FC2ブログ
大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
design room ROBiiE」主催による通常の思考、規格からちょっとばかし枠からはみ出たイベントが久しぶりにアトホールに帰って来た。その名も「吉田ロックフェスティバル。何故かはわからじ。
ホールの中ではがコンロにかけられ、「万平汁」が着々と出来上がっていく。

wnd120204
そのを作っていた店主自らが、フロントマンとしてステージに立つのは「WinDy」。ギターを弾きつつ、イエモンのカバー、オリジナルなどを歌う、入り込んで。四人、一丸になって。準備もしつつ、お疲れ様です。


mktj120204
はグツグツと。湯気を立てる。そしてみかんも。やはりどこかいつものホールとは違う。

ysdr120204
なんかゆるい空気の中、ハッキーが歌い、中川がギター、「BLUE NEATS」よりバイオリン。
日本のオールディーズスタンダードと言うべき歌謡の心が薫る、歌心あるロックナンバーを演奏。

vdks120204
そして一転、「vodkers」、ぶ厚いギターに乗せてオリジナルロンドンパンク。「NEAT NEAT NEAT」、ダムド、「teenage kicks」、アンダートーンズ、ピストルズは「Submission」と渋いところ。そして、やっぱ「シリーシング」はいい曲。
スパッとやり逃げ。ギターのフィードバック、電源落とすまで続く。

ysdj120204
その後、峠を越えればまったり。DJタイム、カッチリしたハウス系から、のんびりしたリクエストアワーのコンフューズドな選曲まで、2時間以上のロングミックス

うまいこと弛緩した夜はいつまで続くのか。
どこまでも、どこまでも。
近づいて、離れてく。やはりどこか変わってる。

2012/2/4(土)



スポンサーサイト

テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽

コントラバス奏者 熊坂義人 を中心とした不定形のユニット「大福」
今回は関係の深いアコーディオン奏者 スパン子、そしてアルトサックス奏者 バッキーと共に「大笑いツアー」で九州、西日本を廻る。
彼らは"オンガク"をやっているつもりはないらしい。

yrcnd120131
まず登場するのは、それに呼応するようにもはや音楽も演奏しない「ゆらゆらちんどん隊」。別府のアート系イベントなどに登場した彼ら。今回は「ウォーリーを探せ」のウォーリーのようなカッコをしたパントマイマー コハマショーゴを始めとしたおじさん4人が、音楽に合わせて、歌いながら、その場で行進。シュール。


ojsr120131
続いてもシュールおじさん おじぎ草 が登場する。今回は「別府レッグウォーマーず」よりseiraダンサーとして参加する。
年輪感じるアコースティックギターをかき鳴らし、高い声で「電撃バップ」「風に吹かれて」なんかを自分で勝手に詩を付けて歌う。マイクなし、ステージを動き回り、seiraも対応するように舞う。
ギターも弾かず、年齢差を越えて、二人でコンタクトインプロみたいに踊ったり。自由に。

mmfl120131
そしてこれまたある意味シュールな女性アーティスト あかしももか。今回は"フラクタルメイト"がバックを務め、バンド演奏で自身の曲を再構築する。「ネネカート」「FARM」といったバンドの実力派たちが彼女の曲に色を添える。
鍵盤2台に、ベース、ギター、ドラム、しかしそのプレイは柔らかく、ほんわかと。彼女自身もいつもと同じように鍵盤に向かい、立って踊り歌う。今回もチョコレートソングで甘さを振りまく。

difk120131
ドレッシーに決めた「大福」、真ん中にコントラバス、アンプに繋がれる。ステージ下手にアコーディオン、そして上手にはサックス。モヒカンの熊坂とスパン子には歌用のマイクも。
演奏するのは歌ものもインストも。指と弓を使うコントラバス、大きく腕を閉じ開くアコーディオン、時折サックスが切り込む。そして、重みを感じる言葉が乗せられる。
アカデミックな素養を感じさせる演奏力、ロマ、バルカン、イベリア、様々なフォークロア、そしてジャズや古いポップス、それらが翳りのある世界で混ぜ合わせられ、熱を持って吐き出される。
途中子供の"こうちゃん"もダルブッカで参加。そしてゲストとしてシンガーの二宮あやこも。更に色が足される。

エモーショナル・ノマド・コア、最後に演奏した「そうさこれで終わりじゃないのさ」、抑制された展開からの解放、それが象徴しているよう。

2012/1/31(火)

大福 http://www.folkevise.net/daifuku/
スパン子 http://folkevise.net/spannko/
バッキー:http://www.geocities.jp/bakkyoo3/
あかしももか http://www.myspace.com/akashimomoka
http://blog.goo.ne.jp/enchant-momo0901



テーマ:バイオリン - ジャンル:音楽

バンド、弾き語り問わず、どこかアコースティックな肌触りを持つ出演者が集まって行なわれる新シリーズ「アトスケッチ。第一回は「sakanafish」こうべぇななみ生野亮(from sportsman)の4組が出演する。

sknf120128
まず登場するのは「sakanafish」。ギター、シンガーのナガキ、ドラマーのmiyakoの二人。
アコースティックギターをアンプから鳴らし、ドコダガしたドラム、竹のスティックがアタックを上手い具合に優しくする。冬だけど夏の歌、田舎の町に台風が。レゲエのフレーバー、さびしい言葉、いつまで歌っていくんだろう。

kube120128
キャスケット被って、椅子にちょこんと座る左利きのシンガーソングライターは こうべぇ。弦の張り方は右利き用。
深めのリバーブで「snowman」、ふんわかした響きが柔らかくどこかに連れていく。シド・バレットなんかがちらりと頭の中をかすめる。歌詞はメルヘンだが。
弦の音の重なりがバロック音楽なんかを想像したり。底は見えそうで見えてないのかも。


nnmb120128
シンガーソングライター ななみ は今回はギター、ベース、ドラム、キーボード、手練れのバックを従えての「ななみバンド」編成で登場。自身はアコースティックギターを持ったり、解放されたり。
10代らしい感性の歌詞と様々なエッセンスが感じられる、こなれたメロディの歌を気持ちよさそうに歌う。バンドのアレンジにも様々な"ポップ"の意匠が込められ、気が利いている。オリジナルにアリシア・キーズのカバーも。

syn120128
いつもはトリオ「sportsman」のフロントマンを務める生野亮が一人でステージへ。持っているのはいつもテレキャスではなくアコースティックギター。サングラスはディランみたいに。
自身が書いているバンドの曲を、より裸になって、そして自由に。けどもどこにある照れが、ペーソスを加速する。お酒は飲んでないが、"聖なる酔っ払い"感がそこにあるゴスペルを加速させる。
さすがの〆


お伽噺、現実、つづれ織り

素描は何度でも、筆の進むまま

2012/1/28(日)

sportsman http://www.myspace.com/sportsman313
こうべぇ http://tosp.co.jp/i.asp?I=koubee
ななみ http://98.xmbs.jp/nanamimusic/



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

※チケットなどのお問い合わせは アトホール まで。横のカラムの ABOUT/MAP (1) のカテゴリーをクリックするか、当ページ最下段に電話番号など、記載しております。よろしくお願いします。


2012/3/2(金)
★RESERVED★

2012/3/3(土)昼【ライブ】
★インドの昼★
START 13:00
出演:逆瀬川健治(東京/タブラ)/井上憲司(東京/シタール)
料金:2000円

逆瀬川健治
1956年 東京生れ 守護神:大日如来
幼少時よりギターを学び、学生時代に、フォークグループ、ロックバンド,ブルースバンドなどで、ギターを担当。

1977年 インド、ネパールの旅でタブラに遭遇。
即興音楽の活動をしていた「ヒカシュー」に参加し、ライブ活動、映像の音楽制作でいろいろな楽器を独自の奏法で演奏。二橋潤一氏にタブラを師事。
1978年より、インドのカルカッタに於いて、タブラの巨匠、パンディット・マハプルシュ ミシュラ氏に師事。
北インド古典音楽 のターラ理論(リズム理論)の基礎を学ぶ。
プラック・ダッタ氏に師事。
3年間のインド滞在中には、たくさんの音楽家との交流によりいろいろな音楽に接する機会に恵まれつつ学ぶ。
(古典音楽、寺院音楽、バウル、タゴールソング、ポップス…)

1981年、帰国後、北インド古典音楽での伴奏をはじめ、コラボレーションなど、ジャンルを超えた演奏活動を展開し日本各地、インド、台湾、香港にて、国内外の音楽家と共演。
レコード、CD、TVのCM音楽、
TV出演 題名のない音楽会BS11 大人の自由時間 
ラジオ・FM東京、TokyoFM,NHKベンガル語放送, にて演奏

音楽大学、一般大学、カルチャースクール、企業セミナー、教育機関で講演。
東京、名古屋、松阪、浜松でのタブラ教室において、楽器の奏法とメインテナンス、リズム理論などを指導。
http://homepage2.nifty.com/souhadou/souhadou_web_site/Home.html

井上憲司
現代のシタールによるインド音楽は、エタワ・ガラナとマイハール・ガラナの2大流派の音楽家の演奏スタイルが礎になっている。
世界的に活躍したインドの人間国宝パンディット・ラビ・シャンカールやパンディット・ニキル・ベナルジーはマイハール・ガラナの創始者ウスタッド・アラウッディーン・カーンの直弟子にあたる。

ウスタッド・アラウッディーン・カーンの直弟子としてマイハールで18年間過ごし、後にコルカタのサンギート・リサーチ・アカデミーで教鞭をとっていたオジョイ・シンゴロイ教授によるマイハール流派の伝統を井上憲司は学んでいる。

自身のオリジナル音楽では’90年代から自らのグループ「JAZICO」や「FOOJEAN」を率いる他、多彩なジャンルの音楽家、ダンサー、クリエーターとのコラボレーションも数多く、作曲や編曲を様々な分野に提供し、独自の音楽の可能性を追求し続けている。 舞踏「古舞族アルタイ」パリ公演の作曲・演奏、「FOOJEAN」のデリー公演など、海外プレスからも注目される。
テレビ・ラジオなど多数出演、様々なジャンルのCDにゲスト参加。 ライブ・セッションを通し、新しい音楽の可能性を広げ、伝統音楽と現代音楽との高いレベルでの融合を模索している。
http://www.kenjiinoue.com/



2012/3/3(土)【ライブ】
★6x9 six by nine vol.35★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:BELL JACK STRIPPER/ULTRA HEAVENS/THE HIPPIES/Hellows
料金:1000円

ULTRA HEAVENS ウルトラ!!!
http://www.audioleaf.com/ultraheavens/
BELL JACK STRIPPER http://tosp.co.jp/i.asp?I=belljackstripper
Hellows jaggyとCavernのメンバーの新バンド!
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=heineken69

2012/3/4(日)【ライブ】
★OHMF2012 公開予選会★
OPEN 11:30/START 12:00
出演:OHMF2012 エントリー者
料金:前売500円/当日800円

OITA HIGH-SCHOOL MUSIC FESTIVAL。略称OHMF。
「イベントを創る・イベントに出る・イベントを観る」という楽しさを高校生に感じて欲しい!
憧れだけど遠い存在と思われている音楽業界をもっと身近に感じて欲しい!
そんな一人の想いから立ち上がった、大分県内の高校生が企画運営・出演する音楽イベント。

県下最大級の約25組の高校生アーティストが出演!

http://www.ohmf.jp/

2012/3/5(月)【ライブ】
mmllgb1203

★モーモールルギャバン
31歳、それでも若さを叫ぶ!!Too-Ah!!★

OPEN 18:30/START 19:00
出演:モーモールルギャバン
料金:前売2500円/当日3000円

チケット発売は2/4(土)より

ローソンチケット 0570-084-008 Lコード 85282 (2012/2/4(土) 10:00より発売開始)

昨年秋よりプロデューサーのヨシオカトシカズと京都市内で3ヶ月に及ぶプリ・プロダクション、2ヶ月に及ぶレコーディングを経て制作されたモーモールルギャバンの3枚目のフル・アルバム「僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ」
モーモールルギャバンが持っていた破天荒なポップネスは全方位で研ぎすまされ、圧倒的な厚みと鋭さを増した新次元のモーモールルギャバンがここに完成!
昨年2011は初の全国ワンマン・ツアーも大成功。年末カウントダウン・ジャパン2011/12では入場規制のかかる満員の年越し会場の観客の頭上にパンティを打ち上げるなど、悪ふざけが完全に度を超してきたモーモールルギャバン。
この新作アルバムはそのスケールが一気に拡大することを確信させる仕上がりです。

そして同時に3月からは全国22カ所に及ぶワンマンツアー"31歳、それでも若さを叫ぶ!!Too-Ah!!"も決定!!
ファイナルの6月22日ZEPP TOKYO公演まで、大きな飛躍を果たしたモーモールルギャバンが日本各地で驚きと熱狂を巻き起こす。
ここ大分 アトホールでも。

新時代の到来の確信を抱かせる新作”僕は暗闇で迸る命、若さを叫ぶ”と共に、
破格のスケールでぬるま湯の音楽シーンを沸騰させる、2012のモーモールルギャバンにご注目を!!

モーモールルギャバン
ゲイリー・ビッチェ(矢島剛) - ドラム/ヴォーカル
群馬県出身 12月9日生まれ 射手座 A型 
T-マルガリータ(丸山知秀) - ベース/コーラス
群馬県出身 9月25日生まれ 乙女座 O型
ユコ・カティ(尾家祐子) - キーボード/ヴォーカル/コーラス/銅鑼
奈良県出身 2月24日生まれ 魚座 B型
http://sound.jp/mo-lulu/



2012/3/10(土)【CLUB】
★Team"ROCK" presents mintdragon ~Thank for Eunji Jang~★
OPEN/START 22:00
DJ:KINN/橋本タイスケ/NORI/DISK/ke-g
料金:1000円

問:mintdragon@gmail.com

大分"ROCK系"クラブイベント「mintdragon」

1998年 伝説のROCK BAR「BULL」で定期的に行なっていた「BULLNITE」が前身イベント。

1999年に今のイベント名「mintdragon」に改名する。 命名したのはBULL時代の客であるグレック。意味は落ちそうで落ちないでも尻が軽い女。東京のLONDON NITEに憧れて、大分に招いて開催する断言しイベントを続ける。

2004年に念願のLONDON NITE in Oitaを主催。

ロックという曖昧なカテゴリーを気にする事なく、好きな音楽は何でもプレイするパーティーイベント! 客層は18~30代後半と幅広く、またむさ苦しいDJ陣とは対照的に、なぜか女の子が多い。

大分で最も長く、また数少ないロックイベントとして活動を継続中! また、「SOULFOOD」や「リーゼントボーイナイト」等他の大分のロックDJと合同で、「OITA ROCK CARAVAN」等のイベントも主催。

http://mintdragon-oita.blogspot.com/

2012/3/11(日)【ライブ】
★K on spice 卒業ライブ★
OPEN 12:30/START 13:00
出演:K on spiceのバンドたち
料金:無料

問:k5.yamauchi@gmail.com

大分大学の軽音楽サークル「K on spice」の卒業ライブイベント

2012/3/11(日)【ライブ】
★6x9 six by nine vol.36★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:ブンブンマート。/THE HIPPIES/西拓直/RE-POP TIMES(福岡)
料金:1000円

ブンブンマート。
復活した、生涯少年3ピースバンド。そして。

RE-POP TIMES
2011年結成の4人編成メガポップバンド。現在福岡県内を中心に絶賛活動中
http://www.repoptimes.com/newpage3.html

出発に祝福を。そしてこれからも。

2012/3/14(水)【OTHERS】
★「のばなし」その8★
START 20:30
出演:かずまりっち~(トレロカモミロ)/高田鷹 
ゲスト:あかしももか
料金:1000円(人数限定あり)(おにぎり・1drink付)

問:アトホール/トレロカモミロ(080-5271-7099)camomillo.net@gmail.com

劇団トレロカモミロ主宰のkazumaritchieと新米脱サラカフェ店員高田鷹がお送りする2時間ノンストップ&ノンカテゴライズトークショー

あかしももか
1999年、『昭和喫茶』により、CDデビュウ。その後上京し、大学で哲学を学ぶかたわら、幅広い芸術表現に目を向ける。2006年末、帰郷。2009年3月にCDアルバム『コスモポリタン・パレード』を発売。
以後も各所を軽やかに越境する。
http://www.myspace.com/akashimomoka
http://blog.goo.ne.jp/enchant-momo0901



2012/3/17(土)【ライブ】
★サウンドファミリー卒業ライブ★
START 13:00
出演:サウンドファミリーのバンドたち
料金:無料

大分大学の老舗軽音楽サークル「サウンドファミリー」に所属するバンドが大挙して出演するライヴイベント。
毎年恒例!卒業おめでとう!卒業生が主役!

2012/3/17(土)【ライブ】
★フィッシュマンズナイトvol.2★
OPEN/START 21:30
出演:次世代ダブバンド/sakanafish/はにわぁくす 他
DJ:kiitirock
料金:1500円(1drink付き)

ぶっとい低音に柔らかく漂う。
"フィッシュマンズ"トリビュートナイト 二年ぶり二度目

sakanafish
亀は二人とも飼ってます。魚は一人だけ飼ってます。足りない、でも気にしない二人組。
うた・ギター・ドラム・その他。
はにわぁくす
群馬県を中心に活動するウクレレとベースとドラムをメインに演奏する3ピースバンドです。
ポップでキャッチーなオリジナルソングを制作しています。ネットでの楽曲データでのやりとりではなく実際に大分県⇔群馬県を何往復もして楽曲制作を行っています。
http://haniworks.com/
ミキサーついてのライブダブミックスを行う「次世代ダブバンド」

2012/3/18(日)【ライブ】
pou1203★Pit On Underground Vol.1★
OPEN 18:00/START 18:30
出演:JUST LIKE ME(福岡)/NOT SO YOUNG(名古屋)/幸せの青い鳥(東京)/NOISE CASPER(東京)/that no good fuck(大分)/broke my dick(中津)/Nott Your Saver(大分)
DJ:IRONMAN/INAHORN/じゅんぴー
料金:1000円(要1drink order)

eijigoto85@gmail.com

JUST LIKE ME
福岡を中心に活動するmelodic hardcore band !!
08年4月 TAKUROCK(VO,Gt)とGONZO(Dr)により結成。
11年5月 HIGH SPEED FLOWER RECORDS加入。2枚のミニアルバムを発表
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=jkjkn673

NOT SO YOUNG
名古屋発!高速メロディックハードコア!!
ツインギターに、トリプルボーカルによる哀愁メロディ&怒涛のシャウト、疾走感溢れる高速ドラムにより生み出される圧倒的な勢いを持つ楽曲を武器に活動中!!
http://notsoyoung.web.fc2.com/


幸せの青い鳥
We love NOFX! We love NOFX! We love NOFX!
...thanks,bye.
http://www.myspace.com/shiawasenoaoitoripunk

NOISE CASPER
2007年春結成
東京都町田市を拠点に、新宿や八王子などでLIVE活動をしてます。
Melodic hardcoreをこよなく愛するバンドです。
熱いLIVEをお届けしてますので、どこかで目撃したら温かい目で見守ってあげてください。
http://www.myspace.com/noisecasper

that no good fuck
2007年11月結成。
大分県を拠点として活動を始める。
2010年には無料配布音源としてCDを製作。
メンバーチェンジを繰り返し、現在の三人に至る。
http://www.myspace.com/thatnojp

Nott Your Saver
大分発迷走メロコアバンド
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=nott_your_saver




2012/3/20(火・祝)【パフォーマンス】
BUGS_web
★劇団背油こってり 第5回公演 『BUGS』★
開演 14:00/18:00 (開場は共に30分前)
出演:劇団背油こってり
料金:前売1200円/当日1500円

seabura2009@mail.goo.ne.jp

演出 ルースィー・ラブグッドウィル
脚本 ぶりちゃん

BUGS......
「世界はもっと、広いんだ」
「馬鹿なことを言うな」
「たかだか4キロなのだし、そんなに広くはないと思うのだけれど」
「彼は何を言っているんだい」
「彼は、大丈夫なのかい」

端に壁なんてない。世界はもっと、はるかに広いはずなんだ。


劇団背油こってり
2009年に結成、2012年に解散予定の劇団。大分を拠点に活動をしている。
様々な手法をつまみ食いしつつ、型にとらわれない自由で楽しい演劇を探求。
音楽やダンス、パントマイムとコラボレーションするなど、演劇の幅を広げている。

2009年10月
劇団背油こってり第1回公演「彼らによろしく~宇宙編~」
2010年03月
第2回公演「スリットゴースト」
2010年04月えんぱく
「幸福の王子」
2010年06月背油の小箱
幸福の王子
ロバの耳
2010年10月
第3回公演「その音は今や、憂いを帯びて」
2011年02月えんぱく
「浦島太郎」
2011年10月
第4回公演「ネコとネズミの、あるいはラフストーリー」
2011年12月
九州若手規格#1 ムニムニ 参加 

http://seabura.at-ninja.jp/index.html
http://19870130.blog22.fc2.com/

2012/3/21(水)【ライブ】
★大分県立芸術文化短期大学軽音サークル主催
『Graduated from GTD』★

OPEN 17:00/START 17:30
出演:moimoi/BOSS/チェルシーホテル/黒猫/mu-jack 他
料金:500円

hina_0diver0_0712@yahoo.co.jp (高橋)

"芸短"の軽音楽サークルの卒業ライブイベント


2012/3/24(土)【ライブ】
★PARTAKE IN THE PARTY Vol.1★
OPEN 16:30/START 17:00
出演:Russy~en~Roulette/BETZ/light's/赤味噌/The Chilioil Cafe
料金:前売800円/当日1000円

新規ライブイベント。

チケットは2/19(日)より発売予定。各バンドへお問い合わせください。

イベントtwitterアカウント https://twitter.com/#!/kkyny

2012/3/25(日)【ライブ】
mnh1203

★ミックスナッツハウスの"マイ・ファースト・オーイタ"★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:ミックスナッツハウス(東京/大阪)/あかしももか/ライスボウル(福岡)/ネネカート
料金:前売1800円/当日2300円(共に要1drink order)

ミックスナッツハウス
2006年3月にOSAKAでライブ活動を開始、その年のうちにマキシシングルでCDデビュー。"デリシャス王子"こと林漁太率いる3ピースのポップス・ロックンロールBANDです。
近作は、2010年11月に曽我部恵一主宰のROSE RECORDSよりリリースされた、セカンドアルバム『My Magnolia』。最高に楽しいのに、なぜか泣けてくるそのライブパフォーマンスと合わせて、マニアックなファンが増殖中。
ちょうど結成6周年を迎える3月に、初の九州ツアー、その最終日がアトホールの大おまつりイベントです。これを見逃す手はありません。オーイタで会いまshow!
http://www.mixnutshouse.com/

あかしももか
1999年、『昭和喫茶』により、CDデビュウ。その後上京し、大学で哲学を学ぶかたわら、幅広い芸術表現に目を向ける。2006年末、帰郷。2009年3月にCDアルバム『コスモポリタン・パレード』を発売。
以後も各所を軽やかに越境する。
http://www.myspace.com/akashimomoka
http://blog.goo.ne.jp/enchant-momo0901

ライスボウル
毛利幸隆(vo.gt)脇元嘉久(Bass)2000年結成。
福岡を中心に東京、関西、九州各地でライブをはじめる。
サニーデイ・サービスほかローズレコーズのアーティストが総出演するROSERECORDS&リキッドルーム5周年イベント「東京360分」に出演。
2010年5月に曽我部恵一プロデュースのもと、ROSERECORDSよりデビューアルバム『きらめき』をリリース
http://www.riceball.jp/riceball.htm
http://www.myspace.com/drawngirl

ネネカート
"スティーリー・ダン"は合衆国南部を旅をする。
http://www.myspace.com/nenecart



2012/3/28(水)【ライブ】
★hotspring × LAZYgunsBRISKY TOUR 2012★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:hotspring(東京)/LAZYgunsBRISKY(東京)/ザ・ダイアモンズ/THE VOTTONES(福岡)
料金:前売1800円/当日2300円(共に要1drink order)

ローソンチケット 0570-084-008 Lコード 85876 (2/25(土) 10:00より発売開始)

hs1203hotspring
Vo.Gt イノクチタカヒロ Gt 三浦章宏 Ba.Cho 伊藤コウスケ Dr.Cho川越俊輔
2007年4月大分県別府市にて現メンバーにて「hotspring」結成。
バンド名の由来は、hotspring=温泉。
その後自主制作アルバムを2枚発表し、勢力的にツアーを行う。その圧倒的なライヴが口こみで話題になる。
そして2010年9月浅井健一の主宰するセクシーストーンズレコードよりEP(4曲入りCD)をリリース。2011年フルアルバム「Electric Queen」を発売。
http://www.hotspring-rock.com/


lgb1203LAZYgunsBRISKY
2006年、高校在学中にLucy(Vo)、izumi(Gt)、azu(Ba)、Moe(Dr)の4人でLAZYgunsBRISKYを結成。
見えずらくなってしまっている愛、憤り、悲しみ、次の瞬間に出会うであろうハッピーなことなどをテーマに感情移入しやすい全曲英語詞が特徴。
2007年より精力的にライブ活動を行い、自主制作ファーストデモ「The trip」を作成。
2008年4月、JULY RECORDSよりデビューアルバム「quixotic(キホーティック)」が発売され、同年12月18日、浅井健一氏(ex.Blankey jet city,PONTIACS)プロデュースにより、Babestar Labelよりミニアルバム「"Catching!"」でメジャーデビューを果たす。
2009年、ARABAKI ROCK FESTIVAL2009出演を果たし、FlyingStar Recordsよりミニアルバム「26times」を発売。
FUJI ROCK FESTIVAL 2009の会場内オアシススペースにてゲリラライブを決行したことでも話題となった。
彼女達の活動は海外でも注目され、2010年初のヨーロッパーツアーを成功させた後、アメリカでgoo goo dollsのRobby Takac氏のレーベルGood Caramel Recordsより「26times」が配信開始、ドイツレーベルSpark & Shineでは、Catchingがヨーロッパ全域にて発売されている。
2010年、独自レーベルを立ち上げ、G.O.D. Recordsよりファーストシングル「CHILDHOOD」を発売。
2011年に浅井健一率いるSexy Stones RecordsのMOVEmentレーベルよりアルバム「LAZYgunsBRISKY」をリリース。
http://lazygunsbrisky.com/


ザ・ダイアモンズ
派!手!だね! エネルギッシュなガレージ&ロックロール
http://www.freepe.com/thediamonds
http://www.myspace.com/thediamonds2010

THE VOTTONES
DODDODODODoooonnn!!!
うわっ面だけのロックは聞き飽きた! 本物のロックン・ロールはここにあるんじゃ、ボケ!!!!!
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=vottones
http://www.myspace.com/thevottones



2012/3/31(土)【ライブ】
★JVTLANDT presents MX Japn TOUR★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:MX(デンマーク)/山内桂/電子たくあん(大牟田) 他
DJ: Pol iPod
料金:前売1700円/当日2000円

MX
奇妙なフォークミュージック、催眠コラージュと古いヒップホップ。すべて記録され古いカセットテープ上で混合。これは折衷的なデンマークのデュオのMXの音です。
MXのデビューアルバム"Ni Runder Modsols - MX:Antologi MM-MMX"はついに2011年の夏にLPでリリースされた録音の10年のコレクションです。
コンサートで MXは、カセットテープとギターで演奏する。 彼らは、Fano Free Folk Festivalと Festival of Endless Gratitudeに出演した事がある。
http://www.jvtlandt.com/mx/

電子たくあん
電子卓上音楽団SHOGO(CDJ) AKIO(FB2) とドラム村里杏(結成時中学生)によるユニット2009年(?)結成。
ノイズとフリースタイル生ドラムによる演奏は観る者の度肝を抜く圧倒的なパワーに満ちている。
これまでに内外多数のミュージシャンと、共演、セッションを重ね、地元大牟田から活動の範囲を拡げつつある。
http://www.myspace.com/dentak

山内桂
1954年別府市生まれ。大学でサックスと即興演奏を始め、作曲も行う。また、ミルフォード・グレイブス、ハン・ベニンク、デレク・ベイリー、トリスタン・ホンジンガー等の初来日松山公演を主催、あるいは関わる。
02年10月以降音楽活動に専念し、音そのものの響き、細胞レベルのコミュニケーションによる独自のサウンド・アート "SALMO SAX" をソロを中心に国内外で展開中。その音は刺激的で、どこかなつかしい。
'08年、あらたに "salmosax ensemble" を開始。  
http://salmosax.com/
http://www.myspace.com/salmosax

チケットなど総合問い合わせ:AT HALL 097-535-2567 info@athall.com

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、右記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。

テーマ:大分県情報 - ジャンル:地域情報

1970年代末に結成されたノンジャンル音楽ユニット「ヒカシュー」
ボーカリスト巻上公一を中心に、ニューウェイヴテクノポップ的な音楽性を振り出しに、幾たびかのメンバーチェンジを経て、現在はインプロヴィゼーションを演奏の根幹に置いた、様々な音楽性が混在したグループとして存続し続けている。
その音は常にヘンテコ且つポップ。それは不変。

tap120127
そんな彼らと共演するのは遊星からの物体X's(どっちかと言うとアメリカの方より)「The Another Planets」
全曲オリジナルで固めた変則パンクトリオはニューウェーブの香りを纏いつつも、もはや独自の道を辿り出す。シャーシャーしたギター、コリッとしたベース、ギミック的に飛び出すドラムのトリガーにグリズリズモ。曲間意味なく立ち上がるドラマー、でもそれが意味がある。あっという間にやり抜ける。

mmk120127
ソロパフォーマーあかしももか。エアポートターミナルの呼び出し音で今回の彼女の旅はスタートする。
打ち込まれたトラックに合わせての歌とダンス、そしてエレクトーンでの弾き語り。
今回は一月末、なので季節限定と言っても良いバレンタインソングで"チョコレートはももか"。
組曲構造というか、演劇構造と言うか。ディスティネーションを目指し、スターアライアンスは飛んでいって、無事着陸。


hks2120127
リハーサル時、各々高い技巧を持った、巻上、ギターの三田、ベースの坂出、キーボードの清水、ドラムの佐藤、それぞれが音を確かめながらも、にこやかに雑談を交わしていた。楽器を持ったばかりの中学生のように、50を越えたいい大人たちが。その軽やかさ、今も活動の在り方、演奏に出ているよう。

5人の前には一つづつボーカル用のマイク。各々の"口芸"(ケチャとかを思い起こしてもらえばいいだろうか)から本編は始まった。



hks120127
即興で楽器の音が重ねられていく。もちろん巻上のテルミンも。譜割細かく、手数多い演奏はプログレッシブロックのよう。炸裂する巻上の目力、顔力、そして口琴、ミュートトランペットホーミー。もちろん、各楽器の見せ場も用意されている。
色々な要素が混じった、複雑なことをやっていて、驚かされながらもやはり見ていて楽しく、愉快。
「入念」などを披露して、およそ1時間半ほどか、たっぷりと観る者を楽しませた後はアンコール。
お待ちかね?代表曲の「パイク」、最後の爆発が待っていた。


その音楽のように、大人と子供も混ざりあい、マーブル模様になる。
力がある人がやっているのがカッコいい。
こんなおじさんになりたいもの。

20121/1/27(金)

ヒカシュー http://www.makigami.com/hikashu/index2.html

The Another Planets http://theanotherplanets.jimdo.com/
http://www.myspace.com/theanotherplanets
あかしももか http://www.myspace.com/akashimomoka
http://blog.goo.ne.jp/enchant-momo0901



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

ここアトホールでバンドが集まったライブイベント「Fast Break」を行なってきた「Sound Track Project」が今回仕掛けるのは、動員100 OVERと言う目標を掲げるイベント「100 MUSIC PARTY2012」
「far from ideal」「DiverDown」「プロジェクトЯ」「GiGIGAGA」「The Pooh」の5バンドが集まってOVERを目指す。

ffi120122
トップバッターは「far from ideal」。何度も「Fast Break」に参加している大学生によるトリオ。
ジャズマスター、メガネのフロントマン椎葉、自身も含めた安定したアンサンブルから、様々な色合いを生み出す。ささくれたギターの音、ディスコティ-クなダンスビート、屈折も、情熱も、オルタナも。「楽しかった、ただそれだけ、それ以上も以下もないんだよ!!」

ddn120122
アトホールへは久々の登場「DIVER DOWN」、ギター二人の4人組。今回はベースはサポート。
前半はONE OK ROCK、Nothing's Carved In Stoneのカバーを披露。視線をあんまり動かさないボーカリスト、ポイントに入って。
後半はオリジナルを。衒いのない王道のメロディ、エモーショナルな情感を浮かび上がらせる。


prr120122
アトホールへ前に登場したのは実に4年以上前にもなる「プロジェクトЯ」。そう大分のロック好きが集まるカフェ「ランズカフェ」よりの使者。なんたってオーナーがいるからね。
Beatlesの「HELP」、WHOの「Kids are alright」など色々な曲をメロコアっぽくカバー。自分らなりのアレンジが上手くハマってる。パーティ気分を高めるエンターテナーっぷり、"巧"です。ラジオスターは誰が殺したのか?

giga120122
ステージ前にオシャンティーな女子たちが集まってくる。ステージに立っているのはゾンビ吸血鬼とかなんですがね。今夜も墓場では派手なパーティーが開かれる模様。
「GiGIGAGA」、ホラーパンクが唸りをあげる。尖がったギター、スピーディーな音流の中で、KANA the L_Dが叫び、金切り、吠える。フレットレスからのスラップが呻るカウパンク、新曲でも披露。
モンスターたちはたっぷりと暴れ回る。

tph120122
トリはパーティ主催者が参加する「The Pooh」。ライブ登場はほぼ一年ぶりか。
まずリンキンパークのバラードを情感たっぷりに歌い上げる。
その後はJet尽くし、体を動かし、汗を流し、喉を振り絞り、完全燃焼。キラーチューン「Are you gonna be my girl」などもぶちかまし。パーティを最後まで燃やし尽くす。アンコールまで。

やっぱりライブ、100人入ってもまだまだ大丈夫!
OVER 目指してもっともっと。

2012/1/22(日)

GiGIGAGA http://www.gigigaga.jp/
DiverDown http://71.xmbs.jp/DIVERDOWN/?guid=on

Sound Track Project http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=s_t_project_69



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

大分のロック系クラブイベント「mintdragon」。2012年、14年目の扉を開ける。
新年一発目、新年会張りにひどく酔いどれて、幕は開かれる。

Team"ROCK"、ミンドラクルー5人から、今回参加するのは橋本タイスケ/NORI/ke-gの3人、そしてゲストとしてまたまた同じくロック系クラブイベント「SOULFOOD」からM★T★K
4人が入れ替わり立ち代わり、ノリのいいロックナンバーを回していく。各々の色を見せつけながら。

md120121
ミンドラ一番の若手ke-g、荒く激しめのロックナンバーで勢いを出す。"ホルモン"、うねりのあるミクスチャー、尖がった音、走るパンクナンバー、Kjのよく分かる歌声。
7インチを主体に50's、60'sR&Bコーラスグループ、スカ、ビートナンバー、NORIのグッドミュージックタイム。歌いたくなるメロディー、「ドゥ・ワ・ディ・ディ・ディ・ディ・ダン・ディ・ディ・ドゥ」。ダンス天国、腰を揺らす。

md2120121
M★T★K、BPM落としめ、横ノリのグルーヴ、レゲエのバイブスが深く薫る。その通り、「ホワイトライオット」、ジャミロのレゲエカバー、ゆったりと揺らす。時折切り込むスクラッチ、効果的に。
今のロック好きにジャストな選曲、現在にぴったり寄り添うような橋本。拳を挙げ、歌い、煽る。フラッグシップ。"Radwimps""サカナクション"、それでいてエバーグリーンな「ワンダーフォーゲル」なんかも飛び出す。

md3120121
そんな楽曲たちが次々と現れては消えていく。
ロック好きなこころをくすぐる。
ダンスを続けよう。体を揺らそう。

一聴してわかるアンソニーの声、響く。やはり優しく、強い。王道。
そして、ワンヒットワンダー、曲の良さはいつまでも残る。そして再認識させてくれる。

今年も頑張ろう。パーティーは始まったばかり。まだそんなに酔っちゃいないんだ。

2012/1/21(土)

mintdragon http://mintdragon-oita.blogspot.com/



次回の"ミンドラ"、アトホールにて 2012.3.10(土)開催予定

テーマ:音楽を楽しもう! - ジャンル:音楽

大分大学の老舗軽音楽サークル「SOUND FAMILY」OBたちが集まり、久しぶりにその腕を見せるイベント「サウンドファミリーOBライブ」。もちろん現役生たちも彼らをサポートするし、自分たちの腕を見せるよー。

トップバッターは「KNAVE」でも活躍するギタリストShinnosukeが今回はピンボーカルとなり、OB、現役生混成で「PANTERA」を。「俗悪」のナンバーを中心に「Fuckin Hostile」「Rise」なんかをダイムバック・ダレル、フィル・アンセルモになりきって。これぞグルーヴ・メタル!という演奏を見せる。

sfob120121jpg

次いでもOB主体、キーボードも入った編成で「Janne Da Arc」のナンバー中心に、「マリアの爪痕」「Shining Ray」などを。ピンボーカル、見栄を切り、ケレンも効かせつつ熱唱。ラルクのナンバーなんかも。日本の伝統。


続いてはストーンローゼスの「Driving South」で登場する4人。それが指し示すように、やるのはアジカン。ギター2本、全体のバランスも良く、上手く雰囲気も出る。「振動核」「未来の破片」などを。切なく。

sfob2120121
(右)妙技☆バター犬

2012年サウンド部長がフロントマンを務める「妙技☆バター犬」。「Super Butter Dog」のファンキー面をロシア帽を被りつつ、ファンキーに披露する。女性キーボディストと踊りながら、「コミュニケーションブレイクダンス」「セツナ」などを腰が強めに。


これまたOB主体、バンプを披露する4人。半分は「サービス宣言」。最初期の「ラフメイカー」、初期の「Title Of mine」「Fire Sign」などを。いじられ系のコールも飛ぶが、負けずにまっとうに盛り上げる。ベーシストはクールに。青春。

sfob3120121
(右)THE BACKHORNKAWA

またまた「サービス宣言」、ベーシストが久々に楽器持たずにピンボーカルでフロントに立つ「THE BACKHORNKAWA」。名前の通りバックホーンを。「たたかう君よ」「パレード」などを激情で、ぐるぐるで。裸足にもなってます。



「KNAVE」のMasashi、ビスケアブラスト本部長擁する5人は今回はエモく「Killswitch Engage」をカバー。久々に聞いたかと思うクリーントーンのボイス、ブラスト以外のビート、もいいじゃん。5人の演奏、良くまとまって「My Curse」「My Last serenade」などを激しく、揺らして。

sfob4120121

トリは今回のライブで中心になって動いたサウンド前々部長が参加したトリオで演奏するのは「Hi-Standard」。メインボーカルを取るのはもちろんベーシスト。長崎から遠出して、社業も今日は忘れて、旧交を温める。素晴らしいことじゃないですか。「Turning Back」「Stay Gold」など、モッシュの渦。いつまでも"金ぴか"でいろよ。

道は作っていくんだよ。

2012/1/21(土)昼



テーマ:お気に入り&好きな音楽 - ジャンル:音楽

奇数月の水曜日のいつか、アトホールで行われるのは、2時間のノンストップ&ノンカテゴライズトークショー「のばなし」
2012年一発目の7回目、1月の半ば、劇団トレロカモミロ主宰の kazumaritchie と新米脱サラカフェ店員高田鷹の二人により、今回も。

nbns73120118
まず、"ささじぃ"による前説。"前説"と呼ぶにはもったいないくらいの堂々とした舞台映えで「NOVANASY」の開会を告げる。

ま、トークショーが始まってしまったら、いつもとそう変わらないテンションなんですが、二人は。
今回はゲストの「ジャック亭の木」こと、日浦健(ウルティーマディーのベーシスト)が少し早めに登場。

nbns7120118
出囃子にのり、座布団も載ったミニ高座が横からズズイと出て来て、まずは枕の後、恋根問を一席。
さすがの話力、さすが「生活文化展暮らしフェスタ」二回出演。なんかいい感じにフラもあるね。


その後は鼎談。プロフィールなども紹介しつつ、落語ばなしが主体となって、今回は珍しく役に立ちそう、知的好奇心をくすぐられそうなお話も入りながら、話は進んでく。
nbns72120118
いい噺家に必要な、見栄、男っぷり、芸事、おぼこ、セリフなどの10の要素を書き出し、広げたり。
今回は落語らしく、お客様とのコミュニケーションシートも大喜利仕様。
その答のお客様に対しくじ引き的に、ジャック亭の高座名が与えられる。
絞り、小、ニコルソン、栗の木、、、。縛りじゃない名前も混じってる。今後も忘れずにその名、使ってね。

一番、身に染みる言葉は「犬を怒らせるより、おばさんを怒らせるほうが厄介」でしょうか。

Ust中継も行っている「のばなし」、8回目はホワイトデー3/14(水)に、ゲストシンガー/パフォーマーあかしももかを迎えて開催予定。

2012/1/18(水)




テーマ:落語 - ジャンル:お笑い

2012年、松の内も明けた日曜の夜、トークショー「アトホール河村、キング・クリムゾンを語る(笑)」が行われた。
アトホールオーナー河村自ら、自身が敬愛し、プログレ界のみならず、現在のロック界にも有形無形の影響を大きく、深く与えた、と考えているバンド「キング・クリムゾン」をタイトルの通り、語る。

kkc120108
何故か白衣を着た河村、ステージへ上がりマイクに向かう。
音源、映像を流し、解説を加えていく。どこかゆるく。
結成前の流れ、各メンバーの活動について、結成してからの歴史、メロトロンのことなどサブ資料的なことも軽く。
マクドナルド&ジャイルズ、第一期、そして、「太陽と戦慄」から「レッド」までを重点的に。
そこが一番好きですもんね。

kkc2120108
21世紀精神異常者」「太陽と戦慄」、ホールに響く。ザ・ピーナッツの「エピタフ」も何故か。
先生の講義は90分ほど、一コマで終了。

まとめとしてはプログレは「長い 重い 暗い」。あと変拍子も重要。
フリップ先生もユーラシア大陸の端っこで、今でもこれだけ熱い思いを持ってくれてるのは嬉しいでしょう。

みんなの前で好きなことを語っちゃえ。

終了は、「スターレス」が鳴り終わるまで。

2012/1/8(日)





テーマ:プログレ - ジャンル:音楽

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー