FC2ブログ
大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/2/6(土)【ライブ】
ihitsuji_web

★井下ヒツジの‘ジンギスカン’Vol.2★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:ナントカ動物園/ネネカート/buremen/虚空式/ザ・ソーリンズ(福岡)/山岡カルテット(北九州)
料金:前売1000円/当日1500円

問:080-3225-2122(イノシタ)

「ナントカ動物園」のイノシタヒツジ企画によるイベントに大分県内、県外問わず6バンドが集結!

"かっこいいことはなんてかっこ悪いんだろう"
迷走戦隊が、ファンキー&グルーヴィーなうたを披露する「ナントカ動物園」
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=nantoka_zoo

しずるアーバンポップを織り成す"はちみつぱいとMice Paradeの邂逅"「ネネカート」
http://www.d1.dion.ne.jp/~oioioi/nenecart.html
重く、暗く、激しく、沈み込んでゆくオルタネイティブドラムレストリオ「buremen」
http://25.xmbs.jp/buremen/
グランジ・メタル・ファンク・ロックンロールをごちゃ混ぜにした"特殊ロック"バンド「虚空式」。静と動、陰と陽、ネガとポジそれらが交錯する"ゼロ"の地点!!
http://www.myspace.com/zerosiki
古きよき日本の「フォーク」と「ろっく」に感化され21世紀に発振。オギャーと生まれて北九州。ニューフォークグループ「山岡カルテット」
http://www.geocities.jp/yamaokakarutetto/
08年度FUKUOKA BAND MOVEMENT決勝進出。当日オーディエンス票で1位を獲得した「ザ・ソーリンズ」
http://www.myspace.com/thesoalins

2010/2/7(日)【ライブ】
★FLAMINGO HEAD presents
【SEX on the STYLE】★

OPEN 18:00/START 18:30
出演:FLAMINGO HEAD/The Crazy Gentleman/hot spring/Dad for sound
O.A. タカイリョウとセンズリ隊(from.The twenties)
料金:前売1000円/当日1500円

問:y-tsukumi@ezweb.ne.jp(FLAMINGO HEAD)

小気味いいパンキッシュガレージソングを聴かせる「FLAMINGO HEAD」主催による新イベントが発進!
http://ma.minx.jp/flamingohead
リーゼントも猛々しく、勢いのあるロックンロールショーを魅せる「The Crazy Gentlemen」。今回はアコースティックバージョン
http://ma.minx.jp/crazygentlemen
地下室のガレージランドへようこそ。別府シーンのロールモデル県外、関東へもツアーも敢行の「hot spring」
http://tosp.co.jp/i.asp?I=alerugenn
アトホール初登場。2006年にSELECT FROGSとして結成。T.O.P.Sなどを中心に活動。メンバーチェンジを経て「Dad For Sound」に。
http://tosp.co.jp/i.asp?I=d_f_s

The twenties http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=1234rrrr


2010/2/10(水)【ライブ】
★大分の新音楽Ⅲ★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:ドラびでお(山口)/ゼット・ジャパン(三代広人+大倉ユウキ)/獏ひろし(かとうけんご+小笠原洋)/HEDGEHOG WOMAN AREMAN≒SPACE SHIP NOISE/HINAGO/YMTDSK/ちから(久留米)
料金:前売1500円/当日1800円

ドラびでお/一楽儀光(Dr/Electronics)
ドラムによるコンピューターコントロールシステム「ドラびでお」はドラマー一楽儀光によるソロ・ユニットでドラムセットを巨大なビデオデッキとして使用し映像をコントロールしている。このユニットはアメリカ及びヨーロッパ等で好評を博し、日本のみならず、ヨーロッパ、アメリカ、韓国などでも積極的にパフォーマンスを行なっている。
http://web.mac.com/dr.ichiraku/iWeb/doravideo/welcome.html
http://www.myspace.com/doravideo

三代広人
別府混浴温泉世界、わくわく混浴アパートメントなどで、美術、音楽、インスタレーションなどジャンルを問わない活動を繰り広げる美術家

大倉ユウキ(酪農家/アーティスト)
家族で酪農業を営み、愛情を込めて牛を育ている。傍らアーティストとしても活動。「脳内放出計画2007」と題し初の個展を開催。独特の世界観を持っている。
http://kakula.jp/?q=ublog/36
http://splashmilk.exblog.jp/

活動を開始した"人力的お馬鹿ロックバンド"「獏ひろし」。今回はSaxを持つかとうけんごとインスタレーションを行なう小笠原洋は何を行なうのか?
かとうけんご http://d.hatena.ne.jp/bakunoyume/

時空間遊泳的静寂轟音円舞 HEDGEHOG WOMAN AREMAN≒SPACE SHIP NOISE

YMTDSK
ドローイングなどを行なう美術家でもある山本大補が、PCを用いてブレイクコア世界を立ち昇らせる。
http://www.ymtdsk.com/

HINAGO
パーティオーガナイズ&音楽・映像制作集団 ReNT のリーダーとして、音楽的現場監督として様々なイベント、ムーブメントに関わり続けている。昨年、別府に「ReNT Rec.」もオープン。
http://www.myspace.com/rentoita




2010/2/13(土)【ライブ】※情報追加
★Vlentine KICK!!★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:apple fish Monday(北九州)/アカシモモカ/ミラーボールズ(名古屋)
料金:前売1500円/当日1800円

afm_webapple fish Monday
北九州を中心に全国的に活動中の男女4人組、カラフル・エレクトリック・ミニマム・モンスターが来襲!!!!!
鼻から飛び出たメロディーをキャッチしてピアノギタードラムベースでプレイ!
キワキワなPOPSの宝箱!POP好き、POP PUNK好きを直撃するPOPソングのシャワー!!!
ワタナベイビーやTOMOVSKYも愛するapple fish Monday。
PUNKあり、シンガロングあり、ノイズあり、SKAあり
全国から北九州へ、ワタナベイビー、ベイビー&さいだぁ≡、トモフスキー、KING BROTHERS、、、様々なゲストを招いてイベント「ビールコーヒーユーモアジョーク」を好評不定期シリーズ中。

http://www.applefishmonday.com/
http://www.myspace.com/applefishmonday

miraboミラーボールズ
日本地下音楽界の秘境、名古屋で発見された戦慄の奇跡!
その音楽は、あらゆる轟音も爆音も雑音も包み込み、静寂の彼方に木魂する!

もし貴方が孤独なら、ミラーボールズを聴けばいい。絶望しているなら、ミラーボールズを聴けばいい。
死にたいなら、ミラーボールズを聴けばいい。ちょっと切ない位でもいい。胸が痛い時もいい。
ミラーボールズを聴けばいい。
北脇恵子の官能に酔いしれればいい。森真二の虚無に打ちのめされればいい。
そして、泣けばいい。泣きたくなったら泣けばいい。泣きたくなったら泣けばいい。

絡み合う二本のギター。官能のヴォイス。美旋律。
そして、あまりにも圧倒的な存在感を示す言葉の群れが撃つ。心を撃つ。魂を撃つ。滅茶苦茶に撃つ。
今、この国で最も美しく、又、危険な日本語の使い手。
その音楽は救いでも癒しでも無く、孤独も、絶望も、虚無も、全て一纏めに、撃って、撃って、撃ちまくる、皆殺しの音楽なのだ!心して、心して、心して聴け!そして、泣け!

http://www.geocities.jp/siberiarock/mirrorballs.htm

アカシモモカ
1999年、『昭和喫茶』により、CDデビュウ。その後上京し、大学で哲学を学ぶかたわら、幅広い芸術表現に目を向ける。2006年末、帰郷。2009年3月にCDアルバム『コスモポリタン・パレード』を発売。一つの表現にこだわらない活動を活発に展開中!
http://www.myspace.com/akashimomoka
http://blog.goo.ne.jp/enchant-momo0901




2010/2/20(土)【ライブ】※情報追加
allon_web

★6x9 six by nine special -allonを迎えて-★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:allon(東京)/Turkish Disco/clavinotes
料金:前売1200円/当日1500円

allon
それは音楽のよう…

歯の生えた、まだ耳の聴こえない姿で生まれたアロン。
オレゴン州ポートランド出身家族旅行の最中に聴いたピンクフロイドのアルバム、『Wish You Were Here』 10歳のときを運命に、音楽の道を歩み始める。
ずっと後にギタリスト、時にはシンガーとしてのバンド活動を通じて、アロンは独立する。Beck、Rikie Lee Jones、The Dandy Warhols、The Sneaker Pimps、DJ Spooky、Olivia Tremor Control、Kenji Jammer、Stereo Total、John Fahey、Natural Calamity、、、共演アーティストは数知れない。

彼の美しい声、音色、少し皮肉った詩、電子音とインドの楽器シタールといった伝統的楽器との組み合わせ、製作過程への知悉。そうしてできる音楽は、まったくモダンでありながら、心を揺さぶるノスタルジアに溢れている。

「飾らない澄んだ声、そして、あなたの詩… 盲目的に笑わせてくれて、あつかましいほど泣きたくなるそんな音楽って普通じゃない」

ライブとレコーディングを繰り返すほか、テレビ番組や映画、ビデオゲームのために作曲バンドのプロデュース、レコーディングをニューヨークと東京の両方で行う。

そして今、アロンは東京にいる。ライブ、制作、作曲、レコーディングを続けながら音楽に啓示を受けた彼の旅に終わりはない。
http://www.myspace.com/allonmyspace

ニューウェーブ、アメリカンポストハードコア/オルタナティブに立脚するトリオ「Turkish Disco」
の出演が決定。
捕らえられて離れられない、破調のよれよれのアヴァンギャルドポップは美しい「clavinotes」
http://www.myspace.com/clavinotes


2010/2/24(水)【ライブ】
★un escargot vide? との夜★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:un escargot vide?/Spaceship airguitars/hugh+のぶりん
料金:カンパ制(要1drink order)

un escargot vide?
パリを中心に活動するサウンドアーティストSebastien Szczyrkによるソロプロジェクト。パリ国立芸術大学卒業時、審査委員より最優秀賞授与。ダムタイプのメンバーとの共演やソウルでの発表などヨーロッパを中心に国際的な活動を重ねる。
からっぽの貝殻をみつけて、そこに日常の解釈をつめこもう。
生年月日:1981年1月15日。
ため息と笑み、あらゆる瞬間の妄想や憑依、夢日記、黒インキ、交換留学生として武蔵美ですごした数ヵ月。。。

楽しげなトイポップ的エレクトロニカ、トイトロニカが心を捉える。

深いリバーブの海の中で、ひんやり、ゆらゆらと世界を作り上げるhugh
今回はゲストを迎えてのステージ

時空間遊泳的静寂轟音円舞 Spaceship airguitars

un escargot vide? http://www.unescargotvide.eu/

2010/2/27(土)【ライブ】
★6x9 six by nine vol.17★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:コロビアリンダ/上野豊バンド/Droog
DJ:ビンゴ
料金:1000円

AT HALLのロックの日。
出演は疾走感のある演奏で、真っ直ぐな言葉をつき立てる「コロビアリンダ」、王道のハードロックの香りを立ち上げる「上野豊バンド」
人類の敵は、爆音にのってやってくる! 第一回Rock'n Roll High Schoolグランプリ、ファーストミニアルバムを発売する「Droog」も参加。
Droog http://www.myspace.com/1004631192



2010/2/28(日)【ライブ】
★フォークションボリーvol.4~灰色音楽祭~★
OPEN/START 19:00
出演:Blue Babeクルー
料金:1500円(1drink付)

問:Blue Babe 090-2510-0694

残念ながらSOLD OUT。次回を待て!


※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、左記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。
スポンサーサイト

テーマ:大分県情報 - ジャンル:地域情報

 アトホールのロックの日「6x9 six by nine」。16回目の今回は、「tatami」「White Bugs」「The Another Planets」「Turkish Disco」の4組が出演。

tdis100123
 トップバッターは初登場の「Turkish Disco」。女性ドラマーを含む3人組。ニューウェーブ、アメリカンポストハードコア/オルタナティブに立脚する、ストイック、それでいて起承転結のある歌を作り出す。金属的なギター、引っ張り輪環するベースライン、簡素で押さえる所を押さえたドラム。やれること真摯に形にする。

tap100123
 自主イベント「BREAK DOWN」に続いて2度目の登場となったパンクトリオ「The Another Planets」。BuzzcocksのEver fallen in Love、The DamnedのNew Roseといったパンククラシックスを次々とぶちかます! グリスリズムから吐き出されるノイズに合わせ、オリジナルの新曲。Oh Bondage up yours!で吐き出されたドラマーmiyakoのスクリームも良い武器に。

wbug100123
 続いての「White Bugs」も初登場。高校生の4人組がPavementのCut your hairでステージに登場した後、とにかく若さが爆発! BlurのSong2、ストロークス、Nirvana、白い暴動の亜無亜危異バージョン、、、とにかく、自分のやりたいこと、やれることを真っ直ぐにぶつける。ラストBLUE HEARTS2曲でのヒロトジャンプも高い! 衒いがないって美しい。

ttm100123
 ラストは初トリとなる「tatami」。空間をオクシマのクリーンなギターが切り裂き、4人が一点に向かって走り出す。空間を埋めるキラキラ、キンキンとした2本のギター、世界を支えるリズム隊、その激しい音の中でボーカルのオカがあふれ出る熱を抑え切れないように、体を動かし、メッセージを伝える。切れ味のあるエモーショナル。

 まだまだ続くよロックンロール。働け、走れ、ロックバンド!

2010/1/23(土)

tatami http://ip.tosp.co.jp/i.asp?guid=on&I=tataminotami



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 大分大学公認の音楽サークル「Rhythm&harmony」のイベントがアトホールで開催! 「Rhythm&harmony Winter live 2010」、初めての今回は3年生を送り出す、ちょっと早い卒業イベントでもあるのです。

r&h100117_1
 サークル部員が、一曲ごとに、楽器、歌、ポジションを、入れ替わり立ち代わりしながら、多くの人たちがステージに立つ。
 自分たちのオリジナル、東京事変の修羅場、SUPER BUTTER DOGのサヨナラCOLOR、コブクロ&絢香のWinding Roadなどの歌心あるJ-POPのカバーなどを披露。

r&h100117_2
 キーボード、サックス、フルート、カホン、ボンゴといった当たりの柔らかい楽器の作り出す響きも、空気をふくよかにする。
 いつもとはちょっと違った、ポップス、ジャジー、ラテン、クラッシーな空気も心地よい。

r&h100117_3
 20曲ほど演奏した後、サプライズで卒業メンバーへのメッセージビデオを上映。贈るメンバーに合わせた構成の、創意も愛も込められた映像に笑いも起る。

 卒業しても仲良く。良い思い出に。

 新しく生みだされるリズムとハーモニー。

2010/1/17(日)



テーマ:邦楽 - ジャンル:音楽

 メンバーそれぞれ才覚溢れるインストグループ「SAKEROCK」において、トロンボーンとMCとスキャット、そして類稀なる"チャーム"を担当する"ハマケン"こと浜野謙太
 そんな彼が率いる、JAZZ、そしてチンドンなどの市井の音楽に両脚を置く、金管2本とドラムによるインストゥルメンタルグループ「Newday」
 彼らの初のアルバム「It's a Newday」を引っ提げてのツアー。大分、アトホールが火蓋を切る大役を光栄にも仰せつかった。

 そんな「ビリビリ天国」、出演は「Newday」含めて3組。

mste100116
 トップバッターは学生メンバーが主体のダブバンド「mountain steps」。今回はドラム、ベース、ギターにキーボード。女性キーボーディストはトランペット、ピアニカも吹く。そしてステージ対向のPA卓に付くダブミキサーも重要なメンバー。
 およそ30分間、5曲の間、ディレイ、リバーヴの嵐がゆんわり、ぼわーんとホール中を埋め尽くし、支配する。じんわりと広がり、刺すように切れ込むトランペット、スネア。ゆるやかに腰を揺らし、膝を落とし、空間を漂う。

yufmor100116
 次いでは、こちらも昨年12月に初アルバムを出したばかりの「三沢洋紀とゆふいんの森」が登場。
 三沢がステージでのっけから発した、「これがカントリーやでー!」との叫び通り、カントリーフレーバーの強いロックンロールをポップなメロディと共に届ける。
 女性の声の入ったコーラスも歌に彩りを添える。最後、演奏が続く中、三沢がギターをバットに見立て振りぬく。シュール。ボールはどこまで飛んでいくのか?

newd100116
 そして「Newday」。トロンボーン、前述のハマケン、真摯なクリエイターであり、稀代のエンターテナーでもある。
 サックス、橋本"キッズ"剛秀。最初は芝居を志し(入ったのはゴキブリコンビナート)、サックス始めてまだ5、6年。そのコンパクト気味な肢体から、パワフル且つテクニカルなブロウをかます。
 その二人の土台を支えるのは、「マヘル・シャラル・ハシュ・バズ」「コンポステラ」と言った伝説的なグループに主に管楽器で参加していた中尾勘二。その長い経験と蓄積を「Newday」ではドラムで生かす。

newd100116_2
 サックスとトロンボーン、二本の管とドラム。シンプルである種イビツな、最小限の編成から生み出されるのは、ファンキーであり、やはりどこかストレンジなれど、確かにみんなの心を掴む親しみやすさを持っている。
 野太くパワフルなドラムの響きに合わせて、見ている皆が足を踏み、ステップを刻む。二本のホーンは時にソロを取り合い、時にリズムを生み出しながら絡み、重なり合う。キッズとハマケン、二人もステップを踏み、シャウト、お客さんを煽る。確実な"繋がり"を生み出す。

 彼らは確かにがんばる。ものすごくがんばる。
 ジャズ的世界観の中に自らの情熱を持って、確かに熱をもたらす。
 僕らに、自由な音楽を取り戻してくれるために。

 彼らは言った、「ファンキーな街にまた来ます」と。

2010/1/16(土)

Newday http://newday.sunnyday.jp/
http://www.myspace.com/newdaynewday
SAKEROCK http://www.sakerock.com/
三沢洋紀とゆふいんの森 http://www.myspace.com/yufumori



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

 一口に"サイケ"つっても色々捉え方、解釈なんかがありまして、Grateful Dead、中期ビートルズ、Hawkwind、Spacemen3、マイブラ、Daniel Johnston、Faust、Flaming Lips、、、といったアーティスト、ヘイト・アシュベリー、セカンド・サマー・オブ。・ラブ、ペイズリー・アンダーグラウンド、、、というようなムーブメント、ゴア・トランスサイケデリックトランスといったテクノ、、、とジャンルをも超え、もちろん絵画や文学と言った音楽以外のアートにまで越境するんでございます。

 今回、LETTER、ゆふいんの森、ソロと様々なアウトプットで活動する"サイケな男"三沢洋紀首謀で行なわれる、前代未聞の10時間ノンストップの大ライブショウ
「おーいアニマルくん
酸欠ギリギリ10時間マラソン大サイケ天国」

  
 成人の日に繰り広げられる、ノンストップのサイケデリック地獄絵巻? いや、極楽絵巻か?

10psyche100111
 ドラムセット2台、ベースアンプ2台、ギターアンプが5台、コンガにカオスパッド、そして真ん中に据えられたアナログシンセ。そして、客席には何故かコタツも設置されている(ダラダラお正月!の残り香)。
 10時間、走り抜けるための準備はバッチリ。う~んサイケデリックてか。

 10時間のサイケデリックな時間は、"グル"三沢のJUNO 6から生み出されるポリフォニックかつウネウネとした音から、静かに走り出す。
10psyche100111_2
 以後、様々なミュージシャンが各楽器に入れ替わり立ち代わりしながら、"サイケ"を現出させていく。
 オールドハードロック的な太さ、テクノ的な覚醒、酩酊、エレクトロニカチックな静謐さ、ブルージーなソロ、ヒプノティックな反復、グルーヴ、単調、民族、、、時間の経過とともにそれは幾度も形を変える。音も大きくなり、小さくなる。
 波のように何度も繰り返し、またその続く演奏全体が大きなうねりを作り出し、長い長い歴史の巻物のように展開、持続する。

10psyche100111_3
 10時間の終わり、熱量、演奏、音量もクライマックスを迎える。
 参加したミュージシャンの多くがステージに立ち、一点、集束に向けて疾走する。
 三沢が大きく煽る中、ゴールテープは唐突に切られた。

 10時間完走。参加したミュージシャンたちには、戦友かのように奇妙な連帯感が生まれたようだ。
 見に来てくれた方、長時間のイベントありがとうございました。

 動画サイトにこのイベントのいくつかの動画が上がっています。しかし、生で、その現場に実際に足を運ばなければ、体験できないこと、分からないことが世の中にはいっぱいあるはずです。

最後に"グル"のサイトから、いくつかの言葉を引用させてもらい締めたいと思います。


LETTER(みさわめも)

2010/1/9
さて、大分の面白イベントやります。11日に、アトホールで10時間ぶっ通しのサイケデリック大演奏会です。大分の底力を見せ付けたいとおもう。誰の為にやるかといえば、退屈な大分の現実に飲み込まれてしまいそうな自分達の為にやるんよ。
僕は真面目に九州の面白音楽の聖地を福岡から大分に奪いたいがために(そんな気迫でね!)企画したんよ。これがきっかけでカッコイイバンド沢山生まれて欲しいです。九州を揺り動かしたいぜ~。

2010/1/13
来年もやります。大分の成人の日の名物企画にしますね。そこんとこよろしく~。


参加ミュージシャン

三沢洋紀(ゆふいんの森)、瀧さん(ザ・ベルボトムズ)、河村浩(AT HALL)、山本(カモメナーコティック/SAYOUTEN)、カッキー(カモメナーコティック/Turkish Disco)、山中カメラ(別府混浴温泉世界)、りゅうじ(buremen)、足立貴裕(ネネカート)、志賀くん(The Bandit)、コレタク(ナントカ動物園)、武宮(SAYOUTEN/Turkish Disco)、アカシモモカ、ミヤコ(The Another Planets)、たま、大杉翔太郎(buremen)、飯田慎吾、mono-one

2010/1/11(月・祝)



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

明けましておめでとうございます

旧年中は大変お世話になりました
2010年もよろしくお願いします



大分市 中央町
イベントスペース アトホール

バンドのライブ、演劇、ダンス、クラブイベント、映画上映、、、
今年も一年間、面白いことに触れていられるよう、努力して行きたいと思います。

newday_omote

Newday http://newday.sunnyday.jp/
http://www.myspace.com/newdaynewday
SAKEROCK http://www.sakerock.com/

訪ねたみんなが幸せでありますように。

AT HALLスタッフ一同

テーマ:日記 - ジャンル:日記

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

12 | 2010/01 | 02
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー