大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ヒュー・ホッパーやデヴィド・グロス等、プログレカンタベリー系のミュージシャンとのコラボレーションや、現代音楽のコンポーザーとしても知られる、ユミ・ハラ・コークウェルと、アシッド・マザーズ・テンプル、ゼニゲバでの活動で国内外から高い評価を受けるカレイドスコープ・ギタリスト、タバタミツル。マンドッグのドラマー、渡邊靖之と、元マーブル・シープの轟音ベーシスト、宮崎リエによる、プログレッシブ・サイケデリック・ロックユニット「マンマル・マシーン」
歴史を重ねた強者たちが趣味を全開にしたプロジェクト。大分でも全開、全開!

njn121214まず登場するのは、大分の若手変態系音楽大好きトリオ「NINJAMAN」(格好も変態度高め。特にドラム)。今回はサポートとして「SYMG」よりベースにほなみ、そしてボーカリストに"僧侶マン"をどこからか迎えての特別編成。
客席に据えた電動のオートシンバルがチャラチャラ鳴る、メインアクトに敬意を払うかのように続けられるハンマービート、その上では般若心経。ずーっと、僧侶マンだけあって滑らか。暴れる。

mmk121214続いてはあかしももか、こちらは一転一人。ユミとは以前、アトホールでの共演経験もある。
いつもと機体は違うが、いつも通りステージ真ん中にキーボード一台。鍵盤に向かい、丁寧に弾いて、歌う。人生の転機、生まれて初の退職があったばかり、思わせるのか、思わせないのか。
今日も鍵盤に向かうだけでなく、踊る。そこは変わらずに。髪は伸びてきました。

mmmn121214「マンマルマシーン」、キーボード、ユミが一番左端。ベース、ドラム、ギターと並ぶ。ユミの前にはボーカル用のマイクも。
演奏、つっても基本全部即興。歌も含めて。豪快でオーセンティックなハードロック風味の音が、サイケデリックに、プログレッシブに移り変わっていく。時にはベルベッツみたいだったり、ピンク・フロイドみたいだったり、ダンスビートみたいになったり、やっぱりハンマービートみたいになったり。シームレスに。
やったのは2曲だけ。でもコッテリ。ベーシスト宮崎、赤のSGを抱え、時に嬉しそうにピョンピョン跳ねながら演奏してたのが印象的だった。
ユミも含めて女性は自由。
元始、女性は太陽であった


羯諦羯諦、波羅羯諦、波羅僧羯諦
菩提薩婆訶、般若心経

2012/12/14(金)

ユミ・ハラ・コークウェル http://yumihara.exblog.jp/
タバタミツル http://www.tabatamitsuru.com/
NINJAMAN http://www.audioleaf.com/nobukogorilla/
あかしももか http://www.myspace.com/akashimomoka



スポンサーサイト

テーマ:プログレ - ジャンル:音楽

※チケットなどのお問い合わせは アトホール まで。横のカラムの ABOUT/MAP (1) のカテゴリーをクリック


2013/5/3(金・祝)【ライブ】
★EXPLOSION EAST ASIA TOUR 2013★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:Ken South Rock(N.Y.)/ULTRA HEAVENS/Sunbruise 他
料金:前売2000円/当日2500円

KenSouthRock
2010年。衝動的にギター1本を抱え単身ニューヨークへ。飛び込みでライブハウス(Bar)を歌い巡り、言葉の壁をぶっ越えた音と心の交流、本当に多くの人との出会いに大感動。握手に握手を重ねるうちに、世界中を歌って巡り続けられるロック漢になってやろう!と一念発起。ここに“Ken South Rock”生まれる。 6月には再度渡米、とことんライブを重ねまくる。さらには帰国直後の7~10月にかけて全国47都道府県もれなく弾き叫びツアーを敢行。日本を全身全霊ぶっ噛み締める。11月、押さえ切れぬ衝動にまかせ、またもや渡米すると、ブルックリンにてぶっ叩きドラマー、アダムと意気投合!2ピースとなって一気にレコーディング突入!2011年3月ALBUM『Ningen』Release JAPAN TOUR!6-7月同US TOUR!11-12月"TWIN BROTHERS JAPAN TOUR"!2012年2-4月にかけてはUS EAST COAST TOURおよびNashvilleにてレコーディングを敢行!夏にはその音源『VOLCANO』を引っさげて日本/台湾ツアーに出陣!その後、約半年をかけて待望のUS VISAを獲得。2013年3月現在NYにて活動中。 ライブ三昧生活から見えて来る歌、曲、熱を大切に、生涯ロック漢、ロックバンドとして突っ走り切る、一つの新たな“カタチ”を表現したく思う。
http://bakeru.jugem.jp/

ULTRA HEAVENS
大分県別府市、サイケデリックバンド。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=ULTRA_HEAVENS
http://www.audioleaf.com/ultraheavens/
Sunbruise
別府、古臭いロックンロールとブルース、三人の女
http://sunbruise.web.fc2.com/



2013/5/5(日)【ライブ】
★岡野勇仁リサイタル★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:岡野勇仁(東京)/山中カメラ/山内桂
料金:前売2000円/当日2500円

岡野勇仁
リサイタルのほか、南米音楽演奏、美術家や詩人、ダンサーとの共演、紙芝居、フリーインプロヴィゼーション、クラブミュージックやエレクトロニクス、アートプロジェクト、日本の古い歌の演奏など類例をみない多彩な活動をおこなう。NTTインターコミュニケーション・センター「ICC」での「岩井俊雄展」にて「光の出る」ピアノを演奏。紙芝居のユニット「紙芝居モダン」にて原作・脚本・音楽を担当し、様々なアートフェスティバルに出演。第12回文化庁メディア芸術祭入選の方法マシン作品「サーチエンジン」のビデオに名誉マシンとしてピアノ初見演奏参加。フォルマント兄弟の作品「NEO都都逸」(キーボード演奏)「夢のワルツ」(MIDIアコーディオン演奏)の世界初演をおこなう。徳島LEDアートフェスティバルにエレクトロニクスで参加。大友良英フライングオーケストラにて音の出る凧の凧揚げも担当。
リーダーのブラジル音楽バンド「KAMAKURA」にてNHKラジオセッション2007に出演。アルゼンチンタンゴの名曲を演奏する須川展也、小松亮太、奥村愛の「ハッピータンゴ」バンドメンバー。浅草サンバカーニバル1部リーグ「リベルダージ」、インドネシアのガムラングループ「ランバンサリ」には打楽器で参加。江東区深川を中心としたイベント深川芸術祭主宰。
テクノ、ホーメイ、ジャンベとの共演含むオリジナル曲とバッハによる1stアルバム「カモシカの恋」が各界から好評を博す。フランス音楽コンクール第2位、第9回日本室内楽コンクール入選、現代音楽コンクール《競楽4》入選。東京音楽大学ピアノ科卒業。尚美ミュージックカレッジピアノ学科講師。
http://www.11piano.com/

山中カメラ
自作の写真、映像、歌が融合した独特の「カメラショー」をライブ形式で展開。近年は「現代音頭作曲家」として、日本各地や海外に滞在し、町の人々と交流しながら現代音頭を制作。様々な人々を巻き込んだオリジナルの盆踊り大会を開催する活動を勢力的に行っている。
http://blog.livedoor.jp/y_camera/lite/
山内桂
唯一無比で独自の音楽SALMO SAX。その音は瑞々しく、そして煌めいている。
自身製作の映画「ホフネン」の完成~ロッテルダム映画祭エントリー。「Three Rushes」w/E.Rodrigues、C.SantosとのCDリリース。中村としまる氏とのCDリリース。と、さらにドキドキ・ワクワクなうごきが加速しそうです。
http://www.salmosax.com/



2013/5/11(土)【ライブ】
★Shownin&BRINKY主催「B,animation'S」★
OPEN 18:00/START 18:30
出演:時松バズーカ(株)/秘匿名/BRINKY/Shownin
料金:前売1000円/当日1500円

時松バズーカ(株)
ギターボーカルトキコ ドラムリサ ベースシジミ
BRINKY
「誰でも楽しめる演奏」をモットーとするファミリーパンクロックバンド(本当に父と姉妹)
少年ナイフを中心に、洋楽やアニソンのコピーをしている。たまにオリジナル曲も。
http://87.xmbs.jp/brinkey/
Shownin
ベーシスト・ギタリストとして活躍。教室での講師も。ソロでは、ディレイ、オクターバー、トーキングモジュレーター、、様々なエフェクターを駆使し、即興演奏を行なう。
http://yaplog.jp/sgbass/

テーマは「騒ぎたい・・・(笑)」



2013/5/16(木)【ライブ】
★『ASA-CHANG×田中邦和 Duo』九州ツアー★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:田中邦和×ASA-CHANG/YAYU大分
料金:前売2800円/当日3300円

