大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スイスで毎年開催されているローザンヌ・アンダーグラウンド・フィルム&ミュージック・フェスティバルの運営メンバーでもあるサウンド・アーティストNikola Mounoud「... 」名義で創作活動を行う彼、「耳鳴り/日本ツアー2013」と題して大分へ。

pps130524peppiesは別府のソロのノイズアーティスト。ステージ上、一畳以上の広さにエフェクターを大量に並べ、繋いだギター、ベースを鳴らす。逆回転、ループ、リバーブ、、、とにかく色々かける。スイッチを叩き、音を変えてく。ブツブツ、ピー、前に鳴らしてたものが凄い後になって出て来たり。ぐるぐる。

msr130524DJみしろ、美術家として、インスタレーションを発表したりしてるが、今回はPCDJを使ってのミュージックコンクレート的なものをライブで。
水戸黄門、いやナショナル劇場?と言って方が良いジングルをズタズタに、切り刻んで、繰り返して、差し替えたり。伊福部とかドラびでおみたいだったり。

nm130524Nikola Mounoud、「...」。着てるTシャツの背中は"ANTI RACISM NO BORDER NO NATION FUCK FASCISM"の文字。インドネシアスラバヤのグラインドコア・バンドのもの。墨いっぱい入ってて、ピアスもいっぱいだがメガネでまじめでもありそう。
客席の中にテーブル置いてそこにPC。向かい合うようにJC、そこで完結。ブツブツとシャーシャー、ハーシュとグリッチ合い間系。
音は荒いがナイスガイ(真っ暗で見えないが)。
http://ooo.merj.ch/


2013/5/24(金)


スポンサーサイト

テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

「アトスケッチvol.7」、ソロ、アコースティック楽器を主に使った楽曲を披露するアーティストたちが集まる。

ymd130518まず登場するのは山田学。バンドではないソロでの出演する時はおなじみの姿、赤パン、パンイチでステージへ。もちろん今回も相棒カブさん(ぬいぐるみ)と一緒。
アコギでの弾き語り、オリジナル、ムンズのカバー、そしてカブさんとの寸劇フリップ芸で、"タイトル"にもしたかったパンチラインが飛び出す。新曲でも笑いと哀愁をまとって。

hrs130518ガールズバンド「SYMG」ではベーシスト、アコギでの弾き語りでの活動も増えたひろせほなみ。一曲目から尋常じゃない感情移入力で、泣き芸と言ってもよいぐらいに感情を込めて歌を。「rensei」、「materu」などオリジナルだけではなく、カバーでChara、清竜人の「マドモアゼル」なども。丸出し女子撒き散らし。

ojg130518おじぎ草、「ゆらゆらチンドン隊」などにも参加するアラフィフ、一曲目CDで流されるサニーデイ「恋は桃色」に合わせ踊りながらステージへ、当て振りだけじゃなく歌も。スパッツ越しの細い体。
椅子に座ってギターを持っても一筋縄ではいかない、そのSYMGの「スーパーのあいつ」を換骨奪胎した「SNSのあいつ」でまた度肝を抜く。オリジナル、「サントワマミー」なども。

kob130518と言う飛び道具祭と言ってもいい流れの中、最後を締めるのはこうべぇ。正統派が割を食いそうな流れの中、しっかりと足跡を残すのは経験と実力の裏づけがあって。
弦右張りの左利き弾きでどこかいつもの響きと違って聞こえる、そしてコード使いも上手い。前向きでファンタジー、それゆえに一周回ってアシッドにも聞こえたり。
http://tosp.co.jp/i.asp?I=koubee


「愛される努力はしたくないけど誰か愛してくれないかな」

2013/5/18(土)



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

ソロ、巡礼、ワークショップ、様々な形でアトホールを訪れている打楽器奏者ASA-CHANG、沖祐市とのバンド「sembello」などで活躍するSAX奏者田中邦和
坂本龍一ナビゲートのNHKの音楽教養番組「スコラ」でも話題になった二人のデュオがアトホールで。

asz130516シンバル、wave drumにサンプラーに小物類、タブラボンゴはマイクとベースアンプにより低音が更に増幅され、音がドゥーンとなる。ガジェットシンセなどもテーブルに並ぶ。

tnk130516田中はバリトンを主体としたサックスフルート、つっても音の出し方は、普通の出し方だけとは思わない方がいい。循環奏法、キーを叩く音、リードだけを鳥笛のように使ったり。
各々、出方を見ながら、合わせたり、合わせなかったりで自由に組み立ててゆく。

二人のステージは前半、後半の二部制。

yy130516その間で演奏を行うのは大分の打楽器チームと言うことで「YAYU大分」。女性だけのチーム「BEN☆KAN」と男性だけのチーム「アンタトロンディア」、二つのジャンベチームの選抜チームからによる。
「誕生」「聖人」などについて作られた曲、ちゃんとその持つ意味を説明しての演奏が。

astn130516二部、基本即興は変わらず、お互いの手持ちの技を様々に駆使して自由に色々な形を作る。
サンバみたいになったり、中近東風のフレーズが飛び出したり、J-POPみたいな面が顔を見せたり。
リラックスした、クロノスとカイロスの話なんかもしてみたり。ホールにあったおもちゃのパーカッションも大活躍。

吹いて吹かれて、叩いて叩かれ。

2013/5/16(木)

ASA-CHANG http://www.asa-chang.com/
田中邦和 http://www.kuni-kuni.net/
アンタトロンディア http://antoro.info/
BEN☆KAN http://africa.junglekouen.com/

2013/5/16(水)



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

※チケットなどのお問い合わせは アトホール まで。横のカラムの ABOUT/MAP (1) のカテゴリーをクリック


2013/11/1(金)【OTHERS】
nrrj1307
★野良レンジャーよしもと住みますライブ★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:野良レンジャー 他
料金:1000円

問:よしもとクリエイティブ・エージェンシー福岡支社 092-261-7870(平日10:00~18:00)
twitterでの取り置きも可 https://twitter.com/ynn47_oita

野良レンジャー
2008年結成。竹尾悠兵と首藤将太によるコンビ

ネタでの掛け合いは、一瞬ケンカと見間違えるほど息ピッタリ。
まるで音楽とクイズが一体化したようなネタで異才を放つ。スタイリッシュであるはずが、なぜかもっちゃりしてしまう竹尾に注目。
2011年4月より大分県住みます芸人として、大分に戻って日々活動中!大分を盛り上げます!
豊後高田昭和の町お笑い観光大使
竹田長湯温泉美肌スポネ大使
萬弘寺PR宣隊 かえんかレンジャー



2013/11/2(土)、3(日)【パフォーマンス】
大分舞台芸術フェスティバル2013
 Drama Art Unit Beauty-pool 第二回公演『明朗、暮らしゆく』★
2日(土) 開演20:00
3日(日) 開演14:00/18:00 (開場はすべて30分前)
作・演出・出演:上田奈津美
ドラマドクター:福田修志(F's Company)
料金:前売1200円/当日1500円

企画・制作:parfounir ruxu
問:0974-24-3332(くばる)

問:大分舞台芸術フェスティバル実行委員会
090-7295-7500(西村) oita.butai.fes@gmail.com
http://butai2008.blog94.fc2.com/

昨年の大分舞台芸術フェスティバルで旗揚げ公演を行った「Drama Art Unit Beauty-pool」の2回目の公演は代表 上田奈津美 による一人芝居。
そして今回は長崎のF's Company代表福田修志をドラマドクターに迎えての作品作り。
それはどのように作り上げられたのか。
http://beautypool.blog.fc2.com

※毎回上演後、ドラマドクターを迎えてのアフタートークあり。

F's Company
1997年4月結成。「今の長崎」を捉え、そこに生きる人々を描き出す作品を作り続ける。
長崎市を拠点に活動を続け、2005年に佐世保、北九州で上演し、活動範囲を広げる。
2007年には東京国際芸術祭の「リージョナル・シアター」に参加、2008年に第2回福岡演劇フェスティバル、そして2009年には代表作『マチクイの詩』でアゴラ劇場「夏のサミット」に参加し、初の東京公演を果たし、以後、九州内外で作品を上演し続けている。
また、短編オムニバス公演や、劇団内ユニットの公演を定期的に行うなど、演劇に触れやすい環境作りにも取り組み、学校や地域での演劇ワークショップも積極的に行っている。
http://www.fs-company.com/



2013/11/4(月・祝)【ライブ】
★ファッション団体Mode1stイベント 「夢十夜~第一夜~」★
OPEN 13:30/START 14:00
出演:タクト/トム/Risa@toxic Lilis
料金:500円

ファッション団体Modeの主催する初イベント。
LIVE DANCE DJ GAME SNAP…etc.



2013/11/5(火)【ライブ】
★anju presents PARAISO #6 Tour de 九州★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:原田仁(Hearts&Minds/東京)/直江実樹(radio/東京)/MUSQIS(東京)/かっぱ(福岡)/yue+前田タイクソン+吉田主税
料金:前売1500円/当日2000円(要1drik order)

原田仁(Hearts&Minds)
1990年代中頃より宗修司とのBAZOOKA JOE、勝井祐二のKICKSなどで活動を開始。 数々のセッションや海外ツアーを経験、吉田達也率いる高円寺百景では長年に渡りギタリストを務める。
1990年代後期ROVO結成。三度に渡るワールドツアーを敢行。八枚のアルバム、数枚に及ぶライブアルバム、DVDをリリース。
2004年よりディジュリドゥプレイヤーとしてアメリカソロツアーを開始。2013年からはHearts&Minds名義でボイスを中心としたソロ活動を展開。現在に至る。
http://jindestroy.web.fc2.com/

MUSQIS(band)
マルチ奏者、野口英律を中心とした音楽及びそれらに関わる集団、コミュニティーである。
読み方はムスキス、マスキス等。
基本的に6人編成でのライヴが多いためMUSQIS SEXTETと表記される事が多い。
演奏内容でも名前が変り、即興演奏の場合は MUSQIS umpoverito 等
その性質からサポート、ゲスト等を迎える事が多く、その編成は極めて流動的である。
意識の高い皆の善意で成り立っている。
http://sadtreelab.wix.com/musqis

直江実樹(radio)
2000年から短波ラジオSONY CF-5950によるライブ活動を開始。
2006年以降、ソロをメインに、この3年で300本以上の演奏をインプロ、ノイズソロ、ダンサーとの共演、弾き語りとの演奏、ラテン音楽、電子音企画などなど、ジャンルレスにこなしている。
インダストリアルフォークユニットのガリノイズ、ギターのkawolとの即興ユニット「MIKIKAWOL」に在籍。ダブバンド「緑のエース」に参加の他、不定期ユニット多数。
リーダーユニットとしてラジオ集団「チューニングブラザーズ」を主宰。
居住地横浜をメインに自主企画を展開中。
http://blog.goo.ne.jp/mikinaoe42_12

かっぱ
福岡のノイジシャン
http://www.kappa.nu/k_intro.html

yue
アブストラクト。ターンテーブル+サインウェーブ、そして色々。竹田在住。
吉田主税
楽器やったり、PAやったりしながらマイペースにやってます。以下、プロフィールです。福岡県 市みやま市在住。音楽家、PA。
https://myspace.com/ayauta



2013/11/8(金)【ライブ】
★you me & us JAPAN TOUR 2013★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:you me & us(U.K./デヴィッド・アレン、クリス・カトラー、ユミ・ハラ)
料金:前売4000円/当日4500円/学生2500円

ymus1311

you me & us
2013年ロンドンにて結成。元ソフト・マシーン、現ゴングのデヴィッド・アレン(Vo/Gu)、元ヘンリー・カウ、現アルトー・ビーツのクリス・カトラー(Dr)、元HUMI(ヒュー・ホッパー&ユミ)、現アルトー・ビーツのユミ・ハラ(Key/Vo)による「夢なんどす」なスーパートリオであり、ブレインヴィル3(アレン、カトラー、ホッパー)の後継バンドである。ソフト・マシーン、ゴング、ロバート・ワイアットの曲などデヴィッド・アレンのオールタイム・フェイヴァリッツを自由な解釈で演奏し、かつまたデヴィッド・アレンのポエトリー・リーディングのバックでクリス&ユミが複雑なクロスリズム、ポリリズムを用いた即興演奏を行う。

デヴィッド・アレンはいわずと知れたオーストラリア出身のミュージシャン、詩人、イラストレーター。ソフト・マシーンの創立メンバーにしてゴングの中心人物。彼がカンタベリーの地に立ったことからカンタベリー・ミュージック・シーンが始まった。グリサンド・ギターの第一人者。
http://daevidallen.net/

クリス・カトラーは英国の演奏家、理論家、そして先鋭的な音楽やサウンドアートを紹介してきたレコメンデッド・レーベル (ReR Megacorp) の主宰者である。70年代にHenry Cowのドラマーとして、独創的なアプローチで知られるようになった。通常のドラムスティック以外のものを用いて叩くのみならずミュートすることによっても創り出される独特な音色、そして音の強弱の徹底的なコントロールと極端なシンコペーションやリズムのバリエーションによる緊張感、それらを生み出す優雅な動き…彼のドラミングは必見である。
http://www.ccutler.com/ccutler/

ユミ・ハラYumi Hara (Key/Vo)はロンドン在住の日本人ミュージシャン。ピアノサーカスなどに曲を提供する現代音楽作曲家であるとともに、2008年のヒュー・ホッパーとのデュオCDで即興演奏でも知られるようになる。その後元ヘンリー・カウのクリス・カトラー、ジョン・グリーヴス、ジェフ・リーと「アルトー・ビーツ」を結成、2011年には吉田達也をゲストに迎えてソロアルバム「ステートメント・ヒールズ」をリリース。イースト ロンドン大学音楽学科長。元精神科医という異色の経歴を持つ。
http://yumihara.exblog.jp/



2013/11/9(土)【ライブ】
★SAYOUTEN×S.A.G presents VECTOR vol.2★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:THE LUNARIANS/SAYOUTEN×S.A.G/peppies/おどけもの(宮崎)/メタジュン(宮崎)
VJ:宗秀臣(terror city tagawa)
料金:1000円(要1drik order)

THE LUNARIANS
大分県別府市在住のフェイクロックバンド)
Ueno ryosuke(Vo&Gu) Ishida Takefumi(Gu&Sax) Takunu Ono(Organ&Piano)
Sato Masahiko(Ba) Goto Genki(Cello) Hayashi Yusuke(Dr)
http://lunariansbeppu.wix.com/the-lunarians

SAYOUTEN
「ムーディー…ダークサイケ」
http://www.myspace.com/sayouten
S.A.G. - spaceship airguitars
エレクトロニカ・ノイズミュージック
https://soundcloud.com/s-airguitars083-1

おどけもの
まくら(ドラム・うた)と スケサク(ギター・うた)による、宮崎のバンド。
『ミラクルドーナツ』というイベントを宮崎でやっています。奇跡のドーナツという意味です。
ライブは気軽に誘ってください。
http://odoke-mono.blogspot.jp/

terror city tagawa
「田川からおもしろいことを!」ヒラオカテツユキ、宋 秀臣、岩永ハナエ、中野恵輔が中心となって主催するイベントでありグループ名。

メタジュン
感じろ!
http://ameblo.jp/tyuwarai/



2013/11/10(日)【ライブ】
★THE HIPPIES企画「HAPPY TRIP CIRCUS」★
OPEN 18:00/START 18:30
出演:The Folkees(福岡)/RAKUDA/stranger than paradise/DIVER DOWN/ドラネコ/THE HIPPIES
料金:前売1000円/当日1500円(要1drik order)

The Folkees
スンジン(Gu)、カミムラコウタ(Dr)、糸永直幸(Vo)、マエソン(Ba)
5年程前、The Folkeesの前身となるバンドNewClearFamilyを結成。
地道なライブ活動や、2010年の閃光ライオットのファイナルに出場するなど、大会を通じて着々と知名度を上げていったものの、2012年2月29日、衝撃の解散宣言。
同日、スンジンがギターに転向し、マエソンをベースに加えて、新たな野望を胸にThe Folkeesを結成。
2012年秋には、愛知工業大学、香蘭女子短期大学、福岡教育大学の文化祭に出演!
さらに、APU(立命館アジア太平洋大学)のBeach House Projectに出演!!
2013年3月には、1stミニアルバム「folkee songs」発売!
2013年8月、3枚目となる音源「For Your White Night」発売!!
http://thefolkees.com/

RAKUDA
Gt.Vo. 藤原 祥吾 Ba. 山村 ソラ Dr. 朝倉 リンペイ
大分県を中心に活動しているスリーピースバンド
http://rakuda-xxx.jimdo.com/
THE HIPPIES
Vo.大口 直人 Ba.タケミヤ ユウマ Gt.加藤 嵐士 Dr.Hara-Chang
http://thehippies.web.fc2.com/



2013/11/16(土)【ライブ】
★Orbit Stern JAPAN TOUR 2013★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:Orbit Stern(デンマーク/スウェーデン)/ネネカート/gallo
料金:前売2000円/当日2500円

Orbit Stern
Orbit Sternはデンマーク&スウェーデン人によるインプロヴィゼーションとインストポップデュオ。
インプロヴィゼーション、ジャズ、Jean Michel Jarre、Ry Cooder、Daft Punkに影響を受けている。
ギターのSamuel Hallkvistはアルバムを4枚リリースしておりOppositeとTelevision Pickupのメンバーでもある。またTony Levin、Phil Manzanera、Guy Pratt、Pat Mastelottoと共に Ildurs Baneの一員でもある。 MastelottoとのデュオアルバムSam & Patは、2010年 Jazz In Sweden賞をCaprice RecordsとConcerts Swedenから贈られた。
ドラムのFrederik HauchはヴォーカルのBudamとの共演が多く、またLost Heroes of the Cutting Room Floor、The Yes Wave、August and the Red Apple、Southern Gothic Talesのメンバーでもある。そして、デンマークの Yoyooyoy、Frisk Frugt、千住宗臣との共演もよく知られる。
http://www.orbitstern.com/

ネネカート
オルタナ・オルタナカントリー
"スティーリー・ダン"は合衆国南部を旅をする。
大分を基盤に、福岡、熊本へと足を広げる。
gallo
おおいたで活動中の4人組のばんどです。
http://gallololoita.tumblr.com/



2013/11/17(日)【パフォーマンス】
大分舞台芸術フェスティバル2013
 『ラブグッドウィル映画祭』★
開演 15:00/19:00 (開場は30分前)
出演:映像創作ユニット バイカーズ/フジQシネマ
料金:前売1200円/当日1500円

問:大分舞台芸術フェスティバル実行委員会
090-7295-7500(西村) oita.butai.fes@gmail.com
http://butai2008.blog94.fc2.com/

「ラブグッドウィル映画祭」とは!?
数年前まで大分で演劇をやっていたルースィー・ラブグッドウィルが主催する映画祭である!!
上演作品は二つの制作団体がそれぞれ一作品ずつを上演する、すなわち二作品。
一つは草場尚也率いる「フジQシネマ」。大分で映像作品を作る大学生!
うぃー!
もう一つは私ルースィー・ラブグッドウィル率いるバイカーズ! 北九州で映画を作るために結成された社会に抗う26歳!!! もうすぐ27歳!!の集まり!!ひゃーい\(^o^)/

[カイダン]
最愛の人を事故で失いぬぐいきれない思い出に囚われて無気力に生きる男。あるとき死者をこの世に呼び戻す場所があると聞き、男は彼女を蘇らせることを決意する。神話ヨモツヒラサカより着想を得たホラーチック作品。


フジQシネマ
大分大学内の映画サークル。
映画好きの仲間と和気あいあいと活動。年に一度ショートフィルムを制作。
今回「嫌われたくないから、我慢する。」を制作。

「愛の夢とか」
音大生のみゆきは彼氏に依存している。山下はそんな彼女に飽き飽きする一方後輩の千佳子にひそかに思いを寄せる。
ある時山下は教授が千佳子にセクハラしているところを目撃する。
リストの「愛の夢」にのせて物語は進む。



2013/11/22(金)【ライブ】
★AT-rated vol.1★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:THE SKA-PHONICS/チャーリービーンズ(福岡)/Marcos
料金:1500円

THE SKA-PHONICS
2002年12月、九州が誇るスカイベント「ジャマイカ村」のオーガナイザー・永竿(As/Vo)を中心に大分県内各地からスカ好きを根こそぎ集め、ステージに上がりきれないほど(!)多数のメンバーにて大分で誕生、翌年5月に初ライブを行い、以降幾多のメンバーチェンジを経験しながら現在に至る。
SKAを最も愛しつつも、SKAの枠には収まりきれないキャッチーかつハッピーなサウンドを主体とし、当初はジャマイカ村や大分各所でのライブが中心であったが、「DOWN BEAT RULER in FUKUOKA」「BIG SHOT」等の出演を経て、徐々にその活動範囲を広げている。
http://www.ska-phonics.com/

チャーリービーンズ
福岡を中心に九州各県で活動を展開中!
Funky!!&Soulful!!「笑顔で涙が出るLive」がテーマの人間味溢れるエンターテイメントライブバンド!!
熱い!とにかく熱く スパイスの効いた演奏とクロい歌声に要注目!
new mini album『Wake up』が完成!!!
http://charliebeans.syncl.jp/

Marcos
ギターをはじめ各種楽器類に触れて育つ。
学生時代からバンド活動を開始、コンテスト優勝、オーディション合格など、多数。 ギター講師を勤めていた20代前半よりブラジル音楽に傾倒、サンバチームにて本格的に各種ブラジル楽器を学ぶ。
2008年、パレードプロデューサー、音楽監修、打楽器隊監督として参加したUnidos da Hakata Verde e Amareloがブラジルのサンパウロ新聞に紹介される。
現在はソロでのサンバ弾き語り及び、サンバパーカッション奏者として活動する傍ら、併行してサンバを主軸に捉えた各種の音楽活動を行っている。
http://marcos.junglekouen.com/



2013/11/23(土・祝)【パフォーマンス】
大分舞台芸術フェスティバル2013
 ゼットカメラ・ジャパンpresents
 「タイトルに俺の名前使うのもうやめてくれんかなぁ?2013」★

開演 15:00/20:00 (開場は30分前)
出演:ゼットカメラ・ジャパン
料金:前売1200円/当日1500円

問:大分舞台芸術フェスティバル実行委員会
090-7295-7500(西村) oita.butai.fes@gmail.com
http://butai2008.blog94.fc2.com/

アートユニット「ゼットカメラジャパン」が、数年前から素材として温め続けている"噂のアイツ"を一年ぶりにリプロデュース。
三代広人、大倉ユウキ、そして今や現代音楽作家として大友良英、坂本龍一とコラボする時の人・山中カメラが、アイツよりしろにしてどんな世界を描くのか?
What the World is Waiting For?

山中カメラ
1978年山口県生まれ。特殊写真家・パフォーマー。村上隆のGEISAI6にて「銀賞」受賞(2004)。とうじ魔とうじ主宰「フロント」所属。
自作の写真、映像、歌が融合した独特の「カメラショー」をライブ形式で展開。撮影行為自体をパフォーマンス作品とした「一人合唱」でNHKデジタルスタジアム、デジタルアートフェスティバル東京(2007)出演。またカメラを使って握る「カメラ寿司」などのパフォーマンス。自作の写真装置「オッパイカメラシステム~恥部写」を使った撮影パフォーマンス。
また、取手アートプロジェクト(2006)では、オンド・マルトノを使った「マルトノ音頭」作曲、振り付け。韓国ソクスアートプロジェクト(2008)では韓国に一ヶ月レジデンスをしながら韓国版盆踊り「BonDance ~ SEOKUSU SUWOLLE ~」を制作。ソウル国楽教育研究所とコラボレーションし、韓国で盆踊り大会を開催。現地の方々、各国のアーティストたちと音頭を踊ったり、オリジナル提灯も制作するなど、「現代音頭作曲家」として、活動の範囲は多岐に渡る。
三代広人
別府混浴温泉世界、わくわく混浴アパートメントなどで、美術、音楽、インスタレーションなどジャンルを問わない活動を繰り広げる美術家
http://d.hatena.ne.jp/hiroto-m/
大倉ユウキ(酪農家/アーティスト)
家族で酪農業を営み、愛情を込めて牛を育ている。傍らアーティストとしても活動。「脳内放出計画2007」と題し初の個展を開催。独特の世界観を持っている。



2013/11/24(日)【ライブ】
★AT HALL pre 9th anniversary★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:こどものあそび/ショウノリョウ/hugh/小川さくら
料金:1500円

こどものあそび
大分県内で活動中
ガールズバンド?こどものあそびです
Gt/Vo.ちなみ Ba.かな Dr.さき
http://kodomono-asobi.jimdo.com/
ショウノリョウ from sportsman
"ゆるり"とした空気の中で"するり"と軽やかに言葉を綴る。
トリオと言う最小編成から生み出される無限の柔らかい宇宙
http://www.myspace.com/sportsman313
hugh
サイケデリックフォークシンガー。クラシカルマナーなフィンガリングから繰り出される幻想的なアルペジオとウイスパーボイスが作り出す夢見がちな世界
小川さくら
2013年夏までサンブルゥズという名の女バンドをやっておりました。しぶとくまだうたっています。



2013/11/27(水)のばなし その18【OTHERS】※情報追加
START 20:30
出演:かずまりっち~(トレロカモミロ)/超人発電所
客人:二宮あや子
料金:1000円(人数限定あり)(おにぎり・1drink付)

問:アトホール/トレロカモミロ camomillo.net@gmail.com

劇団トレロカモミロ主宰のkazumaritchieらによる2時間ノンストップ&ノンカテゴライズトークショー
超人発電所
基本超人、時々おしゃべり、時々代表。
ポロシャツ、ハト胸、ツーブロック。
バンドマン、役者、今度は何だ。成りたいものは人気者!!!

二宮あや子
多文化主義的な新たなグループ「二宮あや子とマルチカルチュラリズム」も始動。



2013/11/29(金)【ライブ】
RAINBOWMAN PROJECT presents
 「LOST KLAXON」 Droog vs the twenties★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:Droog(東京)/the twenties(東京)
料金:2500円(要1drink order)

チケット予約などは RAINBOWMAN PROJECT まで。

1311drg
Droog
カタヤマヒロキ,荒金祐太朗,多田拓斗,右田智弘
平均年齢21歳、大分県別府市出身。
メンバー全員幼稚園からの幼なじみで結成。
バンド名の由来は映画「時計じかけのオレンジ」に登場する「不良仲間たち」の呼び名から命名。
Vo.カタヤマの文学的な詞の世界感、4人が叩き出すワイルドなロックサウンドと無駄をそぎ落としたライブパフォーマンスで注目される。

2010年2月10日、1st Mini Album『Droog』をリリース。
メジャーデビュー前のバンドとしては異例の「ROCK IN JAPAN FESTIVAL」「SUMMER SONIC」「ROCKS TOKYO」「PUNK SPRING」等、数々の大型フェスに出演し話題に。
10月6日、2nd Mini Album『Violence』をリリース。
12月18日、初の東京ワンマンライブを新宿red clothで開催。

2011年8月3日、『LOVE SONGS』でメジャーデビュー。
8月19日からは地元別府を皮切りに『Droog GIG TOUR 2011 ALL THE YOUNG PUNKS』を全国30ヶ所で開催。
ツアーファイナルは代官山UNIT。

2012年5月23日、待望の1st Full Album『End of teenage』をリリース。
全国22ヶ所のリリースツアー『Droog GIG TOUR 2012 End of teenage』を開催。ツアーファイナルは新宿LOFT。
8月には北海道の大型フェス「JOIN ALIVE 2012」に出演。
11月から『Droog 2MAN TOUR ALL JAPAN ROCK HORROR SHOW』を東京・名古屋・大阪・福岡・別府で開催、各地で熱い対バンを繰り広げる。

2013年5月15日、1年ぶりとなる2nd Full Alubum『ぶっとびぱなし』をリリース。最高に"ぶっとんだ"アルバムが完成。
アルバムを引っさげ全国ツアー『Droog やけっぱちTOUR 2013』を全国20ヶ所で開催。
ツアーファイナルを7月20日・渋谷CHELSEA HOTELにて締めくくる。
http://www.droogweb.jp/pc/top.html

1311twen

the twenties
大分県大分市にて結成。
地元大分のみならず、九州で爆発的なムーヴメントを巻き起こし、2012年ついに東京進出を果たす。
00年以降に世界規模で起きたニュー・ロック・レボリューション。
言うまでもなく、ザ・ラプチャー、ザ・ストロークス、ホワイト・ストライプス、ザ・ミュージックなどがそれだ。
日本でもその流れは定着し4つ打ちのダンス・ビートを全面に押し出したロック・バンドも数多く登場した。
そこから時代は一回り(12年)し、更に変化を重ねたミクスチャー・ロックの一つの形がこのthe twentiesではないかと思う。
60年代後半のサイケデリック、ガレージ・サウンドから昨今のUKロックの匂いもすれば時にUSインディーの影響も感じる。
つまりは、縦横無尽に駆け巡るその音楽性を一口で、形容するのは無理というものだ。
とにかく踊れ! 踊れ!! 踊りやがれ!!!
そして絶望の中の残骸共よ、息を吹き返せ!!
the twentiesのサウンドはそうけしかけて来るみたいだ。
http://thetwenties.info/



2013/11/30(土)【パフォーマンス】
大分舞台芸術フェスティバル2013
 二十二会(渡辺美帆子+遠藤麻衣)公演
 『これが100である』★

開演 15:00/20:00 (開場は30分前)
出演:二十二会(渡辺美帆子+遠藤麻衣)
構成・演出:渡辺美帆子/出演:遠藤麻衣
原作:観阿弥「卒塔婆小町」より
料金:前売1200円/当日1500円

問:info@watanabemihoko.com

問:大分舞台芸術フェスティバル実行委員会
090-7295-7500(西村) oita.butai.fes@gmail.com
http://butai2008.blog94.fc2.com/

お百度参りをしてみようと思う。
百回も同じことをしたら、飽きるんだろう。
でも、飽きるまでやる。
そうしたら、何も考えなくても同じことができるようになるんだろう。
気が付いたら、お婆ちゃんになっているんだろう。
くりかえす毎日と、
くりかえす稽古で、
老いと演技について、演劇作品にします。
世の中の理がひっくり返る、その瞬間まで。


渡辺美帆子
演出家。渡辺美帆子事務所主宰・劇団青年団演出部所属。1987年生まれ。東京都出身。
2012年は別府清島アパートに滞在。
演劇(人が人を見ること)を使った表現活動をしている。アートをアートの中でけで終わらせず、私たちが生きている世界に還元されることをめざし、虚実の合間を縫うような作品を創作する。
量子力学演劇を行う等、理系的な想像力と分析力を用いた作品づくりに定評がある。また、観客席と舞台の関係性を揺るがす手法が特徴。
http://watanabemihoko.com/

遠藤麻衣
1984年兵庫県生まれ
2007年東京藝術大学絵画科油画専攻入学
2011年東京藝術大学美術研究科壁画第一中村政人研究室入学
2013東京藝術大学美術研究科壁画第一中村政人研究室卒業

展覧会
2013「ハギエンナーレ」HAGISO(東京)
 「第61回東京藝術大学・大学院卒業・修了制作展」(東京)
2011「GTS観光アートプロジェクト2011ササクサスplus」(東京)
 「what do you see?」 Bangkok Art&Culture Centre (タイ、バンコク)
 「ゼロダテ大館展覧会2011」(秋田)

出演
2013「三月、谷中にて」演出:生田美由紀 カヤバ珈琲(東京)
 「the place named」監督:小森はるか 恵比寿映像祭(東京)
2012「次、誰か、よろしく!」演出:渡辺美帆子 えだみつ演劇フェスティバル2012(北九州)
  チェーホフ「三人姉妹」演出:豊永純子 利賀演劇人コンクール2012(富山)
2011「セックスと長野とイルカ」監督:酒井一樹 イメージフォーラム(東京)
2009「プロゼルピーナ」演出:坂田ゆかり 演劇/大学09フェスティバルトーキョー(東京)

受賞
2013 MECAward2013佳作受賞
http://www.maiendo.net/




チケットなど総合問い合わせ:AT HALL 097-535-2567 info@athall.com

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、右記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。

テーマ:大分県情報 - ジャンル:地域情報

Shownin&BRINKY主催「B,animation'S」

tkmt130511アトホール初登場のトリオ「時松バズーカ㈱」。名前通りギターボーカルの時松を中心に女子一人、ベースが男子一人。㈱は後株
現代的な日本のロック、いろんなエレメントを盛り込んで、請った構成、切なげなメロディー。ギター二本入ったりした形が見て見たい気も。

htkm130511次もトリオ、どこかで見たことのアル3人でアル「秘匿名」
パンダキャップを被るが帽子もずれる、ボイスエフェクトで「我々は宇宙人だ」と言うが漂うチャイニーズフレイバー、詰め込んだ要素、いっぱい。

brnk130511次いでもトリオ、この日の主催にも名前を連ねるファミリーロックバンド「BRINKY」。ハッピーで勢いあるHAPPY ROCKナンバー連打。その日初合わせの新曲もRAMONESの「電撃バップ」、少年ナイフのカバーも。
http://87.xmbs.jp/brinkey/

shwn130511そしてもう一人の主催、ベーシストShownin、打ち込みのトラックと共に一人ベースを弾きまくる。フランジャー、ディストーション、ディレイ、ベースらしい音なんて気にせずに、"先生"らしくちょっとしたエフェクター教室といった趣も。
でもハッピーな空気を醸し出す張本人。
http://yaplog.jp/sgbass/

bnm130511ラストは出演バンド全員がステージに上がってのセッション、「情熱の薔薇」、「雨上がりの夜空」で最後まで楽しく。知らない曲でもみんなで楽しく。

テーマは、「騒ぎたい・・・(笑)」 実現できた?


2013/5/11(土)



テーマ:J−POP - ジャンル:音楽

を持つ男、岡野勇仁リサイタルのほか、南米音楽演奏、美術家詩人ダンサーとの共演、紙芝居、フリーインプロヴィゼーション、クラブミュージックなどの幅広い顔を持つ男。from 東京。

cmr130505「現代音頭作曲家」、現代美術作家など、これまた幅広い顔を持つ山中カメラがまず登場。
ビデオを使っての一人合唱、岡野、そしてもう一人の共演者山内桂を巻き込んでの三人での演奏「ミソの音楽」。使うのは二音だけの即興ミニマルミュージック?
そして最後はカメラ寿司で、と盛り沢山。はい、チーズ。
http://blog.livedoor.jp/y_camera/lite/

ymuc130505映画なども製作、映画祭に出展し、先の山中のステージにも登場したサックス奏者山内桂、ソロのステージは即興のみ。
空気の震え、流れ、などを意識させる演奏を行うことが、多いが今回は、いわゆる演奏らしい、音が出てる時が多目だった。
http://www.salmosax.com/

okn130505最後は岡野、ハンチングでピアノに向かい、流麗な鍵盤捌き。様々な側面を持つ中で、今回はムード音楽的な側面の強いオリジナル曲を披露。
ロマンチックな楽曲、初夏だが「雪原の光」などの冬のイメージの曲も。
そして譜面を見ながらの山内との共演もあり。
http://www.11piano.com/


普通そうに見えて、どっか違ってる。
一見まともそうで逸脱してんのが一番怖いのかも知れませんね。

2013/5/5(日)



テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽


3年前はアコギで一人でやって来た、その後太平洋を越えたコンビとなって毎年やって来て、既に5回以上。「EXPLOSION EAST ASIA TOUR 2013」「Ken South Rock」二人ともニューヨーク在住となってもアコギとその熱は変わらない。

snb130503「Sunbruise」、改名、トリオになってからだいぶ経つ、曲、演奏などのまとまりが上がってきた頃、細かいブラッシュアップがどうなるのか。(※残念ながら既に解散)
粘っこい歌はもちろん、かなり腰が入ったブルースマナーインストなども。

ulhv130503「ULTRA HEAVENS」、「Ken South Rock」とは対バンもしている。
こちらもキーボードが入っての編成ではアトホールは初めて。元からちょっとおかしな音を出すバンドだったが、よりその変態度がアップ、リズム隊が真ん中を固めて、両サイドで上モノが文字通り暴れる。現在は時代はいつ?なサイケプログレ。(※解散しTHE LUNARIANSへと)

adm130503ドラムの位置などが改められて「Ken South Rock」。もちろんKENとADAMが対峙するように。
ニューヨークから来たスパイス・シー・ガールズ」(by ADAM)たちが革も破れろ、弦も切れろとばかり、お互いの楽器を鳴らし、歌う。欠けているが、ストレートで熱い音、力いっぱい。

ken130503熱くなれ、バカになれ。
鳴ってる音も時代外れ、出てる年代もバラバラ。
それがどうした僕ドラえもん。
http://bakeru.jugem.jp/

2013/5/3(金・祝)


テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

県外からのゲストを迎えての「AT RANDOM Special!」

asb130427サイケポップンチャイニーズトリオ「遊びは文化」。名前の通りパンダの被り物して、チャイニーズディスコをニーハオ。
ピーター・フックみたいなベースの音に、ゲームみたいな効果音をカオシレーターからだったり。全体情報量多目だが切なげな新曲も。
http://nagarekawarecord.jimdo.com/

dd130429「DiverDown」、事情があって急遽のドラムとギターだけの編成。ほぼ即興みたいなものと言ってもいいような演奏は、今まで聴いてきたもののエッセンスが染み出してきた?洋楽ロック的なもの。そんな中二人のポジションチェンジなんかもあり。「サマータイムブルース」のカバーも。

odk130429宮崎からのゲスト「おどけもの」こちらも二人組ドラムとギター、ただしこちらはこれが通常編成。ペイントした男女で共にボーカルを取る。
コンプがかかったようで、それでいてエコーがかかった音像、ヘンテコな曲展開、カンカンしたスネア、ガン!と出るギター、レンジの広い音、水中プログレ
http://odoke-mono.blogspot.jp/

mmk130429ラストはあかしももかエレクトーンとともに歌うシンガーソングライター、そして踊るダンサーでもある。
自身のアルバムに入ってる「ゴキゲンヨウ」などで鍵盤に向かい、音源になってない「タイシャを上げタイシャ体操」などでは鍵盤から解放される。今回は結構動き主体、ツインテールも映える。
http://www.myspace.com/akashimomoka


People are Strange.

2013/4/29(月・祝)



テーマ:懐かしい歌謡曲 - ジャンル:音楽


「AT STRUTTIN' vol.4」。出演は県外からのバンドを含めて4組。

sptm130427トップで登場するのは「sportsman」。トリオ、アトホールではおなじみ。
ゆったりしたオトナの音楽。ふくよかにレゲエが。オリジナルを。
"できるだけ静かに、できるだけ小さな声で、はな~した~いのさ~”
http://www.myspace.com/sportsman313

dnr130427福岡県から来た「danro」。男女二人、ギタボ(ミワサチコ)とドラム。
だけどデフトーンズみたいに、マッドハニーみたい(当社イメージ)に重かったり、音汚かったり、極悪ギターに歌心を加速させるドラム、澄んだ歌声。

ppk130427「ププケア」、「AT STRUTTIN'」シリーズ皆勤の6人組。キーボードとパーカッションが加わる。ファンキーなサウンド、ブルースハープは新しい武器。バラードやシタールっぽい響きでサイケデリックなものも。音でけえ。

nntk130427トリは「ナントカ動物園」、トリオ。自称アトホールの顔。
この日を最後に無期限の活動休止に(2013年10月再始動予定)。しかし新曲を披露。主旋律に被さる「あーあーーー」のコーラスが印象に残る。アンコールでは「世界行進曲」なども。
http://nantokazoo.blog.fc2.com/


「さよならだけが人生だ!」
季節はめぐる。

2013/4/27(土)



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

大分大学軽音楽サークル「K on spice」新入生歓迎ライブイベント。
今回は13バンドが登場。ホールには音楽好きの新入生も集まる。

トップバッターはワンオクのカバー、「Re:make」「自分ロック」など3曲を披露。

kons130421

続いてはSEKAI NO OWARIをカバー。「天使と悪魔」など3曲を。双子姉妹が!


3年生の女子が揃って披露するのはあべま。「ふりぃ」などアコギを鳴らして。

kons2130421

男子4人、途中でボーカルの交代なども入りつつ、ラルクの「Readt Steady Go」、中島美嘉のも!


スーツも決めて演るミッシェル、「スモーキンビリー」「ゲットアップルーシー」などを。ベースは女子

kons3130421

キーボードにギター2本入ってサカナクション、「アルクアラウンド」など3曲歌い上げる。


男子4人「back number」をカバー、「スーパースターになったら」など3曲を。ポップに。

kons4130421

「MAN WITH A MISSION」、チープな戦隊物系のマスクで演奏するガウ。「DANCE EVERYBODY」など2曲。


ギタボ入って4人で9mmを。「termination」「Black Market blues」などで激しく。

kons5130421

シンセをキラキラと鳴らしてショートカット女子が歌う「星間飛行」など。萌えろー、キラッ☆


銀杏のカバー、「援助交際」「銀河鉄道の夜」など同じ曲を何度かループして、終わったと見せかけてもういっぺん。

kons6130421

ロードオブメジャーを5人で演奏。もちろん「大切なもの」も。Konの?Tシャツの青が映える。

kons7130421今回のトリはウルフルズのカバー、2曲「バンザイ」と「ええねん」を。替え歌にもしてたが曲が少なくたってええねん。


2013/4/21(日)



テーマ:J−POP - ジャンル:音楽

リポートスタイルの変更について

当ページ「アトリポート」 http://athallreport.blog56.fc2.com/ ですが、最近リポートの更新が遅れております。

諸所鑑みたのですが、ありがたいことにイベント数なども増えていることもあり今のスタイルを続けていると、この状況は変わらないと考えられます。
そこで、この状況を好転するべくリポートのスタイルを変えてみたいと思います。なにぶん、動きながら考える部分もありますし、実際どれくらい進みが速くなるかはわかりませんが、”あっさりとした中に趣があること"みたいなことを実現しつつ出来るだけ早いレポートの更新が出来れば、と考えております。

自分的にも残念な面もありますし、急なことではありますが今後も何卒よろしくお願いします。

テーマ:大分県情報 - ジャンル:地域情報

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

09 | 2013/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー