FC2ブログ
大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
北九州と福岡からゲストを迎えてのライブ「賓(まれびと)」
普段のライブより少し遅く21時からのスタート。

やって来たゲスト二組の一筋縄ではいかない感じに呼応するかのように、出演する大分組もまた一筋縄ではいかない。

pps130310トップで登場するのはアトホール初登場のPeppies。一人ユニット、但しステージ上に並べられたエフェクター類は普通のバンドの3バンド分ほどはありそうなくらい。
それらを直結し、ギター、ベース、繋いで出した音をとにかく重ねて、重ねて、回して、回して、逆にして、逆にして。
ステージに四つんばいになって、エフェクター叩く、重ねていくと色は一緒になっていく。

hnt130310続いても大分組、昨年の大分舞台芸術フェスティバルで一部の者に強烈なショックとセンセーションを与えた日野偵が一人で登場。
ステージ真ん中に椅子、アコースティックギターは乾いたいい音を発す。今日も帽子(今回はハット)を被り、足で不安定にリズムを取りながら、市井の無意識の怪物は郷愁を呼び覚ます歌を。ピッチは安定。

rgk130310アトホール初登場の六弦琴は北九州から、こちらもソロ。PCとQY-22といったシーケンサーといった機材、そんなに大きくないテーブルに載せて、それは最小限にまとめたもの。
椅子に座り、縦置きにしたJC、トラベラーズギターを鳴らす。ドローンループ、パーカッシブな音、微音から大きい音まで、小さなセットから大きい世界を作り出すサウンドスケープ、洗練。気持ちんよか。

stn130310今回唯一のバンド編成、そして今回のライブの立ち上げにも大きく関わった「SAYOUTEN×S.A.G」、ドラム、ベース、ギタボというSAYOUTENに、ソロとしても活動するアンビエントノイズ奏者のS.A.Gのアナログシンセ、カオスパッドなどエレクトロニクス類から生み出されるノイズが被さる。
それはザラついてはいるが痛くはない音、抑制されたダークファンク。低く引き摺る。ギターはギラツク。

kpa130310ラストは福岡から来たノイジシャンかっぱ。持ち込んだテーブル上には多くのエフェクターなどとコンタクトマイク。それはステージの下。ステージの上、真ん中スタンドに鎮座するのはグヤトーン大明神、いやそれはただのアンプなのだが。
長めのセッティングが終わった後、ザ・工業ノイズがそこから生み出される。シャー、ブツブツ、キーー、ちょっと機材の調子が悪かったようだが、暗闇にノイズが響く。


2013/3/10(日)夜

SAYOUTEN http://www.myspace.com/sayouten
かっぱ http://www.kappa.nu/k_intro.html


スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

※チケットなどのお問い合わせは アトホール まで。横のカラムの ABOUT/MAP (1) のカテゴリーをクリック


2013/8/3(土)【ライブ】
★大分大学医学部軽音楽部OB演奏会★
START 15:00
出演:大分大学医学部軽音楽部OBによるバンドたち
料金:無料

大体 毎回 いつも同じメンバーと再会
だいたい 毎回 頭の中で叫んでる"合いたい"

夏らしく、懐かしい顔と
日常からの少しの離脱




2013/8/4(日)【ライブ】
★AT LOUNGE Vol.1★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:クラムラッツ(山口)/ネネカート/nerino(福岡)/Flashザ徒歩5分/DJ ANAMI(福岡)/DJ TRAM
料金:1500円

クラムラッツ
山口県在住。うたとギター、ゆういち。ベースとコーラス、かおる。ドラム、りょうこ。の3ピースバンド。
http://clumrats.jimdo.com/

ネネカート
"スティーリー・ダン"は合衆国南部を旅をする。
大分を基盤に、福岡、熊本へと足を広げる。
http://www.myspace.com/nenecart

nerino
"nerinoは女の子ひとりユニット"
ひとが歌いだす瞬間とはきっとこんな感じ。
いつまでたっても歌いはじめのようにぎこちない、だけど繊細な楽曲達。

FLASHザ徒歩5分
元「FLASH BACK 9」のギターFLASH氏による、ピースフルな弾き語りソロユニット
http://keeponmusic.com/fb9/



2013/8/5(月)【ライブ】
★PARAVOX×LILI LIMIT ダブルレコ発スプリットツアー
 「good bye from head」★

OPEN 19:00/START 19:30
出演:PARAVOX(福岡)/LILI LIMIT(福岡)/The Centralbars/gallo
料金:前売り1800円/当日2300円

PARAVOX
2010年6月結成。福岡を中心に活動中。
世の中に当たり前のように存在する矛盾。
その矛盾を音に変えて、矛盾した世界で生きる様を描く。
http://paravoxhp.web.fc2.com/

LILI LIMLT
S/P/G/C : Mika Shimizu G/V : Jyumpei Makino B/C : Riyo Kurose G/C : Taiyo Doki
03 August , 2013 Release LILI LIMIT “A-E" Album
http://lililimit.tumblr.com/

The Centralbars
Psychedelic?Hard?Noize? & Rock!!
軽薄であり重厚、そしてダイナミック。
憂鬱であり爽快でもある世界をご堪能あれ!!
Vo.Gt. 上埜涼介 Ba.佐藤仁彦 Dr.林佑輔
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=perception
gallo
おおいたで活動中の4人組のばんどです。
http://gallololo.jugem.jp/



2013/8/11(日)【ライブ】
★Rokket Soejima Blues Band featuring 永原元 BLUES NIGHT★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:Rokket Soejima Blues Band featuring 永原元
 Rokket Soejima : Vo,Gt (from博多)
 大濱吾朗 : Vo,Harmonica,Gt (from東京)
 染維宏一 : Vo,Bass (from博多)
 永原元 : Drums (from北海道 ex.Soul Flower Union他)
O.A.:CASINO LIGHTS trio-1
料金:前売り2000円/当日2500円(共に1ドリンク付き)

問い合わせ:090-7928-6984(平原)

Rokket Soejima
博多発Blues Guitar & Vocal
1968.10.19 A型
BLUESとS.B HAWKSを愛する心優しき九州男児!
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=rokket66

永原元
DRUMS & DJEMBE Player、Composer
20歳の時にアフリカ ケニア ナイロビに渡り、現地のパーカッショングループに加入。
帰国後、故・どんと(BoGumbos)と出会いその後、平安隆のレコーディングをきっかけにプロ活動に入る。
主な活動記録は、SOUL FLOWER UNION、HARRY(exThe Street Sliders)、完熟トリオ(小坂忠、鈴木茂、中野督夫)、 本田竹広&ThePURE、瀬木貴将ネイチャーワールド、アンモナイト巻ズ(石間秀機、柳田ヒロ)など
FUJI ROCKなど国内外の音楽フェスティバル、南米ボリビアツアー等、国内の主なイベントや海外ツアーの経験もある。
演奏活動の他、アルバムのプロデュース、作曲、編曲、イベントのオーガナイズも積極的に行っている。
http://gene.kachoufuugetu.net/



2013/8/12(月)【ライブ】
★Viscera Infest presents 「GORE DOMINATION」
 [夏のイボイボぶらり旅~ウエイト上昇ツアー]★

OPEN 18:00/START 18:30
出演:SPACEGRINDER(松山)/PAPACONIA(北九州)/TSUKA&MARO(大阪)/泥絶涅零斗(大阪)/VISCERA INFEST/GODDAMN BULL/LADY GORE/SPRAWT
料金:前売1500円/当日2000円

SPACEGRINDER
SPACEGRINDERは七変化でその日その時が生モノ。それこそが宇宙!

PAPACONIA
ERECTRO ORGASM
http://www.geocities.jp/papaconia/manco.html

TSUKA&MARO
G/Vo: TSUKA
Dr/Cho: MARO

泥絶涅零斗
JAPANESE HARDCORE PUNK BAND
http://tosp.co.jp/i.asp?I=degenerate_5

VISCERA INFEST
Chain saw and Vomit : GOREGURA KUMIAITYO
Chain saw and Vomit : KAITYO
Blasting Linear Motor Car : BLAST HONBUTYO
http://sound.jp/viscera-infest/
GODDAMN BULL
今年復活を果たした大分の重鎮ハードコアパンク「GODDAMN BULL」
LADY GORE
Oita Blutal Slamming Gal Metal
SPRAWT
NYハードコアスタイルを貫く



2013/8/13(火)【ライブ】
★《ミナクルLIVE * 2013SS *
~ 大分のLIVE熱を1℃あげちゃおうよ♪ ~★

OPEN 18:00/START 18:30
出演:しにものぐるい(SAGA=佐賀)/F.R.C(BEPPU-BEPPU-:別府)/LENSNOTE(すべって転んで=大分)/Niconico SHOP(豚骨ラーメン=福岡)/RIVERS(すべって転んで=やっぱり大分)
料金:前売1500円/当日2000円(要1drink order)

問:makiranaco@yahoo.co.jp

1.しにものぐるい(SAGA=佐賀)
・結成秘話は…佐賀でくすぶっている暇人の集まりです。
バンドの方向性は…ただただふざけるだけでなく楽しむ事をモットーとします( ・`ω・´)

2.F.R.C(BEPPU-BEPPU-:別府)
Vo:亮平 Gt:誠一 Ba:祐 Dr:達則
[バンド結成の経緯]
メンバー全員、大学時代のバンドサークルのOBです!
[どんなバンドか?]
BRAHMANのコピーします。
メンバー全員ふざけた奴ですが、演奏は真面目にします(^_^;)
[意気込み]
ちゃんと仕上げて本番にのぞみます!

3.LENSNOTE(すべって転んで=大分)
・なんとバンド結成から8年(実質活動期間約2年)。
現在第2期のLENSNOTE。
当初からメロコアを主体にオリジナルの楽曲を作り活動。
メンバー全員がビールをこよなく愛する3ピースバンド。
・意気込みは、、。
とにかく美味しいビールを飲むべく新曲ぶら下げて参戦します!

4.Niconico SHOP(豚骨ラーメン=福岡)
* ニコニコショップ2013 メンバー *
(Dr):青柳 義徳 →外車を乗りこなす自然ダイエットの天才。
(Gt/Vo):後藤 和樹 →ありとあらゆる楽器を使いこなす秀才。
(Ba/Vo):牧  哲幸 →ぽっちゃり系のラナココロが大好きな凡才。
AIR JAM世代のメロコアを中心にガンガンやっちゃいます!
ミンナで楽しく、日頃の疲れを笑顔に変えちゃいましょう☆★

◆僕らでしかできないLIVEをするつもりなので、
みんなでしか作れないHAPPYなヒトトキにしちゃおうー!
日頃のわだかまりも忘れて、
嫌いな友達も、苦手な友達も、ペットも幽霊も全部ひっ包めて音楽で繋がれっ♪
※、凡才→不器用、秀才→努力が上手、天才→バカボン

5.RIVERS(すべって転んで=やっぱり大分)
The Rivers ~リバース~
・Dr 裕太野田
幼少の頃からビリーバンバンに似ている父親に影響を受けドラムを叩き出す。
根っからのサラブレッドドラマーなのだ。
インテリジェンスな生活から抜け出そうと街の不良グループ(リバース)に入り和生と出会う。
・Ba サトル野田
ハイスクール在籍時、TRFのサムに憧れてランチタイムに体育館でダンスを踊っていたが女性にモテずドラマーに変更する。
一年前、更にモテるためにフロントでプレイしたいと精力的に活動している。
多分、行きつく所はボーカルだろう。(ただし、彼は音痴である。)(笑)
・G&Vo 和生田口
バンド内で1番紳士なナイスガイ!
幼少期に貧しい生活を送っていた彼は仲間と自然に覚えた言葉遊び(今で言うラップ)でリズムを身につける。
トランディスタRADIOから流れるニルバーナのサウンドに衝撃を受けムスタングを楽器屋から奪う。
彼は言う。
ギターソロってなんだい?そんなに目立つ事がしたいならブリーフでステージに立てばいいのさ!と語っていたのを思い出す。



2013/8/14(水)【ライブ】
ponta_1308

★《第一部》大分ドラマーズサミット2013
 SPゲスト:村上ポンタ秀一★

OPEN 13:30/START 14:00(16:30終了予定)
出演:村上ポンタ秀一氏
料金:前売り3000円/当日3500円

※第1部と第2部通しチケットがお得!
 前売7000円/当日7500円 (要1drink order)


問:HIGH TENSION RECORD097-560-0493
TEL:090-1363-3391 (担当直通:三浦)
Mail:info@hightensionrecord.info

ご存じ!“場数王”として名を馳せている
日本が誇るトップドラマー村上ポンタ秀一氏を迎えてドラムクリニックを開催!
様々な現場でプレイしてきた経験を活かした実践論をはじめ、演奏する際の心構えや高い音楽性を持つための精神論に至るまで、いちドラマーとしてだけではとらえきれないポンタさんならではのセミナーを展開。
当然本人の空気感あふれる斬新なプレイもご披露いたしますので乞うご期待!
めったにない機会ですのでお申込みはぜひお早めに!

村上ポンタ秀一氏
村上“ポンタ”秀一 (むらかみ“ぽんた”しゅういち) (Drums,Produce)
1951年1月1日生まれ 
1972年、フォーク・グループ“赤い鳥”に参加し、以降超一流ミュージシャンとセッションや、膨大な数のミュージシャンのスタジオ・レコーディング、ライヴに参加し、
レコーディングはゆうに14,000曲を越え場数王の異名をもつ。
現在も、サウンド・プロデューサーとしてさまざまなアーティストと新たな音作りを続ける一方、ドラムクリニック等を通じて後進の育成、指導にも積極的に力を注いでいる。
ドラマーとしてだけでは捉えきれない高い音楽性と幅広い活動を繰り広げる、日本を代表するトップ・アーティストである。
http://www.ponta.bz/

2013/8/14(水)【ライブ】
pbx_ph1308

★《第2部》“PONTA BOX meets 岡沢 章 ★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:岡沢 章(B) 柴田 敏孝(Pf・Key) 村上PONTA秀一(Dr)
OA: 中村慎吾 他
料金:前売5000円/当日 5500円(要1drinkorder)

※第1部と第2部通しチケットがお得!
 前売7000円/当日7500円 (要1drink order)


問:HIGH TENSION RECORD097-560-0493
TEL:090-1363-3391 (担当直通:三浦)
Mail:info@hightensionrecord.info

PONTA BOX
1993年、ドラマー村上“ポンタ”秀一のリーダー・グループとして結成、94年にアルバム・デビューを果たす。95年にメンバー・チェンジを行ないベースにバカボン鈴木、ピアノに佐山雅弘を迎える。またテレビ番組へ定期的に出演しB.B.キング、レイ・チャールズ、ドリームズ・カム・トゥルーなどと共演。また98年には吉田美奈子との企画アルバムを発表するなどリーダー村上のライフワークとしてフレキシブルな活動を続けている。
(2012/07/30更新) (音楽出版社)
http://www.jvcmusic.co.jp/-/Artist/A009877.html

村上ポンタ秀一 (Drums,Produce)
1951年1月1日生まれ 
1972年、フォーク・グループ“赤い鳥”に参加し、以降超一流ミュージシャンとセッションや、膨大な数のミュージシャンのスタジオ・レコーディング、ライヴに参加し、
レコーディングはゆうに14,000曲を越え場数王の異名をもつ。
現在も、サウンド・プロデューサーとしてさまざまなアーティストと新たな音作りを続ける一方、ドラムクリニック等を通じて後進の育成、指導にも積極的に力を注いでいる。
ドラマーとしてだけでは捉えきれない高い音楽性と幅広い活動を繰り広げる、日本を代表するトップ・アーティストである。
☆2012年発売の村上“ポンタ”秀一参加アルバム
・中牟礼貞則演奏活動60周年記念アルバム 
「WE LOVE MURE sun」 2012年3月発売
・種子田博邦 
「Please Ring The Bell」 2012年6月発売

岡沢 章 (Bass)
1951年3月23日生まれ
ベーシストとしてのデビューは1968年、17才の時グループサウンズ「M」から始まる。
18才で同グループ退団後、19才の頃より本格的にスタジオ・ミュージシャンの活動を開始する。
並行して「稲垣次郎&SOUL MEDIA」に参加、その後、松岡直也、渡辺貞夫等のグルー
プを経て、1979年から鈴木宏昌をリーダーとする「プレイヤーズ」に加入。
同時期に吉田美奈子と出会い以後2012年3月まで参加。
その他、1986年、1992年~1993年に於いて再び渡辺貞夫グループのメンバーとして、
アフリカ、ヨーロッパ、アメリカのコンサート・ツアーに参加する。
現在もレコーディングセッションやケイコ・リーのサポートを始め、
数々のアーティストやミュージシャンと共演するかたわら、
松木恒秀、野力奏一、渡嘉敷祐一と「WHAT IS HIP」を組み、定期的にライブ活動を行っている

柴田敏孝 (piano key)
1983年11月2日生まれ。
3歳から電子オルガンを弾き始め、5歳でピアノに転向。
小学校高学年の頃から父親とその仲間によるセッションにも加わるようになり、ブルースやジャズを体感する。
東京都内音楽大学付属高校に進学のため、単身上京し、在学中より演奏活動を開始。
自己のトリオで演奏している所をドラマーの村上”ポンタ”秀一に認められ、20歳で新メンバーで結成されたNEW PONTA BOXに参加し、アルバムリリース、ツアーを行う。
それと同時に彼の勧めでアーティスト名を「柴田敏弥」に変えて活動を開始した。
一方でジャズヴォーカリスト&フリューゲルホーン奏者のTOKUのレギュラーバンドや民謡歌手の伊藤多喜雄のバンドにも参加し活動の幅を広げる。
The Gospellersのメンバーである北山陽一のソロプロジェクトではバンドマスターを務める。
クラブミュージックシーンでは20歳の頃よりCalmのバンドで活動。
数枚のアルバムに参加し、現在もリリースツアーには毎年参加している。
NY在住ギタリスト西藤大信が毎年夏に行う全国ツアーでは、来日しているNYのミュージシャンに混じり演奏、好評を博している。
2010年夏、無期限の休業を宣言した大黒摩季の休業前のツアーに参加し、重要な役目を果たした。
さらに2010年12月にはジャズシンガーakikoの『The Best Release Tour』でバンドマスターを務める他、J-POPSのレコーディング、ライブサポート等、さまざまなジャンルやバンドで活動中。
2011年よりアーティスト名を本名の「柴田敏孝」に戻す事を決意し、現在に至る。
http://www2.ocn.ne.jp/~toshiya/



2013/8/17(土)【クラブ】
★アニメソングDJイベント in おおいた
 『ろけっと☆だいぶ vol.7』★

OPEN 16:30/START 17:00(till 25:00)
DJ:烏龍李/あひるきの子/Kazu→H@ck♂/前田慶次/おじょー/ド外道(別府アニメ魂)/GON(台風1991号)
VJ:前田慶次/烏龍李
料金:1500円

「可愛いだけじゃないのがろけっと☆だいぶの約束
 さぁ、無敵な優しさを集めに行こう!!!」


「皆様のご愛顧いただき、2周年目に突入したろけっと☆だいぶ」

アニメ・ゲーム・特撮・声優・ボーカロイド等の楽曲を幅広くお届けするイベント、それがろけっと☆だいぶ!最新のヒットソングから懐かしのあの曲、みんなで歌って踊れる曲から思わず涙するスローバラード、誰もが知っているヘビーローテ-ション曲から意外と知られていない隠れた名曲まで盛りだくさん!!老若男女問わず、オタクだけでなく非オタな方でも楽しんでいただける内容です♪

アニメソングが大音量で聴ける空間での楽しみ方は自由!歌う人、リズムに身を委ねる人、ゆっくりと耳を傾ける人など楽しみ方はそれぞれ!!いままで知らなかった名曲に出会うことだってできるかも!?コスプレイヤーの参加ももちろん大歓迎♪

夏はあっという間に過ぎていく。
ろけっと☆だいぶが忘れられない夏の思い出となるように。
さぁ、みんなで最高の夏にしよう。

http://rocketdivemember.blog.fc2.com/



2013/8/18(日)【ライブ】
★そろそろvol.7★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:ひろせほなみ/おじぎ草/munemasa yoshida/peppies
料金:1500円

ひろせほなみ
10年代の天然ガールズトリオ!レインコーツやESG、はたまたCSSなんかをゆるーく想わせながら、イマドキ・日本語ROCKをガッチリ表現してるこれから楽しみな注目のバンド「SYMG」のベーシスト
http://flavors.me/symgjp/
おじぎ草
1963年、大分市生まれ、自称アシッド・フォークシンガーソングライター小笠原洋の一人ユニット



2013/8/23(金)【OTHERS】
nrrj1307
★野良レンジャーよしもと住みますライブNEXT(仮)★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:野良レンジャー
料金:1000円

問:よしもとクリエイティブ・エージェンシー福岡支社 092-261-7870(平日10:00~18:00)
※チケットぴあ、ローソンチケットなどの情報は出次第改めてお知らせさせていただきます。
twitterでの取り置きも可 https://twitter.com/ynn47_oita

野良レンジャー
2008年結成。竹尾悠兵と首藤将太によるコンビ

ネタでの掛け合いは、一瞬ケンカと見間違えるほど息ピッタリ。
まるで音楽とクイズが一体化したようなネタで異才を放つ。スタイリッシュであるはずが、なぜかもっちゃりしてしまう竹尾に注目。
2011年4月より大分県住みます芸人として、大分に戻って日々活動中!大分を盛り上げます!
豊後高田昭和の町お笑い観光大使
竹田長湯温泉美肌スポネ大使
萬弘寺PR宣隊 かえんかレンジャー



2013/8/24(土)【ライブ】
★Friction★
OPEN 17:00
出演:world is yours/that no good fuck/fantastic planets/A-Z kitchen/BLA-ORA
DJ:dahye/kaho/Ogu/mari/とあるしんじん
MC:nissy/nanako
料金:1000円(要1drink order(500円))

問:mousetopalette@gmail.com

ジャンルにこだわらずさまざまなアーティストが所属するクリエイティブ集団「mouse to palette」が仕掛けるイベント

world is yours
大分で活動中のバンド
http://worldisyoursjp.blogspot.jp/
that no good fuck
2007年11月、それぞれのバンドの解散をきっかけに結成。
城崎のジョイフルに最強のエロ達が集った。
2009年某日、ギターが糞過ぎた為DAICHI-STINKYがギターボーカルへ転向。3ピースへ。
2010年某日、that no good fuck初となる無料配布音源を制作。
2011年秋、マンを自慰して新ギター「サンチェ・サトシ」加入。4ピースへ。
あとベース「ワッショイ♂」いつの間にか加入。
その前にベース「bitch-JUN」産休へ。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=that_no_good_fuck
ファンタスティックプラネッツ
物語の舞台は巨大なドラーグ族が小さなオム族を虫ケラのように扱う、とある惑星。ドラーグ族の悪ガキに母親を殺されたオム族の赤ちゃんが、ドラーグ族の少女ティバに拾われて彼女のペットとなり、テール(Terr、フランス語で「ものすごい」、もしくはTerre、「地球」の意)と名づけられて育てられる。
ある日、ペットとしての立場に疑問を抱いたテールは、自分に知識を与えてくれた巨大なヘッドセットを持ってティバの家から逃げ出す。
A-Z Kitchen
大分発ロックバンドA-Z Kitchenです
最近コミックバンドて言われました、否定はできません(´・ω・`)
http://artist.aremond.net/azkichi/



2013/8/25(日)【ライブ】
★6x9 six by nine vol.49★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:THE HIPPIES/遊びは文化/ULTRA HEAVENS/B.J/RAKUDA
料金:1500円(フライヤー提示の方1ドリンク付)

THE HIPPIES
Vo.大口 直人 Ba.タケミヤ ユウマ Gt.加藤 嵐士 Dr.Hara-Chang
http://thehippies.web.fc2.com/
ULTRA HEAVENS
大分県別府市、サイケデリックバンド
Vo.Gt.イシダ タケフミ Ba.ゴトウ ゲンキ Dr.セイケ トモヨシ Key. オノ タクム
http://www.audioleaf.com/ultraheavens/
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=ULTRA_HEAVENS
遊びは文化
大分・別府で活動中のサイケポップンチャイニーズバンド【遊びは文化】だニーハオ★
Gtにゃむひょう、Drマユ・チャン、Ba PETER。DIY精神で飛び出す!
遊文初めてのおつかいツアーNo1大分編(自称
http://nagarekawarecord.jimdo.com/
B.J
カスタムショップFreeWayにて、唯一無二のバイクを創り上げる事を生業としているB.Jとfondaを中心に数年前に結成。
そんなB.Jが奏でる音楽は、他のバンドが真似出来ない独特の世界観を持ち、ライブに来た人々の心に静かなる灯を放つ。
大分市のライブハウスを中心に、バンドスタイルとB.Jソロによるアコースティックスタイルでライブを行なっている。
http://www.geocities.jp/bj696bj/
RAKUDA
Gt.Vo. 藤原 祥吾 Ba. 山村 ソラ Dr. 朝倉 リンペイ
大分県を中心に活動しているスリーピースバンド
http://rakuda-xxx.jimdo.com/



チケットなど総合問い合わせ:AT HALL 097-535-2567 info@athall.com

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、右記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。

テーマ:大分県情報 - ジャンル:地域情報

時は弥生、そう三月。別れ、旅立ちの季節。
怒涛の卒業ライブの季節がやって来たのです。2013年3月、そのトップを切るのは大分大学の軽音楽サークルの一つ「Kon Spice」。

そのトップのトップでの登場は阿部真央をカバーする5人、フロントに女子二人、アコギ、キーボードを担当しつつ歌う。「ふりぃ」「I wanna see you」などを。

kons130310

続いてはチャットモンチーをカバーする4人。普段はドラムを担当することが多いメンバーだが、今回は違ったパートを担当しつつ、かわいらしく。みんな乙女、ドラマー男子だけど。


次いではギター二人でBIGMAMAをカバー。ボーカリストはいつも司会を務めることが多いメガネくんが担当。喉は鍛えられているか。日本語詞、英語詞の曲も。

kons2130310

続いては東京事変のカバーをムーディーに。キーボードもしっとりと響き、「能動的三分間」ではコーラスも響く。ドラマーは「パズ」ドラマー。


続いてはTHE BACK HORNのカバー、ボーカルは以前の部長、もちろん裸足
激しい演奏、熱い歌が響く。「冬のミルク」、季節は春だが、「さよならー」はズッパマリか。

kons3130310

その盛り上がり、あえて対抗するように弾き語りをぶつける二人。アコギとエレピ、フジファブの「若者の全て」、kiroroの「もう大丈夫」、深いリバーブで情感もたっぷり。勝負は吉と出る。


続いては卒業する4年生女子がボーカルでShakalabbitsを。「Monster Tree」など代表曲を元気よく。そう、今日はあなたたちが主役!

kons4130310

いよいよラス2、トリ前、演奏するのはFOUR GET ME A NOTS。本家と同じくトリオ、ただしフロントはポジションが男女逆、このメンツでの演奏は一年ぶりらしい。そしてそのまま男子がメインボーカルで。「All for you」などを。

kons5130310トリは4年生、今回のライブを企画した前々部長夏みかん(あ、まだこの頃、夏、ついてないや)がボーカルを務めてゴイステのナンバーを。
青春時代」「Baby Baby」、女の子でも「童貞ソーヤング」、そしてギター一本での弾き語りまで。万感込めて、叫ぶ、叫ぶ。

駆け抜けて性春、青春。まだまだ駆け抜けろ!

2013/3/10(日)昼



テーマ:J-POP - ジャンル:音楽

「gallo」「Zoo freaks」「far from ideal」のメンバーらにより企画されたライブ「K.H.Y. presents IKUDOUON」。その3バンドはもちろん、「DiverDown」「THE SHAM」の大分、別府組に加えて、山口からのゲスト「LILY」を迎え、6組が集まり開催された。

dd130309「DiverDown」、トリオ、ガレージオルタナ、メインストリーム、様々な"ロック音楽"のエッセンスを感じさせる曲を披露。ベーシストがメインボーカルの曲、「Video killed Radiostar」のカバー、ギタボChoroの新たな歌い方の試行もあり。あ、彼、WhoのTシャツ着てたからモッズもか?

zfr130309「Zoo freaks」、ギター二人、アンプからギラッとした音を生み出す、吐き出す。リフが刻まれ、鏝で空間を塗るように。ドッスンと鳴らされるドラム、ポイントに嵌る様に、太いベースの音もまた間に入っていくように。カオス、ラストに更にカオスに。

ffi130309一月末に自身たちの手で企画ライブを行った「far from ideal」。仲間たちに力を貸すように、今回のライブへも参加する。
トリオ、鳴らす音、青春の終わりみたいなものを感じるのはこちらの受け取り過ぎか。鳴らされるギターの音の肌あたり、それ故か、振り払うためか、色々なこと感じさせる。いずれにしろ真摯な姿勢は確かに伝わる。

lly130309山口からのゲスト「LILY」がここで登場。二人、ドラムとギタボ、ギターはギターアンプとベースアンプにも繋げて厚みをつける。そして歌にもボイスエフェクター。つぶやくように歌われる静かなパート、一転して手数の多いドラムに歪んだギターで激しく。童話のように、心休まるような、不気味なような。ジブリDVがなんかイメージが交錯。

shm130309続いては「The SHAM」。アトホールへはおよそ9ヶ月ぶり二度目の登場。トリオ、ギターとドラムは革ジャン、ベースは上半身裸、ズボンは黒、とにかく黒。ドラムはオールバック、もちろん黒髪。
とにかく疾走感あるロックンロールをフルスロットル、ノンストップでカッコつけて。咆哮。「土曜の夜だぜ騒ごうぜっ」

glo130309トリは言いだしっぺがいる「gallo」。言いだしっぺならちゃんとトリで締めてもらいましょう。
これまたトリオ、トリオ率高!4/6、と言っても彼らがこの編成でライブするのは最後。色々な要因、思い、も重なってか、熱がこもりつつも丁寧な演奏。繊細に積み重ねたものが爆発するポストなにか。その思いが十分に伝わったのかアンコールの声もかかった。


普通の人が、どうやって怪物英雄に変貌するか。

2013/3/9(土)

gallo http://gallololo.jugem.jp/
DiverDown http://71.xmbs.jp/DIVERDOWN/?guid=on
Lily http://zibkrszlily.web.fc2.com/index.html
The SHAM http://taifiz.wix.com/the-shamtop


テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

「Top Priority」モーリーの主催により開催されたライブ「Finding Home vol.1」
今回は県外北九州から東京などでもライブを行うエモーティブバンド「tenho」をゲストに迎え、一方で高校生の若手バンドなどもフックアップするイベントとなった。
出演バンドは6組。

まず登場したのは高校生主体の4人組「GUESS」。ピンボーカルは女の子、演るのはホルモン、9mm、ワンオクと最近の人気どころ三題。もちろん三題噺ってわけではないよ。男性Voのバンドばかりだが負けじとパワフルに歌い、叫ぶ。

fh130303
GUESS/Satoshi

こちらも若手、こちらはソロ弾き語り、satoshi。と言っても女の子。アコースティックギターを力強く鳴らし、歌声も負けないように力強く。そして曲の途中でカポを付け替え、調を変えるなどの小技も入れつつ。自作の曲、愛の歌、初めて自作した曲など披露。届かせるように。


続いて登場のトリオ「gallo」。主宰のモーリーとも親交も深い。そして彼ら自身も深く関わるライブも一週間後に控える中、登場。
繊細にアルペジオを連ねるギター、ダイナミックなリズム隊、ボーカルは微かなところから振り切れるような激情の叫びまで。
勇壮に鳴らすフロアタムに合わせてスタートする楽曲、ちょっとしたビートの冒険も。充実を感じる。

fh2130303
gallo/空

続いてはまたしてもソロ、、いわゆるひとつの山村ソラ、いつもスリーピースバンド「RAKUDA」でベースを持つ彼が、今日はアコギに持ち替え、力いっぱいストロークしガナる。
高校卒業の節目、ガンガンにブリーチした金髪、バンドを始めた頃から背中を追いかけてきた男への歌など、おセンチを振り払うように勢いよく。

tnh130303ゲストの「tenho」がトリ前に登場。ギター2本、ベース、ドラム、ボーカリストの前にはmicroKORG。セッティングが進められ、楽器の音出しの間から次第に期待が高まっていく。
静と動、意識された音が出だす、パッと景色が変わる。ダイナミック且つ締まった楽器隊の演奏、切り裂き、心に刺さるような叫び、ポストロック色強めのハードコア。全員の激しいアクションを通しても、その激情、メッセージが伝わってくるよう。

tp130303トリはもちろん「Top Priority」。ギター2本、ベーシストは女性、ドラム。ボーカリスト モーリー、マイクを肩に携えるようステージの中央に。
こちらも激しい演奏のスクリーモ、思いを伝えるように真摯に歌う。そしてMCでも集まった若いオーディエンスにリーダー然として呼びかける。
役割の違うギター、時折挟まれるドラマーのスクリーム、切り裂くように。とにかく熱く、熱く。


2013/3/3(日)

TOP PRIORITY http://x31.peps.jp/toppriority
tenho http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=ttetenho



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

Team"ROCK" presents 「mintdragon」 大分老舗のロック系クラブイベント。
この夏にまる15周年を迎える彼らの2013年一発目パーティ。ライドーンターイム!

スタート直後のゆる~い、ぬる~めな時間、Pixie Lott「All About Tonight」、ブリちゃんの「I Wanna Go」、Kat Deluna「Put It On」と女子縛り、て訳じゃないが、今、ビルボードR&B、金かかった音、てなサウンドが続く。
いいね、大バコ感、クラブっぽいよ。

人が集まってくるとよりミンドラぽさ出てくる?ロック感隠し切れない?て感じでThe Offspring「Hit That」、グリーンデイ「Know your Enemy」と勢いいいのが温度を上げてく。
かと思えば、さよポニなんかを入れ込んでくるのもニクイとこ。

md2130302その路線のあら「Back」、マッド、女王蜂、KEMURIと新しいとこ自分たちの好きなとこを織り交ぜてくタイスケ、DISK、Ke-gDJたち。


時計の針がてっぺんを指す頃、DJ NORIが一仕事終えてターンテーブル前にライドオーン!
疲れてるとこだと思うが、さすがはマラソンランナー、いつも通りの60年代、スカなんか主体のオールディーズ、スタンダードナンバーでガンガン押してく。


md130302「Sugar baby love」、スペシャルズ「Little Bitch」、ノーランズ、、、

ここからまた加速してBAWDIES、サカナクション、Rad、、、


ラウド BRAHMAN、HIPHOP ライムスター、モッズ Hipster Image、メインストリームロック マイケミ、、
ジャンルも年代も飛び越して。

最後はBack to Backみたいになって、「Sure Shot」ビースティーズ、weezerなんかで。
ずっと踊っていたい。15年越えてもずっとさ。

2013/3/2(土)

http://mintdragon-oita.blogspot.com/

テーマ:DJ/CLUB - ジャンル:音楽

大分大学の老舗軽音楽サークル「SOUND FAMILY」OBたちが集まり、久しぶりにその腕を見せるイベント「サウンドファミリーOBライブ」。昨年に続き行われ、もはや冬の風物詩となりつつあるのか。
毎回現役生たちも先輩をサポートするし、自分たちの腕も見せる。

トップで登場するのは「Almost freshman」。センターのギタボがこの前(2012年年末)卒業ライブを終えたばかりのほやほやOBの3年生、後は現役の一年生。まさにだいたい新人である。演奏するのはバンプ「車輪の唄」「ギルド」など。ガヤっぽい声援がOBに飛ぶ。

sfob130223
Almost freshman(左)

続いてもほやほやOBがセンター、両サイドベースとギターが女子、ドラムは前下がりボブだが男子である。残念ながら。演奏するのはFALL OUT BOY、「Thriller」「Dance Dance」などを。演奏はちゃんとしてるが、センター自ら言ってたがMCの方はOBになってもあんま成長なし。それも味!


続いてはほやほや含めたOB3人に学生生活6年で卒業で組んだ「龍骨」。OB率上がってまいりました。
演奏するのはDragon Ash。「東京生まれHIP HOP育ち」以前のハードコア時代の曲、そして人気曲「fantasista」なども。楽器隊の仕事人感がいい。

sfob2130223
龍骨/AB/CD

「AB/CD」、ご名答AC/DCのカバーだ。ボーカルは既に社会人。だってOBだもの。ちゃんとアンガス役はキャップに短パン、ベースは女の子なのでタンクトップ役は裸の大将に譲った。「Back in Black」「Highway to hell」、、、本家がリフでゴリゴリ押すかのように力技でノセる。


「乙龍」、ボーカル女子、これまたOB。メンバー5人、他は男子、派手な黒(何か矛盾)のなりでそろえる。全員、その女子の私物をどこかに付けてるというのも凄い。て言うかみんなよく入ったな。
「己龍」のカバー、確かに字のフォルムほぼ同じ、和風猟奇ビジュ「獄門」「化け猫」など、おどろおどろしくあでやかに。

sfob3130223
乙龍(左)

続いても2012年12月引退組主体の3人で、NIRVANAのカバーを。ベースは女子。
何かしら演奏したいな、と思い立ち、一年半前の定期ライブで演った時と同じメンツで集まって再演。「Breed」「Rape me」なんかを。言ってましたが確かに後者の叫びがデカイ音で部室に響くのもいかがなものかも知れません。


「社畜インフィニティ」、名前の通りDo as infinityのカバー。発音もなんとなく寄せていきましょう。名前の通りサラリーマン二人、ボーカルは当然女子。
名前はそれですが林檎さんの「茎 STEM」、音速ラインの「青春色」そしてもちろんD.A.I.「本日は晴天なり」も。安定感。

sfob4130223
社畜インフィニティ(左)

次いではいかつい連中がステージに揃う。そして社会人率も上がる。何と言ってもほぼ十年前の部長さんにも参加いただいているのだから。
そして現役でバンド活動を続けているメンバーも多いので演奏もバリバリに安定。さすがトリ前。
あ、演奏するのは「Arch Enemy」、女性Vo入る前の楽曲主体、「silver wing」などを、激しくしっかりと聴かせる。ボーカリストはMC饒舌ながらも格好も含めてコピー度高し。ヨハン・リーヴァで画像検索かけてみてください。

sfob5130223大トリは「ヨコヤマブレード」。なったばかりの新部長も含めて、メンバー全員がここ4代のサウンドファミリー部長。名前の通りKen Bnadのナンバーを矢継ぎ早に、スピーディーにツインボーカルで。「Last train Home」「Ten years from now」など6曲を。
サラリーマンとなった一番の古株、MCでよくしゃべる。荒波に揉まれてついたおっさん力頼もしい。
盛り上がる。盛り上げる。



だいたい 毎回 頭の中で叫んでる"合いたい"
こう言う機会は貴重、大切にしていきたいよね。

2013/2/23(土)



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

アトホールでは3回目のライブ、それからは3年以上が経った。
役者としての活動など、幅広い活動形態の幅を持つシンガーソングライターあがた森魚が久しぶりに大分に。

フロアには椅子が並べられ、落ち着いた空気。

gbh130217そしてステージにも椅子二つ。座って歌うわゲイボーイズ・ハーフ」ゲイ、言うても"芸短"の芸だけど。
大分県立芸術短期大学で1972~3年頃発生、ほとんど女子学生の中で数少ない男の集まりと云う事からその名に。ホントは4人組だからってことでハーフ
ギタボとベース、ギタボはうえやまとち、「クッキングパパ」の。
基本は高田渡のカバー、「ノッキン・オン・ヘブンズドア」に自分の詩で翻案したものなんかを。いい声、ハーモニー。一組目から早速のアンコールも。

agt130217ステージ真ん中に立てられたマイク、エレアコ用のケーブルがそこに引っ掛けられてる。
ハットにアコギを携えたあがた、まずはマイクに向かって語りだす。ケーブルにはまだ手を掛けない。
語り、ギターを抱え、そのままマイクからも外れ、客席の中に分け行っていく。そしてそこでそのまま歌いだす。あがたの作り出す劇場舞台の中に自然に、強引にでも巻き込まれていく。

agt2130217"歌は、一人のために歌う、ここにいるあなたのために歌う"全てはそこから。
巧みな話も盛り込みながら、近作のアルバムの曲を多めに。その曲を作った、歌う意味をより深く認識させるために。ノーマイクでの演奏なんかも織り交ぜて、目と耳を離させない。
後半、「赤色エレジー」などの代表曲で畳み掛けて、アンコールは「佐藤敬子先生は残酷な人ですけど」「大寒町」で。
構成がしっかりと練られたたった一人の"旅芸人"のレビューショー。
歳を重ねるほど人は自由になれるのかも?


心の中、ハットは少しあみだにかぶってる。

2013/2/17(日)

あがた森魚 http://www.agatamorio.com/



テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

バンド「Russy~en~Roulette」のメンバーによって企画されたライブイベント「PARTAKE IN THE PARTY」。2012年、二回行われてきたが、3回目の今回、残念ながら「FINAL~夢を描くよ~」となってしまった。

今回出演するのは4バンドプラスセッションバンドが一組。

pip130210トップはいきなりそのセッションバンドが出てくる。出演バンドからピックアップされたメンバーが当日初顔合わせでDIR EN GREYの「朔-saku-」「予感」などを、それとは感じさせずに披露して、場を温める。

jsc130210次いではアトホール初登場、「jessica」 from 福岡。ベーシストの派手な髪色を筆頭にゴージャスな4人、うち3人は大分凱旋のメンバーになる。
ゴリゴリで自己主張するリズム隊、クールな感じでソロを決めるギタリスト、ボーカリストはどことなくダンディに。GLAYの「VERB」のカバー、後はオリジナルで魅せる。

betz130210次いでは「PARTAKE IN THE PARTY」一回目以来の「BETZ」ギター2本、ボーカル、ギター、ドラムが女子。なかなか華やか。そしてボーカリストはその華やかさに合わせるかのように、"振り付け"って言う言葉が似合う感じでダンスしながら華麗に。
スキャンダル「少女S」、陰陽座?の「月に叢雲花に風」、そしてオリジナルもプレイ。

dd130210「DiverDown」、トリオ。男っぽく、様々な洋楽のエッセンスを感じさせるオリジナル曲、激しいもの、ゆっくりのナンバー演奏していく。
そしてコーラスで楽曲にいい色を付けていたドラマー、メインボーカルの曲も。朴訥な歌い方に合わないよな"お前が嫌いだ"ナンバーを。

rer130210トリはもちろん「Russy~en~Roulette」。キーボードも含めた5人、ステージに立つ。首謀者のギタリスト、フロントのボーカリスト、観に来てくれた人を煽りつつ、華々しくステージを進めていく。
敬愛するラルクの「いばらの涙」「GOOD LUCK MY WAY」「My Heart Draws a Dream」、、続けていく。そして今回もオリジナル。アンコールまで突っ走った。


とりあえずお疲れ様でした。また走り出そう。

2012/2/10(日)


テーマ:J-POP - ジャンル:音楽

二人ユニット「sakanafish」主催によるイベント「night fishing vol.2」。第一回よりおよそ9ヵ月後。そして二人ユニットとして最後。

今回は敬愛する福島県出身の1MC狐火を迎えてのイベント。
出演するアーティスト、転換時の音楽まで、自分の好きなもので埋めていく。

mw130209まず出演するのは福岡在住のシンガーソングライター ミワサチコ
ステージ中央、今回はアコースティックギター、足を組み爪弾く。高く澄んだ声、コードの不思議な響き。まっすぐに見据え、ホールに響き、支配する。自身のソロでの曲、自らのバンド「Danro」の曲、今回はChairlift「I Belong In Your Arms」のカバーも。


sknf130209主催者「sakanafish」、イベントの真ん中に。ドラムとギタボ、共に座る、ステージ左右に。
アコースティックギターをアンプに繋ぎ、鳴らす。まだ冬、夏の歌、寂しさが胸に刺さるよに。ドラマー、ステージに上がるのはラストかも? ドラム叩きながら、歌もシンセも。いい声。気持ちよい持続音、上手く溶けていく。
僕はひとり。

ktnb130209狐火、女性DJを伴って、あとはマイクひとつ。ニットキャップ被り、持ち時間もたっぷり。
トラックに合わせて、限りない私小説に近いリリック。同じ日、卍LINEのライブがある、この地、この夜。自身のこと、自史などをMCでも語りつつ、曲を、メッセージを、伝えるようする。"僕に5分間だけ時間をください"、そこから大型フェスまで持っていった。
"お涙ちょーだい"とも言われた、それでも切実に伝えようと。
代表曲とも言える"リアル"シリーズ、新しい題材のラップ。
そして最後に"5分間だけ時間をください"が意味を持ってくる。


どういう形で風穴を開けていくか。どうもがいていくか。

2013/2/9(土)

http://kitunebi.jimdo.com/
ミワサチコ http://miwa0123.cocolog-nifty.com/nikki/
sakanafish http://www.sakanafish.net/



テーマ: DJ/CLUB - ジャンル:音楽

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー