FC2ブログ
大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
ソロシンガーが集まったイベント「そろそろ」
6回目の今回の出演者は5組。アコースティックギターを持った出演者、どのような歌が歌われるのか。

sngi110619
トップバッターは若手弾き語りソングライター永井翔。椅子に座って。
久しぶりという緊張は少し見て取れたが、歌いだすと楽しそうな笑顔は健在。
aikoの「えりあし」などのカバー、オリジナルの「心の音色」など取り混ぜて披露。柔らかく、あたたかい歌声が広がっていく。

jkdm110619
美術家としての活動も行う児玉順平。彼は立ってマイクに向かう。
ギターのポジションは高め。しっとり、ほの暗い空気を立ち上げ、伝える。
中島みゆき作の加藤登紀子の「この空を飛べたら」のカバー、そしてオリジナル。その前にはMCで、"後ろ向き"思考をむしろ進める。メガネ萌えを誘う。

miwa110619
ミワサチコ、椅子に座ってアコギはアンプに繋がれる。
指弾き主体、丁寧に爪弾き、歌う。低音、リバーブがハレーション寸前で膨らむ。弦ごとの固有の響きが芯まで聞えるよう。それに薄いリバーブを伴った伸びのいい声。境界を歩く。
ソロでの曲、自身のやっているパンクバンド「danro」の曲。これまたいい。持っていってくれる。

mimi110619
次いでも座って。mimiこと大分のブルースバー「Blue Babe」のオーナー秀平が、自らの主催イベント以外に珍しく出演。
歌の第一声、ギターの1ヴァースで心を掴む。さすがの年季、厚み。
カバーを中心に、友部正人、佐藤博の「わたしの自転車」、そしてオリジナルでもさすがの喉と指を見せる。最年長が少年のよう。

miwa110619
ラスト、高めの椅子に浅く腰かけて、三浦新太郎
アルペジオ、指弾きうまく使い分け、太く優しい大人の包容力のある声、空間を薄い、しなやかなシーツで包み込む。
しっとりとしたラブソング、軽快なシティポップで緩急をつける。苦く、甘いコーヒーの味。


アコースティックギター、歌声。
年齢もスタイルも違う彼らをつなげる。

2011/6/19(日)

ミワサチコ http://www.geocities.jp/miwa01234/
http://www.myspace.com/miwasachiko
オレクトロニカ http://olectronica.ocnk.net/



スポンサーサイト



テーマ:☆懐かしい歌、そしてその人☆ - ジャンル:音楽

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

05 | 2011/06 | 07
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
  1. 無料レンタルサーバー