坂本龍一氏がナビゲートする音楽教養番組「スコラ」ジャズ編のプレイでも異彩を放った彼ら
『田中邦和×ASA-CHANG』二人が織りなす自由で独創的な即興演奏が 遂に! 九州上陸!!!!! ”この瞬間”を見逃すな!
Sembello、土岐麻子、Losalios、Fantastic Plastic Machineなどジャンルの幅を大きく越えて活躍するサックス奏者の田中邦和。 東京スカパラの創設者!ポップとアバンギャルドを軽々と行き来する鬼才リズミストASA-CHANGによるインプロビゼーション・デュオをご堪能下さい!

asc_1204webASA-CHANG
ヘア・メイキャップアーティストを目指して、上京。
渡辺サブロオ氏のアシスタントを経て、SASHU所属のヘア・メイクへ。
80年代中~後半にかけて、Olive、anan、キューティー等、ファッション誌や、小泉今日子、本木雅弘、山瀬まみ等の当時のカッティング・エッジなアイドル、タレントの仕事を数多く手掛けるも、89年に東京スカパラダイスオーケストラのパーカッション兼バンド・マスターとしてデビュー。その自ら創始した東京スカパラダイスオーケストラがブレイクを果たすが、93年に脱退、フリーランスに。
スカパラ在籍時から、その特異なライブ・パフォーマンス、プレイは注目されていたが、独立後の数々のセッション・ワークにより、ドラマー、パーカッショニストとしてその存在を知られるようになる。
いわゆるラテン・パーカッション系だけでなくインド・アジア系から玩具類、ガラクタ、シンセ音などを散りばめ、楽曲にアプローチする彼独特のプレイスタイルを確立し、ドラマーとしても躍動感のある唯一無二のそのビートは、パワフルさと繊細さを兼ね備え、数多くのアーティストからの信望を集めている。
ポップとアバンギャルドを軽々と行き来する様々な活動は、多くの注目を集めている一方、作曲・アレンジもこなすプロデューサーとしても活躍している。

http://www.asa-chang.com/

tnk1204web田中邦和
大学在学中にジャズ研究会に所属、以後サックスを独学にて習得する。
卒業後5年間の会社員生活を送るが、そののちミュージシャンへと転身。現在に至る。
甘く豊かなサウンドと、ジャズからポップス、クラブミュージックまでの幅広いジャンルで培ったスタイルが持ち味である。
現在は沖祐市(東京スカパラダイスオーケストラのキーボーディスト)とのバンド「sembello」。スタンダード・ムード音楽バンド「ブラックベルベッツ」、バリトンサックス11人によるアンサンブル「東京中低域」、「梵鉾」で活動の他、ライブ、コンサート、レコーディングなど精力的におこなっている。
これまでの共演者は、林田健司、ボズ・スキャッグス、Losalios、ラブサイケデリコ、クラムボン、森雪之丞、堂島孝平、山下洋輔、森山威男、クリヤマコト、ジョージ・ガゾーン、エリック・アレキサンダー、エイブラハム・バートン、fantastic plastic machine、ジョー・クラウゼル、coldfeet、等多数。

http://www.kuni-kuni.net/

YAYU大分
2006年結成のジャンベチーム「アンタトロンディア」と最高の仲間であり最大のライバル「BEN☆KAN」によるコラボレーションチーム



2013/5/18(土)【ライブ】
★アトスケッチvol.7★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:こうべぇ/ブンブンマナブ/ひろせほなみ/おじぎ草
料金:1000円

こうべぇ
現在、大分県を拠点に活動してるアコースティックミュージシャンです!!
第一回大分夢色音楽祭シンガーソングライターズコンテスト最優秀賞
自主制作音源、手売り&郵送販売にて2000枚達成。
http://tosp.co.jp/i.asp?I=koubee
ブンブンマナブ。
生涯少年3ピースバンド「ブンブンマート。」のフロントマンがソロで。
ひろせほなみ
10年代の天然ガールズトリオ!レインコーツやESG、はたまたCSSなんかをゆるーく想わせながら、イマドキ・日本語ROCKをガッチリ表現してるこれから楽しみな注目のバンド「SYMG」のベーシスト
http://flavors.me/symgjp/
おじぎ草
1963年、大分市生まれ、自称アシッド・フォークシンガーソングライター小笠原洋の一人ユニット



2013/5/24(金)【ライブ】
★... 耳鳴り/日本ツアー2013★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:...(Nikola Mounoud)(スイス)/DJみしろ/Peppies
料金:前売1500円/当日2000円

Nikola Mounoud
サウンド・アーティスト、或いは音楽家。「. . . 」名義で創作活動を行うニコラ・ムヌーは、スイスのローザンヌで毎年開催されているフェスティバル「LUFF」(ローザンヌ・アンダーグラウンド・フィルム&ミュージック・フェスティバル)の主要な運営メンバーの一人であり、音楽部門プログラマー/音響専門家である。彼の近年のコーディネーターとしての仕事は、2012年に東京で開催された「LUFF does TOKYO」という形で結実した。また彼は、ローザンヌで運営されている写真/映画ラボ「On fait du l’art 」の共同創立者の一人である。

近年は、アナログ/デジタル双方のフィードバックを探求する行為を自らのサウンドソースとして定めている「. . . 」は、そのライブパフォーマンスにおいて、停止させることが不可能な非コード音、皮膚感覚、弦や風のアコースティック音といった要素を無慈悲に音速で展開させるかのような表現に没頭している(それを成立させる電気供給が存続する限り)。どんな音楽家もそうするように数多くのサウンドウェーブと格闘しながら、ラップトップとアナログ・ミキサーの使用に基づいて行われる彼のライブ/作曲は、まるで炭坑の最深部から掘り起こされる最新の即興演奏そのもののようである。
http://ooo.merj.ch/



2013/5/25(土)【ライブ】
★Kids are alright 2013★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:OITA RAMONES/READING MACHINE/33 1/3
DJ SHIHO/KAWAUSO/NORI
料金:1500円(紙フライヤー、webフライヤー提示の方1ドリンク付き)

「パーカ着て、ツートーン・シャツの奴もいれば、ポークパイ・ハットの奴もいれば、ニューウェイブ風の派手なネクタイの奴もいれば……みたいな感じで」
集えモダーンズ!!
We Love M.O.D.S!!!
Shout to the Top!!!
Hey ho, let's go! Hey ho, let's go!!!



2013/5/26(日)【ライブ】
★closing time★
OPEN 18:00/START 18:30
出演:朝倉リンペイ(RAKUDA)/大口直人(THE HIPPIES)/ハルハラ(ex GIGIGAGA)/ゆうすけ(ex GIGIGAGA)/山村ソラ(RAKUDA)/藤原祥吾(RAKUDA)
料金:1000円(要1drink order)

バンドマンによる弾き語りイベント。
フラっと飲みに来る気持ちで。

RAKUDA http://rakuda-xxx.jimdo.com/
THE HIPPIES http://thehippies.web.fc2.com/



2013/5/29(水)【OTHERS】
★「のばなし」その15★
START 20:30
出演:かずまりっち~(トレロカモミロ)/超人発電所
料金:1000円(人数限定あり)(おにぎり・1drink付)

問:アトホール/トレロカモミロ camomillo.net@gmail.com

劇団トレロカモミロ主宰のkazumaritchieらによる2時間ノンストップ&ノンカテゴライズトークショー

超人発電所
基本超人、時々おしゃべり、時々代表。
ポロシャツ、ハト胸、ツーブロック。
バンドマン、役者、今度は何だ。
成りたいものは人気者!!!



2013/5/30(木)【ライブ】
★「寂しい女と彫大を迎えて」★
OPEN 19:00/START 20:00
出演:寂しい女(福岡)/彫大(福岡)/DJ HINAGO/DJ Wacky and more…
料金:1000円

寂しい女
様々なフィールドで活動する三人(小貫誠、吉田主税、井手陽介)によるelectro jam unit。
それぞれの楽器を否定しつつも、そこから新たな肯定を生み出し浮遊してさまよう姿は
聴くものを不思議の国へいざなっていく。
泣いたり唄ったり惚けたりしている3人の女は絶望的に噛み合わない。のか。
http://www.myspace.com/lonleywoman

彫大(ほりだい)
福岡の様々なイベント、ライブ、フェス、レイヴでのライブを展開。観る者を魅了するそのグルーヴはジャンルを問わず炸裂する。留まるところを知らない唯一無二の超個性派ノージャンルジャムバンド!HABANAで背中を向けてプレイするエレクトリックシタール奏者。今回はソロで。



2013/5/31(金)【ライブ】
★音笑ライブバトル★
OPEN 18:00/START 18:30
司会:神崎サトシ
出演:UMA/RED EYE/にっしー/神崎タケシ
料金:前売1000円/当日1200円

問:090-1970-6226(音笑ライブバトル)
 ukk.com@live.jp

音楽人 お笑い芸人ライブバトル

大分で活動するアマチュアミュージシャンやお笑い芸人がライブ対決!
勝敗はオーディエンスの拍手の量で決定!連勝者はMVPトロフィー贈呈!

挑戦者求む!
「参加資格一切なし!
出演希望、前売チケットご予約も ukk.com@live.jp マデ




チケットなど総合問い合わせ:AT HALL 097-535-2567 info@athall.com

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、右記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。

テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報

2007年にトランペッターThomas Johanssonを中心にノルウェーで結成された2管ピアノレス・カルテット「CORTEX」
アルバム「Goteborg」発売に合わせ、日本へもツアーへ。

crsm121213ここ大分、まず登場するのは高尾栄市(テナーサックス)、奥川文夫(ベース)、小野求(ドラム)、村田千尋(ピアノ)の四人による「クルセママ」
その名前通りコルトレーンのアルバム「クル・セ・ママ」より「Welcome」など3曲を披露。強いドラムのアタック流麗なメロディ、大分ジャズ界の顔役たち、各々のアドリブで見せ場を作りつつ、フリーの自由さを纏いつつ王道を見せる。


crtx121213「CORTEX」、Thomas以外のメンバーはドラムのGard Nilssenとダブル・ベースのOla Hoyer、そしてサックスのKristoffer Alberts。
ステージ上、並びは下手からドラム、ベース、管2本という流れ。ベースはアンプから、それ以外はノー電気。
ガッ!と勢いよくスタートした演奏はグルーヴィーかつアカデミック、尖がりと王道の混ざりの塩梅が実に絶妙、いい湯加減。
ブラシ、リムショットなど使い分け手数多いドラム、リズムを引っ張りつつ、ある種上ものとしても機能。ベース、これまた細かい刻みも多いが、頑張って全体の下地を作っていく。

その上で、トランペットサックスが存分に遊んでいく(サックスはキーが違うものを持ち替えたりしつつ)。
有名なオールディーズ、STARWARSのテーマを借景など、主題が自由に出たり、入ったり。濡れるライド使い、ジプシー的メロ、気持ちいいループ。
遊び心満載で、楽しそうに凄味を見せってった。

2012/12/13(木)

CORTEX http://www.thomasjohansson.no/
http://www.myspace.com/cortexmusikk



テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

「素敵じゃないか」は、年前長崎で初演された二人舞台
今回の"新生"バージョン、大分、熊本、長崎で公演され、役者は福岡と長崎、演出音響などは熊本、そして制作は大分と、九州各地の演劇関係者がアベンジャーズばりに集合して、組み上げられ、ここ大分では大分市の地域子育て支援事業として開催される。

舞台上、真ん中に太い柱、梁にかけて布リボンがたらされている。
周りにも柱、ペットボトルに入った水。

stk3121208

留美と末虎、カオリと涼太、境遇の違う二組の男女。
先の見えない不妊治療と望まない妊娠、最初の問題の種はある意味同じはずなのに、コインの裏表の表れ方をする問題をそれぞれが抱える。

家の中、普通の世間話、安定した夫婦の会話、明るく幸せそう、治療は続けている。それ、仕方がないが、どこかに疲れを残してく。
ラッパークラバー、酒飲んで、騒いで、ヤッちゃって。祭りの後、当たっちゃって、それは幸せでも不幸で想定外でもある。

stk121208

二人のすれ違い、小さいように見えて、大きいように見えて。


二人の役者で二組の夫婦、男女入れ替わり演じる。ダンスを挟むなど、ちと変わった演出も入れる。軽妙なやり取りでは笑いも起きる。


夏、秋、冬、春、季節は変わっていく。動いて、もがいて。
変わる体と変わらない体。残された時間の意味は違う。

ある場所、留美とカオリが出会う。そこは審判の場。
歩き方は全然違う。どちらにも理由がある。

stk2121208

夢の翌日、そこにはどんな風が吹いているのか。

終わった後の舞台、リボンはどうなっていた? それは。

2012/12/8(土)、9(日)

出演:酒瀬川真世(che carino!/che carina!・福岡)/川内清通(RAWWORKS・長崎)
脚本:たじま裕一(長崎ドラマリーディングの会・長崎)
演出:池田美樹(劇団きらら・熊本)
制作:久原淳子(大分)

RAWWORKS http://rawworks.info/index.php?FrontPage
che carino!/che carina http://members2.jcom.home.ne.jp/checa/
長崎ドラマリーディングの会 http://anerou.jugem.jp/
劇団「きらら」 http://www.gkirara.com/

規定演技としておススメしたいような作品。


テーマ:妊娠・出産 - ジャンル:結婚・家庭生活

大分大学の文化会 演劇部の定例公演がアトホールで初開催。
今回は恩田陸による戯曲「猫と針」を取り上げる。

普段は旦野原の大学キャンパス内での活動が主、今回は学校関係以外の人間も訪ねやすい場所で公演。

口上、劇の出演者ではない男が喪服で木魚に合わせてしゃべる。そして開演。

"人はその場にいない人の話をする――。友人の葬儀の帰り、久々に学生時代の仲間が集まった"
閉鎖された空間、喪服の男女が集まる。故人の話を振り返っていると、学生時代のことをいろいろと思い出す。

nth3121201

"一見なごやかな宴だが、やがて漂う不穏な空気"
映画監督外資保険屋、デザイン屋の嫁、医者。
嫁が亡くなっていたり、仕事が上手くいってなかったり、時間過ぎていると、環境も境遇も変わっている。

nth121201

"この集まりの本当の意図とは? "
会話とそれぞれの独白、今はいない空虚な中心をめぐって、心理は交錯する。現在と過去を飛び越えて。疑心は暗鬼。
それぞれのストレスはマックスに。そこで訪れる解放。吐き出し。

nth2121201


昔のことをきっかけにふと人生を振り返る。
リアルを生き直す。本当の人生とはなんなんだろう。開いてく。

捉え方は人それぞれ、生き方のように。
ほわっとした結び。それをまとめるのは自分たちで。

2012/12/1(土)

大分大学文化会 演劇部 http://bundai-engekibu.fool.jp/

出演:佐藤駿/藤崎友太/溝口晴太郎/宮眞依子/辻裏葵
 作:恩田陸  
 演出:佐藤駿(演劇部員)



テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

劇団「トレロカモミロ」主宰かずまりっち~と大分の人気カフェの店員高田鷹による、ノン ストップ&カテゴライズのトークショー「のばなし」
11月を締めくくる最後イベントの"その12"。かずまりっち~はほんの三日ほど前に「トレロカモミロ」の公演を終えたばかり。

ゲストはインディーズブランド"motocloth"を主宰、別府駅北商店街でアトリエショップ「Ontena」を運営する裁縫家 三浦温

nbns121127前説は12月に自らのバンドナントカ動物園のCD「回転する参号」発売イベントをアトホールで行う井下ヒツジが務める。
バンド時と同じ格好、アフロ姿でテレキャス持ってオリジナル曲、今回だけの曲「のばなしの歌」などを披露する。

そしてカズと鷹の雑談へ入る。

早めにゲストを交えてのコーナーへと。
別府商店街の仲間「ReNT Rec」のヒナゴさんが作った、北商店街のCMを上映。風景、フィールドレコーディングしたもの、重ねられた打ち込みのトラック、流される。

彼女が別府駅などでしかけたファッションショー「ほんとの時間」が、ちょっとだけ立ち上がった気分。

nbns2121127そしてその流れのまま、鷹、「Ontena」のお客さんのゆりちゃんがモデルとなったこれまたちょっとだけファッションショーが。もちろんスタイリングは三浦が。

そのまま、4人でのトーク。カズも三浦のスタイリングでお色直し。
どこかアカデミックな香りも漂わせ、そんな話が進んでいたら、またも北商店街仲間でもある画家の寺山香もステージへ上がり、話にも加わったりしつつ、ホワイトボードに絵を描き始める。

nbns3121127

ステージ上、どこに視点を置いたものか、という状況のなか、話しは続き、絵は描き進まれる。

ふしぎな時間。

2012/11/28(水)



テーマ:手作り・インディーズブランド - ジャンル:ファッション・ブランド

「大分舞台芸術フェスティバル2012」、最後の7団体目は「theatrical torero camomillo」。団体10回目の公演となる「ハナデワラウ」

ホール真ん中一番低いところが舞台、なにか雑然とし、グチャっと澱でもたまってる感じ。人もいるのだが。
開演前、そこを通ってお客さんは両側の客席に着いてく。

開演、何故か討論会。朝生バリに論旨がずれてく。環境問題や地方演劇についてなどを勢いよく喚くように。

hndw2121125

プロジェクターでのアヴァンタイトル後、本編に入る

4人の役者、二人が基本セットになって、舞台は手術室、お茶の間、深海、、と変わってく。演じているのも医者、夫婦、一角の謎の深海生物と変わる。

基本暗ーい明かり、出ている人もどっかおかしい。
ミス、料理下手、思春期、、抜けない。何か問題抱えてる。

話は平行、あまり絡んでこない。それぞれコント的に笑いがふと現れる時もある。
下手な医者、要領得ない嫁、ウザい兄貴。

hndw121125

そんな感じで話は進んでく。あまり大きなうねりはなく、ぐずぐずと膿んでく感じで。
どこか調子悪い、決定的なもんがなくて、しかし病院には行ってない、てなところ。

後半、新たな舞台、カップルが登場。なんでこんなところで、こんなことを、みたいなことを。
そして、いくつかの話が少し絡む。

抜けの悪さは変わらない、耳鳴りもずっと鳴ってるような。明かりも暗いまんま。
グズグズして、クチャッとなって。

hndw3121125

"僕は穏やかに死んでゆく いつも少しずつ死んでゆく"

続いていくんじゃないっすかねえ?

2012/11/25(日)

出演:ヤマシンスカイウォーカー/超人発電所/おおせ・モラッシー・みつる/kazumaritchie
作・演出:kazumaritchie
照明:ちぃ
音響・映像:スバリン
衣装・宣伝美術・制作補佐:MU
総指揮:藤本貴美公

theatrical torero camomillo http://camomillo.tumblr.com/



2012年もありがとうございました。

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

まだまだ続く「大分舞台芸術フェスティバル2012」、押し迫ってきた6団体目は「おさらスープ」。演目は「My Exploding Family」
大分舞台芸術フェスティバルではおなじみとも言える小心ズのヤノミとパフォーマンスグループ「to R Mansion」の上ノ空はなび、野崎夏世によるユニット。

この作品は2012年、本年に行った北米公演ではモントリオール・フリンジ・フェスティバルにて最高賞を受賞するなど、様々な賞を勝ち取っている。


幕を開けたら、派手ななりの女3人、ステージ上だけに拘らず、客席にまで飛び出し、マイムダンスアクロバット、更にはベしゃりまで駆使して、まず掴む。
女三人、おばばと母とおチビ、その通りところ狭しと動き回る。

osrs3121123

クラシックジャズオールディーズと言った音楽。それに合わせるように動き出す物語。
ゲームの一場面のようなくすぐり、びっくりさせるような体術、いろいろなやり方でホール全体を巻き込んでいく。
歌い、踊り、表現する、物語。それは時にパリの横路へと飛び出したり、時代を飛び越えたり、して描かれる女に世代を超えた大河ドラマ。笑い、泣かせ、惹きつけ、ぽんとはまる。

osrs121123

出会い、別れ、産まれ、老いる。周りからの圧をスルーしたり、受け入れたりして、娘が女になっていく。

大道芸にストーリーを。ストーリーに大道芸が。
とにかく楽しませる。

osrs2121123

"子どもとビールを愛するタフで愉快な女3人" それはステージ上のこと? 実際のこと?
重なって、続いていく。

2012/11/23(金・祝)

小心ズ http://shoshinznet.web.fc2.com/
to R Mansion http://tormansion.com/
おさらスープ http://osarasoup.web.fc2.com/

大分県民芸術文化祭若者行事



テーマ:舞台とミュージカル - ジャンル:アイドル・芸能

「大分舞台芸術フェスティバル2012」、5団体目の公演は「ゼットカメラ・ジャパン」(山中カメラ/大倉ユウキ/三代広人)による「日野禎」
演劇、的なものの色合いが濃いこのフェスティバルの中、インスタレーション、美術、音楽などの色合いの強い三人の現代美術作家が生み出すものは何か?
禁断のユートピアへ、と観る者を誘ってくれるのか?

「日野禎」、ひのただし、もちろん人名。
湯布院在住の在野の画家、美術家。在野も在野。

ホールの中には彼の絵、私物のチャイナドレス、エロブックなど、彼の人となりがわかるようなものたち展示されている。雑然として。
山中、大倉、三代による日野みこしで4人がホールに登場。

そのままステージ前に敷かれた煎餅布団にもぐりこむ、日野。
馬を組んでた3人はスーツ姿、そのままステージへ。真ん中にスクリーン、挟んで座る。

hnt121118

始まるのは"日曜美術館"というどこかで聞いた様な番組、という体。
妙な女性のナレーションと共に日野の作品、人となり、インタビューなどが紹介される。
その一つのシークエンスが終わると3人が、実際の絵画なども見せつつ、解説をつける。
自身の個展にも関わらず、ギャラリーから壁に掛けるのを否定された絵たち。
かなりのおふざけモードで、辛らつなツッコミ入れつつ。
途中、黙っていられない日野も要領を得ないツッコミを入れる。

hnt2121118

デッサンの狂った絵、透明感のない色の混じった水彩独特の色、偏執的に取り上げられるモチーフ。
テニスルックの時代、レザースカートの時代。ピカソじゃないんだから。
いずれにしても描かれるのは女。残念ながらかわいくはない。

これは全体がシュールなコント? どうでもいいけど。

二部構成。前半は終わる。
後半は歌謡ショー? いやグラムばりの目張りを入れた日野の心意気はロックショー。
テレキャス抱えた日野、大倉、三代、山中はスーツ姿のままギター、ベース、キーボードでバックに付く。
日野の自作の曲に主に山中がアレンジを施したもの。
「レッドアイ」「弟の片足」、、、不思議な言葉に、どこか懐かしいようなメロディ、アレンジによりどこかニューウェービー。
山中の「別府最適音頭」のバンドバージョンも。

hnt3121118

三人それぞれが作った、PV風の映像も被され、どこか現実離れしたような風景。
何故か心の中にするっと入り込む。

昼夜公演を終えた後、三代からのスピーチ。心を動かすP.S.メッセージ。

「いろんな人に知ってもらいたい」

現実の世界と関係がある、またはない世界。一気に反転する。
不思議な感覚。

2012/11/18(日)

山中カメラ http://blog.livedoor.jp/y_camera/
三代広人 http://d.hatena.ne.jp/hiroto-m/



テーマ:アートイベント - ジャンル:学問・文化・芸術

「大分舞台芸術フェスティバル2012」、4団体目の公演は「Drama Art unit Beauty-pool」
長崎で4年ほど役者などとして、演劇に携わってきた上田 奈津美が立ち上げたもの。
大分の若手演劇人たちが集まっての1st performance、上演するのは「人騒がせなハイビスカス」

11月に入っての10日ほど、矢継ぎ早にアトホールでは様々な人生が交錯していきますね。舞台の上、かも知れませんけど。


ステージ上、雑然とした部屋となる。ダンボールなども置かれ引越し前のような様相。しかし、その隅には似つかわしくないようなバーカウンターが据えられ、様々なボトルがちょっとしたお店バリに並べられている。

dubp2121111

荷物をまとめているサエコ、そしてベストにネクタイのショウタロウ、いるのは二人だけ。
倦怠期真っ只中の会話、二人は仕事のパートナーでもあり、私的なパートナーでもあったよう。
出て行きたい女、止めたい男。

やりとりの中、二人の知らなかったこと、言わなかった思い、そんなものが、最後、だからかボロボロとこぼれていく。お酒の力もあってのことか?

dubp121111

止まらないやりとり、険悪になったり、なだめるようにしたり、思い出したり、ポッとしたり。
吐き出され、確認される色々なもの。
重すぎず、軽くなりすぎずのコメディタッチ。
夫婦、仕事、恋愛、、、地に足が着いたリアルで。

dubp3121111

二人の普通の男と女に訪れるラストはハッピーなのか、どうなのか。
よくあることなの?そうないことなの?

"水溜り"と"淀み"、それはどっちとも捉えられる。汚れてたり、美しかったり。

それはどこにでもよくあるものなんだ。

それでも軽やかにドキドキしてたいのさ!

2012/11/11(日)

ドラマ戦隊 Beauty-pool☆ 彼らの戦いは、まだまだ続く!!!

キャスト 橋 浄(Officeせんせいしよん)/上田 奈津美
大沢 ケイト
演出 上田 奈津美
制作宣伝 小野 目依 
照明 よしりん(大分演劇同好会)
音響 田原正登(mixture)
美術 矢田未来(劇団水中花)
舞台監督 首藤生実

Drama Art unit Beauty-pool http://beautypool.blog.fc2.com/



テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

03 | 2013/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー