大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※チケットなどのお問い合わせは アトホール まで。横のカラムの ABOUT/MAP (1) のカテゴリーをクリックするか、当ページ最下段に電話番号など、記載しております。よろしくお願いします。

2012/10/6(土)【ライブ】
★SELVHENTER JAPAN TOUR 2012★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:SELVHENTER(デンマーク)/電子たくあん(大牟田)/BLOW BOHEMIA 他
料金:前売1500円/当日2000円

SELVHENTER
slv1210_web

Jaleh Negari:ドラム Anja Jacobsen:ドラム Maria Bertel:トロンボーン Sonja LaBianca:サクソフォン
デンマークのバンド「SELVHENTER」は、またたくまにヨーロッパでもっともエキサイティングなエクスペリメント・ロックバンドのひとつになった。エネルギッシュなロックと即興やノイズを混ぜ合わせたそのユニークな音で、北欧各地のジャズやロックのフェスティバルに出演し、絶大なる人気を博す。 メンバーの4人は、コペンハーゲンでも有名なバンドに属している。その幾つかを紹介すると、「Pinkunoizu」、「Havens Fugle」、「Chimes & Bells」、「Gud Er Kvinde」、「Valby Vokalgruppe」、「Kirsten Ketsjer」、そして「Choir Of Young Believers」などが挙げられる。
その音楽性はロックと即興ばかりでなく、アフリカや南アジアのパーカッションやミニマル音楽からの影響も大きい。ホーンセクションがシンプルなメロディパターンを繰り返す中、2人のドラマーが激しくポリリズムを叩き出す。またある時には、トロンボーンと2本のサックスはエフェクトペダルで音を歪ませながら演奏する。彼女らの音は美しく激しく、ダンスにも最高のパートナーとなる。
2007年、バイオリン、サックス、トロンボーンの3人で結成、2008年に2人のドラマーが加入し、5人編成となる。「Frk. B. Fricka」をリリース。プロデューサーは伝説のギタリストで映画音楽作曲家、また最近ではデンマークのパンクバンド「ICEAGE」をプロデュースした Peter Peter。
北欧周辺やドイツで開催された、「Copenhagen Jazzfestival」、「Roskilde Festival」、「Kongsberg Jazzfestival」、「Elektronisk Jazzjuice」などの有名なフェスティバルにおいて卓越した演奏を披露。そこではMats Gustafssonの「THE THING」や芳垣安洋の「ORQUESTA LIBRE」との競演も果たしている。
http://www.myspace.com/selvhenterkbh
http://www.jvtlandt.com/selvhenter/selvhenterFrame.html

"Selvhenterというバンド、編成は2ドラムに電気を通したtb, sax, violin いいバンドでした。(...) 対バンのコペンハーゲンのガールズバンドが面白かった。" - 大友良英 @ Twitter (2010年10月3日)

電子たくあん
電子卓上音楽団SHOGO(CDJ) AKIO(FB2)とドラム村里杏(結成時中学生)によるユニット2009年(?)結成。
ノイズとフリースタイル生ドラムによる演奏は観る者の度肝を抜く圧倒的なパワーに満ちている。
これまでに内外多数のミュージシャンと、共演、セッションを重ね、地元大牟田から活動の範囲を拡げつつある。
2012年夏、DOMMUNEにも出演。
http://www.myspace.com/dentak

BLOW BOHEMIA
枡本航太によるブレイクビーツソロプロジェクト。
生音の響き、激しさを秘めたネイティブグルーブ。
日本中を放浪しホームレスを経て北海道~沖縄~尾道~逗子と移住と旅を繰り返している。
大阪のアンダーグラウンドから出発し、日本列島100個所を超える様々なロケーションへブッキングされ続け、近年はパリ Fete de la musique、エストニア タリン旧市街地 、デンマークCopenhagen Jazz Festivalを中心としてヨーロッパを巡る。2011年末アジアツアーを予定。 ライブにこだわり続け多様な人々へ存在を浸透させている。
http://www.myspace.com/masumotokota



2012/10/9(火)【ライブ】
★EXPE / EMERALDA Release TOUR★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:EXPE TRIO(大阪)/Moz 他
料金:前売1500円/当日2000円

EXPE TRIO
expe10_9_web

スペースギター、シンセサイザー、ドラムの編成によるインストゥルメンタルバンド。
ファンク、テクノ、南米音楽などが変拍子ポリリズムと融合した新感覚なリズムグルーヴ。即興性と構築性が交差する独特のバランス感で、美しく楽しいニューワールドミュージックを更新中。

いつか宇宙時代のSF映画で観た事があった様な……
いつか夢で観た極彩色の幾何学模様のパターンの様な……
万華鏡のように輝きながらも浮遊感の漂う摩訶不思議な音の旅

http://www.nuexpe.com/

ニューアルバム「EMERALDA」リリース 
アンダーグラウンド音楽シーンの秘宝 孤高のアウトサイダーギターアーティスト
“EXPE” による待望のニューデビューアルバム

いつか見たエメラルドに輝く眩い光 懐かしさと新感覚が交わり浮遊する カラフルな70分音の万華鏡

変拍子やポリリズムを多用しつつもナチュラルでポップな桃源郷的ニューワールド*ミュージック

----参加ミュージシャン----
マルコス*スザーノ(per) マルセロ*ジョルジョーネ(per) 沼澤 尚(dr) 千住 宗臣(dr) 西 滝太(syn) 家口 成樹(key) 他

Moz
生ドラム、ギター、PCによるダンサブルユニット

出演予定でした trial error はメンバーの怪我により出演できなくなりました。

今回、AT HALLでのライブを10月9日に控えてたのですが、右手前腕(手首付近)を骨折してしまい、演奏が困難な状態になってしまった為、出演をキャンセルさせて頂きました。AT HALLの皆さん、共演の皆さん、メン バー、お客さん、今回の件でご迷惑をお掛けした全ての人に心からお詫び申しあげます。最近はなかなか大分でライブするタイミングが合わなかっただけに、今回とても楽しみにしてたのですが、、、残念で悔しい思いです。早く回復してまた必ずAT HALLで演奏させてもらえれば、と思ってますのでその時は皆様どうかよろしくお願いします。

trial error/カワモトジュン

※10/9のチケットの半券を次のトライアルエラーのアトホールでのライヴ時に持参いただければ、500円OFFでご覧いただけます




2012/10/11(木)【ライブ】
★ワタナベマモル弾き語りライブ ~「YOUNG BLUES」発売ツアー~★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:ワタナベマモル(東京)/西拓直/THE HIPPIES
料金:前売1500円/当日2000円

ワタナベマモル(Vo.G)
1963年12月4日生まれ静岡県出身射手座0型。趣味は日刊スポーツを読むこと、創作活動。座右の銘は「オッサンよろしく」
1983年ロックバンド「グレイトリッチーズ」を結成し、ナゴムレコードより2枚のシングル、キャプテンレコードより1枚のアルバムを発表。1989年にキングレコードと契約してメジャーデビューし、3枚のアルバムと2枚のシングルを発表して1992年に解散。その後MAMORU & THE DAViESを結成して現在に至る。
弾き語りライブや自らレコーディングも手掛け、最近はドラムにはまり日々ロックンロールの研究に励む。THE BEATLES、チャックベリー、ブッカーT &MG'S、ベンチャーズ、アートブレイキー、味噌ラーメン、寿司、ユニクロ、野茂英雄などを好む。
http://www1.odn.ne.jp/davies/

THE HIPPIES ロックンローール!!
http://thehippies.web.fc2.com/
西拓直
左利きのうたうたい



2012/10/13(土)【ライブ】
★salmo meeting vol.6★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:Enrico Malatesta(イタリア)/Renato Ciunfrini(イタリア)/山内桂
料金:前売1500円/当日2000円

Enrico Malatesta(エンリコ・マラテスタ)
1985年、イタリア生まれ。
現代音楽のフィールドで活動するパーカッショニスト。
チェゼーナ音楽院ブルーノ・マデルナでクラシックを学び、自身のソロプロジェクトの他、様々な音楽家との楽曲の共作や、チェーザレ・ロンコー二が演出を手がける劇団"TEATRO VALDOCE"への演奏参加など、様々な演奏家・ダンサー・映像作家や演出家との共演をはたしながら、ヨーロッパを中心に精力的に活動している。パーカッションアンサンブル"Gluck"のスタートメンバーであり、異なる現代領域の中におけるパーカッショニストの役割を再定義するための調査と、打楽器の物質的な性質および可聴範囲の拡張についての研究をしている。
主な共演者に、ジュゼッペ・イエラシ、ステファノ・ピリア、ロビン・ヘイワード、山内桂、村山政二朗などがいる。また、Lorenzo Senniが主宰する、現代音楽の「新しい音」を中心にしたレーベル "Presto!?"から音源をリリースしている。
http://enricomalatesta.com/
http://soundcloud.com/enricomalatesta

Renato Ciunfrini(レナト・チウンフリーニ)
1958年、ローマ生まれ。
バスクラリネット、クラリネット、クラヴィコード、ボイス、エレクトロニクスなど様々な楽器を演奏するマルチプレーヤー。
フリーミュージックの無限の可能性を求め、ソロとグループ即興の調査と訓練から演奏活動を開始。作曲家フランコ・エヴァンジェリスティと、彼のグループ"Nuova Consonanza" に出会い、影響を受ける。以降世界の様々なミュージシャン、ダンサー、俳優、映像作家などとの共演や、ドキュメンタリー、映画、舞台作品のための作曲を手がけるなど、精力的に活動している。
http://www.myspace.com/renatociunfrini

山内桂
1954年別府市生まれ。大学でサックスと即興演奏を始め、作曲も行う。また、ミルフォード・グレイブス、ハン・ベニンク、デレク・ベイリー、トリスタン・ホンジンガー等の初来日松山公演を主催、あるいは関わる。
02年10月以降音楽活動に専念し、音そのものの響き、細胞レベルのコミュニケーションによる独自のサウンド・アート "SALMO SAX" をソロを中心に国内外で展開中。その音は刺激的で、どこかなつかしい。
'08年、あらたに "salmosax ensemble" を開始。  
http://salmosax.com/
http://www.myspace.com/salmosax



2012/10/14(日)【ライブ】
★そろそろspecial★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:hugh/warsawpact--ワルソウパクト--(福岡)/密笑(福岡) 他
料金:前売1200円/当日1500円

hugh
サイケデリックフォークシンガー。クラシカルマナーなフィンガリングから繰り出される幻想的なアルペジオとウイスパーボイスが作り出す夢見がちな世界

密笑
ベースレス・轟音子守唄スリーピース・バンド(ex ヤパーナスコープ)
石橋智英 Vo/Gu/Piano 河島慶信 Gu 林浩一 Recording
現在は石橋智英のソロでのライブ活動が多い
http://www.myspace.com/missyou3440

warsawpact--ワルソウパクト--
1998年活動開始。基本的にはまじんのソロユニットで今現在はボーカル、ギター、シンセサイザー、VOCODER、 electronicsのスタイル現在の音楽性はTECHNO色が強い孤高の耽美系New wave
http://www.myspace.com/warsawpact1968

2012/10/20(土)【ライブ】
★アトスケッチvol.5★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:生野亮(from sportsman)/大谷慎之介/山田学/ひろせほなみ/佐藤瑛/nerino
料金:1200円

sportsman
"ゆるり"とした空気の中で"するり"と軽やかに言葉を綴る。
トリオと言う最小編成から生み出される無限の柔らかい宇宙
http://www.myspace.com/sportsman313
山田学(ブンブンマート。)
生涯少年3ピースバンド。のフロントマンがソロで。
ひろせほなみ
10年代の天然ガールズトリオ!レインコーツやESG、はたまたCSSなんかをゆるーく想わせながら、イマドキ・日本語ROCKをガッチリ表現してるこれから楽しみな注目のバンド「SYMG」のベーシスト
http://flavors.me/symgjp/
nerino
nerinoは女の子ひとりユニット。
ひとが歌いだす瞬間とはきっとこんな感じ。
いつまでたっても歌いはじめのようにぎこちない、だけど繊細な楽曲達。
佐藤瑛
2010年 YAMAHA MUSIC レボリューション福岡地区グランプリ、福岡ファイナルに出場。
NHK福岡「トンスタ」などのメディアにも出演。
大分在住、福岡、大分を中心に活動中の女性シンガーソングライター。
http://63.xmbs.jp/rilys/

2012/10/21(日)【ライブ】
★VISCERA INFEST presents
GORE DOMINATION★

OPEN 18:30/START 19:00
出演:Wargasmatron(東京)/Hydrophobia(福岡)Viscera Infest/Rated Dark/Knave/Ziglet
料金:前売1500円/当日2000円

Wargasmatron
Vo.&Gt. / WATARU(KING'S EVIL)
Gt.&Vo. / NAOYA
Ba. / DAISUKE(BASSAIUM)
Ds. / YOSHIKI
http://www.myspace.com/wargasmatron666

HYDROPHOBIA
Grinding Death Metal Band
主催イベント「Dead in HORROR」も運営
RIN : Guitar,Vocals ZAPP : Bass,Vocals Tetsu-rrow : Drums
http://www.hydrophobia-jpn.com/index.htm

KNAVE
ハードコアパンク、クラストコアを主軸にグラインドコア、ブラックメタル等の要素を取り入れ
「oita city darkcore」
という独自のスタイルを掲げる異端集団。
現在はベース不在だが、ギターをベースアンプに繋ぐ事により重低音を響かせる。
速く、重く、暗く極悪なリフとブラストビートを多用。
グロウル、ガテラル等のデスヴォイスと歪んだ高音スクリームで狂い叫ぶ。
http://tosp.co.jp/i.asp?I=KNAVEPUNK
Rated Dark
“Welcome to the viper's play ground.”
http://69.xmbs.jp/rated/
ziglet
ラウドロックを基軸にV系・プログレの要素を入れつつ、自由に、激しく、重く。発展途上。
http://ziglet.web.fc2.com/

VISCERA INFEST
Chain saw and Vomit : GOREGURA KUMIAITYO
Chain saw and Vomit : KAITYO
Blasting Linear Motor Car : BLAST HONBUTYO
http://sound.jp/viscera-infest/
http://www.myspace.com/viscerainfest

2012/10/27(土)【ライブ】
★SAYOUTEN×spaceship airguitars 共同主催
『vector』★

OPEN 18:30/START 19:00
出演:danro(福岡)/zeroreality(福岡/山口)/Zoo freaks/Farm/SAYOUTEN×spaceship airguitars
料金:1000円(要1drink order)

問:s08311airguitars@gmail.com

danro
guitar.vo ミワサチコ
drums drgn(dj drgn、exミー愛さしみ)     
2010年9月 magic mountainにて、ひょんなことから結成。
http://www.geocities.jp/miwa01234/danro.html
http://www.geocities.jp/miwa01234/

zeroreality ≪ゼロリアリティ≫ hard noise xperience
http://members2.jcom.home.ne.jp/zeroreality/

Farm
大分県を中心に活動中のオーガニックファンクバンド。
2010年、セッション活動を中心としていた3人が運命的出逢いを果たしバンド活動開始。大分県を中心に活動中。
http://www.myspace.com/farm2010
Zoo freaks
別府の裏の鍵
http://www.audioleaf.com/zoo-freaks/

SAYOUTEN
「ムーディー…ダークサイケ」
http://www.myspace.com/sayouten
spaceship airguitars
エレクトロニカ・ノイズミュージック



2012/10/28(日)【ライブ】
★6x9 six by nine vol.44★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:gallo/DIVERDOWN/aldila 他
料金:1000円

DiverDown
大分県大分市を中心に活動中のバンド。
2010年、Drums nino を中心に結成。2012年、オリジナル曲を引っ提げて、全力で活動中!
オリジナルCD制作予定。
http://71.xmbs.jp/DIVERDOWN/?guid=on
gallo
半分インストくらいの気持ちでがんばってます。 Gt.いわた Ba.ほとはら Dr.りょうじ
http://www.audioleaf.com/gallololo/
aldila
大分が拠点のエモパンクバンド
http://aldiland.web.fc2.com/


チケットなど総合問い合わせ:AT HALL 097-535-2567 info@athall.com

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、右記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。
スポンサーサイト

テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報

大分市若草公園近くの楽器店「Takk」。開店丸2年を祝したアニバーサリーイベント"Live Through This"は2週連続で開催。
2週目はバンド6組が出演。DJで「ジャイコナイト」よりアキヲが2週連続で参加する。


バンド、トップバッターはトリオ「far from ideal」
コンポーザーしいばゆうせい、愛機のギターとアンプを鳴らす。ダンスビートと尖ったオルタナティブなコード感。メリハリのある演奏、グルグルとした思考を辿るような歌詞。
3曲を演奏。トンネルの先を目指し、ワルツで踊りませんか。

tltt120708
far from ideal/ULTRA HEAVENS

バンド二組目もトリオ「ULTRA HEAVENS」。演奏するのは2曲だけ。
まずボーカルナンバー、歌への意識が変わっているような気がする。ぶっとく、大河のようなグルーヴ、(あえて言う)古くさいサイケナンバー。長尺、ヒプノティックな反復、インド的な音階、気持ちよく大音量の中眠たくなるような。

アキヲは合間、そのバンドに合うような、それでいてアッパーな曲を選んでいく。

ついでもトリオ、ガールズ「SYMG」。メロディアスな曲、情景描写かつ走る曲、メインボーカリストみかん以外のメンバーもそれぞれの個性をダダ漏れにした持ち歌を持つ。
新曲ではビートルズに繋がるような洋楽感も感じる。ラストのケオティックナンバーでは"お尻が割れた"、何故か。

tllt2120708
SYMG/Zoo freaks

ここで初めて4人組「Zoo freaks」。リフを刻み、アーミング、エフェクターなどで空間を色づけていく2本のギター、ぶっといベース、シンプル、だが故に効果的繰り返されるドラム。エコーで広がる歌、いや声。
ネオーシューゲイズ、重量級の荒いエレクトロニカ、何でもいい。こちらも声への意識の変化を感じる。

アキヲ、GENKIは元気に曲を繋いでく。回した曲で妙に印象の残ってるのがSlipknot。
そうそう、「ピープルイコールシット」精神で頑張っていかなイカンよな。

よくわからない感想は置いといて、バンドへ。
東京、大阪でもライブを行ない、逆に大分ではレアなライブ披露となる「GrandGuignol」。ステージは包帯で巻かれたドールなど、雰囲気を作り上げる。
トリオ、ギター2本にボーカリスト、皆耽美且つ人形のような衣装にメイク。
荘厳なオルガンに激しく変則的なビート、打ち込みの上で、ボイスエフェクターで怪獣の咆哮になった声が響く。達者すぎるMCとともに落差あり過ぎて耳がキーンなるわ。

tltt3120708
GrandGuignol/藤原祥吾

アニバーサリーイベントのトリを務めるのは 藤原祥吾。「ザ・ダイアモンズ」のギタリスト/コンポーザーが動き出す。
頼りになる仲間二人をベース、ドラムを迎えて堂々のバンドサウンドを鳴らす。
最初から新曲ばかり、スピードを落としたタメの効いたロックンロールをガッチリと。
久々に人前で大きな音を出すのが楽しそう。「フランシス」などの前の曲もやりつつ、アンコールも。

2012年。今、その時を生き延びろ。

2012/7/8(日)

Grand Guignol http://04.mbsp.jp/grandguignol/
Zoo freaks http://www.audioleaf.com/zoo-freaks/
SYMG http://flavors.me/symgjp
ULTRA HEAVENS http://www.audioleaf.com/ultraheavens/
ジャイコナイト大分

Takk http://flavors.me/takkoita



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

大分大学老舗軽音楽サークル「SOUND FAMILY」の定期イベント「HOT LIVE」が、今年も開催!
7月7日、七夕。大挙10バンドが出演する。

毎年このイベント、一年生部員によるバンドのライブデビューが見られる。
その伝統は今年も続くようだ。
そしてOBを含めた上級生たちはどんなお手本を見せてくれるのだろうか。

トップバッターはその"一年生バンド"。緊張は手に取るように伝わってくるが、ZZ Topの「La Grange」のイントロのリフから入りーの、村八分の「あっ」へとつなぐなどティーンエイジャーらしからぬ渋い選曲。ボーカリストの取るギターソロもなかなかイイ。ゆら帝、ブルーハーツなどの後、村八分の「にげろ」で逃げる、いや締める。

sdhl120707
(右)ジブリ

続いては女の子がピンボーカルでジブリ。この場合は定冠詞"the"を"ジ"って読むってことなのかな、文法的には間違ってるけど。 ....てなことはなくスタジオジブリの作品に使われた曲をメロコアアレンジで演奏。「やさしさに包まれたなら」「君をのせて」等々、チャンハラのメロコアドラムが炸裂する。


2年生が主役となったメンバーでマキシマム・ザ・ホルモンのナンバーを。「ぶっ生き返す」「絶望ビリー」などを。ボーカリストが直立不動気味にマイクの前に立つ時とキャーキャーうるさい時の落差がなんか面白い。

sdhl2120707

続いてはオフスプリングのカバー。女性ベーシスト含めた4人組。
「ALL I WANT」「The Kids aren't alright」と言った人気曲を安定した歌のもと、演奏していく。それでキャッチーさ、メロの立ちが際立つ。ラスト「Pretty Fly」はボーカル交代、こちらも人気者。みんなで「アハー、アハー」も決める。


ついでは「秋吉ファミリー」。バンド名は何由来かは分かりませんが、「The HIPPIES」にシンセの女の子が加わった編成。ピコピコシーケンスにボーカルはボイスエフェクトかまして、きゃりーの「つけまつける」をスカムエレクトロガレージで。でPerfumeの「チョコレイト・ディスコ」そしてもう一度謎の「つけまつける」というシュールな展開。

sdhl3120707
(左)秋吉ファミリー/(右)プラトニック・セックス

Plastic Treeをカバーするのは「プラトニック・セックス」。王道ですよね。ベタは大切。プラトン的な性!
銀髪、B-T今井的なフォルムのギター、意匠はバッチリ。「メランコリック」から「GHOST」まで。いいビジュアル。聴かせる。


「ストロボライト」で登場した4人がカバーするのはスーパーカー。ベースはもちろん女の子、ちゃんと押さえてるねー。
その女の子とギタボの二人歌う「ラッキー」でスタート。伏し目がちもらしく、「クリームソーダ」「ハロー」と歌もの期の楽曲を。

sdhl4110707
(右)LOVE SHADE

「LOVE SHADE」、名前の通りSIAM SHADEのナンバーを。ギター二本にピンボも本家通り。そして銀髪二度目の登場。
「BLACK」、グレイシャル、そして「みんな知ってる曲だと思う」というフリからの「1/3の純情な感情」。映画公開記念! いや違う! 俺は斉藤一派! それ関係ない!


長かったライブもいよいよトリ前。ポリスキャップ、シルクハット、ド派手なナリの奴らがステージへ。
シルクハット →→→ スラッシュ。蛇は巻いてはいないが。
と言うことで基本Velvet Revolverなんだけど、「Smoke on the Water」なんかも挟みつつ「Sucker train blues」なんかを派手に、大味に。

sdhl5120707
(右)Ero "G"ro Star

トリは現部長がノエル、派手なカッコしたヒッピーがリアムを担当する「Ero "G"ro Star」。女子二人もメンバーに。
一曲目、「Some might say」のB面「Acquiesce」からスタートし、「Supersonic」「Cigarettes&Alcoho」 「Rock 'n' Roll Star」と1stのDefinitely Maybeからのナンバーで押す。ロックンロールスター!

この後、彼らは苦しい試験も越え、今も長い休みの真っ最中。
いい夢見ろよ!

2012/7/7(土)



テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽

大分市若草公園近くの楽器店「Takk」。開店丸2年を祝したアニバーサリーイベントは2週連続で開催される。

その第一週目、ライブ出演者は4組。それに加えてDJもガッツリと回す。

まず、大分で「ダイノジ」のビッグボスの公認イベントジャイコナイト大分を主宰するアキヲがCDをスピン。You Spin me Round!
FACT、Fear, and Loathing in Las Vegasのナンバーなどを真っ当なDJスタイルで。アゲる。
彼の真っ当じゃないDJスタイルとはどんなものなのか?ということはぜひその主催パーティー会場で確かめて欲しい。

ykym120701ライブ、トップは横山桂一。アコギ弾き語り。
いつも通り上手い。色々と。
22歳、いろいろあった人生ちょっと振り返るよなMC(ちょっと早過ぎね?)も入れつつ、バラード、観に来てたお客さんとやりとりの流れからRADの「ふたりごと」を少しさわってみたり。掴む。

tkk120701DJ、「Takk」店主GENKI自ら卓の前につく。マイクでお客さんにキツメの煽りを入れながらCapsule、Perfumeなどを連打。四つ打ちの連打とも合わさって、観に来た高校生?たちも少し動き出す。

fear120701そしてステージには高校生組「FEAR」。ピンボーカルのロックバンド編成。ベーシシストは女の子。
モンパチの「小さな恋の歌」、DOESの「曇天」と言った定番、この世代がよく演奏する曲、ラルクのナンバーなどを。ステージに立つのが嬉しそう。いい。盛り上がる。
最近の若い子はMCが上手い子も多いね。

DJ3人目はパーティー「FREELY」主催、inuスクリーモ、ピコリーモなどエネルギッシュかつウルサイナンバー主体。だが今回はハイスタを連打、「睡蓮花」なんかも。アッパーに。DJらしく。熱いけど冷静に空気を見定めながら。

sham120701ライブ3組目はアトホール初登場の「SHAM」。こちらはもう少し年長。
走り続ける前ノリのロックンロールのビート。キリキリした"鉄の弦が鳴っているな"というギターの音、足をガッと開き、低く構えるベース。叫ぶような歌声。怒鳴り、叫ぶ。オリジナル、明確に。
ジェッタシー。

アキヲ、繋ぐ。頼もしい。

hlws120701ライブ、ラストはこれまたトリオ「Hellows」。線の細いシルエットのフロント二人。
演奏、ガレージガレージでも今までととは少し違い、よりダルなヘビーガレージの方を指向していく。
スピードは遅く、サイケデリックに。横ノリ、グルグルした音像、繰り返し、叫ぶ。音がデカくなっていく。ステージングもまた違った方向へ。

日曜の夜、それでもやっぱり遊ぼうぜ。せっかくなら。

2012/7/1(日)

Hellows http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=heineken69
横山桂一 http://plaza.rakuten.co.jp/sabaibarukanpani/

Takk http://flavors.me/takkoita


テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

大分を拠点とする弾き語りシンガーソングライター、佐藤瑛永井翔 の共同主催により開催された「HIKALINK SHOWTIME!」。そこには見事に両者の名前も刻まれている。

二人の人脈もあり、多くの出演者が名を連ねる今回のイベント、そのオープニングを飾るのは しんご(かぼす)。二人で活動してきた兄弟デュオの兄貴の方がソロで登場。
「かぼす」の曲、一人でも遜色なくしっかりと聴かせる。安定感のある歌、演奏、そしてMCで、しっかりとした今回のライブ空気を作る。

hksh120629
しんご/ななみ

続いても大分を拠点とするシンガーソングライター ななみ。バンド形態での演奏も多いが、今回はサポートギタリストと歌のスタイル。曲によっては自身がアコギを持つことも。
ポップスナンバーからブルース進行の曲、また英詩曲のカバーも。ピアノが入っての曲など盛りだくさんで。


福岡を拠点とするシンガーソングライター戸渡陽太がほぼ一年ぶりにアトホールへ。その時も佐藤主催のライブだった。
ちょっと高めに構えたアコースティックギターを力いっぱいカッティングし、歯切れのいい鳴りを作り出す。早口でまくしたてるように歌う、力強く。観る者を煽りながら、ラップボサノバ演歌と自由に。

hksh2120629
戸渡陽太/佐藤瑛

主催一人目、まず佐藤瑛がステージへ。アコースティックギターを鳴らし、歌う。
そしてこちらもサポートにギター太一が入り、シリアスな歌にフィンガリングで繊細に色を添える。
さらに自身でピアノの弾き語り、更には ななみ とのコラボと盛りだくさん。特別なイベントらしく、貪欲に色々なことを盛り込む。


次いでも福岡組、今回初のバンド「チャーリービーンズ」。ドラム、ベース、オルガンに男女のボーカル。うねりのあるリズム隊にファンキーな鍵盤、ソウルフルでダイナミックな二本のシャウトに、コーラスが絡み、熱く、黒いパーティーチューンで盛り上げる。
汗まき散らして、会場巻き込んで、波起こそうと。

hksh3120629
チャーリービーンズ/永井翔

ラストはもう一人の主催、永井翔。アコースティックギターを持ったシンガーソングライターは今回もドラマー ケンケンを従えて。
快活な曲はリズムが強化され、より明朗に。聴かせるとこはしっとりと。
彼もまた、しんごを迎えて、ダブルギター、そして村田千尋をピアノに迎えるなどスペシャルに。

その後、ステージに本日の出演者全員が上がっての「Stand by Me」を。
くるっと回る。

Oh, I won't be afraid
Just as long as you stand

2012/6/29(金)

佐藤瑛 http://63.xmbs.jp/rilys/
永井翔 http://72.xmbs.jp/ggiitt/
かぼす http://x58.peps.jp/lovesandthanks
ななみ http://98.xmbs.jp/nanamimusic/
戸渡陽太 http://18.xmbs.jp/shiro/
チャーリービーンズ http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=charliebeans



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

08 | 2012/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー