大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「可愛いだけじゃないのがろけっと☆だいぶの約束
 さぁ、無敵な優しさを集めに行こう!!!」


あっという間に過ぎていく夏、忘れられない思い出となるように、ってことで丸二周年を迎えた「ろけっと☆だいぶ vol.7」が開催された。

rd130817.jpg"森メタル"、"孤立無援の一輪の花"、、、それぞれの二つ名(だいぶはしょってます)を持つDJら烏龍李あひるきの子Kazu→H@ck♂前田慶次おじょー、にゲストのド外道(別府アニメ魂)、GON(台風1991号)。たちが各々のアニメ・ゲーム・特撮・声優・ボーカロイド等の楽曲をそれぞれのスタイルで、やり方で回し、繋いでいく。

rd3130817.jpgDJデビューのおじょー、「君の知らない物語」なんかのキラーチューンをのっけからトップギアでぶっ放してく。オタ芸打ちつつそれを見守るファン?たち。

これもアニメソングだっつって「ひこうき雲」がかかったり、Kazuのピコリーモからの四つ打ちがあったり、これまた衒いのない前田の王道選曲、ステージングがあったり、イエーガー!

rd2130817.jpgゲストのド外道はゲームミュージック主体によるハードなトランス、福岡からやって来たGONのこれまた四つ打ちでハードながらスムーズな流れをキャップでキメ、個性を発揮。

本日のフロアもサイリウムの大量投入で青く明るく。VJによってもより明るくてなんだか華々しい。

烏龍李もライダー、プリキュア、ゲッターロボなんかのらしいプレイで"うーろんりー"としてのラストをキメた。その後の彼もご存知の通りだ。

夏は過ぎ去る。そしてまたたぶんやって来る。

ろけっと☆だいぶ http://rocketdivemember.blog.fc2.com/

2013/8/17(土)



(今は冬なのだ)

スポンサーサイト

テーマ:コスプレ - ジャンル:アニメ・コミック

※チケットなどのお問い合わせは アトホール まで。横のカラムの ABOUT/MAP (1) のカテゴリーをクリック


2014/3/1(土)【ライブ】
★6x9 six by nine vol.52★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:HotHoodCabinets/平成風俗/DJ阿藤(支配人)
料金:1500円(1ドリンク付)



2014/3/2(日)
★RESERVED★

2014/3/7(金)【ライブ】
★AT LOUNGE vol.2★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:カンバス(東京)/ネネカート
DJ:DJオリゴン
料金:前売2000円/当日2500円

CANVAS
2009年春頃に結成。福岡出身の小川タカシ(Vo,Gt,songwriting)と菱川浩太郎(Ba,Cho)の二人からなるポップスグループ。
2013年10月にMIDI Creativeより1stアルバム「流星のベクトル」をリリース。その1ヶ月後にはFenderRhodesにイノヒデフミ氏を迎え7インチシングル「MySweetLoveSong」を連続リリース。
2014年より拠点を東京に移し、鋭意活動中。

"キリンジを引き合いに語られるサウンド・スタイルで、シティ・ポップやブルーアイド・ソウルを下地にしたセンスあふれるメロディを聴かせてくれる。"
http://canvasweb.net/

ネネカート
オルタナ・オルタナカントリー ってだけでもない。ソフトロック、フォークトロニカ、、なんだろ。グッドミュージックを。
"スティーリー・ダン"は合衆国南部を旅をする。
大分を基盤に、福岡、熊本へと足を広げる。



2014/3/8(土)【ライブ】
★Don't trust anyone over FIFTY!★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:zippole/THE SKA-PHONICS/ネネカート/Ritmo Caliente
料金:1500円

スカ!ジャズ!ラテン!そして、何!?

THE SKA-PHONICS
2002年12月、九州が誇るスカイベント「ジャマイカ村」のオーガナイザー・永竿(As/Vo)を中心に大分県内各地からスカ好きを根こそぎ集め、ステージに上がりきれないほど(!)多数のメンバーにて大分で誕生、翌年5月に初ライブを行い、以降幾多のメンバーチェンジを経験しながら現在に至る。
SKAを最も愛しつつも、SKAの枠には収まりきれないキャッチーかつハッピーなサウンドを主体とし、当初はジャマイカ村や大分各所でのライブが中心であったが、「DOWN BEAT RULER in FUKUOKA」「BIG SHOT」等の出演を経て、徐々にその活動範囲を広げている。
http://www.ska-phonics.com/
ネネカート
オルタナ・オルタナカントリー ってだけでもない。ソフトロック、フォークトロニカ、、なんだろ。グッドミュージックを。
"スティーリー・ダン"は合衆国南部を旅をする。
大分を基盤に、福岡、熊本へと足を広げる。



2014/3/9(日)
★RESERVED★

2014/3/13(木)【ライブ】
hin1403_web.jpg★「DJ灰野敬二」九州3DAYS!★
OPEN 20:00/START 20:30
出演:灰野敬二(東京)/DJ masago 他
料金:前売3000円/当日4000円(要1drink order)

ローソンチケット Lコード84367
※2/5(水)10:00販売開始

灰野敬二 (EXPERIMENTAL MIXTURE)
日本の現代音楽において、その前衛的傾向を主導してきたミュージシャン。1971年に日本初のインプロヴィゼーションバンド「ロストアラーフ」を結成し、本格的な音楽活動を開始する。以降、現在に至るまで、ロックをベースに、ノイズ、サイケデリック、フリージャズ、民族音楽など、ジャンルを自在に横断しながら、アンダーグラウンドミュージック界を牽引。黒を基調としたコスチュームで、激しい身体性を伴うパフォーマンスを展開する。挑戦的で実験的な作品群は、日本のみならず海外での評価も高い。リリースしたレコードやは優に100を超える。ソニックユースのサーストン・ムーアをはじめ、彼を信奉するミュージシャンは世界的にも数多い。

masago
大分のテクノシーンで長年活動。クラブイベント「DRESS」などで定期的にDJを。

http://www.fushitsusha.com/



2014/3/14(金)【ライブ】
★CORTEX JAPAN TOUR 2014★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:CORTEX(ノルウェー)/THE LUNARIANS
料金:前売2500円/当日3000円

CORTEX
Thomas Johansson(トランペット)/Kristoffer Alberts(サックス)/Ola Hoyer(ダブル・ベース)/Gard Nilssen(ドラムス)

トランペッター:Thomas Johanssonをリーダーとして2007年に結成された、ノルウェーのラディカルな精鋭陣による2管ピアノレス・カルテット
曲はJohanssonのオリジナル。全者一丸となって燃え盛る熱血スピリチュアリティを猛々しく炸裂・轟鳴させる!風な、開放感に満ちたファンファーレの如きアンサンブル響動も、随所でスカッと壮快な活性剤効果を成しながら、伝統的フリー・ジャズ・タイプのアブストラクト傾向を適度に備えた、明快軒昂なスウィンギン熱演がダイナミックに展開してゆく。
全体を通じて「遊撃ゲリラ隊」風の機転っぽさやワイルドネス、シニカル・テイスト、を持ち味の基本とした、スタイルはわりかしシンプル・ストレートな安定律動型ニュー・ジャズ(フリー・バップ)調の闊達邁進、が続き、テーマ表示部などのアンサンブル・プレイには、極めてスマート&クールな様式美理念や超緊密なチームワークが軽々発揮されながら、大方はエネルギッシュかつ猥雑な祝祭活劇(サーカス?)を見るような、リアル即興度も高い燃焼疾走ぶりで豪快に楽しませる。
http://www.thomasjohansson.no/
https://myspace.com/cortexmusikk

THE LUNARIANS
大分県別府市在住のフェイクロックバンド
Ueno ryosuke(Vo&Gu) Ishida Takefumi(Gu&Sax) Takunu Ono(Organ&Piano)
Goto Genki(Cello) Hayashi Yusuke(Dr)

このライブでは極力アコースティックでの演奏の予定。
http://lunariansbeppu.wix.com/the-lunarians



2014/3/15(土)昼【ライブ】
★サウンドファミリー卒業ライブ★
OPEN 12:30/START 13:00
出演:サンファミパンクス/サウンドファミリーの精神異常者/コアラのココア/メタル/おマンウィズアーッミッション/Natural born killer TOMOAKI with 下僕/タウリン1000mg
料金:無料

大分大学の老舗軽音楽サークル「サウンドファミリー」の卒業ライブ。
毎年恒例!卒業おめでとう!
10生が主役!

2014/3/15(土)夜【クラブ】
★Team"ROCK" presents mitdragon × SOULFOOD★
OPEN/START 22:00
mintdragon DJ's:KINN/橋本タイスケ/DAI/NORI/DISK/Ke-g
SOULFOOD DJ's:M☆T☆K/YON/G-star/TEMMYE/I・/Kta/panchi/M@CHA
料金:1000円(1drink order)
問:mintdragon@gmail.com

年に1~2回開催されるミンドラとSOULFOODの交流イベントを開催♪
個性的なメンツがそれぞれ奏でるロックを体感しにぜひ遊びに来て下さい!

大分"ROCK系"クラブイベント「mintdragon」
1998年 伝説のROCK BAR「BULL」で定期的に行なっていた「BULLNITE」が前身イベント。
1999年に今のイベント名「mintdragon」に改名する。 命名したのはBULL時代の客であるグレック。意味は落ちそうで落ちないでも尻が軽い女。東京のLONDON NITEに憧れて、大分に招いて開催する断言しイベントを続ける。
2004年に念願のLONDON NITE in Oitaを主催。
ロックという曖昧なカテゴリーを気にする事なく、好きな音楽は何でもプレイするパーティーイベント! 客層は18~30代後半と幅広く、またむさ苦しいDJ陣とは対照的に、なぜか女の子が多い。
大分で最も長く、また数少ないロックイベントとして活動を継続中! また、「SOULFOOD」や「リーゼントボーイナイト」等他の大分のロックDJと合同で、「OITA ROCK CARAVAN」等のイベントも主催。
http://mintdragon-oita.blogspot.com/



2014/3/16(日)【OTHERS】
★のばなし その20★
出演:かずまりっち~(トレロカモミロ)/超人発電所
客人:古賀小由実
料金:1000円(人数限定あり)(おにぎり・1drink付

問:アトホール/トレロカモミロ camomillo.net@gmail.com

劇団トレロカモミロ主宰のkazumaritchieらによる2時間ノンストップ&ノンカテゴライズトークショー
超人発電所
基本超人、時々おしゃべり、時々代表。
ポロシャツ、ハト胸、ツーブロック。
バンドマン、役者、今度は何だ。成りたいものは人気者!!!

古賀小由実
1989年春 佐賀県に生まれる。
1994年春 クラシックピアノのレッスンに通いはじめる。 
2004年夏 グリンカ記念ベラルーシ音楽院夏季マスタークラス修了
2008年春 国立大学の教育学部に進学 大分へ移住
     冬 アルバイトとしてBarなどでJazzを歌い始める。
2011年春 パーラージェイズCM楽曲提供。歌う姿と共に「なのはな」が毎日放送される
  夏 The 5th Music Revolution 大分大会 グランプリ受賞
秋 「古賀小由実」として楽曲制作・提供やライブ活動開始。
        The 5th Music Revolution 九州ファイナル 優秀賞
2012年春 大学卒業、佐賀県へ移住
       俳優・斎藤工さんがDJを努めるbay FM「TAKUMIZM」で「歌い手」として紹介していただき、
       度々「シーラカンスに、よろしく」「なのはな」「ヒカリ」などを流してもらうようになる
2012年秋 大分銀行TVCMに楽曲「wakusei」を提供。10/15よりオンエアされる。
     冬 FUKUOKA Music Factory 2012 ファイナル 準グランプリ

現在は佐賀県佐賀市在住。
演奏する楽器はピアノ、ドラム、鍵盤ハーモニカ。
趣味は料理です。
あこがれの生き方はナウシカ。
よろしくお願いいたします。
http://sagasachan.jimdo.com/



2014/3/20(木)
★RESERVED★

2014/3/21(金・祝)【ライブ】
gg2_1403.jpg

★gallo presents 解解 vol.1★
OPEN 18:00/START 18:30
出演:AZMA(北九州)/xinsha/gallo/即物サンプル/オトノシヅク 他
料金:前売1500円/当日2000円

AZMA
2010年に結成された、九州北端北九州にて活動する20代前半の若手4人組ロックバンドAZMA。ハードコアを通過した轟音サウンドによる圧巻のライブパフォーマンスは観た者全てが惚れ込む程。
Deerhoof、Sebadoh、SSLYBY、Nadjaといった海外の バンドの前座を務める等、福岡のシーンでは既に地位を確立し、最近では熊本のtalkのフロントマンKensei Ogataのバックなども務めている。
https://soundcloud.com/xxaxzxmxaxx

xinsha
揺れるカリメロ

zoo freaks

xinsha
http://xinsha.tumblr.com/
gallo
大分県で活動中の4人組ポストエモバンド。
岩田昂平(Gt.Vo.))後藤慎太郎(Gt.) 桑原華穂(Ba.) 都甲亮滋(Dr.)
http://gallololoita.tumblr.com/
オトノシヅク
大分県で活動中の4ピースバンド




2014/3/22(土)夕【ライブ】
meb1403.jpg

★masochistic eriband presents
 「はじめまして、さようなら。」★

OPEN 17:30/START 18:00
出演:スーダラ少年(東京)/masochistic eriband 他
DJ:KANTOKU/RAN/ヨッチャン/えぐち
VJ:meteo 他
料金:1500円(要1drink order)

masochistic eriband
2014年1月結成。英 Glustonbury Festivalでビールを飲むことを夢見る4人組。大分市中央町を拠点にする今年注目のロックバンド。「実力よりも人気、話題先行」と比喩された2ヶ月の下積み時代を経て、遂にデビュー。荒削りでノイジー。ライブ未経験の彼らの最初で最後のステージで奇跡が起こるか!?

スーダラ少年
松崎ケイスケのソロプロジェクト。
2010年よりギターを一本担いで、ろうそくを隣において都内を中心に姿を現す。
2011年「SUMMER SONIC 2011」へ出演。
その他、様々なイベントへ出演。
2013年4月 渋谷eggmanでの初ワンマンライブ「ファンキーナイトお遊戯会」を開催した。
ワイワイダラダラして満員御礼で終演。
コンセプトは
「ブラックミュージックに味噌汁をかけた感じ」
http://sudarashonen.com/



2014/3/22(土)夜
★RESERVED★

2014/3/23(日)

※シティ情報おおいた3月号に掲載されているライブ「6x9 six by nine vol.53」は都合により延期となりました。
 申し訳ありません。次の予定、決定しましたら改めてお知らせします。よろしくお願いします。


2014/3/25(火)【クラブ】
★ファッション団体Mode pre. 「夢十夜~第二夜~」★
OPEN 13:30/START 14:00 (till 17:00)
出演:Modeメンバー
料金:前売500円(要ドリンク代100円)/当日500円(要ドリンク代200円)

ファッション団体Modeの主催するイベント。2013年11月に続く2回目。
初回は、LIVE DANCE DJ SNAP…etc.



2014/3/29(土)【ライブ】
★轟音シンドローム vol.6
 番外編~夜更けのコウサテン~★

OPEN 18:30/START 19:00
出演:OUT OF SHIMIZU (DOUBLE STEAL)/あつしみず(DOUBLE STEAL)/姫野ヒロユキ(THE WAGON)/スケナリトモミチ(cell)/三股亮介(Natural merry-go-round)/マサキング (the.ardbeg)/猪股高史/麻生ジュンヂ
料金:前売1000円/当日1500円

ヒ・キ・ガ・タ・リ・?

DOUBLE STEAL http://tosp.co.jp/i.asp?I=doublesteal001
the.ardbeg http://theardbeg.com/



2014/3/30(日)【ライブ】
★AT RANDOM Special ~大久保理と木下弦二を迎えて~★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:木下弦二(東京ローカルホンク/福岡)/ネネカート/大久保理(鎌倉)/生野亮
料金:前売2000円/当日2500円

木下弦二
東京都出身。ロックバンド、東京ローカル・ホンクのうたとギター、全ての楽曲の作詞・作曲を担当。 東京ローカル・ホンクは元のバンド名『うずまき』の頃からミュージシャンズ・ミュージシャンとして知られ、忌野清志郎、佐野元春、あがた森魚、久保田麻琴、友部正人、鈴木茂などに高く評価されてきた。 木下はバンド以外にソロ活動やセッション活動も展開中。 弾き語りならではの表現や、その独特のギタープレイのファンも少なくない。 福島の原発事故を機に、2012年7月から家族と共に福岡市に在住。
http://gen2.blog.ocn.ne.jp/

大久保理
1978年生まれ。山羊座、A型。鎌倉在市住。
「simon&garfunkel」に憧れ、中学3年生の時「ふれあい」を結成。
2000年のメジャーデビューを経て、2003年まで約10年間「ふれあい」として活動。
2004年、新たな決意を持ってソロ活動をスタート。
ソロ大久保理としての1st.ミニアルバム「僕の手の中に」を2005年5月16日にリリース。
イベント、ライブハウス、バーなどで精力的にライブ活動を行い、2008年3月6日アルバム「灯す日々」をリリース。
2012年9月21日アルバム「螺旋の先端」をリリース。
http://okuboosamu.com/

ネネカート
オルタナ・オルタナカントリー ってだけでもない。ソフトロック、フォークトロニカ、、なんだろ。グッドミュージックを。
"スティーリー・ダン"は合衆国南部を旅をする。
大分を基盤に、福岡、熊本へと足を広げる。
ショウノリョウ from sportsman
"ゆるり"とした空気の中で"するり"と軽やかに言葉を綴る。
トリオと言う最小編成から生み出される無限の柔らかい宇宙
のフロントマン
http://www.myspace.com/sportsman313




チケットなど総合問い合わせ:AT HALL 097-535-2567 info@athall.com

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、右記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。

テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報

お盆のさ中行われたのは日本を代表するセッションドラマードラマー村上“ポンタ”秀一によるクリニック&ライブ。

pnt130814.jpg

昼間にまず行われたのはクリニック。
ゆうに14,000曲を超えるレコーディングに参加した彼によるドラミングについての話を聞きたい、プレイを見たいと集まった参加者たちの前で語る。自らが持ち込んだ径の大きさが違うバスドラムが3台並ぶセットの前で。

身体の構造まで理解して叩くと違いますよ、と言ったマジメな話、自身のレコーディング、ライブでの体験談、ヒストリー、来歴的な話、心構えについてなどをバンカラに、オフビートにユーモアを交えながら。

pnt2130814.jpg

そして自らの音源「リズムクリエイター」に合わせてドラムの実演でテクニックを見せる、聴かせる。


合間休憩を挟んで、夜はライブ。ホールの空気もモードも少し変わって。

オープニングアクトは二組。

sng130814.jpg大分在住の弾き語りシンガー中村慎吾。アコースティックギターを抱え、誠実に歌に向かい合う。アルバム作り明けで、声の調子は今ひとつのところはあるが、大切に歌う。どこか演劇的な匂いも。

swn130814.jpg続いてベース一本での弾きまくりインストゥルメンタリストShowninが登場。リズムボックスもしくは打ち込みの上でベースとは思えないベースを弾きまくり、時には歌っちゃう。大御所の前でも臆せずコール&レスポンスなどのいつもと変わらぬ楽しいライブを心がける。



そしてメインの「PONTA BOX+岡沢 章」のライブへ。
sbt130814.jpg「PONTA BOX」の現在のキーボディストは気鋭の若手柴田敏孝。10代の頃よりセッション活動を始め、akiko、大黒摩季などのバンドに参加するなど様々なフィールドで精力的に活動している。

okz130814.jpgそして今回のベーシスト岡沢 章はGS時代から活動を開始し、渡辺貞夫、吉田美奈子らとこれまた幅広いアーティストのレコーディング、ライブに参加する腕利きである。

といういわゆるピアノトリオ、最小限の編成ではあるが、みんなの音楽的語彙の豊富さもあって、三人だけでも情報過多、って言いたくなるようなめくるめく音の絵巻を繰り広げる。
大きい時は大きく、小さい時は小さく、押し引きも自在。

pntb130814.jpg

ブラッド・メルドー、オーネット・コールマンなどのナンバーを自由に楽しげに、解釈し提示提示していく。
合間PONTAのオヤジギャグなんかも挟みつつ。
三人のプレイ?言うまでもないでしょう。
ハンコックのメドレー、アンコールでは「キャラバン」を。

さすが。

2013/8/14(水)

村上ポンタ秀一 http://www.ponta.bz/
岡沢 章 http://www.face-music.co.jp/3_player/okazawa.htm
柴田敏孝 http://www2.ocn.ne.jp/~toshiya/
中村慎吾 http://41.xmbs.jp/cbsmusic/
Shownin http://yaplog.jp/sgbass/



テーマ:SMOOTH JAZZ - ジャンル:音楽


「《ミナクルLIVE * 2013SS *~ 大分のLIVE熱を1℃あげちゃおうよ♪ ~」と言う名のライブが夏休み真っ只中に開催。

トップバッターで登場するのは「しにものぐるい」 from SAGA 佐賀
ジャンベ、アコギのメンバーを中核に、キーボード、ボーカリストなどが曲によって加わったりしながらオーガニックなオリジナルから、「アソパソマソ」のカバーまで。

mnk130813.jpg

不謹慎にも名前を出せないバンドがアトホール初登場。イナタいロックをワルっぽくキメて突っ走る。ハードな音、途中ブレイクダウンなんかも挟みつつ煽りながら。


続いてもアトホールはたいそう久しぶりの「Guarana」が登場。メンバーの入れ替わりなんかもあり、現在はボーカリストは女性。メガホンなんかも使ったりしつつフックのあるオリジナルのハードなロックを。

mnk1308132.jpg

ここでこのライブの企画者のバンド「Niconico SHOP」が登場。若い頃を思い出そう、ってな感じで髪もバッチリ染めてハッチャける。モンパチ「あなたに」「小さな恋の歌」、ドリカムの「LOVE LOVE LOVE」のメロコアカバーなどを、これまた思い出すように。そしてもちろんトリオで。


「F.R.C」、自身の出身サークルの名前を背負った4人は硬派にキメて全曲「BRAHMAN」のナンバーで固める。「see off」などの代表曲をキッチリと。

mnk1308133.jpg

企画者の同級生の「LENSNOTE」。のんびりとした活動ペースなのでライブは久しぶりか。ビール大好きと言う事で酔いの向こう側へ若干到達しつつ、これまたトリオのツインボーカルでオリジナルのメロコアナンバーを。

rvs130813.jpgラストは「RIVERS」。こちらもトリオ。黒の髑髏のバックドロップの前で黒で揃えた男たちがヤンキースピリットあふれるロックンロールをかます。走るビート、オーセンティックなメロディ。細かいことは気にせんで突き進む。


夏は再会の季節。暑い。

2013/8/13(火)



テーマ:J-POP - ジャンル:音楽

大分の誇る"人間が叩き出せる限界に挑む狂気のゴアグラインド"「VISCERA INFEST」。主催のライブ 「GORE DOMINATION」~夏のイボイボぶらり旅~ウエイト上昇ツアー~ということで、県外組3組を招いての豊予海峡を挟んでの狂宴が開かれる。

トップバッターは大分組「LADY GORE」。Blutal Slamming Gal Metalってことで、下水道ボイスを普通のガーリーな格好の女子が極悪な重低音サウンドを弾きながら披露。今回はギターだけではなくサポートで「KNAVE」より迎えた生ドラムも加わって。

gd130812.jpg

松山で100回を超えるシリーズライブ「EXTREME DIVES」を企画するSPACEGRINDER
"SPACEGRINDERは七変化でその日その時が生モノ。それこそが宇宙!"ってことで、当日なるまで何が起こるかわからない。本日も次のバンドよりTSUKAさんとその場合わせで真っ暗の中前衛ドローンコアを見せる。


そしてそのTSUKAさんの本業TSUKA&MARO。こちらもギター&ドラムって言うあるっちゃあるが、まだ珍しい編成。ってもギター一本でベーアンとギターアンプ2台いっぺんに鳴らしますが。そんでギターもテレキャスだし。
聴かせるのは正統派ハードロックの匂いもしっかりあるテク二カルプログレデスメタル

gd2130812.jpg

最近活動を再開した大分ハードコア界の重鎮「GODDAMN BULL」。二本のギターにベース、突っ走るドラム、雷のようなサウンドにたたき付けるよな叫びを浴びに前に集まるお客さん。コーラス、ギターソロ、ジャパコアのマナー。


大分でNYハードコアスタイルを貫く「SPRAWT」。ハードな音にブレイクダウンパート必須のうねるビート、ラップ的なボーカル、エモーショナルに跳ねる。ひっぱたかれるスネアが爆発。渦を巻くモッシュピット、あ・ば・れ・ろー。

gd3130812.jpg

トリ前は大阪からのゲスト「泥絶涅零斗」。"JAPANESE HARDCORE PUNK BAND"を掲げるだけに、津山を感じさせるどこかもたるような手数多いドラムビート、テクニカルなソロをとるギタリストはショッキングなハンサム、激しい音の中。


vi130812.jpgトリはお待たせ「VISCERA INFEST」。会長が復帰し、3人に戻ってからの初の大分ライブ。サウンドは変わらぬ最速養豚下水道仕様(書いてて自分でも意味はわからん)のだが、色々大変だった時期を乗り越えての会長から猿ちゃんへの感謝のスピーチなどもあった。でもとにかく速くて、激しくて音を組み立てて、来た人を満足させる。


そしてまた海を渡る。

2013/8/12(月)

泥絶涅零 http://tosp.co.jp/i.asp?I=degenerate_5
VISCERA INFES http://sound.jp/viscera-infest/



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

"博多発Blues Guitar&Vocal"Rokket Soejimaが、ビッグゲストとしてドラマーに永原元(ex.SOUL FLOWER UNION、HARRY(ex.Street Sliders)、小坂忠らのサポートetc)を迎えて、九州ツアー、大分開催をオーガナイズしたギタリスト平原史朗がフロントを務める「CASINO LIGHTS trio-1」がまずステージへ。

clt130811.jpgドラマーがいつものメンバーと違うが3人で締まった演奏を見せる。ブルースなど定番曲でイカしたギターをきかせ、ボーカルでも溌剌としたものを見せる。
客席の仲間たちも絶叫ゾンビってな勢いで盛り上げる。

rsb130811.jpg「Rokket Soejima Blues Band」、永原持ち込みの径の小さいドラムが一番左手に置かれ、鉄の喉を持つベースマン染維宏一、Soejimaとほぼ一列に3人が並ぶ。ハーモニカプレイヤーは強制送還により不在。
こちらもT-BONE WALKERなど定番ナンバーを楽しく、それでいてしっかりと聴かせる。シンバルの音の良さ、押し引きのいいドラム、鉄の喉、味のあるピッキング、それぞれが絶品の技を見せる。

アンコールは「テキーラ」「Sweet Home Chicago」と華やかに締めた。

2013/8/11(日)

Rokket Soejima http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=rokket66
永原元 http://gene.kachoufuugetu.net/



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

"PARAVOX×LILI LIMIT ダブルレコ発スプリットツアー「good bye from head」"
福岡より「PARAVOX」「LILI LIMIT」の二組を迎えてのライブ。もちろん県内組も。

glo130805.jpgトップバッター、大分の「gallo」もまたレコーディングを進める中、ちょっと久々のライブ。 2本のギター、熱を内に込めるように、細かく重ねていく。そして、色々貯めていたものを爆発させるように解放させる。
ギターの後藤、抑えられないように激しく足踏みをし、熱を弦にぶつける。エモく。

ctrl130805.jpg次いでも大分組「The centralbars」サイケデリックジャムで始まり、ハードロックなギターをガンガンに鳴らし、ダイナミックにリズムがうねる。内省的なシューゲイズな歌もの。大分ラストライブを飾るかのように自由に。アンコールの声もかかる。

lll130805.jpgスプリットツアー主役そのイチ「LILI LIMIT」。ギター2本にシンセも加わった豪華な編成で演奏するのはその編成どおりカロリーオーバーまでに要素を詰め込んだ、シューゲイズポストロックをハイブリッドさせて、耽美とゆとりとハイブリッド。男女2人のメインハーモニーも厚みを加える。

pv130805.jpg主役その2「PARAVOX」。こちらはトリオ。ポストロックエモなんかを通過した歌ものを若さを感じられるリリシズムを称えて披露する。
締まった演奏、現代的な音作り、多くの支持を得られそうなポピュラリティを確かに感じさせる。


2013/8/5(日)

PARAVOX http://paravoxhp.web.fc2.com/
LILI LIMLT http://lililimit.tumblr.com/
gallo http://gallololoita.tumblr.com/




テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

「AT LOUNGE Vol.1」、生演奏とDJが半々といったイベント。生側、ソロとバンドも半々。県外組と県内組も半々。

DJ ANAMI、"やつらが街に"帰ってきた。彼を敬愛するあられもDJとしてビースティーズ、スミス、ソウルセットなんかをズバッと回して更に敬意を見せる。

ft5130804.jpg今回、山口からのゲスト「クラムラッツ」がやって来るある種のきっかけでもあったFlashザ徒歩5分。ソロの歌い手。今日もあーいぼのテレキャスと共に、自由に弾いて、歌う。小さな音でオフビートの悲しく、おかしく。娘のいろは にメロメロ。彼女のおもちゃ使って音出すくらい。

nrn130804.jpgnerino、福岡へ移住後、大分へは久しぶり。ANAMIと一緒に。こちらも音量小さめ、アコギだが。クレプスキュール、チェリーレッドって感じで爽やかに。オリジナルに加えて、大分のsportsmanの「くらしのこと」カバーも。

crm130804.jpgここからはバンド組、まずはゲストの「クラムラッツ」から。ドラム、ベース、ギターのシンプルなトリオ。わかりやすく激しくはならないが叙情を感じさせるエモ歌謡をFlashの応援も受けながら。"かっこいいことはなんて..."系の歌だが、ギタボ以外は女子。地理的に近い北九州組との地続き感も感じる。

nnc130804.jpgバンドラストはネネカート。今回はベースレスの編成で、ボーカリストのアダチはアコギで演奏。ここのところ福岡、熊本でなどでのライブも多いが、その際披露した鉄琴も大分初披露(演奏はドラマー)。福岡のフィールドの「サマーレイン」のカバーなんかもあわせて、美しいハーモニーを。


演奏終わってまたDJ
オザケン、Boo Radleysの「Wake up Boo」、「エンドレスサマーヌード」なかのエバーグリーンクラシックスでフェスのアフターアワーズみたいな気分で夜は続く。

2012/8/4(土)

http://clumrats.jimdo.com/
FLASHザ徒歩5分 http://keeponmusic.com/fb9/



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

毎年のように夏に行われる大分大学医学部軽音楽部OB演奏会」
今年もOBを中心にしたバンドたちによる演奏が行われる。このために飛行機に乗ってやってくるようなメンバーもいる。

トップバッター「LCT」看護科の女子四人によるバンド。チャットモンチーの「恋の煙」「Last Love letter」と言う今の女子バンドらしいものから、「心の旅」「ペッパー警部」といったエバーグリーンなものまで披露。

ikn130803.jpg

次いでのバンドは5人でストロークスをカバー。いろいろ多忙のゆえ、本日が初合わせ、これまた色々理由があるのかジュリアン・カサブランカス役は端っこで。「take it or leave it」「Under Cover Of Darkness」などクールなギターのユニゾンを聞かせる。


夏らしいドレスの見目麗しい「かなこバンド」はJ.A.M.の「散歩道」は自分たちの親しんで来たもの、今どき話題のやつ「ひこうき雲」、そして今風って感じの「君の知らない物語」なんかをキーボードも入った達者な演奏でなんかゴージャスに。

ikn1308032.jpg

「FOUR tetoku,steve hirareid」で合ってたかな?旧名「woz」。ドラムとPCによるユニット、打ち込みと生音を融合させて、キレイ目のエレクトロニカ系のオリジナル曲を披露。みんなでチルアウト。


「コアラ」は定期ライブには何度も出演した固定メンバーでのバンド。ベーシストはそれを崩さないために東京から戻ってきた。これまたいつものようにSHAKALABBITSのナンバーを。「Monster tree」「ポビーとディンガン」なんかで大に盛り上がる。

ikn1308033.jpg

4人だから「4」、先生になった4人がブランキーの「僕はヤンキー」、、シナロケの「レモンティー」、ミッシェルの「世界の終わり」、スターリンの「ロマンチスト」ってロッキンに突っ走る悪いひとたちならぬうまいひとたち。盛り上がりにアンコールも。


レッチリのカバーは固定のバンドって感じじゃなく、ギター、ベース、ドラムのメンバーが入れ替わり立ち代りしながら演奏。目まぐるしく。これも共通体験の体験の成せるワザか。「Can't stop」「Give it away」など7曲を。なにか、どこか、ゲシュタルト崩壊。

ikn1308034.jpg

「A Better Kakuni」、かなりの先輩。その名を持つメンバーを擁する彼らは東京事変、林檎さんのナンバーをカバー。てことは主役は女子。アンビバレンツ。
拡声器使用しつつ「透明人間」「幸福論」なんかをキーボード、ボーカルなんか入れ替わりつつ。

ikn1308035.jpg大トリはもっと先輩、20年前の軽音部長、18年前のジャズ研のメンバー、今のジャズ研メンバーがトロンボーンで真ん中に立って、爽やかに、軽やかに躍らせる。いろんなものが交差し、混じり合っていくことを象徴しているよう。
「water melon man」「summertime」、夏の夜を踊って過ごそう。


2013/8/3(土)


テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー