い若手バンド二組「REVENGE TO ASS SYSTEM」「愚血」が登場し、そのゴリゴリにハードな演奏で会場の空気を盛り上げる。

crudia 3番目に登場したのは、宮崎からやってきた「CRUDIA」。このバンドがまた、鼓膜直撃のハーシュノイズ成分多めのノイズコア。スピーディーなエイトビートに、とかくノイジーなギターがうるさい。

 続いては、先月も登場した「DNiAL」が、特別編成で急遽飛び入り、これまたジャンクでローファイなノイズコアをぶちかます。

nationstate トリ前に登場したのは「nationstate」from大阪。女性二人のツインボーカルが、高速だがタメの利いたグラインドサウンドに乗る。二人の声質の違いがうまく生かされており、特に低音担当の子の方はかなりドスの利いたデス声を聴かせ、迫力たっぷり。

 
tosaka3 貫禄十分に「鶏冠」が登場すると、ホールの盛り上がりも最高潮。そのサウンドは、スピード感にあふれとにかく前々へと突き進む勢いがスゴイ。演奏中のステージのフロントマン4人の佇まいが、とにかくカッコイイバンドだ。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 12/12(火)夜、ホールの空気が普段と違う。なぜならば今夜は、明野の生んだカルト芸人「GO!ヒロミ'44」大分初ライブが行われるからだ。ウラ芸人界の顔役とも言える彼はどんな舞台を見せてくれるのだろう? 「カボスひろし」による軽快なトークの後、「GO!」がいよいよステージに登場!

GO!マスクGO!スガオ

 マスク姿で登場した「GO!」は、軽い漫談など(ドラえもんのモノマネは必見)をした後、マスクを脱いで素顔になった(良いのか?)。そして、ギターを抱えて歌ネタを矢継ぎ早に1時間以上に渡って披露した。もちろんそれらは、下ネタ、芸能界の暴露ネタ、ブラックジョークなどテレビ放映不可能で過激なものばかり(文面で紹介出来ないのが残念)。また、合間に挟まる哀愁あふれるMCもまた脱力させてくれて良かった。

 テレビでは知ることの出来ない芸能界の裏ネタなどが知りたい人は、今度「GO!ヒロミ'44」が大分に来る時があったらぜひ足を運んでみては。

GO!ヒロミ'44 HP:http://gohiromi44.nobody.jp/

テーマ:ライブレポ - ジャンル:お笑い

 12/11(月)の「Roger Turner(ロジャー・ターナー) JAPAN TOUR with 内橋和久」は、東京、大阪、山口、そしてこの大分でしか行なわれないというプレミアムなもの。ホールで繰り広げられたステージは、そしてやはりとても興味深いものとなった。

 ロジャーの前にステージに登場したのは、山口からやって来た「山本達久+井上経康」のコンビと「フラテン」の二組。
 山本のドラムと井上のMIDIギターによる演奏は、曲ごとにそして曲中でも静、動、静と表情を変える。ダイナミックでありながら、どこか整合性の感じられるそのプレイが持ち味か。
 「フラテン」の演奏はよりプリミティブでロック的。激しい演奏と二人の野性の叫びに近い歌唱、さらに曲中に語りが入るなど、曲のドラマチックさにより没入出来る仕掛けもあった。
yamamotoinoue huraten2

 最後に登場のロジャーと内橋は、前日に大阪での「F.B.I(フェスティバル・ビヨンド・イノセンス)」という大きなステージを終えてきたばかり。二人はステージではなく客席にセットを組んで演奏スタート。前の2組とはやはり違ったフリージャズの匂いを強く感じさせる即興演奏を聴かせる。ロジャーは、ジャズセットのドラムセットの上で、鉄片、プラスチックパイプ、小さなシンバルなどを叩く、こする、引っ掻くと、自由にプレイする。内橋もそれに呼応するように、ギター、ダグソフォン、エフェクターなどを駆使してフリーフォームに音を紡いでいく。すると、観客の目は自然にそのプレイに釘付けになった。
 二人のプレイを見て感じたのは、年季の入った腰の強い自由奔放さ、そして、CDとは違うライブならではの力強さだ。
rogeruchihashi

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 12/9(土)、10年間大分で走り続けてきたイベント「sunny sunday smile」がラストを迎える。今回も、前回に続きここAT HALLではライヴが行なわれた。出演したのは「ヒップホップボーイズ」(?)と「Wednesday Yellow Girl」の二組。「Wednesday Yellow Girl」が、洋楽ロックのカバー曲を10曲ほど披露した後、ともに大分のパーティーシーンを盛り上げて来た「sunny sunday smile」クルーもステージに上がり、「OASIS」の「Don't look back in anger」を大合唱。永年続いてきたパーティーの最終回の第一章は、華々しく幕を閉じたのだった。
sunnysunday2

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

12/2(土) 【ライヴ】
★Saigenji LIVE 2006 MUSIC EATER★
OPEN/START 21:00~
料金:前売り・予約¥2,500/当日¥3,000

●MISIA、今井美樹などの作品にも、ゲストボーカル、ギタリストとして参加している「Saigenji」。南米のフォルクローレやブラジル音楽を中心にSOUL、JAZZなどのサウンドを取り込み肉体的に吐き出す彼のライブは必見。
サイゲンジ

※当日、花にまつわるものを身につけて来た方には、ワンドリンクプレゼント!
※SaigenjiHP:http://saigenji.com/

12/3(日)【ライヴ】
★「VIVA!ギターポップvol.3」★
OPEN 19:30/START 20:00~
出演:空の隙間/hugh/セルアウト/kiriwali
料金:前売り・予約¥1,000/当日¥1,300

●尖ってまっすぐな歌が魅力の「空の隙間」、ポップで浮遊感あふれるサウンドを聴か
せてくれる「hugh」など、違った魅力を持ったバンドを楽しめるイベント。

12/9(土) 【ライヴ】
★「sunny sunday smile LAST EDITION」★
OPEN/START 21:00
出演:KISS MY ASS/Wednesday Yellow Girl他
料金:¥2,000※前売りは1ドリンク(BOYCE)&2CD付き

●大分の老舗ロックイベント「sunny sunday smile」のラストイベント。今回もバンドとDJイベントの2本立て。バンドは「AT HALL」、DJは「BOYCE」で。

チケット:SPINNS 097-573-9090/coeur chapel 097-533-1263/MEDI STORE 097-536-8094

※チケットは2会場共通。「BOYCE」はOPEN/START22:00~

12/11(月) 【ライヴ】※情報追加!
★「ロジャー・ターナー JAPAN TOUR with 内橋和久」★
OPEN18:30/START:19:00~
出演:ロジャー・ターナー(U.K.)/内橋和久(東京)/フラテン(山口)/山本達久+井上経康(山口)
料金:前売り・予約¥2,000/当日¥2,500

●30年以上のキャリアを持つ、イギリス出身の前衛音楽&フリージャズのドラマー&パーカッショニストが、UAの作品のプロデュースや劇団維新派の舞台音楽で知られる内橋和久と共演。
ロジャーターナー


12/12(火) 【パフォーマンス】
★「帰ってきたGO!ひろみ44'」★
OPEN 19:30/START 20:00~
出演:GO!ひろみ44'/カボスひろし
料金:前売り・予約¥2,000/当日¥2,500(要1ドリンクオーダー)

●☆明野の星☆「GO!ひろみ44'」凱旋公演! 歌にトークにお悩み相談! SORRY完全R指定! こりゃあテレビに出られんわけだ(笑)。
goヒロミ

※GO!ヒロミ44'HP:http://gohiromi44.nobody.jp/

12/16(土) 【ライヴ】
★CHICKENS ATTACK!!! vol.10~2006FINAL~★
OPEN 18:00/START 18:30~
料金:¥1,500
出演:鶏冠/愚血/REVENGE TO ASS SYSTEM/CRUDIA(宮崎)/nationstate(大阪)

●大分のエクストリームパンクの雄「鶏冠」主催によるライヴイベントが2カ月連続で開催。またもホールをカオスの渦に巻き込むのか?

12/22(金) 【ライヴ】※情報追加!
★ユメミルトゥディvol.2~BOGULTAを迎えて~★
OPEN 19:00/START 19:30~
出演:BOGULTA(大阪)/バタコス/clavinotes/DIGIMO-DISCO
料金:¥1,500(1ドリンク付き)

●「Amazon Saliva」、「ZUINOSIN」などでも活動するハイパードラマー「砂十島NANI」率いるバンド「BOGULTA」の大分初ライヴ。大分からは三沢洋紀(a.k.a.LABCRY)率いるバタコスなどが迎え撃つ。
※クリスマスイベントなのでシャンパンもあります!
BOGULTA

※BOGULTA HP:http://blog.goo.ne.jp/nani_satozima

12/23(土) 【ライヴ】
★大分大学サウンドファミリー HOT LIVE★
OPEN/START:14:00~
料金:300円
出演:でいぶ・ガン・エレファント/伊右衛門/虎穴/パラダイス銀河/マキシマム・ザ・大内/Taisou~en~ciel/ACID MAN/* incidents/Hot pepper/ピエール

●大分大学の音楽サークル「サウンドファミリー」主催のライヴイベント。

12/27(水)【ライヴ】※情報追加
★「ホイスト」ロックステージvol.2★
OPEN/START 14:00~
出演:ホイスト/ファッションマンション/フリージア/マルミカンメガンテ
料金:当日¥500

●高校生バンド4組によるロックイベント。

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、左記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。

テーマ:大分県情報 - ジャンル:地域情報

 12/3(日)の夜に行なわれた「VIVA! GUITAR POP vol.3」は、偶然にも出演した4バンド全てがトリオという珍しいイベントとなった。

sellouts.jpg kiriwali
 一番手に登場したのは「sellouts(セルアウツ)」(左)。ニルヴァーナのコピーバンドながら、その吐き捨てるようなボーカルとヘビーな演奏に、観客はまるでパーティーのように盛り上がる。
 続いて登場の宮崎からやって来た「kiriwaii(キリワイ)」(右)は、ファンキーで溜めの効いたブルージーなロックを披露。ステージで焚かれたお香の煙と共にホールをアシッドでサイケな空間に持っていく。

hugh2 空の隙間
 三番手の「hugh(ヒュー)」(左)は、きらびやかなギター、骨太なリズム隊にささやくようなボーカルが乗る。楽曲の中の静と動の対比、ドラマチックな展開が魅力。以前より演奏の力強さが増した気がする。
 トリでの登場は「空の隙間」(右)。性急で直線的なビート乗った、ひりつくようなボーカルに耳を奪われる。少年のような潔癖さ、切迫感が演奏全体から伝わってくる。こちらもボーカルの表現力、観客へ歌を伝える力が上がっているように思われた。

 全てギター&ベース&ドラムというシンプルな編成ながら、それぞれの持ち味が違い、一夜で様々な音楽が楽しめたということで、とてもお得なイベントだったのではないだろうか。

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 多くのオーディエンスが集まる中、「Saigenji」はガットギター一本を持ってステージへやって来た。ギターかき鳴らし、良く通る声で歌い出した瞬間、ホールの中は彼の発するあたたかく、大らかなバイブレーションに包まれる。南米のフォルクローレなどをベースに、ソウル、ヒップホップ、ポップスなどを雑多に飲み込んだ、「Saigenji」流のサウンドを自由に吐き出していく。また、そのステージングも観客からのリクエストに応えるなど、フランクそのもの。洗練されていながらも、人肌のぬくもりを感じさせるその音楽は、彼のオープンマインドな人間性から来ているものだと思った。
saigenji

Saigenji HP:http://saigenji.com/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

11 | 2006/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー