FC2ブログ
大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 東京の高円寺にある、レコードショップであり、喫茶店でもあり、ライブが行なわれたりもする特殊空間"円盤"。その"円盤"からオーナーである田口史人をDJとして、そして"円盤"一押しのエキセントリックアートギャルバンド「角煮」を札幌より迎えて行なわれた「高円寺円盤ナイト」

 出演バンドは、「角煮」、「clavinotes」、そして結成後初ライブという「kamome narcotic」のリーダー山本による新バンド「SAYOUTEN」の3つ。開演前とバンドの演奏の間に、田口氏と、三沢洋紀(a.k.a LABCRY)によるDJが挟まるという形式だ。

sayouten 「SAYOUTEN」はニューウェーブ、ノーニューヨークの香りのするトリオバンド。かき鳴らされるギターとシンプルなドラミング、サウンドを引っ張るベース、それらが絡まりながら徐々に音を積み重ねていく。その、くもぐったような音世界が印象的なバンドだ。

clavi070328 「clavinotes」は今回はトリオでの演奏。そのためか、通常とはギターアレンジを変えての演奏だった。いつもより深く掛かったディレイの中、激しくギターをかきむしるが、今夜は何か優しい「clavinotes」といったように感じた。

 田口氏による、"円盤"という空間のコンセプトの説明と、"円盤"で制作、販売されている商品をDJで流した後、いよいよ「角煮」の登場だ。

 いつもより前に出されたドラムセット、ステージの真ん中に据え付けられた電子レンジ、何故かホールに漂う干し魚の匂い。
 鈴の音とともにステージへ上がり、観客に電子レンジで温めた角煮を振る舞う。演奏前の儀式を終えた後、ギターを抱え、ドラムセットに座り演奏のスタートだ。
 パワフルなプレイに合わせて、ある種呪術的なそれでいて耳に付くメロディを合唱のように歌い上げていく。その姿はさながらトンチキ村のお祭りで、トンチキ神様へ捧げる為に歌われる歌のような原始的な力強さがあった。
 
角煮070328

円盤 HP:http://www.enban.org/
角煮 HP:http://kakunikakuni.web.fc2.com/

3/28(水)夜
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 3/25(日)に行なわれたのは、「BLOCK PARTY from 和祭 vol.final」。大分の若い世代から大きな支持を得ているHIPHOPイベントのラストイベント、一年間に渡って行なわれてきたイベントの集大成だ。

 RYOSUKEの廻すHIPHOP、R&Bチューンによりホールが徐々に暖まる中、MCダンスのショウケースのスタートが切られる。
 MCのショウは、久しぶりの登場という「Microphone Owners」の若々しいラップ、5人のMCによる迫力のあるショウを見せた「マジェスティック・マーク・クルー」と続く。
 ダンスショウは、コミカルな動きを取り入れ多彩な展開のダンスを見せた「ナックル・ベア」、スタイリッシュなアニメーションスタイルを披露した「G-Men」、セクシーなジャズ、ヒップホップを見せた女の子2人組「ななふし」と、各々の特色が色濃く出たダンスに観客から大きな歓声が上がる。

 よりアゲアゲなRYOSUKEのDJプレイを挟み、第2弾目のMCダンスのショウケースが始まる。

 「ダイナスティ・アドベント」は、ダークなトラックにのせてハードコアな空気をまとってラップ。「和祭」のオーガナイザーである冨宿を擁する「星空窃盗団」は、自らの体験を色濃く反映させたリリックが印象的なラップを披露。「FRONT LINE」よりのゲスト「H.I.T」はラガ風味の歌と同性である女性に向けた真摯な言葉が記憶に残る。冨宿のワンマンMC「Cocky」では、ハイスピードなスキルフルなラップを見せつける。
hitcocky
「H.I.T」と冨宿のコラボレーション

 ダンサー達もMC陣に負けない熱いステージを披露。ジャズダンス、ヒップホップ、ブレイキングとダンススタイルも選り取りみどりだ。若い姉妹ダンスユニット「ウォーリー?」は切れの良くフレッシュなダンスを、「チョベリバ」はダイナミックなブレイクダンスで観客を沸かせ、3人組の「レタス」はコンビネーションを活かしたセクシーなダンスで魅せる。

チョベリバレタス070325
(左)チョベリバ/(右)レタス

 充実のSHOWのラストは、オリジナルの「和祭」クルーによるラップで大団円を迎え、それぞれのクルーがネクストレベルへステップアップするための卒業式は、盛大にそれでいて静かに幕を閉じたのだった。

テーマ:HIPHOP,R&B,REGGAE - ジャンル:音楽

4/15(日)【映画上映】※情報追加

★ワー!マイキーリターンズ&オー!マイキーナイト★
上映作品:「ワー!マイキーリターンズ」、「オー!マイキーナイト」
上映時間:「ワー!マイキーリターンズ」15:00/18:00、「オー!マイキーナイト」16:30/19:30
料金:1本のみの鑑賞\1000、2本併せての鑑賞\1500

●テレビ東京での深夜放送時に、大きな話題となったマネキンドラマ「オー!マイキー」シリーズ。その人気ゆえ、新作が作り続けられる中、今回はテレビでは放送されていない劇場公開版を2本併せて上映。マネキンの一家の繰り広げる、ブラックでシュールな世界はいっそうパワーを増し、爆笑させられること必至です。「オー!マイキーナイト」は東京、大阪以外では初めての上映。マイキー!グッズの販売も予定。

マイキーリターンズマイキーナイト

オー!マイキーHP:http://www.tv-tokyo.co.jp/oh-mikey/

4/21(土)【ライヴ/パフォーマンス】※情報追加
★Contemporary Dance with SALMO SAX★
OPEN/START15:00~
出演:クルト・コーゲル(ベルギー)/山内桂/倉田真紀子(京都)
料金:カンパ制

●コンタクトインプロヴィゼーションを得意とし、ドイツの大学で教鞭をとるコンテンポラリーダンサー"クルト・コーゲル"が久々に大分に! 今回は大分の誇る即興サックスプレイヤー山内桂、京都のダンサー倉田真紀子と3人で、5日間山中で合宿を行ない作り上げた作品を披露する。

-コンタクトインプロヴィゼーションとは-
1970年代にアメリカで始まった、2人~集団で体重のやりとりを行ないながら即興的に動く肉体表現の形式。現在、欧米ではコンテポラリーダンスを学ぶ振付家やダンサーには必須のクラスになっているだけではなく、一般の人々にも広く親しまれている。舞台上で人に見せるために踊るというだけはなく、一般の人たちが自分たちで実践して楽しむという側面が強いということも特徴の一つ。

KURTKOEGELWEByamautikokuti

クルト・コーゲル HP:http://homepage.mac.com/kurtkoegel/
倉田真紀子紹介:http://contactimprovisation.blog87.fc2.com/blog-entry-6.html
山内桂 HP:http://salmosax.com/

コンタクトインプロ参考画像:http://www.youtube.com/watch?v=7p2Tof2y1yQ
※クルト・コーゲルの画像ではありません。

4/21(土)【ライヴ】※情報追加
★THE CRAZY AGAINST★
OPEN19:30/START20:00~
出演:TRUST/虎吼獅無僧(名古屋)/DEGENERATE(大阪)/VICERA INFEST
料金:\1,500

●名古屋、大阪からハードコアパンクの猛者どもがやってくる。大分のパンクス、ハードコア好きよ、集合せよ!
大分グラインドシーンの雄「VICERA INFEST」の出演も急遽決定!

viceralogo


DEGENERATE HP:http://www.geocities.jp/degenerateweb/index.html
VISCERA INFEST HP:http://sound.jp/viscera-infest/

4/22(日)【ライヴ】※情報追加
★BUG6★
OPEN/START 12:00~ ※時間が1時間早くなりました。
出演:その箱/Fashionmansion/虚空式-ゼロシキ-/ザ・ランズ/蔵人組/センノヲト/Emotional Crime
料金:¥500

問:sono-box@infoseek.jp(その箱 ミウラ・アンドウ)

●2つのステージを設置して、バンドの入れ替わりのタイムラグなしにぶっ続けで、各バンドの演奏を楽しめるイベント。社会人、高校生バンド入り乱れての出演。現在、出演バンド募集中。詳細はhttp://sono-box.hp.infoseek.co.jp/を見てみてね。

虚空式 HP:http://www.zero-siki.com/

※詳細決まり次第、情報追加いたします。

4/22(日)【ライヴ】
★山本精一アニマルゾロゾロツアー大分編★
OPEN 18:30/START19:00~
出演:山本精一(大阪)/三沢洋紀(バタコス、a.k.a LABCRY)/SAYOUTEN(ex.kamome narcotic)
料金:¥2,000/当日¥2,300

●ライヴハウス難波ベアーズのオーナーでもあり、ボアダムス、ROVO等でマルチに活躍するギタリスト、コンポーザーの山本精一。ソロセットでいったいどういった世界を見せてくれるのか。期待して待て!

yamamoto0422

山本精一HP:http://www.japanimprov.com/syamamoto/syamamotoj/

4/28(土)【クラブ】※情報追加
★渋谷系ナイト★
OPEN/START 21:00~
出演:ドロップアウトファイヴ
DJ:DJセシル/コニシ/オノ
料金:¥1,000(要1ドリンク・オーダー)

●今年もやります428(シブヤ)の日。ネオアコ、おマンチェ、ギターポップ、キラメキに満ちた一夜を踊り明かそう。

shibuya070428

※詳細決まり次第、情報追加いたします。

4/29(日)【ライヴ】※情報追加
★大分大学 SOUNDFAMILY新歓LIVE★
OPEN/START:12:00~
出演:大分大学SOUND FAMILYの部員によるバンドたち
料金:\300

●大分大学の音楽サークル「SOUND FAMILY」の部員たちによるバンドが大挙出演し、新入生を歓迎するイベントです。

4/29(日)【ライヴ】
★倉地久美夫祭り!!!★
OPEN 19:30/START 20:00~
出演:倉地久美夫(福岡)+山内桂+山本達久(山口)トリオ/ミワサチコ(熊本)/山口最中(山口)
料金:予約・フライヤー持参¥2,000/当日¥2,500

問:バクの夢 bakuyume_ken@ybb.ne.jp

●詩のボクシング全国大会優勝経験もある倉地久美夫が再び大分へ。円盤よりニューアルバムも発売間近な今、ソロ、デュオ、トリオといかなる世界を見せてくれるのか!? 共演の二人の弾き語りシンガーの歌も聞きどころ!

kurachi


倉地久美夫HP:http://hirunohikari.com/kurachikumio.html

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、左記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。

テーマ:大分県情報 - ジャンル:地域情報

 卒業/斉藤由貴。ということで、ありがたいことに長く続いた高校生卒業ライヴシリーズも、本日が一応の最後となります。今回のイベントは「OVERDOSE」主催による「フェイドアウト」。出演バンドは4つ。
 
 高校の文化祭をきっかけに結成されたという「WEED」。久しぶりライヴということだったが、オリジナル曲を中心に堂々とした歌声を聴かせる。
 精力的なライヴ出演を続ける「Fashion Mansion」は、出来たばかりの新曲を初披露。4/22(日)の「BUG6-12」にも出演予定なので、気になる人はそちらも要チェック!
 「マルクス」のメンバー二人が参加した「NEWWAY」は、スリーピースでHAWAIIAB6などメロコアナンバーのカバーを何曲か。先輩バンドの貫禄で、ライヴは今回だけというのが、もったいない演奏をみせた。
 トリの「OVERDOSE」もおよそ一年ぶりのライヴ。スターリンのカバーなどを交えつつ、ガレージィなオリジナル曲をレイジーな雰囲でプレイし、高校卒業の記念ライヴを見事に締めくくった。

weedfashionm070321
newwayoverdose
(左上)WEED/(右上)Fashion Mansion/(左下)NEWWAY/(右下)OVERDOSE

 皆さん、卒業おめでとうございます。それぞれが大分を離れ、バラバラになっても音楽を続けていてね。そして、何かで大分で集まった時、ライヴやりたいなと思ったら、ぜひAT HALLで。待ってますよ。

Fashion Mansion HP:http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=fashion_mansion

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 毎回、ホールがいつものライヴ空間とは違った空気となるようなアーティストを招いて行なわれるイベント「夜音」。3回目の今回は、京都からスマイリーな自由音楽人「dubmarronics」(田中康彦)を迎えて行なわれた。

djshounohugh070319

 「dj shouno」による、ドープでスモーキーなbreakbeats/electronicaのDJプレイ、今回弾き語りで一人での演奏となった「hugh」の、指板を擦る弦の音までが美しい繊細なアコギの音色とその空間に溶け込んでいくような歌声。それらにより、主役が登場する準備は整った。

 今晩は、「dub marronics」と山口の誇る若き実力派ドラマー山本達久が真っ向からぶつかるセットでの演奏となる。田中が演奏時に使うのは、ギターと何個かのディレイ。いくつもの音を重ねながら音像を作り上げていく田中のプレイに呼応して、山本が即興的にドラムを叩いていく。音源で聴ける繊細で鈍い色の世界とはまた違った、よりダイナミックで次々に変わっていく音絵巻に観ている者は自然に巻き込まれていく。
 今晩の演奏はelectronica的なものというよりは、より動的でプログレ現代音楽的なものに感じられた。

dubmarronl

dub marronics HP:http://www.myspace.com/dubmarronics


テーマ:テクノ・エレクトロニカ - ジャンル:音楽

 贈る言葉/FLOW ver。まだまだ続く、高校生イベントシリーズ。3/18(日)は、「BOX factory」主催による「Music Box」。出演バンドは、今回も4つ。

 スリーピースの「トミノ」は、エルレガーデン、アシッドマン、ビークルなどのカバーをプレイ。
 中津からやってきたというアコギ弾き語りの2人組の「パズル」は、ゆずのカバー曲をみずみずしく歌い上げる。
 AT HALLもはやおなじみ?の「Fashion Mansion」は、オリジナルのナンバーを、若さゆえの性急さあふれるプレイで見せる。
 トリの「BOX factory」は、ギター2本に女の子ベースの5人組。FLOWやバンプ・オブ・チキンのカバーなどを初々しいステージングで披露してくれた。

tominopazuru
fml0318boxfactory
(左上)トミノ/(右上)パズル/(左下)Fashion Mansion/(右下)BOX factory

 学校の都合などで、休みになっちゃうのはしょうがない。しばらくの間、勉強がんばってください。復活してのライヴ待ってます!

BOX factory HP:http://ma.minx.jp/boxfactory
パズル HP:http://x25.peps.jp/puzzle2005/?cn=3&_cus=jbt7p5
Fashion Mansion HP:http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=fashion_mansion

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 木綿のハンカチーフ/椎名林檎ver、ということで、またまたあります高校生主催の卒業記念ライヴ。3/17(土)は、「モルヒネ」主催「Run!」が行なわれた。

 出演は4バンド。

高校生バンドの「Chocolate Pafe」は、オレンジレンジやモンゴル800のカバーなどを真正面から歌い上げる。
 佐伯からやって来た先輩の社会人バンドの「S.M.B」はAT HALL2回目の登場。ジャズ、カフェミュージックなど、様々なエッセンスを内包したロックを、スタイリッシュ且つ熱くプレイ。ホームページから、試聴ページに飛べるので、興味のある人はそちらをクリック(PCのみ)。
 同じく先輩バンドで、わざわざ福岡から足を伸ばしてくれた「supernova」はスリーピースで、サンプラーなどを駆使し、空間を意識したロックを演奏するトリオ。男らしいヴォーカルを、音の塊とともに、観客にぶつける。
 トリの「モルヒネ」は、女性ボーカルに、キーボードの加わった5人組。椎名林檎、東京事変のカバーを披露し、自分たちのイベントを大いに盛り上げた。

chocopafesmbl0317
supernovamoruhine
(左上)Chocolate Pafe/(右上)S.M.B/(左下)SuperNova/(右下)モルヒネ

 高校生バンドに加えて、頼れる先輩バンドの力により、非常に締まったイベントになりました。高校生のみんなも、先輩を見習ってこれからも音楽を続けてね。

S.M.B HP:http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=SMB123
supernova HP:http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=supernova_hp&P=0&MD=I
モルヒネ HP:http://73.xmbs.jp/santamaria/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 3/11(日)夜に行なわれたのは、「wannastay」プレゼンツによる「ECHO BOX vol.3」。持ち味が違った出演者5組が揃ったイベントだ。

miwa070311 トップは熊本から久々に帰ってきた(?)「ミワサチコ」。4ヶ月ぶりのAT HALLへの登場だったが、変わらない、凛としてどこまでも届くような美しい声をホールに響かせ、ホールの風景を一瞬にして変えてしまう。

 続いては、これまた久しぶりのライヴ出演となった「NENECART」(左)。キーボードが今回のライヴで卒業、ベースとドラムがサポートという状態だったが、構成のしっかりした、大人のロックをしっとりと聴かせる。新メンバーを募集しているそうなので、興味を持った人は心に留めておいて欲しい。地方では珍しいスタイルのバンドだと思うので、ぜひ新メンバーが見つかって欲しいものだ。
 「スコッティッシュ・フォールド」(右)もまた久しぶりのオリジナルメンバーが揃ってのライヴ。ピアノトリオ編成で、オリジナル、カバーを交えたさわやかなポップジャズインストと、ベースの衛藤による若干暴走気のMCをホールに届ける。そんな彼らも、実は現メンバーでのライヴはあと一回。3/16(金)に西大分のBRICKBLOCKでラストライヴが行なわれるそうなので、足を運んでみてね。

nenesco

clavi070311 「clavinotes」は、ボーカルが風邪上がり、ドラマーも病欠で当日にサポートが決まるという不安定な状態だったが、ここでライヴならではの不思議なマジックが発動。素晴らしいステージを見せつけ、観客の注目(そして笑いも)を一気に集める。ギターをかき鳴らす姿が一段と決まっていた。

wannastay070311 トリの「wannastay」は、スケールを感じさせるストレートな歌ものロックを披露。様々な表情を見せるバックの演奏にのった、ボーカル金田のまっすぐな歌声は観客の胸に確かに届いたはずだ。

 一夜で様々なバンドを体感できただけに、今後もぜひ定期的続いて欲しいイベントだった。

wannastay HP:http://pksp.jp/ws2007/
NENECART HP:http://www.d1.dion.ne.jp/~oioioi/nenecart.html
スコティッシュ・フォールド HP:http://www.us.oct-net.jp/~etoken-z/
ミワサチコ HP:http://www.geocities.jp/miwa01234/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 このところ、高校生の卒業記念ライヴ重なった中、今回行なわれたのは大分大学サウンドファミリー「追い出しLIVE」。卒業する4年生を快く送り出すために開かれたライヴだ。

 トップに登場した「海辺のカフカ」は、グレイプバインのカバーバンド。
 4年前の活動時に伝説を残した(一部の人間に)という「刹那」は、ボーカルが変わっての久々の復活でオリジナル曲などを披露。
 ニルヴァーナのカバーバンド「河野と上野とモジモジ君達」は、マスクを被っての登場に、ボーカルの突然の乱入とサプライズがいっぱい(若干スベッてた?)。
 続いての「長老Forever」が、今回のライヴのひとつのクライマックス? 演奏はオリジナルの2曲のみながら、そのステージは約1時間。それは、サウンドファミリーの長老たちにより、卒業生に対して、微に入り細にわたった温かい言葉が送られたからだった(ホントは酒の入った暴露大会?)。
 続いて登場の「チュッパチャップス」はシャカラビッツのカバーなどで登場。卒業するボーカルの子のMC、こちらはちょっと感動的なもの。
 トリの「一念勃起」は、全員が4年生によるバンド。FIELD OF VIEWの「DANDAN心惹かれていく」やユニコーンの「素晴らしい日々」など、様々なジャンルの曲プレイし、弾き語りで好きな曲を歌い上げるなど、やりたいことてんこ盛りで、学生時代最後のライヴを見事締めくくったのであった。

oidasi0310(上左)海辺のカフカ
(上右)刹那
(中左)河野と上野とモジモジ君達
(中右)長老Forever
(下左)チュッパチャップス
(下右)一念勃起


 打ち上げは盛り上がりましたか?

3/10(土)昼

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 by おニャン子クラブ「じゃあね」というわけで、高校生卒業ライヴイベントが2日連続で行なわれました。

 本日のイベント「シルバニア family ざ☆キャバレー ~ずっと…忘れない~」(名前の理由聞くの忘れてた)に出演したのは、またも4バンド。

 最初に登場した「ザ・早島'Sバンド」は、女の子ボーカルの5人組。このメンツでのステージは最初で最後ということなんですが、大塚愛のナンバーを元気に歌ってくれました(途中でドラムの男の子が、フロントに出てのモンパチの熱唱もあり)。
 「SENZ☆RY21」は、およそ1年ぶりのライヴということでしたが、溌剌とそれでいてきっちりとハイスタアジカンの曲などを披露。でも、1曲歌ったオリジナル曲が印象に残りました。
 わずか1曲だけのステージだったのが、「ド素人」。「はじめてのチュウ」をパンクバージョンで演奏。いやー、この曲はホント人気ありますね。
 主催の「とうぶ開発」は、ハイスタ、横山健の「Ten years from now」などをプレイし、自らの手で手作りの卒業パーティの幕をきれいに引いたのでした。

ザ早島senzry21
ド素人とうぶ
(上左)ザ・早島'Sバンド/(上右)SENZ☆RY21/(下左)ド素人/(下右)とうぶ開発

 この春から、今回参加してくれたみんなの周りの環境も変わるでしょう。それでも、音楽はやり続けていて欲しいです。そしてまた、今日のメンバーと久しぶりに会ったら、同じメンバーでバンドをやってみたらどうですか? 絶対楽しいと思いますよ。

3/7(水)昼

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 by 長淵剛「乾杯」っていうことで、卒業式を終えた高校生によるライヴが3月は何本か入っています。

 3/6(火)の夜に行なわれたライヴには、いろいろな高校出身の4つのバンドが参加しました。

 「EARTH SINGLE BLOW」は、3ピースでエルレガーデンのカバーなどを披露。その良く通る声が印象的。
 スパイキーヘアーもキマッてる「SARKIES」は、いきなりのピストルズ「アナーキー・イン・ザ・UK」で度肝を抜く。
 本日主催の「OLD STAMP」は、3ピース、4人と途中で編成を変えながらハイスタンダード、マキシマム・ザ・ホルモンのナンバーを確かなテクニックでプレイ。
 ラストの「THE RAUCOUS」は、ライダース姿でオリジナルナンバー、ソバットのカバーなどをロンドンパンクの香りを撒き散らしながら、激しくぶちかましてくれた。

earthsinglesarkies
oldstampraucous
(上左)EARTH SINGLE BLOW/(上右)SARKIES/(下左)OLD STAMP/(下右)THE RAUCOUS

 これから、各バンドのメンバーたちは、それぞれ別々の道を歩き出すよう。今回のライヴが、今後成長して行く上で、良い思い出として振り返れるものとなってくれれば幸いだな、と思います。

THE RAUCOUS HP:http://mz.minx.jp/raucous
THE SAEKIES HP:http://hp29.0zero.jp/635/08052192421/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 3/4(日)の夜に行なわれたのは、都町にあるBAR「es」&「S.O.L」プロデュースによるライヴイベント「夢音ストラテジー vol.3」

 今回のイベントに登場したのは6バンド。オーナーのパーマネントバンド「full flat seat」は、オリジナルに加えてミューズのカバーなどを披露。前回も登場の「GERI HEAD」は、アメリカンな雰囲気でジミーイートワールドのカバーなどを、府内町のカフェ「RANZU」スタッフによる「Project R」は、お揃いの白ワイシャツと黒ネクタイ姿で、フーファイターズなどをガレージィにカバー。「OHJI HOT CHILI PEPPERS」は、その名の通りレッチリのナンバーをパワフルにプレイ、「es」スタッフ勢ぞろいの「es special band」は、人生初のライヴ出演メンバーがいたとは思えない、しっかりとした演奏を見せてくれた。ラストに登場の「kei quant」は、当日初顔合わせとは思えないコンビネーションで、アコースティックナンバー(なんと観客との神田川の大合唱まで)を披露して会場の空気をしっとりとさせ、見事にイベントを締くくった。

 今回のイベントは、バンド、DJに加えて、yojiとmaco(コンビ名:ケースバイケース)による軽妙なMC、「S.O.L Project」による、ステージ上がディスコのお立ち台になったかのような出し物まで、お客さんを楽しませるため趣向がいっぱいで、来てくれたみんなも大いに盛り上がっていた。
 ロック好きのスタッフが揃うお店の方へも、足を運んでみたくなるようなハッピーなイベントでした。ちなみに次回は5月の予定とのこと。気になった人は、次回は参加してみよう!

esband.jpgsol.jpg
(左)es special band/(右)S.O.L Project

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

02 | 2007/03 | 04
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー