大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 ゴールデンウィーク前半の行楽日和の中行なわれた大分大学サウンドファミリー新歓ライヴ」

 期待に胸を膨らませた新入生たちの入学を祝うために、優しき上級生が企画したサークルの自己紹介&歓迎会的なイベントだ。

 新入生たちにお手本を見せるかのように演奏したのは6バンド。

 「ドアコック」のカバーをプレイしたのは「どあこっく■(※ハート)」(そのままか!)。2回生のバンドなのか、まだまだ初々しい感じ。
 2バンド目は、これまた一人を除いて2回生という5人組の「灰色」。そう、名前を聞いて分かる通り「GLAY」のコピーバンドだ。大学に入ってから、楽器を始めたメンバーもいるそうだがなかなかにまとまった演奏を見せる。
 続いてはレイジのカバーを聴かせた「Rage against the Masachine」。独特なテクニカルなギターソロも完コピした実力派。タメの効いた演奏はさすが上級生の貫禄だ。
 またまた2回生バンドの「56Frank」は「ロコフランク」をカバー。メロコアナンバーを若さいっぱいに披露する。
 玉川さんのいない「チーム玉川」は「バックホーン」のナンバーをプレイ。変則的な構成な楽曲、そのひりつくようなイメージを上手く再現していた。
 トリには変態バンドを自称する「マキシマム・ザ・大内」が登場(部長もメンバーなんですけどね)。パワフルな演奏(曲はもちろん「マキシマム・ザ・ホルモン」)と達者なMCで会場を大いに盛り上げた。

sinkan070429どあこっく(左上)/灰色(右上)/Rage against the Masachine(中左)/56Frank(中右)/チーム玉川(左下)/マキシマム・ザ・大内(右下)


練習量の感じられる上手いバンドも多く、エンターテイメントとしても楽しめるイベントだったと思う。興味のある人は、一度足を運んでみては(次のライヴは6/23(土)を予定。場所はココ)。

新入生のみなさんは音楽に勉強に、大学生活を精一杯満喫してくださいね。

4/29(日)昼
スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 恒例の"シブヤ(4/28)"の日が、今年もAT HALLにやって来た。

 90年代初頭、春の嵐のように渋谷系音楽は日本中を吹き抜けた。

 そのムーブメントを再び巻き起こそうと、九州の片隅、大分で孤軍奮闘するクラブイベント渋谷系ナイト」も回を数えること3回目。

sibuyadj セシルオノコニシのDJ達も、コーネリアスピチカートといったド直球から、エバーグリーンなギターポップ、ネオアコ、ブルーアイドソウルと幅広いレコードをスピンする。もちろん、どの曲もホールの空気をハッピーなものにするばかりだ。

dropoutfive さらに、特別ゲストとして、一回限りのスペシャルバンド「ドロップアウトファイブ」が登場し、ピチカートファイブのカバーなどを披露。イベントに華を添えた。

 ちっぽけなホールから発信された"シブヤ"のサインが、全国のボーダーっ子(もちろん横シマの方ね)達に届くことを願いながら今回のブログを締めさせてもらいたい。

sibuyacurry P.S. AT HALLは"渋谷系"以外でも、大分から
何か発信したいという人を待ってます。
気軽にコンタクトしてみてね。
ちなみ写真は昼のカフェタイムで出されたカレー。美味かったですよ。


4/28(土)昼・夜

テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

5月のスケジュール※情報追加

5/13(日)【クラブ】
XYZweb

★Club XYZ -Dream Factory- 1st STAGE 風神雷神★
OPEN/START20:00~
DJ:丸田珠璃/賢明/アゲ兄 他
料金:2000円(1ドリンク付き)※前売り限定

問:JAMBARAYA 097-536-2887/同楽や 097-537-9898

●ダンスクラシックにトランス、ヒップホップとオールジャンルのダンスイベントがAT HALL初開催。とにかくアゲアゲで踊りまくって、盛り上がろう!

5/15(火)【ライヴ】
ブラサキweb

★ROCK THE CABAREST presents JUKE BOXERS -ブラサキ NEW ALBUM~growlin'the "B"~レコ発ツアー★
OPEN 21:00/START 21:30~
出演:BLOODEST SAXOPHONE(東京)/THE SUZY CABAREST/RADIO JACK/VINSS  DJ:NORI THE SWING/FATS/SINTAROCK
料金:前売り\2,000(要1ドリンク・オーダー)/当日\2,500(要1ドリンク・オーダー)
問:Robbers 097-538-5661/武井医院 0977-24-3411/Raleys 097-537-9219

●正統派スタンダード・ジャズのテイストを生かしつつ?リジナリティ溢れるブラス・アレンジと個々のプレイヤーのテクニックが込められたサウンドで魅せてくれるBloodest Saxophone。スーツ姿の伊達男たちの熱きステージを見逃せない!

Bloodest Saxophone HP:http://bloodsax.main.jp/bloodsax/top/top.html
※試聴、ビデオが見られるページへのリンクあり。

5/20(日)【ライヴ】
★夢音ストラテジー vol.4★
OPEN 18:30/START 19:00~
出演:KZC/es band/project R/kei quant/full flat sheet
DJ:kozo/takeya
MC:Yoji/maco
料金:前売り・予約¥1,500/当日¥1,800

問:es tel 097-534-7888/S.O.L tel 097-537-8887

●都町のダイニングバー「es」、「S.O.L」の主催による楽しいイベントが、またまたAT HALLにやって来るぞ!

※詳細決まり次第、情報追加いたします。

5/23(水)、24(木)【映画上映】
nichijouweb

★日常 恋の声★
上映作品:「日常 恋の声」
上映時間:両日とも21:00より
料金:\1,300 (フライヤー持参\1,000)

●ケンドーコバヤシ、麒麟、ハリセンボンなど吉本若手人気芸人が大挙出演する映画の第2弾がいよいよ登場!  大阪と言う街を背景に「男と女」のすれ違い、恋愛、人間模様をあたたかな視線で描くコントではない「笑い」のドラマ。音楽には、元サニーデイ・サービスの曽我部恵一を迎え、穏やかで美しい彩りを加えています。見た後にほっこりとあたたかい気分になれる作品です。

日常HP:http://www.nichijou.com/

5/27(日)【ライヴ】※情報追加
★Resistance主催ライヴ★

OPEN 13:30/START 14:00~
出演:Resistance/ブンブンマート。/STRIKE HANDS MAN/G-MEN
料金:\500

●高校生バンド「Resistance」主催によるライヴイベント。高校生を中心に4バンドが出演予定。

Resistance HP:http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=resistance4&P=0※チケットはこちらから

5/27(日)【ライヴ】※情報追加
5_27doravideo

★ドラびでお ベネチアビエンナーレ出撃直前ライヴ★
OPEN 19:30/START20:00~
出演:ドラびでお
料金:\1,000(要1ドリンクオーダー)

●ドラムセットをビデオコンソールとして扱い、映像と音楽が見事にシンクロしたライヴパフォーマンスを行なう「ドラびでお」が、ベネチアビエンナーレへの出陣を直前に控える中、大分へやって来るぞ。著作権侵害、名誉毀損必至の衝撃のパフォーマンスは生でしか味わえない!

ドラびでお HP:http://web.mac.com/dr.ichiraku/iWeb/doravideo/welcome.html
ベネチアビエンナーレ HP:http://www.labiennale.org/

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、左記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。

テーマ:大分県情報 - ジャンル:地域情報

 BOREDOMS、ROVOなど様々なバンドのメンバーであり、ジャンルの壁を軽々と飛び越えて精力的に活動する山本精一が、ツアーの最終日「アニマルゾロゾロツアー大分篇」としてAT HALLへやって来た。
大分での共演は直弟子とも言える三沢洋紀(a.k.a LABCRY)と、先日の円盤ナイトでのライヴの記憶も新しい「SAYOUTEN」

misawa070422 三沢は今回は一人での弾き語りスタイルで登場。高く構えたギターを爪弾きながら、やわらかく優しく、美しいメロディの曲たちを歌っていく(バタコスの曲なども交えながら)。散文的な歌詞とその甘い声から、男の弱さとロマンチシズムを感じた。

sayouten070422 「SAYOUTEN」は、バンド全体のアンサンブルがより良くなり、持ち味のダークでシャープな世界がより伝わってくる。引きずるようなベースライン、ドラムの乱打、かきむしられるギター、それらがあるべきところにちゃんとハマっている印象。

yamamoto070422_3yamamoto070422_2

 山本はまず、ギターをかき鳴らしてのノイズナンバーからスタート。ギター一本でのっけから違う世界に持ってかれる。ノイズなんだけど、クリアで綺麗なのだ。
機材はギターに数種のエフェクターにリズムボックスと言ったところ。のどの調子がイマイチと言うMCもあったのだが、ライヴ中盤には調子が戻ったということで、ボーカルナンバーを数曲演奏。
素朴でフォーキー、だがどこか奇妙な歌を、芯のあるあたたかい声で披露してくれた。

 目の前で作り出される先鋭的な音楽と、その人柄がにじみ出るようなMC中の佇まいなどのギャップも魅力的でした。

山本精一HP:http://www.japanimprov.com/syamamoto/syamamotoj/
三沢洋紀 blog:http://blue.ap.teacup.com/memomemo/

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 「その箱」主催による大分のバンドたちによるショーケース的イベント>「BUG6」。ホールに二つのステージを作り、高校生、社会人バンドといった壁が取り払われた、多くのバンドが一挙に見られるお得なライヴだ。今回の出演は7組。

fm070422kurabito070422
sennowoto070422 精力的にライヴ出演を重ねる高校生バンド「Fashion Mansion」(左上)は歯切れの良い演奏を披露。さらに新たにドラマーもコーラスをとるなどの新機軸も見せる。
 宇佐、中津を中心に活動する「蔵人組(くらびとぐみ)」(右上)は、今回はベースとギターのみという編成。カバー、オリジナルを交えてさわやかな歌声を聴かせてくれた。
 ベースに新メンバーを加えた「センノヲト」(左下)は久しぶりのライヴにも関わらず、さすがのステージングを見せる。ギター2本が有機的に絡みあう、ストレートなロックという言葉だけにはとどまらぬ奥行きのある音を響かせる。

             zerosiki070422ranzu070422
emocri070422 「虚空式-ゼロシキ-」(左上)は、ロックンロール、メタル、ファンクなど様々な要素の混在したバンド。リフでグイグイ引っ張る楽曲を突っ走るような演奏でホール中にぶつけていく。
 「ザ・ランズ」(右上)は今回は、ギター一本で一曲のみのステージ。スピード感あふれるカッティングでギターをかき鳴らす。
 インストゥルメンタルヘビーメタルバンド「Emotional Crime」(右下)は、重量感あふれる正統派ヘビーメタルを威風堂々と披露。

sonobox070422 ラストの「その箱」が、2本のギターが繊細に絡み合うUKロックの流れを感じさせる空間系ロックをホールに響かせ、今回の「BUG6」は幕を閉じた。

次回の「BUG6」は6月の開催予定(出演者も募集します。詳しくは「その箱」HPへ)。大分を代表するロックイベントになるよう、歩みを止めるな!


その箱 HP:http://sono-box.hp.infoseek.co.jp/
虚空式 HP:http://www.zero-siki.com/
Fashion Mansion HP:http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=fashion_mansion

4/22(日)昼
パンク、ラウド系のバンドが集結したイベント「CRAZY AGAINST」。今回が2回目の開催となる。

trust070421 トップを飾るのは、AT HALL初登場となる大分が誇るベテランハードコアパンクバンド「TRUST」。キャッチーで男くさいコーラスが印象に残る楽曲を矢継ぎ早に披露し、観客のギアを早速トップに持っていく。ハードだが、リフでグイグイひっぱり、思わずシンガロングしたくなってしまうようなポップさも大いに印象に残る。

degenerate070421 大阪から参戦してくれた「DEGENERATE」は、メタル畑のサポートメンバーがいるだけに、ブラスティーでとにかく速いハードコア。ギタリストもテクニカルでメロディアスなソロをバリバリに弾きまくる。また、演奏時とは対照的なMC時エンターテナーぶりは、さすがに大阪のバンドといったところか。

viscera070421 続いては大分の誇るゴアグラインドの雄「VISCERA INFEST」。その最速の演奏と地獄から届くスクリームで、ホールを瞬時に混沌の渦に巻き込む。目の当たりにしたオーディエンスのどよめきが印象的&納得なステージだった。とにかく一度そのライヴを体感して欲しい。

kokusimuso070421 トリを飾るのは名古屋からこのイベントのためだけにやって来た「虎吼獅無僧(こくしむそう)」。女性ベーシストの入った4人組バンドで、スピーディーなエイトビートでガンガンに押しまくるジャパニーズハードコアがカッコイイ。4人全員がコーラスをとるなど、ブルータルでありながらポップなフックがあるところに惹かれます。

"ハードコア"という言葉を聞いた時も、敬遠するのではなく、一度体験してみたら、もっと広い音楽の楽しみ方を見つけられるかも知れませんよ。

TRUST HP:http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=TRUSTMAN
DEGENERATE HP:http://www.geocities.jp/degenerateweb/index.html
VISCERA INFEST HP:http://sound.jp/viscera-infest/

4/21(土)夜

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 ベルギーからコンテンポラリーダンサーであり、大学でダンスの教鞭もとるクルト・コーゲル、京都でヨガやコンテンポラリーダンスのワークショップなどを行なっている倉田真紀子、そしてここ大分を拠点とし、グローバルな演奏活動を行なっているサックス奏者の山内桂によるコラボレーションイベント「Contemporary Dance with SALMO SAX」

kurtweb 山内のSALMO SAXにあわせて、二人のダンサーが踊り始める。静かな始まりから徐々に盛り上がっていく演奏にあわせて、二人が自由に体を動かし、ダイナミックな表現を行なっていく。ソロでダンスをするパートもあるのだが、即興ながら基本的には二人が密接にコンタクトを取り合い、その世界を表現していく(山内のSAXもまた即興)。 kurtweb2
 直接の体の触れ合いが多いだけに、普通のダンスより、よりドラマチックな意味性を感じ、時に官能的に感じられる場面も。
40~50分程度のステージではあったが、なかなかに胸に"ズン"と来るような重量感を感じたイベントだった。ステージ後は、観覧者と出演者の間で気軽に会話も交わしていたのも、アットホームでイイ感じであった。

山内は4/29(日)の「倉地久美夫祭り!!!」にも出演。倉地との共演でどんなサックスを聴かせるのか? それも興味深い!

山内桂 HP:http://salmosax.com/
クルト・コーゲル HP:http://homepage.mac.com/kurtkoegel/

4/21(土)昼

テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

 テレビ東京の深夜番組「バミリオン・プレジャー・ナイト」内で放送された「フーコン・ファミリー」が、その人気により単独番組となった「オー!マイキー」の映画「ワー!マイキーリターンズ」「オー!マイキーナイト」の2本がここ大分で初公開!

mikey商品 今回は上映にあわせて、パンフレット、ミニマスコットなどのマイキーグッズも販売された。

mikey上映 「ワー!マイキーリターンズ」、「オー!マイキーナイト」ともに、5分程度の短編が15~16本矢継ぎ早に繰り出されるという形態。マネキンたちの繰り広げる、シュールでブラックなコメディに観客たちも自然に笑顔になっていく。ナンセンスな笑いのラッシュ、小刻みな小ネタの連発、投げっぱなしの快感が印象的。個人的にはマイキーとエミリーのカップルの行く末が気になっちゃいます。

オー!マイキー Hp:http://www.tv-tokyo.co.jp/oh-mikey/

テーマ:映画感想 - ジャンル:映画

 知ってる人もいるかとは思いますが、AT HALLでは練習スタジオを運営しています。練習スタジオは2つあり、1つはAT HALLに併設された「AT STUDIO」、もう1つは大分市の敷戸駅近くの「studio3F」です。そのスタジオを紹介したホームページが、簡単ではありますが出来上がりましたのでお伝えします。アドレスは、http://www.studio3F.com/です。


 また、そのスタジオでは演奏の録音もオプションで可能。録音した作品の一部は、三階堂レーベルで販売することもあります。同じホームページの三階堂SHOPから、作品紹介をしているページ(試聴もアリ)に跳べますので、そちらもぜひご覧ください(kamome narcotic、mocoなどの作品を紹介、今後増やしていく予定)。  


 AT HALLのホームページのトップページにSHOP&STUDIOのボタンが追加されています。そちらからも、今回紹介しているページに跳べるようになっています。そちらもよろしく。

テーマ:音楽のある生活 - ジャンル:音楽

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

03 | 2007/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー