大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「大分舞台芸術フェスティバル2012」、3団体目の公演は朗読ユニット カザハナ」による「月白」
幸重智子(演劇ユニットロストバゲッジ)、霙(演劇ユニットロストバゲッジ)による朗読ユニットの3回目の公演。
客演に上野真(演劇ユニットロストバゲッジ)、清水りえ(演劇ユニットロストバゲッジ/劇団水中花)を迎え、美しくて不思議なお話を朗読する。

ホール全体、一段低くなったところ椅子が2脚。そしてマイク。白い壁をバックに。
舞台装置はそれだけ。
囲むようにテーブルと椅子。お客さんはいい感じに席を埋めている。

今回は5編の作品を朗読文庫本を持ち、マイクに向かう。

まず舞台に降り立つのは幸重。朗読するのは石田衣良の「旅する本」、「てのひらの迷路」より。
衣装は着物。あ、そう言えば今日は演者は全員着物である。
"朗読"というテーマに沿うような作品で幕を開ける。

tksr12110

二編目は上野、霙による井上夢人の「嘘の証明」、「もつれっぱなし」より。
男女の会話のかけあい、あーこのシチュエーションか、と思ったら、え!?、という。
登場人物が翻弄されてると思ったら、聴いてた人たちが、と言う。

tksr212110

三編目、次いでも上野による小川洋子の「缶入りドロップ」、「」より。
3分ほどの小品。インターミッション的に。素朴で爽やかな後味。

四編目、清水が初登場。幸重と恩田陸の「あたしたちは互いの影を踏む」、「私の家では何も起こらない」より。
寓話的でゴシック的な怖い話、女二人べとっとした湿り気、じわじわと次第に狂気が増していく。声にも。

tksr312110

五編目、霙の独読(そんな言葉はないでしょう)。またもの小川洋子の「白衣」、「寡黙な死骸 みだらな弔い」。
しっとりと、思いきやこちらも暗く、怖い話。
ホンに怖い女の情念。

合間には抑えたクラシックピアノ曲。
役者、作品に仕掛けた微妙にメタ的なくすぐり。
全体しっとりした空気。

最後に残す後味は。

同じ言葉、同じ綴り、同じ音、、、でもその意味は違ったりする。
さらに発される時、場所によっても。

難しい、面白い。

2012/11/10(土)


2012年大分県民芸術文化祭若者行事


スポンサーサイト

テーマ:誰かへ伝える言葉 - ジャンル:小説・文学

「大分舞台芸術フェスティバル2012」、2団体目「渡辺美帆子事務所」は11/7(水)、14(水)と週をあけての2公演。行うのは「彼らは、いかにして、マスクをつけて出歩くようになったのか」、カミュの「戒厳令」を翻訳劇として、リミックス、リコンストラクチュアリング。

その一人事務所を為すのは渡辺美帆子、平田オリザの劇団青年団演出部所属。
演劇、とアート、そして私たちが生きている世界の、合間を縫うような、に、作品を創作する。
2012年は別府清島アパートに滞在。大分を始め、北九州フェスティバルなどにも作品を参加、出展している。

ホールの中、フロア全体の中心部分にウレタンマットをモザイクのように組み合わせ、陣地のようなものが展開されている。真ん中には十字型の建物?箱? それらを囲むようにステージも含め、三方に椅子が置かれている。

mhkj312110

"原作は登場人物15人以上、上演時間3時間以上の大作ですが、
役者一人、上演時間55分で賛否両論大胆に仕上げます。"

役者は時田光洋。渡辺の呼びかけにより横浜よりやって来た。その時二人、初対面。

その陣地はスペインのある町、城壁の中、時田が一人で街の中の生活を描写する。うすぼんやりした明かり、だがそれなり活気のある暮らしがそこでは繰り広げられる。

そこに確かな不穏な災厄がやってくる。侵入してくる。疫病が。
それは天から降ってくるようなものだから、防げるようなものではない。しかたがない。
だが、それがいろいろなものを変えてしまう、変わってしまう。

"今まで日常だったものが日常ではなくなる"

mhkj212110役者は全方向を意識して動き回る、巻き込んでいく。そして否応なく巻き込んでいく仕掛けもまた込められている。観覧者参加型の。
それはちょうど防ぎようがない何かのように、絡めとっていくのかもね。

猛威を振るいだす災厄。

"人はちょっとしたことで生き、ちょっとしたことで死ぬのかもしれません"
そういえば出ている役者はいつの間にかマスクをしてたり。

ピッ! 楽しんで、人は意地悪する。ミルグラム実験みたいなもんか。その時、世界のどこかで誰かが倒れてく。
自然のものはしかたがない、人のものはどうだろね。しょうがないか。
動き出したら止まらないもんね。

動き出した色々なものはなかなか止まらない。
それに支配された時、彼らは、自分たちはどう動くのか。

"恐れるべきものと、どのように向き合うか"

60年前の戯曲が現在の日本の状況、空気になんとなくドンバマり。
それは、別に日本の話だけじゃないのかも知れないけど。いろいろといろんな局面でドンヅマリだから。
ま、しょーがないかもね。

mhkj12110

「日常だったものが日常ではなくなる」、
なんてことは良く考えれば、大きな災厄なんかがなくても、誰にでも、いつでも、起こりえることだし。

出航の汽笛が鳴る。そしてそれが遠ざかっていく。

"恐れるべきものと、どのように向き合うか"
それぞれが意識していくしかない。



大事なことだけど、ずっと地震の低周波みたいなのが鳴ってたらやっぱ疲れるよね。終わった筈でも。
耳にはほとんど聞こえてなくても。
でも、しゃーないのかもね。
時間は流れてるから。

2012/11/7、14(水)

渡辺美帆子事務所
彼らは、いかにして、マスクをつけて出歩くようになったのか
原作:アルベール・カミュ「戒厳令」より 
誤意訳・構成・演出:渡辺美帆子
出演 時田光洋

渡辺美帆子事務所 http://watanabemihoko.com/



テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

毎年秋にアトホールで行われる「大分舞台芸術フェスティバル」演劇舞踏ヴォードヴィル、、、様々なパフォーマンスが繰り広げられる。
2012年は11月に7団体の8公演が集中的に開催される。その幕開けとなるのは、大分在住、国内のみならず、ヨーロッパなどでも演奏活動を行うサックス奏者 山内桂と現在屋久島在住、「維新派」を皮切りに40年を超える活動を続ける舞踏家・振付家・演出家 藤條虫丸による「GOLD BLEND~藤條虫丸×山内桂」

ソロ、デュオ、それぞれ見せる。

お互いが一人でパフォーマンスしている時に、もう一人機を見て入りコラボレーション、モーフィングしていく。

まず山内、ソプラニーノサックスを持っての即興。思うがままに。
(観る者が)息を呑んで、(山内の)息が管の中を通る音を聴く、というようなことも多いが、今回は音は出る。
同じフレーズ、強く、弱く、人力ディレイのように。パイプオルガンみたいな響き、雅楽のように思えたり。形は色々と変わる。

ktms121106

藤條、白い麻のような薄い服、照明の明かりがそれを通して体のラインを見せる。鍛えられたフォルムが見える。細く、長い肢体、使途のようエヴァの。
少しずつ体を動かす、フォルムも変わってゆく。聖な空気。

二人のやり取り、息の合わせあい、騙しあい、気の抜けない空気がホールに充満する。

休憩を挟んで、二部へと。

山内はサックスを持ち替える。キーが低いものに。藤條も衣装を替える。
黒いストールのような薄い布を纏う。ポヘ、ポヘ、パタ、パタ、サックスは音を出さない方向。

ktms2121106

小さな動き、手、体、ポイントを探るように、技術、"芸"を感じる。
バッとサックスが芯を食うように音が鳴る。合わせるくるくる、くるくる回る体。布が映える。
少しずつずらしてって...いつの間にかふんどし一丁、藤條。しなやかな筋肉のラインがさらに。
コッテリと浸る、音と体と明かり。

細かい揺れをつかみたい。

2012/11/6(火)

藤條虫丸 http://www.notus.dti.ne.jp/~mushimal/
山内桂 http://salmosax.com/
http://www.myspace.com/salmosax



テーマ:art・芸術・美術 - ジャンル:学問・文化・芸術

※チケットなどのお問い合わせは アトホール まで。横のカラムの ABOUT/MAP (1) のカテゴリーをクリック


2013/4/10(水)【ライブ】
★Damo Suzuki's Network performance 2013 in Oita★
OPEN 19:00/START 19:30
出出演:ダモ鈴木(ex:CAN)/Marvel Machine(ノルウェー)/The Centralbars
料金:前売り3000円/当日3500円

ダモ鈴木
(本名・鈴木健二<すずきけんじ>、1950年1月16日-、神奈川県出身)は旧・西ドイツの前衛的ロックグループ、カン(CAN)のボーカリストであったことで知られるミュージシャン、歌手である。ドイツ在住で世界的に活躍している。

ダモ鈴木は、おもに元CANのボーカリストとして世界的に有名だが、1990年代以降は一貫してセッション・スタイルで世界各国をツアーしながら、現地のさまざまなジャンルのミュージシャンやバンドと積極的な活動を行っており、インスタント・コンポージングと呼ばれる独自の即興的歌唱法で、楽譜もリハーサルもなしに行うライブ・パフォーマンスのスタイルを確立している。

CAN自体は、一般に日本ではサイケデリック・ロックやクラウト・ロックに分類されるものの、ダモの活動や音楽は、一定のジャンルにおさまりきらないものであり、ロック、パンク、ジャズ、ノイズ・ミュージック、エレクトロニカ、テクノなど、さまざまなジャンルのアーティストたちからリスペクトを受けている。 近年ではマーズ・ヴォルタのギタリストのオマー・ロドリゲスと競演し、コラボレート作"Please Heat This Eventually"を作成するなど近年のアーティストとも積極的に活動している。また、イギリスのロックバンド、レディオヘッドもCANの"The Thief"をカヴァーするなど現代のアーティストに多大な影響を与えていると言える。

一方1960年代から1970年代にかけての国際派日本人ヒッピー世代を象徴する人物として、その自由奔放でアナーキーな行動をはじめとする、数々の伝説を持つカリスマ的存在でもある。
http://www.damosuzuki.de/

Marvel Machine
Petter Vagan - guitar
Rune Nergaard - bass
Henning Carlsen - drums

「Marvel Machine」の若い紳士たちは、自身たちによる自動的な作曲、構成再構築を通じて、ジャズ、ロック、エレクトロニカ、テクノおよびノイズから、現在的で力の有る上質なスピリッツのような音楽を作り上げます。
この新しい千年紀、トロンヘイムの有名なジャズ・アカデミーの出身のジャズミュージシャンたちは、殺人的に激烈な即興とポピュラーミュージックの間にあるギャップを埋めることに成功しました。
http://marvelmachine.no/

The Centralbars
Psychedelic?Hard?Noize? & Rock!!
軽薄であり重厚、そしてダイナミック。
憂鬱であり爽快でもある世界をご堪能あれ!!
Vo.Gt. 上埜涼介 Ba.佐藤仁彦 Dr.林佑輔
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=perception



2012/4/13(土)昼【ライブ】
★大分大学サウンドファミリー新入生歓迎ライブ★
OPEN 12:30/START 13:00
出演:サウンドファミリーのバンドたち
料金:無料

問:hrtk2a2i@gmail.com

大分大学の老舗軽音楽サークル"SOUND FAMILY"の新入生歓迎ライブ。
音楽に興味ある新入生はぜひ足を運ぶのだ!

大分大学文化会サウンドファミリー twitterアカウント https://twitter.com/#!/sound_family12



2013/4/13(土)夜【CLUB】
★Team"ROCK" presents mintdragon★
OPEN/START 22:00
DJ:KINN/橋本タイスケ/NORI/DISK/ke-g
料金:1000円(1drink order)

問:mintdragon@gmail.com

大分"ROCK系"クラブイベント「mintdragon」

1998年 伝説のROCK BAR「BULL」で定期的に行なっていた「BULLNITE」が前身イベント。

1999年に今のイベント名「mintdragon」に改名する。 命名したのはBULL時代の客であるグレック。意味は落ちそうで落ちないでも尻が軽い女。東京のLONDON NITEに憧れて、大分に招いて開催する断言しイベントを続ける。

2004年に念願のLONDON NITE in Oitaを主催。

ロックという曖昧なカテゴリーを気にする事なく、好きな音楽は何でもプレイするパーティーイベント! 客層は18~30代後半と幅広く、またむさ苦しいDJ陣とは対照的に、なぜか女の子が多い。

大分で最も長く、また数少ないロックイベントとして活動を継続中! また、「SOULFOOD」や「リーゼントボーイナイト」等他の大分のロックDJと合同で、「OITA ROCK CARAVAN」等のイベントも主催。

http://mintdragon-oita.blogspot.com/



2013/4/14(日)【ライブ】
★6x9 six by nine vol.47★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:Zoo freaks/gallo/sunbruise/hugh
料金:1500円(紙フライヤー、webフライヤー提示の方1ドリンク付き)

Zoo freaks
別府の裏の鍵
sunbruise
別府は三人組の女によるロックバンド
gallo
半分インストくらいの気持ちでがんばってます。 Gt.いわた Ba.ほとはら Dr.りょうじ
http://gallololo.jugem.jp/
hugh
サイケデリックフォークシンガー。クラシカルマナーなフィンガリングから繰り出される幻想的なアルペジオとウイスパーボイスが作り出す夢見がちな世界



2013/4/20(土)【パフォーマンス】
★DIVE to DANCE!~extra~ vol.3★
OPEN 18:00/START 18:30
出演:seira/あかしももか/オガセイラ/神崎千穂/二宮綾子&加来真奈美/Nefer Bellydance/超人発電所
料金:前売1000円/中学生以下500円(未就学児は無料・当日は各300円UP)

問:oitandance@yahoo.co.jp

OITA'n DANCE ORGANIZATION http://oitandance.blog29.fc2.com/

「誰でも気軽に踊ること、踊りを観ることを楽しんでもらいたい。」そんな願いが込められている、この舞台を一緒に盛り上げてくれるダンサー、パフォーマーが集まる「DIVE to DANCE!」が久々に特別編を開催。
「ダンス」とくくらず、何かしらの身体表現などでもOK!! あなたの頭の中の妄想をちらっとがっつり形に。

knzk1204web神崎千穂
別府市出身。幼少よりダンスを始め21才のときにコンテンポラリーダンスと出会う。2000年冬樹ダンスビジョン「レプリカ」2001年move企画「メダカの子」出演。2008年「DtD!vol.2」「ふらっとDance」「踊りに行くぜ!!vol.9in別府市中心市街地」はじめ2009、2012年 別府現代芸術フェスティバル
「混浴温泉世界」にもダンサーとして出演。出演。


mm_1204_webあかしももか
1999年、『昭和喫茶』により、CDデビュウ。その後上京し、大学で哲学を学ぶかたわら、幅広い芸術表現に目を向ける2006年末、帰郷。2009年3月にCDアルバム『コスモポリタン・パレード』を発売。
以後も各所をふわふわと越えていく。
http://www.myspace.com/akashimomoka



オガセイラ
なんちゃって親子オガセイラ!
熱い乱舞、ランデブー!
おじぎ草+レッグウォーマず

レッグに狐に時々乙女なセイラと、初期衝動おじぎ草のなんちゃってユニット『オガセイラ』
基礎がどうした、やりたいことがなんちゃらとかもう言わせない!
放送禁止ギリギリチョップのライブをお届けします。
今回たぶんたぶんの解散コンサート!?
お見逃しなく!

sir1204_webseira
大学進学でふらりと来た大分に
気がつけば住み着いて8年。
ついに出るときがやってきたのです。
みんな。みんな。
ありがとう。

たくさんの愛を踊りに込めて。

別府レッグウォーマーず 代表
別府レッグウォーマーずとは、別府を中心にダンス活動をしている有志の団体です。

私たちがしているダンスとは既存のダンスのジャンルには当てはまりません。
私たちが踊ることで新しいダンスのジャンルが確立して行くと思い活動を続けています。
http://www5.hp-ez.com/hp/beppu-leg/page11


ayk_web二宮あや子
二宮あや子
情景が目の前に思わず浮かぶようなソウルフルかつしなやかな歌声と胸に突き刺さる言葉。
その積み上げてきた貫禄と裏腹な儚さで観る者を魅了、圧倒する。


kk_web加来真奈美
幼少よりクラッシックバレエ・JAZZ・HIP HOPを学び、コンテンポラリーダンスに出逢う。
これまで絵画や音楽とコラボし、
大分を中心にイベントやコンテストなどで活躍中!


chj1204_web超人発電所
基本超人、時々おしゃべり、時々代表。
ポロシャツ、ハト胸、ツーブロック。
バンドマン、役者、今度は何だ。


bly_webNefer Bellydance
プロダンサーありる率いるベリーダンスチームです。
2009年、教室生をを中心に結成。
大分県内のイベントやお祭りにて活動中。
個性豊かなチームです。
更なる向上を目指し日々奮闘中!!


※終演後は、IDEE食堂のお食事つきパーティーを開催!(別途500円)
 ぜひお気軽にご参加ください。



2013/4/21(日)【ライブ】
★K on Spice新歓ライヴ★
OPEN/START 12:30
出演:K on Spiceのバンドたち
料金:無料

大分大学の軽音楽サークル「K on spice」の新入生歓迎ライブイベント
音楽好きの新入生、気軽に足を運んでみてね。



2013/4/27(土)【ライブ】
★AT STRUTTIN' vol.4★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:ププケア/ナントカ動物園/danro(福岡/北九州)/sportsman 他
料金:1500円(紙フライヤー、webフライヤー提示の方1ドリンク付き)

ププケア
大人の色気を感じる、きらびやかなロックを披露するファンキーオーケストラ
http://sound.jp/pupukea/
sportsman
"ゆるり"とした空気の中で"するり"と軽やかに言葉を綴る。
トリオと言う最小編成から生み出される無限の柔らかい宇宙
http://www.myspace.com/sportsman313

danro
guitar.vo ミワサチコ
drums drgn(dj drgn、exミー愛さしみ)     
2010年9月 magic mountainにて、ひょんなことから結成。
ナントカ動物園
「全てを忘れて踊ろうじゃないか、21世紀の僕達は」
http://nantokazoo.blog.fc2.com/



2013/4/28(日)【クラブ】
★渋谷系ナイト2013~解放区~★
OPEN/START 21:00
料金:1000円(要1ドリンクオーダー)
出演:DJ今宮あられ 他

食べ物、かけて欲しいCD・DVD・レコード等、飲み物以外は持ち込み可(音源等、必ずかけてもらえるとは限りません)。

2013/4/29(月・祝)【ライブ】
★AT RANDOM Special!★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:あかしももか/遊びは文化/おどけもの(宮崎)/DIVERDOWN
料金:1500円(紙フライヤー、webフライヤー提示の方1ドリンク付き)

あかしももか
1999年、『昭和喫茶』により、CDデビュウ。その後上京し、大学で哲学を学ぶかたわら、幅広い芸術表現に目を向ける2006年末、帰郷。2009年3月にCDアルバム『コスモポリタン・パレード』を発売。
以後も各所をふわふわと越えていく。
http://www.myspace.com/akashimomoka
遊びは文化
大分・別府で活動中のサイケポップンチャイニーズバンド【遊びは文化】だニーハオ★
Gtにゃむひょう、Drマユ・チャン、Ba PETER。DIY精神で飛び出す!
http://jp.flavors.me/yunbokupeter#95e/twitter

おどけもの
まくら(ドラム・うた)と スケサク(ギター・うた)による、宮崎のバンド。
『ミラクルドーナツ』というイベントを宮崎でやっています。奇跡のドーナツという意味です。
ライブは気軽に誘ってください。
http://odoke-mono.blogspot.jp/

DiverDown
http://71.xmbs.jp/DIVERDOWN/?guid=on




チケットなど総合問い合わせ:AT HALL 097-535-2567 info@athall.com

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、右記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。

テーマ:大分県情報 - ジャンル:地域情報

「KIJIMA SOUND SYSTEM」こと永田壮一郎による不定形ユニット。一人の時もあるし、10人を超えるビッグバンド形式である時もある。
ファーストフルアルバム「MONO」の発売に伴うツアーで大分にやって来た。

今回は、PCを主体としたソロセットでのライブを行なう。

大分での対バンは二組。

zfrk121105まず登場するのは「Zoo freaks」。ちょいと変わった、だが確実に色がある別府シーンの一端を担う4人。
二本のギター、アーミングなども使い空間を塗っていく一本、リズムを刻みつつ、また空間に広がり混ざってく歌。ドスーンと重量感あるドラム、ベースもバッコーンと存在感を見せる。
ヘビー級の音、シューゲイザー、エレクトロニカ、サイケデリックなどを通過して。

cell121105「cell」、ギター、ベース、ドラムの男っぽいトリオに新たにギタリストが加わった体制では初登場。そのアイドルにはもちろんセンターの位置を用意して。
ハイパーな音はよりボリュームを増し、放たれるエネルギーは更に大きくなったよう。エッジの利いた尖がった音の中、タネとスケナリ、各々違った色の歌を。そして加わったユウキのコーラスもそれに色を添える。よりスピーディーに。

kss121105「KIJIMA SOUND SYSTEM」、PCと鍵盤二つ、ミキサーなんかをスタンドに乗っけて、システム感。Tシャツだけど。
軽く自己紹介的にMCした後は、抽象的なインスト世界。速さは中速、ブレイクビーツは出てきたり、出てこなかったり。「MONO」の素材を色々繋ぎ合わせたり、変えたり。リズムの繋ぎなどはあまり捕らわれず、心の赴くまま。テルミンみたいな機材でと飛び道具を出したり。
環境音の使い方が印象に残る。トライバルで秋だけど春の夕まづめ。

2012/11/5(月)

http://kijimasoundsystem.com/



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

オオイタ・オタク・ユニオン。「ディスク・ユニオン」、失礼。何の関係もない。 
略して「O.O.U.」サブカル系クラブイベントなどを主催する彼らが今回提示するのはサブカルライブイベント「LIVE-AO」 vol.2の今回は5組のバンドが登場する。

バンドの演奏の間は同じ大分のアニソンクラブイベント「O'clock」アニソン、キャラソンを回す。
その間も負けないくらい盛り上がっている。

angr121104バンド、トップで登場するのは「あんぐれ」サブカルBAR「おたらぼ」のあの人や楽器店「Takk」のあの人が、ヴォーカルだったり、ギターだったり。
デジモンの「Butter-fly」、ウルトラマンネクサスの「英雄」など、メタルベースの楽器隊、確かな演奏力を見せつけ、また主題歌然として曲調にも合う。ボーカリストのアクセル系の高音シャウトが伸びる、ビジュアルの艶もある。ステージ前、早くも圧縮が。

admr121104二番手、「and more…」。その他、ではなく出演者です。シンセと打ち込み担当とエレキギター。
シンセの方がボーカルも担当。フードをすっぽり被って、メタルコア系のゴリゴリのトラック、デス声での喚き散らしがあったと思えば、女声も使ったり(二人とももちろん男です)。シンセスタンドに登ってお客さんたちを煽る。
イカ娘の「侵略ノススメ」の激殺侵略バージョン、というものがあるらしい。こんな世界もあったとは...

nkng121104次いでは通常のバンド編成「ねこにぎり」。福岡などでも活動中。しかしボーカリストのあざにゃんはガッツリコスプレ仕様、オレンジ色の髪にセーラー服みたいなの。むしろ客席含めたら、それが今夜のドレスコードなのかも。
その彼女、シティ情報おおいたにも取り上げられたことがある模様。メンバーも別府のアニソンBARBEPPUアニメ魂」関連の方々とのこと。ミク、まどか、「恋のミクル伝説」、、、コール&レスポンスでも盛り上げる。

oou121104ホール内、混雑状態、盛り上がりは当初から変わらない。バンドの演奏、DJの選曲、そしてアルコールの力もあってか、さらにブースト、加速している。ゲンドウ、魔女っ娘、軍服なども混ざり合う。ワショーイッ!

abp121104「ABP」、APUの学生らによる4人組。ボーカリストは女性、ギターも持つ。カッコもTシャツなんかでカジュアル、逆に今日はそれが異色か? でもなんか爽やか、青春感。
花咲くいろはの「ハナノイロ」、電波女と青春男「Os-宇宙人」などをプレイ。プロパーじゃない人間には意味不明な単語も増えて着ましたが、宇宙人的におっさんはがんばって調べてます。花咲くいろは、別府と温泉つながりだね☆
今まで出てきたバンドにも言える、女子ボーカルってのがキモですね。やり切るのがいい。

msnz121104ラストは「まーさんず」。大分アニソン界のベテランたちはアトホールにも何度か登場している。
フロントに立つみほにゃん、今日もネコミミ装着済み。アニメ声で仲間たちに呼びかける。
マクロス・F「星間飛行」、「化物語」、「空色デイズ」、、、歌い踊るみほにゃん、今日は曲によって始めてのギターにも挑戦。まーさんのスラップも鳴り響き、キラキラしたシンセで音を埋める。横綱相撲

最後は「ねこにぎり」のあざにゃんもにゃんつながり?呼び込んでツインボーカルでアンセム歌って大団円。

かと思ったら、その後も懐、ここぞとばかりに負けじとアンセムをショートミックス、クラウド、まだまだ発散したりないと倍速化したオタ芸。サイリウムが舞う。

君は君 我は我なり されど仲良き

底力見せ付ける。パワフルに。

2012/11/4(日)

O.O.U. http://oou-oclock.jimdo.com/
まーさんず(R) http://masansr.web.fc2.com/index.html
ABP http://ameblo.jp/semoponumeabp/


テーマ:アニソン・キャラソン - ジャンル:音楽

Team"ROCK" presents 「mintdragon」 大分老舗のロック系クラブイベント
8月の「soul food」との合同イベント以来の久々の開催。
今回はフロアにテーブルや椅子なんかが置かれたりして、ちょっとしたモードのチェンジも。ちょっとゆったりお酒飲んだりするのもいいですもんね。

選曲なんかは変わらない。
Katy Perryの「Firework」、リアルタイムの洋楽ヒット、ネーナの「ロックバルーンは99」といったビルボードがキラキラしてた時代のヒットナンバーが並列で流れてく。それが今の時代っぽい。更にEddie Hodgesなんかまでも遡る。50年、60年を一っ飛び。

mtdr121103

「ハンバートハンバート×COOL WISE MAN」、YEN TOWN BAND「あいのうた」、GO!GO!7188と日本のナンバーでもまた自由自在。4人のDJたちが自由に飛んで、回してゆく。紹介していく。PCDJなんかも駆使しつつ。
「Live for today」「You May Dream」、「Twist and Shout」また少しタイムトリップ。

そして少しビート、ピッチを落とした後、日付が変わる頃にまた上がってくる。

mtdr2121103

「Deep Impact」、「海行かば 山行かば 踊るかばね」、「Kick it out」、「英雄にあこがれて」とアガる曲を連弾でつなげていく。
Pogues、Sublime、LA-PPISCH、RADWIMPS、、、

ラストはバック・トゥ・バック。2人のDJがミキサーの左右で次々に繋いでく。
時代も国も関係ない。こだわらない。楽しめばいい。

何かと世知辛い世の中。そんななかしたたかに渡っていこう。
自分たちの場は自分たちで作ってこう。

2012/11/3(土)

mintdragon http://mintdragon-oita.blogspot.com/



テーマ:DJ/CLUB - ジャンル:音楽

アトホールのロックの日「6x9 six by nine」。vol.44。44マグナム。今回の出演は3組。10月の末。

aldl121028まず登場するのはアトホール初登場、このバンドでのライブ経験もほとんどないという「ALDILA」。他の形ではアトホールには何度も登場しているメンツだったりするのだが。
4人組、ピンボーカルのロックバンド編成、黒基調の格好。Back Hornの「嘘」などを披露。オリジナルはワルツのリズムとなかなか凝ったことも。ダークで激しく、これからオリジナルも増やし、固めていくと。

gl121028「gallo」スリーピース、ベースは女性。アトホールへはよく登場している。
ギター、アルペジオを細かく積み重ね、小さいところから大きくしていく、パイ生地を仕込むように。ベースも同じく重ねるが、バンッと強く入るところ、気合も入る。ドラム、叩く姿、絵になる。リズムパターン変えたり、途中スピードアップしたり、自分たちのポストハードコア、手を入れ、形にしていく。

dd121028ラストは「DiverDown」。ベーシストが固定メンバーとして加わってからの初のステージ。一曲目、smells like..で始めちゃったりして、なんかしっちゃかめっちゃか、特にギタボ。頼れる足場を得た嬉しさからか。
ギター2本、味の違うソロを取り合い、新曲も披露。テンポチェンジがあったり、構成が変わってたり、こちらもちょっと凝った曲を。意欲的に。

Trick or treat. (ご馳走をくれないと悪戯するよ)

2012/10/28(日)

DiverDown http://71.xmbs.jp/DIVERDOWN/?guid=on
gallo http://www.audioleaf.com/gallololo/
aldila http://aldiland.web.fc2.com/



テーマ:ライブ! - ジャンル:音楽

「SAYOUTEN」×spaceship airguitarsの主催によるライブイベント「vector」
県外からのゲスト二組、「danro」「zeroreality」を迎えて開催される。

会場流れるは、何故かこのイベントに結構関わったカッキーの選曲。ちなみに出演はない。
広い幅を持つ選曲、色に合っていながらベタ過ぎない、小憎らしいとこを突いてくる。
そして会場、飲みの方も勢いがすごい。特に福岡組。これが彼らのバイブスか。修羅の国の片鱗?

zfrk121027その少しいつもと違う空気の中まず登場するのは「Zoo freaks」。別府シーンの鍵の一端を持つバンド。
暗い明かり、どっすんばっすん鳴るドラム、存在感あるリズム隊、2本のギター、抑制的に全体が進んでく。そんな中、リズムギターの整理、ちょっと凝った展開、そして歌メロの意識、今までのものに少しずつブラッシュアップが加えられる。メジャー感、耽美、そんなものも。新曲も披露。

dnr1210127福岡からの「danro」。アトホールでは何度も演奏している。今日はドラムも真ん中。
ギターをギンギンに鳴らし、二人とは思えないギンギンのサウンドを作り上げる。Fuzz Queenミワの鳴らすギター、プレイスタイルでちゃんとベースも聞かせる。手数の多いドラム、酔いも上手く回ってるエモーティブなオルタナ世界、ぐわんぐわんの中、きれいな高音ボイスが縫う。

sytns121027主催の「SAYOUTEN×spaceship airguitars」が早くも登場。ヴォーカルギターにベース、ドラム、上手側の机の上にはエフェクター、カオスパッドなどの多くの機材、そこがS.A.G.の持ち場。
抑制的なダウンテンポ、繰り返すフレーズ、ヒプノティック。金属的なギター、時々爆発する。シュワーとしたエレクトリックノイズ、抑えて丁寧に音を作る。
ダークサイケ、どこか中近東風、エスニッキーに聞こえるのはボーカリストの風貌のせいだけではあるまい。

frm121027「FARM」、トリオ。ドラムは今回もtrial errorのo.n.o.が入る。三人、愉快なやつら。
スラップバリバリのベースにキラッとしたカッティングも肝のファンクの血、地に"顔"でも叩くエモドラムが注入された、激しいファンク、これもまた良し。
バラード「波動」ではキッチリ甘い空気を効かせ、中華ファンクでも躍らせる。やりたいことやって、楽しく。気のイイ奴ら。

zrrt121027ラストは北九州/下関からの「zeroreality」。アトホールは初登場。ギター2本にドラム、ベースアンプ、にはシンセ始めいろんな音源物を接続。マイク、もう一本たっぷりエコーを効かせたマイク。そしてステージ前にテーブルにはたくさんのエレクトロニクスってやつ。
5人、一旦音を出し始めたら大音量のド・ド・ノイズ。空気を震わす、密度も軽く変える。ダブルネックのギター、テルミンなんかも使いつつ、5人が好き勝手に無軌道に好き勝手に音を出す。それが一人の意志なのか集合意志なのか収束する。コッテリしたスーパーー アーーーーな儀式ノイズトランス。異空間へ。

何に酔う?何を言うー! 飲んでも飲まれるな。ドゥーーン!!

2012/10/27(土)

danro http://www.geocities.jp/miwa01234/danro.html
http://www.geocities.jp/miwa01234/
zeroreality http://members2.jcom.home.ne.jp/zeroreality/
Farm http://www.myspace.com/farm2010
SAYOUTEN http://www.myspace.com/sayouten



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

大分の誇るゴアグラインド日本代表「VISCERA INFEST」が主催するライブ「GORE DOMINATION」
東京から激速スラッシュバンド「Wargasmatron」、福岡からGrinding Death Metalを標榜する「HYDROPHOBIA」を迎え、大分組も4組参加して、この空間を重さ、速さ、激しさで制圧する。

knv121021トップバッター、大分組「KNAVE」関西などへも遠征を行っている3人組。ボーカル、ドラムにギター、ギターはベースアンプにも繋がれた変則編成。コープスペイント、革パン、上半身裸、臨戦態勢ばっちりの3人が、ハードコア、グラインド、ブラックメタル、、、が混沌に混じりあった音楽を、ステージでも荒々しく吐き出してく。切り裂くMasashiの声、確実に世界を刻み込んでく。

hdrp121021続いてもゲスト、「HYDROPHOBIA」が早くも登場。初っ端から勝負を決めに来たか。トリオ、アトホールへはほぼ5年ぶり。
金髪、長髪、巨躯のギタリスト、短髪、キャップのベーシスト、上半身裸の優男のドラマー。ビートダウン、インスト、高低二つのヴォミット、、、要素てんこ盛りの複雑な"Grinding Death Metal"、激しく、重く、テクニカル。

zglt121021大分組若手「ziglet」。4人、黒のジャケット系で決めて。激しい音を鳴らす、ビジュアル成分が多目。
38マイク抱えるようにマイクを持つボーカリスト、艶入れるクリーンとデス声を使い分け、激しく煽りながら。長髪ギタリスト、ソロでは王道のハードロック系のラインも見せる。コテコテも、美学も、若手らしくダイナミックなステージで体現。

wgstm121021「Wargasmatron」、フロントの弦楽器隊は長髪ぞろい、ドラマーはスポーティーなキャップ姿。ナリもピュアスラッシャーっぽい。髪を垂らすような前傾姿勢、マイクに向かいザクザクとしたリフを刻みながら、シャウト。チョッ速のビート、雷のような音を撒き散らして走る。ジューダスのカバーも披露。前で首を振っていたメタラーたちから、アンコールの声が掛かる。トリ前でも。

rtdk121021ここから大分組、またも若手「Rated Dark」、4人、ドラマーは今回は大分ラウドミュージック界の人気者がサポート。
後ろ向きで屹立するボーカリスト、安定したビートの上で、歪ませ過ぎず、メロディを聞かせ、正統的な高音シャウトも見せる。左利きの女性ベーシスト、ガッツリと聞かせるソロを取るギタリスト。たどり着いた。

vscr121021ラストは日本代表「VISCERA INFEST」。ステージ、ドラムセット、アンプなどを組みかえる。事情によりKAICHOは今回不参加。でも二人で、変わらず速、重、ゴアグラインドを見せる。アンプ、上手、下手に一台ずつ、ベースアンプにも。ゴワっと音の壁を作り、たっかいスネアの粒を撒き散らす。
メタルプロパー以外にはバラード?どの辺が?と思ってしまう、パワーバラード、変則的なdisgorgeのカバーでメキシコ魂を見せ、ラストはこれまたドラムセット組み替え、スネアにマイク2本立ての一分千発の最速ナンバーで〆。

制圧方法は重く、速く、激しく。金属バット、フルスイングで。

2012/10/21(日)

Wargasmatron http://www.myspace.com/wargasmatron666
HYDROPHOBIA http://www.hydrophobia-jpn.com/index.htm
KNAVE http://tosp.co.jp/i.asp?I=KNAVEPUNK
Rated Dark http://69.xmbs.jp/rated/
ziglet http://ziglet.web.fc2.com/
VISCERA INFEST http://sound.jp/viscera-infest/
http://www.myspace.com/viscerainfest



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽


「アトスケッチvol.5」、今回はギターの弾き語りのソロアーティストが揃う。出演は6人。

hnm121020一番手はひろせほなみ。ガールズトリオバンド「SYMG」ではベースを持つが、今回はアコースティックギター。椅子に座り、ギターを自然に鳴らし、言葉を綴る。恋の歌、好きな小説、自分のところに降ろして来て、関わり深い亀川のことなども。"愛してるなんて言うわけないだろ"、ギュッと声がつまるところ、泣き声っぽくなるところ、耳を惹かれる。

otn121020大谷慎之介、帽子をかぶってる。麦わらっぽい形。「海賊王に俺はなる!」(関係なし)
スタンドマイクに向かい、とつとつ歌う。柔らかい響きを伴って。「春らんまん」など、はっぴぃえんどのカバーなんかが中心だが。わざわざMCで断りを入れるようにして、ナンバガの「イギーポップファンクラブ」、ルーツを辿るようにして。

ymd121020山田学、生涯少年「ブンブンマート。」のギタボ、社会の風にあたったが、ステージ出るのはパンイチスタイルは続けてる。SEのゴイステも続いてる。
アコギをかき鳴らし歌う"SEXがしたい"と道化師の歌など、かっこ悪くても、生きていく。今回もネコのカブちゃん伴っての、ディスクジョッキーの質問コーナーは今回も。照れとハダカ。

nrn121020nerino、女性シンガー、元大分在住、現在は福岡在住。椅子に座り、木の鳴ってる音がする中音系のアルペジオ。爽やかな風が吹く。前との落差よ。みんな違ってみんないい。
クレプスキュール、チェリー・レッド、そんな言葉を思い出す、ネオアコギターポップ、エバーグリーン。オリジナルもカバーも。"猫は大あくび"

hkr121020佐藤瑛、大分在住の女性シンガーソングライター、福岡などでも精力的に活動している。王道の弾き語り(王道って何だ?てことだが)。
力強くギターを鳴らし、言葉を連ねる。感情を込めて。愛の歌、ギリシャ神話の寓話にインスパイアされた曲なども。ピアノを使ったり、マンドリンの文字通りアコースティックな響きも。貪欲に。

sny121020ラストは生野亮。トリオバンド「sportsman」のフロントマン。帽子にサングラス、ディランインスパイア。今回はアコースティックギター、珍しく思ってしまう。
バンドの曲、声は変わらないが、やはり当たりは柔らかく感じる。そして一人ということもあってかより軽やかに、か。今はあんまり演らなくなった曲も。"くたびれちゃうよ"、最後だからってわけじゃないけど、スイスイと。

かたちはさまざま。カミセン、トニセン。みんなちがってみんないい(二回目)。

2012/10/20(土)

sportsman http://www.myspace.com/sportsman313
SYMG http://flavors.me/symgjp/
佐藤瑛 http://63.xmbs.jp/rilys/



テーマ:弾き語り - ジャンル:音楽

「そろそろspecial」、名前の通りソロアーティストだけ。specialだけに県外組が二人、福岡より。

wrsp121014登場するのは福岡組warsawpact。ELECTRIBEを始めシーケンサー2台、そしてエフェクター類なんか結構、キーボードスタンドの上にごちゃっと載っけて、打ち込みのトラックを呼び出す。
サーフ、ロカビリー、楽天的とも言えるはずなんだけど、ニューウェーブを通過してるからかなんか暗黒。"呪い、呪い"なんか歌ってるから当たり前っちゃ当たり前。スカムオフビートなMC、なんか外してくる。

hugh121014大分組、hugh。アコースティックギター抱えて。今日はマイクで繊細な弦の響きを拾う。
最初は即興で爪弾く。音を重ねる。アルペジオ。
細やかな響き、つぶやく小さな声。ソロになってからの曲と、バンド時代の曲「human being」なども。スタイルは地続きなのが分かる。

ms121014ラストも福岡組。密笑、ステージにエレピ一台、横向きに据えられて。
鍵盤に没入するように向かい、歌もなし。2年ほど前に来た時はギターを弾きながらだった。この間、ほとんどの楽器を売り払った中、残ったのがピアノだった。オリジナル曲のみ、流麗な指使い、耽美的で重さもある、クラシック?ロック?ポピュラー?よく分からないし、どうでもいい。しかしこちらもじっくりと入り込んで聴ける。残る余韻。

2012/10/14(日)

warsawpact http://www.myspace.com/warsawpact1968



テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

大分在住のサックスプレイヤー山内桂がハブとなって、国外中心の先鋭的な即興、現代音楽アーティストと共に演奏を行うシリーズ「salmo meeting」。vol.6はイタリアの現代音楽のフィールドで活動するパーカッショニストEnrico Malatestaとバスクラリネット、エレクトロニクスなど様々な楽器を演奏するマルチプレーヤーRenato Ciunfrini、20代と50代、二世代に渡るゲストを迎えて行われる。

ktr121013まずはソロ。3人それぞれ。
山内、ソプラニーノのサックスを持ってステージの真ん中に。即興、断続的に音が出たり、出なかったり、ピポ、パポ。息を通る音だけを聞かせる時があったり。形変わってく。響き、震えを感じ取れ、肌を澄まして。やり方って何かね。

rnt121013Renato Ciunfrini、ステージ前のテーブルには音を出す為のいろんなマテリアル。管楽器奏者だが、今日の主な発音機は小さなダルシマー(ツィター属打弦楽器)。それを弓、発砲スチロールなんかを使ってこすったり、モーターでくるくる回るバイブレーターみたいなもんで音を出したり。小さな音。
倍音重ねたものが宇宙からの電波みたいと思ったり。意味って何かね。

erc121013Enrico Malatesta、同じくステージ前に。スネアスタンドにスネア?桶?その中間のような自作の楽器を置く。周りに弓、鉄の鉢のようなものも。皮の上を木の枠に沿って木の棒をぐるぐると回す。乳鉢で薬品を混ぜるように。
くるくる、くるくる、音を重ねるように。倍音を、波長を。棒がリベットに定期的に当たる音もリズムのように。スタイルって何かね。

kre121013コラボレーション、みんなが持ち場に着く。山内はアルトサックス。お互いの出方を見るように。出たり、入ったり。やり過ぎないように。でもみんなが負けたくない。
耳をそばだてて。リテラシーを要求する。
円環のように繋がってく。

普通って何かね。

2012/10/13(土)

Enrico Malatesta(エンリコ・マラテスタ) http://enricomalatesta.com/
http://soundcloud.com/enricomalatesta
Renato Ciunfrini(レナト・チウンフリーニ) http://www.myspace.com/renatociunfrini
山内桂 http://salmosax.com/
http://www.myspace.com/salmosax



テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

02 | 2013/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー