FC2ブログ
大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「AT HALL6周年記念ライブ 第一夜」。記念の夜を祝福しに集まった出演者は、バンド、ソロシンガー問わない9組。これはなかなかのボリュームですぞ。

長丁場の一夜。

timo101219
ず登場するのは ...and the timothy。一人、セミアコをアンプに繋ぐ。アンプからは打ち込まれたドラムのビートも生み出される。どろっとした感情、込め切れない思いを詰め込んだ歌をマイクにぶつける、ループで重ねるギター、けどそれを壊すように掻き毟る。暗い、けどロックやね。かっこいい。

hkr101219
続いてもソロシンガー 佐藤瑛。女子。クリスマス前ということで、しっとり目のナンバーが多めのセット。コンテスト受賞経験も納得の説得力のある声、若さを感じさせる等身大の真っ直ぐな言葉。アコギを抱え、観客に真摯に届ける。


バンド一組目が登場。男女混成のトリオ「THE.METAMORPHOSIS」。ギタリストの前には多くのエフェクターが。ギラギラした尖がった音、揺れのあるメロディ、歌、合わせるようにドラマチックな演奏。ゆったりとした曲も見せる。ラストはどーん!と。前へ進んでいる。

at6101219
(左)THE.METAMORPHOSIS/(右)medsブロガー

またもソロシンガー medsブロガー。久々の人前。エレキギターをギターアンプ、そしてベースアンプにも繋げる。ギターを掻き鳴らし、昔のように歌う。自身が名古屋で組んでいた「summerhead」の「Friends Again」など。そして「冬のリビエラ」も、冬だからか?

「clavinotes」いつもの通りのトリオ編成。トラブルなどにも見舞われつつ、自身の曲、クリスマススタンダードのカバーなどを。ラスト、イライラからか、久々の荒ぶりモード、ギャーギャーと叫び、ギターをグシャグシャと掻き毟る。唖然。

at62101219
(左)clavinotes/(右)ザ・ダイアモンズ

「ザ・ダイアモンズ」、今回はオリビア・ニュートンジョンのナンバーが登場SE。毎回選択が渋いな。リズム隊二人のセッションで始まり、ギターが加わる。そしてボーカル ナカシマが加わる。ミリタリージャケット、ラインダンスのように足を上げ、踊り、煽る。派手だね。ステージから伝わる上り調子の空気に、観る者が自然に惹き付けられる。短時間だけに、代表曲をガツンと。歌がいいね。

chack101219
三度のソロシンガー Chacky、大分⇔群馬の遠距離ユニット「はにわぁくす」のウクレレ/ボーカル。ピンではアトホール初登場だが、ウクレレと歌声だけでぶれない地肩の強さを見せる。ファンシーな歌世界、真っ直ぐに届く声。やはり釘付けにする。

exit101219
久々の「EXIT」。メンバーチェンジ、編成変更の後は初めての登場。
中低強めのぶ厚いギター、スラップ多めの堅いベース、振幅の大きい跳ねる系のビートが強くなる。その上でスクリーム、グロウル、クリーントーン、使い分けるボーカリスト。メンバー全員が体を大きく揺らし、頭を振る。熱が確実に伝わってくる。

inmt101219
ステージに椅子一つ。ラストはベテランシンガーソングライター 猪股高史
長く、熱かった夜をしっとりと締めくくるようにアコギとともに歌う。
やさしく響く大人の歌、確かな技量で安心していられる。足でリズムをとりつつ、オリジナル、ビートルズの「In My Life」などを。

夜の帳は下りた。6年目は終わりを迎え、閉じられていく。7年目の幕はゆっくり開いていく。
12月の日曜日の夜。

2010/12/19(日)

佐藤瑛 http://63.xmbs.jp/rilys/
THE.METAMORPHOSIS http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=metamorphosis4645
medsブロガー http://blog.goo.ne.jp/moricky1
clavinotes http://www.myspace.com/clavinotes
ザ・ダイアモンズ http://www.freepe.com/thediamonds
http://www.myspace.com/thediamonds2010
Chacky http://haniworks.com/
http://www.myspace.com/haniworks
EXIT http://x107.peps.jp/exit375?id=exit375&guid=on



スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

大分大学の軽音楽サークル「SOUND FAMILY」の年末恒例のイベント「HOT LIVE」
もはや冬の風物詩と言っても良い(断言しちゃいますか)。
3年生の現役引退前の最後の勇姿と、来年の新体制が発表される重要なイベントだ。

今回は3年生(3回生という言い方が正しいのかな)たちが主役。

トップに登場するのは「ネギ愛好会」。パーカー、ブリーズライトがユニホーム♪な5人組。まずは東方Projectの「ナイト・オブ・ナイツ」、その後もVOCALOIDものを次々と。鳴り響くシンセ、持ち込んだ踏み台に足を掛け弾きまくるギター、ボーカリストはもちろんツインテール。

sound1101218
(左)ネギ愛好会/(右)Do As Ichinomiya

続いては「Do As Ichinomiya」、演るのはもちろんDo As Infinity(復活したね)。代表曲の中でもしっとりめのナンバーを披露する。ボーカリスト、なかなかの声の存在感。ラストは「本日ハ晴天ナリ」で派手に締める。

「VAMP SHOW」ももちろんVampsを。キーボードにギター2本の豪華な編成でグラマラスに勢い良く披露する。「LOVE ADDICT」「LIFE ON MARS?」などを。デビッド・ボウイから続くグラムヴィジュアルの系譜っすな。

sound2101218
(左)VAMP SHOW/(右)しいはらズ

一転シンプルなトリオ、女性二人がメンバーの「しいはらズ」が演奏するのは、グッと渋くなって大阪のレディスパンクトリオ「Radicals」のナンバー(メインボーカルは男性なんですが)。らしい3分前後の曲を次々と。女性二人の声も良い感じに迫力出てます。

マキシマム・ザ・ホルモンをやったのは…、もらった資料には名前書いてないなあ。しゃーない。まず楽器隊3人でハイスタの「STAY GOLD」。ボーカリストも加わり、基本技術が堅い4人の安定した演奏で、「包丁・ハサミ・カッター・ナイフ・ドス・キリ」「チューチューラブリームニムニムラムラプリンプリンボロンヌル-ルレロレロ」などを。何よりやっている本人たちが楽しそうで、それが観ている方に存分に伝わる。コレ大事。

sound3101218
(右)てるてる坊主

藍坊主の「雨の強い日に」をSEに「てるてる坊主」。かかってるね~。 聞き覚えのあるフレーズをピアノで弾き始める「ジムノぺディック」、他3曲。爽やかで切ない空気、似合ってます。ボーカルさん、2バンド目、あともう一バンドある。最後まで頑張れ!

Iron Maidenを再現するのは「めいでん!」。こう書くとアニメみたいでかわいいですな。PV通り、チャーチルの演説から始まる「Aces High」でスタート。色分けられたツインリードがうなる、キモのベースが支える、正統派メタルボーカルスタイルの堂々たる歌唱。重厚。

sound4101218
(左)めいでん!

トリは2010年度のサークル幹部が参加してのMy Chemical Romance。これも名前わからんなー、ごめん。ギター3本と言う重厚な編成。ポップかつ壮大なナンバーを勢いよく。ボーカリスト、最後の力を振り絞り頑張る。部長がキーボードの前に立つ、聞き覚えのあるピアノのメロディ、「Welcome To The Black Parade」。やっぱりこれが無くっちゃ始まらない。とにかく前向きな気持ちになれる曲、旅立ちにふさわしい。大団円。

ライブ終演後はセレモニー。先輩、後輩見守る中、3年生からのメッセージ。思い出を語り、後輩へ想いを託す。
多かった同期、そこには楽しさも辛さもあった。

後々振り返る、それはかけがえの無い経験。変えられない大切なもの。

サークル卒業はしますが、"学生生活"はまだ続きます。悔いなく全うしてください。
幸多かれ。

2010/12/18(土)

soundfamily08 http://ameblo.jp/soundfamily08/



テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

佐藤正治KONTA 、そして深町純。各々がメジャーフィールド、音楽製作、様々な場面で実績を積み上げ、現在も精力的に活動を続ける。そんな3人が結成したある種スーパーグループ「僕らのしぜんの冒険」
2010年11月22日、深町の突然の逝去により、そのライブを体験する機会は失われてしまったかと思われた。だが、彼の残した音楽を待っている人たちの前で披露したいという気持ち、3人をサポートする廻りの仲間たち力もあり、今回のツアーは実現した。

大分公演、ピアノの前に座ったのは鶴来正基。THE BOOMのレコーディングにも参加するほどの実力派だ。

3人だけ、パーカッションピアノサックス、声、だけ、という編成。そこからどんな音楽が生み出されるのだろう。

sznb101217
真ん中に佐藤、ジャンベ、ウインドスチャイム、シンバル、足鈴、トライアングルなどの小物。左に鶴来、エレクトリックピアノ、そしてMICRO KORG。右にKONTA、歌声とサックスを拾うマイク。

そのステージは即興から。佐藤はジャンベの上にスティールスリットドラムを置く。"音楽"は静かに始まる。MICRO KORGから発される奇妙な音。サックス、時に切れ込み、時に優しく。ジャンベはいつかリズムを刻みだし、ピアノは激しく鳴らされる。佐藤とKONTA、様々な発声法、エフェクトなどを駆使して、色を変える。声と楽器は素材として等価で渡り合う。

sznb2101217
その後はアルバム「GARDEN」に収められたナンバーを中心に。
サティの「Je te veux」、ヨーロッパの古楽映画音楽、自身たちのオリジナル、朗読
滑らかなメロディ、幅広過ぎるほどレンジを持つ音。
ボーカルナンバー、インスト曲取り混ぜて観る者を魅了する。

途中に休憩を挟んでの二部構成。

曲の合間、佐藤がMCで観客に語りかける。時にKONTAが茶々を入れる。皆が良く知っているあの声だ。

sznb3101217
3人、限定された編成が生み出しているとは思えない、ぶ厚い音の重なり。
これだけのものから出されているとはとても思えない。厚く感じられるミュージシャンシップ。
ピアノという楽器はなんて、幅広い音を生み出せるのだろう。ジャンベ一つ、シンバル一つがなんてふくよかな音を生み出すのだろう。
足らないものはない。
枠に捕らわれない表現。

深町純の意志を継ぐべく、佐藤が残した「夢の合間」を歌う。KONTAのコーラスが絡む。
懐かしく、優しいメロディ、言葉。


否応無く、いろいろなものを思い出させる。音楽の魔法。それはなくならない。

終演後の拍手、それはいつまでも続いていくかのようだった。

2010/12/17(金)

僕らのしぜんの冒険 http://ok-massa.com/bouken/
佐藤正治 http://www.ok-massa.com/
KONTA http://konta-ism.net/
鶴来正基 http://sky.ap.teacup.com/monji/

深町純 http://www.bekkoame.ne.jp/~cisum/



テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

関西パンクシーンのレジェンド「ウルトラビデ」のHIDEによる新バンド「Oh My Cow!」
「おお、私の牛! 子供、これは未来の音です」 
という不思議なキャッチを掲げた彼ら。我々は、どんな"音"を見て、聴いて、浴びれられるのだろう。

wrspc101213
まず登場したのは、「Oh My Cow!」福岡のライブなどでも共演した一人ユニットwarsawpact。エフェクター、サンプラー/シーケンサーワークステーションといったおびただしい機材が、ギターアンプの前にも机の上にも置かれている。
打ち込みのビートの上で、クリーントーンのギターを鳴らす。耽美的で内省的。

rtdr101213
二日前の「三つ巴 vol.2」に出演したばかりの「rated R」がまたも登場。ステージに扇のように陣取る楽器隊の前で、ボーカリストが屹立する。
ドラム、ギター、ベースが重い音を吐き出す、キーボードがクラシカルな色合いを重ねる。その上で凄みのある声で叫び、ポーズを取る。北欧からの風が大きく吹く。

anpl101213
BuzzcocksをBGMにステージ転換。それに合わせて楽しそうに踊る女子。
ステージには異星人たち、「The Another Planets」。スタインバーガーの堅いベース音、かなりオーバードライブしたギター、頑張るドラム。
グリズリム、トリガー使ったドラム。曲によりボーカルは変わる。変な音楽、だけど楽しい。
ラスト2曲「オートノミー」「12XU」でやり逃げする。

omcw101213
そして「Oh My Cow!」。HIDEは今回、MS2000とワークステーションを使い、シンベとシンセを担う。ドラマーとギタリストは20代の若手、でっかいボーカリストのドナルドは片手に持ったiPhoneで声に好き勝手にエフェクトをかける。
ミュージシャンシップ溢れる3人が、陽気なバカガイジン(失礼)を支える。
正確で力強いドラムの疾走に驚愕する、スペイシーなシンセ、奔放すぎる日本語でのボーカル、そしてHIDEの煽り。ニューウェーブ、ジャーマン、サイケ、パンク。見せ物上等。

2010/12/13(月)

Oh My Cow! http://www.myspace.com/ohmycow
http://ohmycow.com/
warsawpact http://www.myspace.com/warsawpact1968
The Another Planetshttp://www.myspace.com/theanotherplanets
rated R http://69.xmbs.jp/rated/



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2011/1/2(日)【OTHERS】
★コタツでダラダラお正月! お初★
開宴 17:00
料金:1000円(鍋・お菓子つき)※着物でご来場の方は半額です。

毎年恒例のアトホールのお正月。参加者全員がダラダラする、ダラダラしたイベントです。

2011/1/3(日)【OTHERS】
★コタツでダラダラお正月! 二つ★
開宴 17:00
料金:1000円(鍋・お菓子つき)※着物でご来場の方は半額です。

毎年恒例のアトホールのお正月。参加者全員がダラダラする、ダラダラしたイベントです。

二日連続でございます。

2011/1/7(金)【ライブ】
★Takk presents 「postHuman」 vol.2★
START 17:00
出演:Powder Cheese/Natural merry-go-round/EXPEDIA/Lady-GORE/ザ・ダイアモンズ/THE LOGOS/medsブロガー
料金:800円

問:Takk 大分中央町店 097-536-0680

大分市若草公園近くの楽器店「Takk」主催のライブイベント。その2

Powder Cheese
ロックンロールハイスクール2010、オーディエンス賞受
natural merry-go-round
超アットホームなステキポップロックバンド
http://www.freepe.com/i.cgi?moutinpan
EXPEDIA
名古屋から西日本で活動し、大分県に本拠地を置くBEAT ROCKバンド
http://expedia-oita.jp/
Lady-GORE
"Oita Blutal Slamming Gal Metal"
http://x20.peps.jp/ladygore
http://www.myspace.com/ladygore666death
medsブロガー
ベーアン、アコギで弾き語り。ブリットポップが俺の飯
http://blog.goo.ne.jp/moricky1
THE LOGOS
2009年、大分県の高校生年代のバンドコンテスト「ロックンロールハイスクール vol.2」でグランプリ受賞。
http://tosp.co.jp/i.asp?I=theHAKEN&P=0&MD=
ザ・ダイアモンズ
2本のボーカルが絡み合う、エネルギッシュなガレージ&ロックロール
http://www.freepe.com/thediamonds
http://www.myspace.com/thediamonds2010

2011/1/9(日)【ライブ】
★FRATENN九州ミニTOUR★
OPEN 19:00/TART 19:30
出演:FRATENN(東京)/Farm 他
料金:前売 1500円/当日 1800円

FRATENN
一樂誉志幸(Dr/がらくた/声/繰り返し)、小島誠也(G/声/てんぱる)2人だからDUO !
2004年の5月に、即興を基盤にストップウォッチを楽譜にした独自のスタイルで活動を始めるが、少しずつかたちをかえていき、今でわ”ほんの少しの即興と、声、歌 ポリリズムを中心にひきだし式に曲を展開。
LIVEごとに曲の形が変わるという まるで”パズル”のような曲と予測不可能な展開、そしてたまにまぜられるいい歌。
http://www.myspace.com/fratenn

Farm
大分県を中心に活動中の3ピースセッションバンド。Membeはバエ(Gt/Vo)、マル(Ba)、シゲ(Dr)
2010年、セッション活動を中心としていた3人が運命的出逢いを果たしバンド活動開始。大分県を中心に活動中。
http://www.myspace.com/farm2010


2011/1/15(土)【ライブ】
★BRAND-NEW★
OPEN 19:00/TART 19:30
出演:ALIENS/チョットエッチー/超欲求不満 他
料金:700円

名前の通り、バンド初心者、ライブ初心者のためイベント

只今出演者募集中

お問合せはこちらまで↓

northernsongs.oita@gmail.com

バンド経歴(必須)、名前(必須)、連絡先(必須)など、パーソナリティーの分かるよう、情報をご記入の上、メールください。

折り返し、チケットの扱い、ライブの概要などをお知らせします。

現在、出演者は大学生を中心に3組ほど決まっています。
出演者数には限りがありますので、出来るだけ早めにご連絡ください。


★BRAND-NEW は2011年3月に延期になりました。
情報は改めて紹介いたします。★


2011/1/22(土)
★アンプラグド vol.4★
OPEN 19:00/TART 19:30
出演:ニシタクマ/永井翔/児玉順平/しんたろう/横山桂一
料金:1000円

アンプラグド -アトホールのアコースティックナイト-

ヒダリキキのうたうたい ニシタクマ
路上の今風王子 永井翔
立体物を用いたインスタレーション、伝統的なフォークソング、そしてもっと 児玉順平
精力的に路上LIVEを決行中。しんたろう
http://abesin.com/
横山桂一。ex.Dr Snowmanの歌とギター。趣味は深夜から早朝にかけての散歩
http://pksp.jp/yokok1/

2011/1/23(日)【ライブ】
★Fast Break vol.3★
OPEN 17:00/TART 17:30
出演:The Pooh(社会人)/Diary(大分大学・別府大学)/The Mashrooms(大分大学)/mu-jack(芸術短期大学)/MOIMOI(芸術短期大学)/TPO(大分大学)/yahweh(芸術短期大学)
料金:前売 1000円/当日 1500円(ともに1Drink付)

問:Sound Track project:better_late_than_never.r0421@ezweb.ne.jp

2010年7月、9月に開催した、学生、初心者主体のイベント第3弾開催!

堅い守りから速攻でケリをつけよう!

2011/1/26(水)【OTHERS】
★「のばなし」★
START 21:00
出演:かずまりっち~(トレロカモミロ)/高田鷹 
ゲスト:中島美和/伊達なつき(O'nDO)
料金:1000円(定員限定50名)(おにぎり・お茶付き)

問:アトホール/トレロカモミロ(080-5271-7099)camomillo.net@gmail.com

劇団トレロカモミロ主宰のkazumaritchieと新米脱サラカフェ店員高田鷹がお送りする2時間ノンストップ&ノンカテゴライズトークショー

企画/構成 KKT SHUT UP STUDIO

トレロカモミロ http://camomillo.web.fc2.com/camomillo_web./Welcome.html
O'nDO http://oitandance.blog29.fc2.com/

2011/1/27(木)【ライブ】
zngv09_web

★ZENI GEVA West Japan Tour★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:ZENI GEVA(東京)/viscera infest/LADY-GORE/deus xxx machina/Tetsuya HOZAKI
料金:前売2000円/当日2500円

ZENI GEVA
岸野 一之 (lead vocals, guitar, kaosspad) [a.k.a. KK Null]
田畑 満 (guitar) [Lenningrad Blues Machine, Acid Mothers Temple, etc]
吉田 達也 (drums, vocals, kaosspad) [Ruins alone, 高円寺百景, etc]

リーダーのKK NULL自身はプログレッシヴ・ハードコア・ロックトリオと称している。アメリカやヨーロッパを中心に海外ツアーを数多く行っており、作品の多くが海外のレコードレーベルからリリースされているなど、海外での評価が高いバンドである。
アヴァンギャルド/マスロック、ノイズ/エクストリーム・メタルを中心に、現行ロックシーンで活躍する世界中の後続に絶大なる影響を及ぼした日本ロック界の至宝とも言える。
また、スティーヴ・アルビニとの交流で知られており、 1991年の「全体去勢」以降、スタジオアルバムの録音は彼の手によって行われている。
http://www.kknull.com
http://www.myspace.com/00kknull
http://www.myspace.com/zenigeva

VISCERA INFEST
SICK AS FUCK!GRIND AS FUCK!!BRUTAL AS FUCK!!
http://sound.jp/viscera-infest/
http://www.myspace.com/viscerainfest

Lady-GORE
"Oita Blutal Slamming Gal Metal"
http://x20.peps.jp/ladygore
http://www.myspace.com/ladygore666death

deus xxx machina
大分唯一のノイズグラインドユニット! ギター、PC、ギャーギャー言う人

Tetsuya HOZAKI
常識覆すギターインストを提供中。ノレる、暴れられる、ヘッドバンギングできる、ダックウォークできる、単純にカッコいいハードロックギタリスト
http://tosp.co.jp/i.asp?I=tetsuyahozaki



2011/1/29(土)【ライブ】
mrbs1102

★ミラーボールズ ミニ九州ツアー in 大分★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:ミラーボールズ(名古屋)/danro/フルシアンテプラム 他
料金:前売1500円/当日1800円

ミラーボールズ
名古屋のインディーズアコギロックデュオ。いわゆる"アコースティック・デュオ"というイメージとは別物である。
Vo/Gu 北脇恵子 Gu 森真二

絡み合う二本のギター。官能のヴォイス。美旋律。
圧倒的な存在感を示す言葉の群れが撃つ。心を撃つ。魂を撃つ
美しく、又、危険な日本語の使い手。
その音楽は救いでも癒しでも無く、孤独も、絶望も、虚無も、全て一纏めに、撃って、撃って、撃ちまくる。
http://www.geocities.jp/siberiarock/mirrorballs.htm

danro
ミワサチコ(Gu)+ミー(ミー愛さしみ/Dr)による新ユニット

ミワサチコ(ソロ)
福岡生まれ福岡育ち。現在大分県在住。
遠くから聞こえてくる凛とした、そして透き間のある透明な歌声。
その歌は、アシッドサイケフォークと言う言葉だけでは表しきれない強さを持っている。
http://www.geocities.jp/miwa01234/
http://www.myspace.com/miwasachiko

ミー愛さしみ
現在活動休止中。FUGAZIの影響を受けたドラムと2Guitarによるバンド
http://meisashimi.web.fc2.com/

女性ボーカルのトリオ「フルシアンテプラム」



2011/1/30(日)※情報追加
★6x9 six by nine vol.25★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:上野豊バンド/Outstanding/TOPME/clavinotes
料金:1000円

アトホールのロックの日

王道のハードロック、ポップな歌もの 「上野豊バンド」

Outstanding
”ズバ抜けた”という意味。2005年に結成され、ストレートな歌詞とジャンルを問わない楽曲を武器に、地元大分・別府を中心に現在も精力的に活動中。
http://www.out-standing.net/

アトホール初登場の「TOPME」。今回はアコースティックユニットとして登場。
http://82.xmbs.jp/topme/

clavinotes
捕らえられて離れられない、破調のよれよれのアヴァンギャルドポップは美しい
http://www.myspace.com/clavinotes

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、左記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。

テーマ:地域情報 - ジャンル:地域情報

中央町にある楽器音響機器販売店「Takk」の主催によるライブイベント「postHuman」。一回目の今回は高校生年代のバンドを中心に、一組ロールモデルたる先輩バンドが参加したものとなった。

高校の同級生、カメラを持った親らしき姿、幅広い層のお客さんたちで立錐の余地がない、と思うほど。

sprng101212
そんななか、記念すべき幕を切って落とすのは高校2年生世代、ギター2本の5人組「スプリンガルド」。ロードオブメジャーの「大切なもの」、FLOWの「GO!!!」など、若い世代に人気のある曲を披露する。人前で演奏するということが、嬉しいということが伝わってくる。オリジナルナンバーの演奏も。

srkns101212
続いての「シーラカンス」も高校生の5人組。9mm Parabellum Bulletの「Super Nova」「Vampire Girl」などの代表曲などを熱く演奏する。特徴的なギターリフ、しっかりしたドラミング、ボーカルとコーラスの絡み、など美味しいところしっかりと押さえ、観る者もそれに応え盛り上がる。ラストはこれまたオリジナル、英詞のナンバーで締める。

2hrs101212
「2HOURS」は2010年の「Rock'n Roll HighSchool」に出場した、「Powder Cheese」「スーサイダー」「NEW TOYS」のメンバーたちによるスペシャルバンド。ONE OK ROCKの「恋ノアイボウ心ノクピド」「じぶんROCK」などを。上記大会で入賞しているバンドのメンバーだけあり、ボーカリストを中心にステージングに華がある。

lgs101212
トリは追いつきたい先輩、2009年「Rock'n Roll HighSchool」グランプリ「The LOGOS」
どんなお客さんたちの前でも、観ている者の想像を超えるようとするライブを見せる。前に出されたドラム、ひしゃげたベース、2台のギターアンプ、二人の左手から圧倒的な爆音が飛び出す。グちゃっとした音塊の中で、叫び、走り、ひずむ。大音量の中、最前列の者も拳を振り上げる。


盛況で終わるイベント。若いバンドマンは先達に熱心のアドバイスを求める。
より輝くために。その気持ちがあるうちは大きくなれる。きっと。

2010/12/12(日)

年明け1/7(金) 「postHuman vol.2」を開催。そちらもチェックしてね。

Takk http://music.ap.teacup.com/takk/
The LOGOS http://tosp.co.jp/i.asp?I=theHAKEN&P=0&MD=



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

昼間のライブがはねた後、椅子が並び替えられ、慌しくホールの中が作り変えられる。
ステージの上の奥、そちらでも今日の出演者の演奏用のセットが組み上げられている。結構な大きさ、ラジオのスタジオのブースぐらいほどあるか。気になるものもちらほら。楽器のようなもの、スピーカー、そしてなにかわからないようなガラクタみたいなものまで。
その前にあるのは、一転シンプルなバンジョー、アコギ、ウクレレなどの生楽器だ。

間もなく、開場の時間はやって来る。

miwa101211
まず登場するのは ミワサチコ
アコースティックギター、いつものように爪弾く。歌いだす、伸びがあり透明で強い声、いつもの通り。しかし、いつも以上に飾らない、さらっとした洗いざらしのような表現。
ラスト、6弦の単音の響きがビープ音のように走る楽曲、自由に動く歌、捕らわれず。

ichi101211
ステージへ竹馬で上がって来たのは ICHI。早速奥のブースに陣取るその姿は帽子に口ひげ姿、言っちゃなんだが絶妙に胡散臭い。
軽妙にトークを挟みつつ、おもちゃポップショーの始まり始まり。
トランペット木琴スティールパンにメロディカ、サンプラー、果ては、風船、タイプライターまでを使った、おフレンチでアジアンでロマな家内製手工業音楽は、楽しくて、おかしくて、びっくり!させられる。コントラバス、溜めて溜めて使ってくる。ウマい、ズルい。
これは確かに世界どこででもウケそう。自由なノマド大道芸。

racl101211
一転、マイク一本の前に立った魅力的な女性は、英国出身のシンガーソングライター Rachael Dadd(レイチェル・ダッド)。
アコースティックギターとともに歌いだす。とにかく、飾り気の無いシンプルな演奏と歌、優しく、女性的な声、自然に耳を傾ける。
自身の作る手芸の作品のように、ハンドメイドな手触り、暖かみが伝わる。曲が終わると、たどたどしい日本語で感謝のMCを。
ウクレレ、バンジョーと楽器を持ち換え、足鈴の響きも耳に残る。
途中、ICHIのスティールパンと共演も。二人のホンワカした関係性も伝わってくる。

nnct101211
ラストは「ネネカート」、ミニドラムセットでの演奏。
ステージにほぼ一直線に並ぶ4人、柔らかく演奏が始まる。シンプルなドラムのビート、ふくよかなギターの音、トイピアノはしっとりした空間に、少しのウキウキを加える。
シルキーなメロディは、男女の二声で重なり、気持ちよい差異を生み出す。

遅くなった。寒い夜。少しあったかい気持ちで帰ろう。
パチパチパチ (・ω・ノノ"☆(・ω・ノノ"☆(・ω・ノノ"

2010/12/11(土)夜

Rachael Dadd http://www.myspace.com/rachaeldadd
ICHI http://www.myspace.com/ichijapan
ミワサチコ http://www.geocities.jp/miwa01234/
http://www.myspace.com/miwasachiko
ネネカート http://www.myspace.com/nenecart



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

10月に行なわれた、別府大学、大分県立芸術文化短期大学、日本文理大学の学生たちが参加した、トランスカレッジなイベント「三つ巴」
第2回の今回は4組が参加する。

ash101211
トップで登場するのは「アッシュ」。ドラム、ギター、ベース、そして歌によりボーカルが入れ替わる。最初の3曲は打ち込みのバックと合わせて演奏。そこは母体の「音楽制作同好会」っぽい。Xのラスティネイルなどの後、B'zの「いつかのメリークリスマス」をギタリスト一人で。ラスト2曲は、Green Dayを生で激しく!

cpbn101211
続いては、「Cp'band」。"コピバン"と読むよう。
ギター、ベース、ドラム、 マイク手持ちで大きなアクションで歌うボーカリスト。
GLAY、西野カナなどの楽曲を、楽しく、激しく、ロッキンにアレンジしてカバーする。そうとは気付かせず、新しい魅力。

eud101211
文理大組の二つの後、3番目は別大組「eudo」。ドラム、ベース、キーボードにギター/ボーカル。ちょい長尺のインストナンバーで演奏はスタート。ちょっと気の利いたハット、マイナーなトーンのギター、時にブーストされる。シューゲイザー、少しマスロック的な展開も。
内省的な歌声、大きな音の中で埋まる。

rtdr101211
前回の「三つ巴」で優勝した「rated R」がトリに登場。
別大と芸短の混成の5人が、重厚なメロディックデスメタルを。
デス声なれどメロディのある歌、ゴシックなキーボードは荘厳な響きを、突き進むドラム、厚みを感じさせるギター、ボトムを支配するベース。
クラシカルなハードロックの香りをどこかで感じさせる。パワフル。

混ざり合え、飛び越えろ、入り込め

2010/12/11(土)昼

rated R http://69.xmbs.jp/rated/



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2011/1/15(土) に

アトホール で行なわれるイベント「BRAND-NEW」の出演者を若干組募集しています。
このイベントは名前の通り、バンド初心者、ライブ初心者のためイベントになります。

バンドを組んだばかり、まだ人前でライブをしたことが無い、けど大丈夫かな?

なんて思っている方もお気軽にお問合せください。


こちらまで↓

northernsongs.oita@gmail.com

バンド経歴(必須)、名前(必須)、連絡先(必須)など、パーソナリティーの分かる情報をご記入の上、メールください。

折り返し、チケットの扱い、ライブの概要などをお知らせします。

現在、出演者は大学生を中心に3組ほど決まっています。
出演者数には限りがありますので、出来るだけ早めにご連絡ください。


イベント実施概要

BRAND-NEW

開催日時
2011/1/15(土) OPEN 19:00/START 19:30~ を予定
開催場所
AT HALL
大分市中央町2-6-4一井開発ビル3F
tel:097-535-2567
入場料金:700円


参加をお願いする方は、後日こちらから改めてご連絡いたします。
ご応募お待ちしています。よろしくお願いします。

テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

この9月にアトホールでライブを行なった熊本の「minato」、冬を迎えた12月、同じ熊本の「toypoa」とともに同じ「6x9 six by nine」で大分にやって来た。

tyml101204
トップで登場するのは「揺れるカリメロ」
今回ドラムセットはセンターのポジション。二本のギターが、様々なエフェクトによりピリピリ悲鳴を上げ、いななく。ベースもそれに負けじと自己主張。バスドラとスネアと金物だけ、グネグネうねるような声、混沌とした音像が立ち上がる。音の重量、速さ、熱量、あふれ出る。

htfd101204
続いては「HEARTFIELD」。前髪が長く、それに沿うようにつま先を見つめる。
二本のギター、こちらはシンプルなエフェクト、しかし音が広がり絡み合う。
単調で反復するベースのライン、奔放なドラム、効果的。その上、ディレイ&リバーヴの掛かった声、チカチカ、無鉄砲に光る照明。音も光もドリッピングのように、グチャと混ざる。サイケ。

mnt101204
「minato」、ギター2本に、ベース、ドラム、キーボードがぶ厚い音を作り出す。
クリーントーンのアルペジオを中心に、五つの楽器が美しいアンサンブルを織り成す。援護射撃を加えるストリングス、単音のピアノが印象的に響く。時に、思い、苛立ちをぶつけるように掻き毟られるギター。端整で儚く、中でブスブスと燃えている。

tkds101204
久しぶりのライブだった「Turkish Disco」
ドラム、ギター、ベース、最小限の三角形。シンプルな演奏の中に、リズム、ライン、フレーズに多様な展開が少しずつ込められる。それは、ニューウェーブ、ポストハードコアからの遠い山彦。少し浮つく、最後まとめる。

typa101204
ラストは「toypoa」。今回は同じ熊本のバンド「talk」の緒方がサポートで加わった編成。
線の細い、ひょろっとしたボーカリスト、真ん中に屹立する。つぶやくような歌い方、時に何かをぶつけるように叫ぶ。押し殺した感情を爆発させるように、切れる、熱が伝わる。掻き毟られるギター、キラキラ成分が増される。根を生やしたようなリズム。歌が伝わる。


ポストロック、ポストハードコア、ポストニューウェーブ

2010/12/4(土)

揺れるカリメロ http://www.myspace.com/yuremero
HEARTFIELD http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=heartfields
minato http://www.myspace.com/minatoband
Turkish Disco http://www.myspace.com/turkishdisco
toypoa http://www.myspace.com/toypoa



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

「大分舞台芸術フェスティバル2010」、その殿軍を務めるの「オレクトロニカ」による「マウス トゥ マウス」

児玉順平加藤亮による、立体造形絵画などの制作を中心とし、コンテポラリーダンスなどのライブパフォーマンスまでを行なう、美術ユニット。

今回は演劇に軸足を置いたパフォーマンス「マウス トゥ マウス」が舞台の上で展開される。


mtm4101128
ステージの上、木馬を揺らし歌を口ずさむ男、青年、少年(a)。 どれなんだろう。
そこにぶ厚い辞典のようなものを持ったもう一人(b)が入って来て、声を掛ける。

会話を交わしているところに一羽の鳥が。

初めて見るような鳥、獲物にするためaが捕まえる。しかしそれは、姿を変え、色を変え、仕舞いには消えてしまった。 これはどこの話なんだろう。


音がした。ゴミ収集車が来たようだ。
ゴミを拾い集め、掘り出し物を探し当て、転売するのが生業の二人。
仕事を思い出したよう。積極的に動きだす。
別の星に探しに行くようだ。 どうやって。


mtm1101128
帰ってくる。今度はaは不思議な鐘を何も知らずに、持って帰る。

博識そうなb、その価値、由来を語りだす。


光と闇を引き離す「間の鐘」の。 それって何。


mtm3101128
光が変わる、音楽が流れる、踊り、ポーズを取り、近づき、離れ、歌い、語る。
口に付くメロディ、目を牽く動き

 "鐘を鳴らしに奴が来る"

後に残るのは暗闇にぼんやり光る鎖。



昔に作られたもの。それを作った人はもういないらしい。 なんで。

bがその理由を語る。作った宇宙人は、とにかく繊細で、臆病で、自傷的だったようだ。


mtm2101128
光が変わる、音楽が流れる、踊り、ポーズを取り、悶え、よじれ、歌い、語る。
口に付くメロディ、目を牽く動き

 "マウス トゥ マウス"

赤い光、産声、何かどろっとしたもの。



aとb、日常に戻る。
見つけたものは、見つけたものにより、消えていった。 そうだろう。


交錯する、すれ違う。
幼年、少年、青年、熟年、老年
リアリズム、どろどろしたもの、澄んだ残り香
木馬と辞典 


どこのお話。どこにでもあるお話

2010/11/28(日)

オレクトロニカ http://olectronica.ocnk.net/



テーマ:アートイベント - ジャンル:学問・文化・芸術

「一月遅い!」とツッコミを入れたくなるのは抑え、11月末に開かれる仮装パーティ「もしもしピエロズ presents 『Helter Skelter』」。寒さに負けず、派手に行なわれるナリよ。
ホール内はきらびやかに飾り付けられる。女の子ぽく。また、出演者のライブ時の写真などもアリ。

piero101127
メイド姿の女子が二人(一人はエヴァの頭に付いてるやつも付いてる)、そしてメットを被ったセーラ服女子。萌えるのは萌えるんだが、何故だがあまり近づきたくない「もしもしピエロズ」
スタート、小芝居から歌に雪崩れ込む。メイドのエレピとギターをバックに、セーラ服が熟した感じで「キャバレー」などを。カオス。

dj2101127
DJはケニーヤクシGリーボーの3人が入れ替わり、立ち代わり。かかる楽曲もパーティー気分、ギミック満載、軽快な煽りも挟まれる。

tkir101127
タカイリョウとセンズリ隊、ってもソロだけど。二度目の降臨。
カオスパッドから生み出されるビートと、爆音でのギターリフ。そんな感じで始まる。
無手勝流で臨むステージ、"勝"と言うわけにはちょっと行かなかったようで。
最後は「Don't look back in anger」。無理やりの大団円感。

diamn101127
「ザ・ダイアモンズ」、今回はギタボ、ボーカルの二人だけの特別編成。
派手にシルクハット、T-REXを思い出す。アコースティックギターをお供に、バンドのオリジナル曲、特別編成らしくイエモンの「JAM」のカバーなどを。
普段とは違った空気を纏って。

hzrn101127
「いとしのエリー」で緞帳が開く。登場するのは「ふぞろいの林檎たち」
パンク、ロックンロール、50's、、、練磨を重ねたベテランたちが、今回披露するのは倖田來未づくし。代表曲たちをR&Bからロックンロールの意匠に移し変え、二人のオンナがセクシー&ド迫力で踊り、歌う。振り付けも完成度高し。

dj101127
バンドブーム、ライブバージョン、アイドルポップ、手を変え品を変え、アイデア勝負の様相を見せるようなDJたち。彼らもコスプレを決める。人により行き過ぎなほどに。

chnt101127
ベーシスト南が東京から里帰りしていることもあり、再度立ち上がった「シャンテドールズ」。女性三者、各々がきっちりドレスアップし、ギタリスト足立がしっかりとかしずく。
「ろくでなし」「オー・シャンゼリゼ」、フレンチコケティッシュにキメる。騙されたいの。

bmkhn101127
トリは「ザ・バームクーヘン」。長いイベント、楽しさから自身たちもだいぶアルコールも回っているよう。
トリオ編成から、そんななかでも持ち味のポップな歌謡ロックンロールを気持ちよくガナる。深めのエコー、小気味良い疾走感。新曲のバラードも。最後をきゅっと締める。

ロックンロール・パーティー
死ぬまでずっとロックし続けていこうナリよ。

2010/11/27(土)

the twenties http://thetwenties.sub.jp/
ザ・ダイアモンズ http://www.freepe.com/thediamonds
suzy cabarest http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=suzycabarest
ザ・バームクーヘン http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=Baumkuchen_3&P=
The Boogie Nights http://my.peps.jp/8944
ネネカート http://www.myspace.com/nenecart



テーマ:*コスプレ* - ジャンル:サブカル

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー