大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
中央町にある楽器・音響機器販売店「Takk」の主催によるライブイベント「postHuman」。12月、1月、2月とハイペース開催される4回目は、社会人の出演者を中心に、スクリーモ弾き語りラップトップエクスペリメンタルまでと、これまた幅広い出演者たちが集まった。

dpr110219
4組のはずだった出演者、何故か5組目がトップバッターとして登場。「Takk」オーナー自らギターを持ち、「Outstanding」よりベース、「Nue」よりドラム、そしてボーカルに「KNAVE」のギター/ボーカルを迎えて、スーパーグループ「ドップラー効果」(仮)がここに。System of a Down、「俺ら東京さ行ぐだ」のメタリカバージョンなどをブチかます。

kusi110219
ついではアコギ一本での弾き語りシンガー 幸♪声。長いキャリアを持つが、最近は「ef」というバンドでの活動が主ということもあり、MCでは少々の緊張も表明する。しかし、一旦モードに入ると堂に入った歌声を披露。オリジナルソングを中心に、ラストは「水曜どうでしょう」のテーマソングで締める。

shsm110219
ステージのテーブルにPC一台、演奏するのは同じ一人なれど雰囲気がガラリと変わっての Shota Hashimoto。まず、今回ライブに参加した意図や演奏する音楽についてMC、様々なお客さんに対して音に入り込む為の筋道を作る。演奏はサインウェーブの干渉を利用してのアンビエントノイズ。倍音が続く。不定形。ストイックに、ハードコアに。

ykym110219
続いても一人、また弾き語りに戻り 横山桂一。アコギをかき鳴らし、軽快にポップナンバー、しっとりとしたバラード、自由自在に生み出し、歌う時、MCでも笑顔で観る人を導いていく。一旦すべての演奏が終わった後、リクエストの声がかかり、ランカの星間飛行。キラッ☆

tppr110219
トリはアトホール初登場の「Top Priority」。キーボードにギター2本の5人組、ドラマー脱退による一旦活動休止などいろいろな事情が重なる中、全てを出し尽くすように楽器に向かい、叫びを叩きつける。激しく、ドラマチックな曲展開、ボーカリスト、ドラマーの切り裂くような叫び、女声のコーラスもアクセント。アンコールも飛び出す。熱いひと時。

「Takk」を中心として集まった音楽好きたちの輪。
波紋のように山を作り、広がっていく。

2011/2/19(土)

横山桂一 http://pksp.jp/yokok1/
TOP PRIORITY http://www.myspace.com/toppriorityoita
http://x31.peps.jp/toppriority
Shota Hashimoto http://www.myspace.com/meoss
http://www.myspace.com/neraespace

Takk http://music.ap.teacup.com/takk/ 097-536-0680

3/26(土) Takk presents "postHuman" vol. 5 AT HALLにて



スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2011/3/1(火)【ライブ】※情報追加
alnc1103

★Anla Courtis 来日ライブ★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:Anla Courtis(ARG)/hugh/Shota Hashimoto/clavinotes
料金:前売1500円/当日1800円

今やリビング・レジェンド的な文脈で語られる事の多いアルゼンチンのアヴァン・サイケデリック・バンド『Reynols (レイノルズ)』。日本に入ってくる情報の少なさから、彼らはその音楽と共に常に謎めいた存在として認識されてきた。そんなレイノルズの音楽面を一手に担っていたというメンバー、Anla Courtis(アンラ・コーティス)氏が単身で6年ぶりに来日し、貴重なライブを行う。
http://www.myspace.com/courtis

hugh
深いリバーブの海の中で、ひんやり、ゆらゆらと世界を作り上げる

Shota Hashimoto ドローン、アンビエント
http://www.myspace.com/meoss
http://www.myspace.com/neraespace

clavinotes
捕らえられて離れられない、破調のよれよれのアヴァンギャルドポップは美しい
http://www.myspace.com/clavinotes




2011/3/3(木)【ライブ】
iso31103

★Isolation 3 JAPAN TOUR★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:Isolation 3(CAN)/The Another Planets/the Centralbars/ROLLIN'S
料金:前売2000円/当日2500円

1990年代ジャーマン・インダストリアルの大御所「KMFDM」、そしてカナダのパンクバンド「SNFU」ECONOLINE CRUSH「THE UNWANTED」「HOUSE OF COMMONS」、凄腕なロッカー達が集まった、カナダ、バンクバー発のオルタナティブ・パンク・バンド!「Isolation 3」
ULTRA BIDE/AMAZON SALIVAのHIDE氏がプロデュースする全24ヶ所の日本ツアー!
http://isolation3.blogspot.com/

KMFDM
ドイツのインダストリアル・バンド 。Industrial/EBM創成期から(一時解散などの紆余曲折はありましたが)現在まで第一線で活躍し続けるヴェテラン・バンドです。KMFDMとは正式には「KEIN MEHRHEIT FURH DIE MITLEID」(大衆に情け無用)の略。
84年以来、とどまることなく活動を続け、ダンス・トラックを作るにあたっての過激な方向性で知られている。基盤はヒップホップのビートとインダストリアルなパーカッションの激しい融合であり、さらにスレイヤーよりも暗く暴力的なギター・リフが圧倒的重音となって押し寄せるのだ。また、KMFDMが他のインダストリアル・ダンス・バンドと決定的に違う点は、その急進的な政治的姿勢にある。
http://kmfdm.net/index.php
http://www.myspace.com/officialkmfdm

SNFU
D.O.A.と並び、カナダを代表するパンク/ハードコア・バンドがSNFUである。バンド名は"Society's No Fucking Use"の略だが、SNFUという呼び方以外が使われることはほとんどない。結成は81年で、活動拠点は西海岸のヴァンクーヴァー。
初期のころからカリフォルニアのパンク/ハードコア・シーンと関係が強かった。歌詞だけでなく音にもウィットが効いており、多少メロディアスだったりもするが曲の展開もひねりがあり、どこもかしこも微妙に屈折しているのだ。
http://www.snfuband.com/
http://www.myspace.com/snfuband

COSMIC WAVE PUNK!! 「The Another Planets」
http://www.myspace.com/theanotherplanets

the Centralbars
全員10代!サイケデリック・ブルーズロック!
http://www.myspace.com/ningen50nen

ROLLIN'S
1st single「THE ANSWER」全国タワーレコードにて販売中!
精力的に活動中の大分のパンクバンド。
http://75.xmbs.jp/ROLLINS/?guid=on



2011/3/6(日)【ライブ】
★Fast Break vol.4★
OPEN 17:00/TART 17:30
出演:The Twintail Sisters/GIGIGAGA/C2/DUST MEN 3/cunt
料金:前売800円/当日1000円

問:Sound Track project:better_late_than_never.r0421@ezweb.ne.jp

2010年7月、9月、2011年1月に開催した、学生、初心者主体のイベント第4弾開催!

堅い守りから速攻でケリをつけよう!

GIGIGAGA
2004年xx月xx日、vo.カナは大分市都町にて嘔吐物が逆流し窒息。悲運の死を遂げた。
無残な最期を迎えたカナは、この世の未練を晴らす為、カナ the Living Deadとして墓場から蘇り3匹のクリーチャーを引き連れ、酒をマイクに持ち替え、毎夜街を徘徊する。
http://www.gigigaga.jp/

Sound track Project http://blog.livedoor.jp/stp_2010/

2011/3/12(土)【ライブ】
★6x9 six by nine -special from KUMAMOTO-★
OPEN 19:00/TART 19:30
出演:LIFE(熊本)/あかしももか/ネネカート
料金:1200円

LIFE
熊本を拠点に確かな技量でジャジーかつアーバンなサウンドを聴かせる4人組
九州ツアーを敢行
Dr. 川畑 龍平 Gt. 池上 智大 Ba. 古賀 亮佑 Key.&Vo. 泉 健一
http://heiseilife.blog58.fc2.com/
http://heiseilife.web.fc2.com/index.html
http://jp.myspace.com/1004903863

あかしももか
1999年、『昭和喫茶』により、CDデビュウ。その後上京し、大学で哲学を学ぶかたわら、幅広い芸術表現に目を向ける。2006年末、帰郷。2009年3月にCDアルバム『コスモポリタン・パレード』を発売
http://www.myspace.com/akashimomoka
http://blog.goo.ne.jp/enchant-momo0901

ネネカート
しずるアーバンポップを織り成す"はちみつぱいとMice Paradeの邂逅"
http://www.myspace.com/nenecart



2011/3/13(日)【パフォーマンス】
kumanchi11_web

★レオナルド・くまんち第二回公演
「レディ・アイスクリーム・ワールド」★

開演:13:00/19:00(開場は30分前)
出演:レオナルド・くまんち (井上義雄/大渡美璃/西村圭介(ナントカ動物園))
脚本・演出:レオナルド・くまんち
料金:前売1000円/当日1200円

問合せ:09072957500(西村)/ leonardo.kumanchi@gmail.com

若手酔狂舞台公演ユニット「レオナルド・くまんち」一年ぶりの第二回公演

世界中のありふれた恋人たちの物語は、二人だけの特別な物語。ここで語られる物語は、その少し前のお話。長い歴史の中で繰り返されてきた、男の子と女の子の出会いのお話。
運命というやつは劇的で、不思議で、不条理。男女の出会いを少しだけ切り取った、「レオナルド・くまんち」の愛の形。

http://leonardokumanchi.com/

後援:OBS大分放送、TOSテレビ大分、大分合同新聞、大分ケーブルテレコム、FM大分、月刊・シティ情報おおいた

2011/3/16(水)【OTHERS】
★「のばなし」その2★
START 21:00
出演:かずまりっち~(トレロカモミロ)/高田鷹 
ゲスト:村田千尋(ピアニスト/作家蔵主催者)
料金:1000円(人数限定あり)(おにぎり・お茶付き)

問:アトホール/トレロカモミロ(080-5271-7099)camomillo.net@gmail.com

劇団トレロカモミロ主宰のkazumaritchieと新米脱サラカフェ店員高田鷹がお送りする2時間ノンストップ&ノンカテゴライズトークショー

今回のゲストはピアニストで"作家×酒造蔵 温故知新の多角的文化活動"「作家蔵」の主催者の一人でもある村田千尋

企画/構成 KKT SHUT UP STUDIO

トレロカモミロ http://camomillo.web.fc2.com/camomillo_web./Welcome.html
作家蔵 http://www.sakkagura.com/

2011/3/19(土)【ライブ】
★サウンドファミリー卒業ライブ★
START 13:00
出演:サウンドファミリーのバンドたち
料金:無料

大分大学の音楽サークル「サウンドファミリー」に所属するバンドが大挙して出演するライヴイベント。
毎年恒例!卒業おめでとう!卒業生が主役!

2011/3/20(日)【ライブ】
★♪ニ○動イベント♪★
OPEN 18:00/START 18:30
出演:横山桂一/まーさんず(R)/【全米が】大分ツンデレ協会【泣いた】
料金:1500円

※開始時間18:00 → 18:30に変更されました。
申し訳ありません。ご了解ください。


※某動画サイトについてのイベントです。横山桂一企画

横山桂一
シンガーソングライター。ユニットでのアニソン活動も。
http://pksp.jp/yokok1/
http://www.nicovideo.jp/mylist/21118992

まーさんず(R)
大分ではまだまだ数の少ないアニソンバンド。平均年齢はちょっと上め。
http://masansr.web.fc2.com/index.html

2011/3/22(火)【ライブ】
★『Ningen』Release Japan Tour w.Adam★
OPEN 19:00/TART 19:30
出演:KenSouthRock with Adam(東京)/jaggy/グレーメン
料金:前売1500円/当日1800円

KenSouthRock
2010年、長年続けて来たバンド活動を休止。衝動的にギター1本抱えて、単身ニューヨークへ。飛び込みでライブハウス(Bar)を歌い巡り、従来の弾き叫ぶスタイルに、ハリケーンギターの要素を肉付ける。さらには言葉の壁をぶっ越えた音と心の交流、本当に多くの人との出会いに大感動。握手に握手を重ねるうちに、世界中を歌って巡り続けられるロック漢になってやろう!と一念発起。ここに“Ken South Rock!!!!!”生まれる。 6月には再度渡米、とことんライブを重ねまくる。さらには帰国直後の7~10月にかけて、全国47都道府県もれなく弾き叫びツアーを敢行。日本を全身全霊ぶっ噛み締める。11月、押さえ切れぬ衝動にまかせ、またもや渡米すると、ブルックリンにてぶっ叩きドラマー、アダムと意気投合。一気にレコーディング突入。2011年3月にはそのCD Release Japan Tourを決行予定。そんなライブ生活から見えて来るだろう歌や曲を大切に、生涯ロック漢として突っ走り切る、一つの新たな“カタチ”を表現したく思う。
http://bakeru.jugem.jp/

久々のライブの「jaggy」
フェアウェルライブを飾る。

グレーメン
小松+是永+河村

2011/3/23(水)【ライブ】
★村山政二朗/山内桂★
OPEN 19:30/TART 20:00
出演:村山政二朗/山内桂
料金:前売2000円/当日2500円

村山政二朗
1957年生まれ。パーカッショニスト。1982年に灰野敬二と米国ツアー。その後はKK NULL、細田茂美らと演奏。99年よりフランスで活動。現在はソロ演奏と共に、ジャン=リュック・ギオネ、エリック・ラ・カーサ、エリック・コルディエなどの音楽家や、哲学者ジャン=リュック・ナンシー、振付家カトリーヌ・ディヴェレス、ヴィデオ作家オリヴィエ・ガロンらと共演。
http://seijiro.murayama.name
http://www.ftarri.com/festival/kyoto/murayama.html

山内桂
1954年別府市生まれ。大学でサックスと即興演奏を始め、作曲も行う。また、ミルフォード・グレイブス、ハン・ベニンク、デレク・ベイリー、トリスタン・ホンジンガー等の初来日松山公演を主催、あるいは関わる。
02年10月以降音楽活動に専念し、音そのものの響き、細胞レベルのコミュニケーションによる独自のサウンド・アート "SALMO SAX" をソロを中心に国内外で展開中。その音は刺激的で、どこかなつかしい。
'08年、あらたに "salmosax ensemble" を開始。  
http://salmosax.com/
http://www.myspace.com/salmosax



2011/3/25(金)
★RESERVED★

2011/3/26(土)【ライブ】
ph5web.jpg

★Takk presents "postHuman" vol. 5★
START 15:00
出演:THE LOGOS/Powder Cheese/the coelacanth/Black Bird/横山桂一/ちえみジョーンズ/GIGIGAGA/ザ・ダイアモンズ
料金:800円

大分市若草公園近くの楽器店「Takk」主催のライブイベント。

THE LOGOS
2009年、大分県の高校生年代のバンドコンテスト「ロックンロールハイスクール vol.2」でグランプリ受賞。
http://20.xmbs.jp/powdercheese/
Powder Cheese
ロックンロールハイスクール2010、オーディエンス賞受
http://tosp.co.jp/i.asp?I=theHAKEN&P=0&MD=
the coelacanth
カバーとオリジナルをこなす高校生の5人組「シーラカンス」
http://80.xmbs.jp/exword/?guid=on
横山桂一ex.Dr Snowmanの歌とギター。趣味は深夜から早朝にかけての散歩
http://pksp.jp/yokok1/

ちえみジョーンズ
ちえみジョーンズは沖縄でマイペースかつ地道な活動を続けるシンガーソングライター。「ちえみジョーンズ」という名前は、ザ・ローリングストーンズの元ギタリストである故ブライアンジョーンズの「お嫁さんになりたい」というちえみの少女時代からの夢にちなんで本人が大まじめにつけた芸名です。歌い始めたころのとあるライブから名乗りはじめ、そのまま定着しています。ちなみにちえみが生まれた時、ブライアンはすでに他界しており、ちえみとはまったく時代を共にしていません。ちえみJは生粋の日本人。ひいじいちゃんは沖縄人。
http://keeponmusic.com/chiejon/

GIGIGAGA
2004年xx月xx日、vo.カナは大分市都町にて嘔吐物が逆流し窒息。悲運の死を遂げた。
無残な最期を迎えたカナは、この世の未練を晴らす為、カナ the Living Deadとして墓場から蘇り3匹のクリーチャーを引き連れ、酒をマイクに持ち替え、毎夜街を徘徊する。
http://www.gigigaga.jp/

ザ・ダイアモンズ
2本のボーカルが絡み合う、エネルギッシュなガレージ&ロックロール
http://www.freepe.com/thediamonds
http://www.myspace.com/thediamonds2010

GiGIGAGA×ザ・ダイアモンズでの出演になります

Takk http://music.ap.teacup.com/takk/



2011/3/27(日)【ライブ】
★BRAN-NEW★
OPEN 19:00/TART 19:30
出演:IRAYNA SENDLARS/Bull Mars/NORMAL FLY/The Gardener
料金:700円

名前の通り、バンド初心者、ライブ初心者中心のイベント
1月に延期されていたイベントが開催

IRAYNA SENDLARS
Pop'n'Roll・3ピースバンド!
夢と平和を合言葉に爆進中!
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=iraynasendlars&P=0&MD=I

Bull Mars
VoとGt1本とBaとDrの4人
「芸短軽音サークルの1年と2年がひっそりと組んだバンドです。このメンバーで最後のライヴになります。」


※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、左記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。

テーマ:大分県情報 - ジャンル:地域情報

毎年、晩秋11月に行われていた「バクの夢」主宰によるライブイベント「バクまつり」。6回目の今回は年をまたぎ、"新春ほっこりもっこりナイト"というセクハラ上等のサブタイトルのもと開催された。

京都から、長い間着実な活動を続ける男女アコースティックデュオ「ふちがみとふなと」、福岡より異端のソロシンガー 倉地久美夫、大分組のソロシンガー おじぎ草 との3組、三連休の初日の金曜の夜に、心地よい世界を織り上げる。

ojgs110211
まず登場するのは、おじぎ草こと小笠原洋。最近はコンテンポラリーダンスのイベントなどに、ダンサーとしても参加している。
だから、というわけではないが、登場はハワイアンに乗せて。
ステージでは、エレキギターをゆるく鳴らし、ファルセット?裏声?で歌う。ペーソスあふれ、枯れた詩仙のような佇まいもある。
ディランの「風に吹かれて」を自ら詩を付けて歌う。
ロッカーぽかった。

krt110211
倉地、アンプに古いギブソンを繋ぎ、音量をかなり変え、強弱を付けるなどギミックの多いプレイ。
自らの声も、それに負けず、様々な発声を駆使し、色々な表情を付ける。そこで表現される言葉も独特な世界、言葉の選び方、シーンの切り取り方。やはり唯一無二のもの。「蘇州夜曲」のカバーも他にない、表し方で。
40分ほどで、一旦ステージから捌ける。

ftfn110211
大分は3度目、アトホールには初登場「ふちがみとふなと」。
ボーカルの渕上純子、ウッドベースの船戸博史によるデュオ。何もかもないような編成だが、何もかにもある。
渕上の少しかすれた声は、少年みたいで、素っ気ないけど、艶があってセクシー。魅力的でずるい。
船戸は指弾き、弓を使い分け、生み出される音はそのベースのボディの厚みのように、糊代が十分にとってあってふくよか。
どこでもない、どこにでもある、ことを歌った曲は、するっと何の抵抗もなく観る人の心の中に入ってくる。時折吹かれる渕上のピアニカ、ハーモニカなど。どこまでも届くように響く。
ポップス、ジャズ、ロック、ブルース、ソウル、、。二人きりが作り出す豊潤なショーは、いとも簡単に心を動かす。

fnftk110211
最後に、ふちふな と くらち による「ふちふなくらち」で。
3人とも特に変わったことはしない、いつものやり方でお互いのナンバーを3人で演奏していく。たっぷりと。
簡潔で温かいもの、ちょっと変で日常から離れたもの、混ざり合う、混沌とまっすぐが化学変化する。懐かしいプログレッシブ。
生成される新しい発見。



 手紙はいいぞ
 手紙はいいよ
 手紙だから

 ねぇ 遠く離れた君の便りが
 僕の住む場所に運ばれてくる
 そしたらその時僕のところに
 君は確かに現れたんだ

 だから僕に手紙を書いて
 必ず僕に手紙を書いて


2011/2/11(金)

ふちがみとふなと http://www.asahi-net.or.jp/~cp3j-fcgm/
倉地久美夫 http://hirunohikari.com/kurachikumio.html

バクの夢 http://d.hatena.ne.jp/bakunoyume/



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

重版を重ね、コンテンポラリーダンスに興味を持つ者にとってバイブルとも言える「コンテンポラリー・ダンス徹底ガイドHYPER」など多くの著作を持つダンス評論家 乗越たかお
「ヤサぐれ舞踊評論家」との異名も持つ彼が、各地で行っている「酔話会」が、大分とコンテンポラリーダンスをつなぐ集団、OITA'n DANCE ORGANIZATION 「On'DO」の協力のもとこの地で初開催!

oosui110205
今回は"酔話会"らしく、アトホールが小料理屋「あけみ」に変身。客席にはこたつが並び、割烹着を着た「On'DO」メンバーが手料理を用意し、お客様をもてなすべく手ぐすねを引いている。
"戸口"の縄のれん、提灯も今や遅しと待っている。ズブズブの歌謡曲も流れてるよー。

また乗越自らがシェーカーを振り、オリジナルのカクテル「乗越スペシャル」を用意、それをみんなが口に運んだ頃、いよいよ"本題"がスタートする。


(コンテンポラリー)ダンス100年の歴史を100分で解説する。というテーマのもと、貴重な映像を交えながら、軽妙な語り口のもと、膨大な歴史を軽やかな足取りで振り返っていく。

アメリカで生まれた新しいダンスが、ヨーロッパを中心とし、世界各地へ広がり、交じり合い、発展し、革新されていく。

oosui2110205
バレエボードビルボディビルタップ民族舞踊舞踏ソシアルダンス、、、といった様々なダンス、肉体表現。ヨーロッパ系、アフリカ系、そして日本人、いろいろな人たちの手により、足により。万国博覧会、ブロードウェイ、浅草オペレッタなどで、演じられ、紹介され、発展、拡散していく。

その興味深い流れをアカデミックかつわかりやすい言葉で指し示され、腑に落ちる。そして、暗い中で映し出される映像の中の身体能力、動きに感嘆し、驚かされる。

その"酔話"により、アカデミックな知的満足がもたらされる。
ダンスの奥は深い。しかし、その奥はまだまだ、もっと、深い。
そして、その奥をもっと見てみたくなる。

2011/2/5(土)

ダンスについてのいろんなお話は、彼の作品からでも知ることが出来るはず。
その世界、まず本から入ってみてもいいのでは。

乗越たかお http://www.bea.hi-ho.ne.jp/norikoshi/
http://d.hatena.ne.jp/nori54/

O'nDO http://oitandance.blog29.fc2.com/



テーマ:ダンス - ジャンル:学問・文化・芸術

アトホールのロックの日、「6x9 six by nine」。25回目は「上野豊バンド」「clavinotes」「Outstanding」の3組が出演した。

ueny110130
トップバッターで登場したのは、ギター/ボーカル上野豊を中心としたトリオ「上野豊バンド」。
シンプルな編成から、アメリカ、イギリスの王道ロックのエッセンスを感じさせる楽曲を披露する。平易な言葉、親しみやすいメロディ。気持ちよさげにギターを鳴らす。

clvn110130
続いてもトリオ「clavinotes」。3人がフーフー、ウーウー、コーラスを重ね、ドリーミーなメロディのポップソングを披露。でも、なにかイラつき、不穏、不安が裏打ちされている。不規則に大きい、小さいギターのボリューム。笑いながら怒る人。一番怖いこと。

outs110130
ラスト、これまたトリオ「Outstanding」。まずはMCでお客さんと交流を促すように呼びかける。姿勢は変わらない。
親しみやすいメロディに甘い言葉、ラップ調の歌を取り入れた跳ねるようなナンバー、周りへの感謝を素直に伝える曲、自分たちのやりたいことを衒いなく真っ直ぐにお届けする。

サインコサインタンジェント
三角形、向き合い方で見え方は変わる。

2011/1/30(日)

Outstanding http://www.out-standing.net/
clavinotes http://www.myspace.com/clavinotes



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

名古屋の男女アコースティックデュオ「ミラーボールズ」が、アルバムネオンの森」発売に合わせたツアーで2度目の大分へ。

今回のライブを共にするのは、アトホール久しぶりの登場となる「フルシアンテプラム」と中津のミワサチコと福岡のドラマー"ミー"による新バンド「danro」だ。

hlpl110129
まず登場するのは「フルシアンテプラム」。女性ベース/ボーカルによるトリオ。
ゆっくりとしたテンポのビート、隙間の多い音作り、重く真っ直ぐな言葉を、飾り立てず、そのまま投げかける。
重く、遅く、深く。シーンの中で浮かび上がる異質な肌触り。

dnr110129
続いて「danro」。ドラムとギターが対角に陣取る。ソリッドでタイトなドラムビート、アンプから生み出されるギターの音、これもまたソリッドで余計な贅肉がない。二人の共通のルーツでもあるアメリカンハードコアの香りが立ち上がる。
その音、自然に体を動かさせる強度を持つ。剥き出しのギター、ドラムの上でミワの高く綺麗な声が、美しい流れとなり見え隠れする。爆音の浮遊感。

mrbls110129
そして「ミラーボールズ」。ボーカル北脇、ギターの森とも持っているのはアコースティックギター。
コードストローク、単弦フレーズ、役割分担され、二つだけで独自の世界を作り上げる。その中を泳ぐように、歌いギターを鳴らす。そしてふたり実際に、ステージ上を泳ぐように漂う。
演歌っぽくもあるどろおとしたもの、女の子ぽいかわいい側面、はまる見得。映像作品を触れているような、確固たる世界。
北脇の魅力が、見事に生かされている。

終わった後で 明日は来るのさ

2011/1/29(土)

ミラーボールズ http://www.geocities.jp/siberiarock/mirrorballs.htm
ミワサチコ http://www.geocities.jp/miwa01234/
http://www.myspace.com/miwasachiko
ミー愛さしみ http://meisashimi.web.fc2.com/



テーマ:ギター - ジャンル:音楽

アヴァンギャルド/マスロック、ノイズ/エクストリームメタルを中心に、現行ロックシーンで活躍する世界中の後続に絶大なる影響を及ぼした日本ロック界の至宝「ZENI GEVA」
KK Nullこと岸野 一之を中心とし、「Acid Mothers Temple」の田畑 満、「Ruins」の吉田 達也を再びメンバーとして迎え、最強のトライアングルとなった彼らが行う初めての"九州山口ツアー"、その殿をつとめたが大分のアトホールだ。

彼らを迎える大分組は「VISCERA INFEST」「Lady-Gore」「deus xxx machina」Tetsuya Hozakiという個性あふれる4組。

thzk110127
まずはワンマンハードロックギタリストTetsuya Hozaki、モトリーのKickstart My Heartで登場する。
自らの作成したバックトラックの上で、西海岸風のハードロックメタルナンバー、バラードとハードなインストゥルメンタル世界をギター一本で自由に旅をする。アメリカの大学生のような抜けの良さ。ギターも気持ち良く鳴る。

ldgr110127
続いては「Lady-GORE」。今回はギタリスト二人にピンボーカルの3人での演奏。ドラムビートは打ち込みで複雑に展開が変わる。ギター一本はベースアンプにも繋がれ、ギターアンプも低音重視、膨大な量の音と目まぐるしい変化、その上で、ピッチシフターで変調された女性ボーカリストの声が、怪獣の咆哮のように響く。カオス。モコっとした音の塊。

dxm110127
ステージ下、普通ならお客さんのいるところにテーブルなどが置かれ、その上にはPCを始めとし、エフェクター、カオスパッドなどの機械がいっぱいの「deus xxx machina」。セッティングがひとしきり終わった後、一斗缶をメタルパーカッション替りに叩く、コンタクトマイクで増幅、演奏のスタート。一段落した後はノイズ大会。BPM200を優に超えるようなブラスト、ギターはかき鳴らされ、変調された叫び声が吹き荒れる。無秩序。

vscr110127
そして「VISCERA INFEST」。奇しくも活動休止前のラストライブ。ドラマー狂兵氏の告別式は派手に、しかしある意味今までと変わらずの爆音でブチかまされる。
屹立する3台のアンプ、2本のギターから生み出される分厚い音、とにかく速く、速く打ち鳴らされるキックとスネアとライド、嵐のような音の上でグロウルし、シャウトされる下水道ボイス。モッシュ、メロイック、観る者も巻き込んでの大混沌大会。


zngv110127
トリは「ZENI GEVA」。ビスケア終わりの混沌を払うかのように各々のセッティングが進められる。吉田がドラムのチューニングを変えていく、そこからだけでも"ただものではない"感がビンビンに伝わってくる。前二人、持つのはギターだが岸野の方はベースアンプにも繋がれる。
簡単に音合わせをして、演奏スタート。低音成分もたっぷりの分厚いが歯切れの良いギターの壁、奔放だが重厚なソロとはまた違う吉田のドラミング、時折印象的なリフ、フレーズをほりこむ田畑。発気するような、歯切れある叫び、吉田の声楽的な声も効果的に挟み込まれ、カオスパッドのクチャクチャした音が切れ込む。
ハードコアメタルマスロック、ドゥーム。構築と激しさ、さまざまなエクストリームミュージックが顔を出す。

でも、そんなことはどうでもいいのだ。
ただ大きい音に浸り、体を揺らしていればそれでいいのだ。

2011/1/27(木)

ZENI GEVA http://www.kknull.com
http://www.myspace.com/00kknull
http://www.myspace.com/zenigeva
VISCERA INFEST http://sound.jp/viscera-infest/
http://www.myspace.com/viscerainfest
Lady-GORE http://x20.peps.jp/ladygore
http://www.myspace.com/ladygore666death
Tetsuya HOZAKI http://tosp.co.jp/i.asp?I=tetsuyahozaki



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

01 | 2011/02 | 03
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 - - - - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー