FC2ブログ
大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※チケットなどのお問い合わせは アトホール まで。横のカラムの ABOUT/MAP (1) のカテゴリーをクリック


2014/5/2(金)【OTHERS】
★のばなし その22★
出演:かずまりっち~(トレロカモミロ)/超人発電所
客人:相原 聖良
開演:20:00
料金:1000円(人数限定あり)(おにぎり・お茶付)

問:アトホール/トレロカモミロ camomillo.net@gmail.com

劇団トレロカモミロ主宰のkazumaritchieらによる2時間ノンストップ&ノンカテゴライズトークショー
超人発電所
基本超人、時々おしゃべり、時々代表。
ポロシャツ、ハト胸、ツーブロック。
バンドマン、役者、今度は何だ。成りたいものは人気者!!!

相原 聖良
「別府レッグウォーマーず」などとして活動。



2014/5/10(土)【クラブ】
★Team"ROCK" presents mintdragon★
OPEN/START 22:00
DJ:KINN/橋本タイスケ/DAI/NORI/DISK/ke-g
料金:1000円(1drink order)
問:mintdragon@gmail.com

大分"ROCK系"クラブイベント「mintdragon」
1998年 伝説のROCK BAR「BULL」で定期的に行なっていた「BULLNITE」が前身イベント。
1999年に今のイベント名「mintdragon」に改名する。 命名したのはBULL時代の客であるグレック。意味は落ちそうで落ちないでも尻が軽い女。東京のLONDON NITEに憧れて、大分に招いて開催する断言しイベントを続ける。
2004年に念願のLONDON NITE in Oitaを主催。
ロックという曖昧なカテゴリーを気にする事なく、好きな音楽は何でもプレイするパーティーイベント! 客層は18~30代後半と幅広く、またむさ苦しいDJ陣とは対照的に、なぜか女の子が多い。
大分で最も長く、また数少ないロックイベントとして活動を継続中! また、「SOULFOOD」や「リーゼントボーイナイト」等他の大分のロックDJと合同で、「OITA ROCK CARAVAN」等のイベントも主催。
http://mintdragon-oita.blogspot.com/



2014/5/11(日)【ライブ】
★向井千惠ツアーin大分★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:向井千惠(東京)/Yue/PROJECT.G 他
料金:前売り・予約 2000円/当日2500円

向井千惠
大阪生。1975年、美学校小杉武久音楽教場に学び、胡弓(二胡)を手にし、即興演奏を始める。
地歌を中華絃耀に師事。
“East Bionic Symphonia”、“STEREOS”等に参画。
1981年より自身のユニット“Che-SHIZU (シェシズ)”を始める。
1983年頃より、Che-SHIZUはオリジナル曲を中心に演奏するロックバンドとして活動。
現在、Che-SHIZU、即興演奏グループ“打鈍 (dadunr)”、“amabeys!”、ソロの演奏の他、様々な音楽家、舞踏家、パフォーマー等と国内外で共演している。
即興表現によるMIXED MEDIA ARTのフェスティバル“PERSPECTIVE EMOTION (透視的情動)”主宰。
即興表現ワークショップを各地で開催している。
http://www.kilie.com/mukai/

Yue
ビンテージエレクトロニクスアブストラクト



2014/5/13(火)【ライブ】
★doravideo「LaserGuitar」2014九州ツアー★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:doravideo(東京)/seira/peppies/n.N.d.i
料金:前売・予約 2000円/当日2500円

doravideo
2012年長年プロとして活動してきたドラムを引退。その後tkrworks社と長年開発を進めて来た映像と音楽をリアルタイムにリミックス出来る自作楽器「DORAnome」により活動を再開。既製の楽器ありきの音楽では無く楽器自体から自分自身の音楽専用に一から作り上げるというコンセプトにより圧倒的な個性と唯一無似な世界観を出している。
http://doravideo.net/

ドラムによるコンピューターコントロールシステム「ドラびでお」はドラマー一楽儀光によるソロ・ユニットでドラムセットを巨大なビデオデッキとして使用し映像をコントロールしている。この「ドラびでお」は世界中のロックフェス、ジャズフェス、メディアアートフェス、映画祭、芸術祭でも好評を博している。

知的でストイックな作品が主流のメディアアートシーンの中、彼の作品は粗野で下品そしてくどいぐらいのエンターテイメントである。

2005年にはARS Electronica(オーストリア)にてその年最も優れたDigital Musicsに贈られるHonorary Mention賞を受賞。2007年6月世界芸術界の最高峰ベネチアビエンナーレに招待され2008年8月にはスペイン「サラゴサ万国博覧会」に日本代表として招待。2009年には人気テレビ番組「SMAP×SMAP」にも出演している。

seira
「別府レッグウォーマーず」として活動。今回はdoravideoとのコラボレーションの予定
peppies
キラーノイズmeetsポストパンカー

n.N.d.i
エレキベース



2014/5/15(木)【ライブ】
★AT RANDOM Special!★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:出演:KIJIMA SOUND SYSTEM(東京)/Doit Science(熊本)/ネネカート
DJ:通行人(熊本)
料金:前売り・予約 2000円/当日2500円

Kijima Sound System
永田壮一郎の主宰する企画である。改造人間ではない。
演奏する形態は様々で、永田壮一郎一人で行われる場合もあれば、10人を超えるビッグバンド形式まで様々である。(他は全員改造人間である。)
もともとの企画の主眼は、音楽単体で表現することに限界があると思っていたので映像やらにおいやら聴覚と触覚以外の感覚も刺激するつもりだったが、計算したり企画するのがものすごく難しいので、総合芸術にするのは後回しにした。
今はせめて音楽を一生懸命やっている。
演奏するときはいつも、知っているのに、忘れていることを思い出してほしいと願っている。
これが目標で、いつもテーマだ。
http://thomasrecordings.com/

Doit Science
"’02年春、熊本にて、ノイズ/インプロ・ユニット”鬼☆弁慶”が、ナイーヴな駄目青年ドイの更生をもくろみ、無理矢理バンドに巻き込む形で結成される。 よって当初のバンド名は、「Doit Chance / ドイチャンズ」であった。音楽性も、彼のパーソナリティを反映させるべく、Galaxie500~Luna的なナイーヴ・ロックを標榜していた。しかし、あまりの演奏力の無さと、なによりもドイ自身の更生への意思の弱さ、更に、ミック・カーンをフェイヴァリットに挙げるベースの山口が、ベースをフレットレスに改造したため、音楽性の変更と、それに伴いバンド名の変更を余儀なくされる。
「ドイ・サイエンス」改名後は、”レッド・クレイオラmeetsレッド・ツェッペリン”的アンサンブルを夢見て、グダグダのテクスチャーと無闇なコーラスの反復練習に励んでいる。’07年11月、自主レーベルmellowsounds worksより1stアルバム『Technology』を発表。 ’10年4月、OWENとTim Kinsella(Joan of Arc)と共演した博多住吉神社能楽殿でのアコースティック・ライヴを収めたCD-Rを発表。
’11年4月、& recordsの東日本大震災ベネフィット・コンピに上記ライヴCD-R収録曲にて参加。自主企画”Art Blakey”を主催。アート不毛の地・熊本にて、国内外から有名無名問わず、オブスキュアで刺激的なアーティストを多数招聘。これまでのゲストは、FLUID、elevation、Teppohseen、ヨルズ・インザ・スカイ、Accidents in too large field、Micchel Doneda、山内桂、velocityut、California Dolls、一楽まどか、,雅だよ雅、d.v.d、工藤冬里(Maher Shalal Hash Baz)、Fresh!、ドラびでお、勝井祐二、山本精一、RUINS alone、COMBOPIANO、テニスコーツ、電子卓上音楽団、nhhmbase、the guitar plus me、miyauchi yuri、Autumnleaf、worst taste、マクマナマン、Lawrece English、KIRIHITO、PANICSMILE、百景、awamok、Rachael Dadd、Ichi、いんぱらのヘソ、ヒゲの未亡人、cokiyu、倉地久美夫+外山明、アニス&ラカンカ、等々多岐に渡る。"
https://myspace.com/doitscience

ネネカート
オルタナ・オルタナカントリー ってだけでもない。ソフトロック、フォークトロニカ、、なんだろ。グッドミュージックを。
"スティーリー・ダン"は合衆国南部を旅をする。
大分を基盤に、福岡、熊本へと足を広げる。



2014/5/17(土)【クラブ】
★SOULFOOD 10th anniversary★
OPEN/START 22:00
DJ:M☆T☆K、YON、G-star、I・K、TEMMYE、panchi、M@CHA、KUNI
STAFF :2bs
料金:1500円(with 1drink)
問:080-3356-5328(モトキ)

ROCMENT OF DJ'z
ROCK、MIXTURE、ROCKIN'BREAKZ、etc...



2014/5/22(木)【ライブ】
mro1405.jpg

★あがた森魚新譜発売ツアー「2014すぴかたいずSpring」★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:あがた森魚(東京)
O.A.毛利幸隆(ライスボウル)
料金:前売り・予約 3000円/当日3500円

あがた森魚
'48 年北海道生まれ。'72年「赤色エレジー」にてデビュー。20世紀の大衆 文化を彷彿とさせる幻想的で架空感に満ちた作品世界を音楽、映画を中心に 展開。2012年デビュー40周年を迎え記念アルバム『女と男のいる舗道』、初期3枚のアルバムリイシュー、ベスト盤「あがた森魚ベスト大航海40年史」、40枚目のオリジナルアルバム『ぐすぺり幼年期』をリリース。2013年アーカイヴシリーズ『あがた森魚の世界史B』、40周年記念『女と男のいる 舗道』日比谷公会堂公演のCD、DVDをリリース。2013年3月新譜『すぴかたいず』リリース。ひきつづき全国でライヴを行い、日記映画を月刊 で上映している。
http://www.agatamorio.com/

毛利幸隆(ライスボウル)
2000年活動開始。現在は毛利ソロでの形態。
1stアルバム「きらめき」は曽我部恵一プロデュースのもとリリース。
あがたのツアーにも同行するなどその関係は深い。
http://riceballll.com/



2014/5/24(土)【ライブ】
★Lunarians/xinsha/gallo共同企画
 異種交配★

OPEN 19:00/START 19:30
出演:蛸地蔵(神戸)/Lunarians/xinsha/gallo
料金:前売2000円/当日2500円
※前売購入時にのみ学割、県外割各\500割引可能

蛸地蔵
姫カットにベルボトム!平成元禄元町サイケ、蛸地蔵でございます。
セカンドアルバム「幻の巣箱」レコ発ツアー
Gt.Vo. うえのひる子
Dr. ふなもと健祐
Ba. 多中心理
http://tacojizou.jimdo.com/

THE LUNARIANS
大分県別府市在住のフェイクロックバンド
Ueno ryosuke(Vo&Gu) Ishida Takefumi(Gu&Sax) Takunu Ono(Organ&Piano)
Goto Genki(Cello) Hayashi Yusuke(Dr)
http://lunariansbeppu.wix.com/the-lunarians
xinsha
揺れるカリメロ

zoo freaks

xinsha
http://xinsha.tumblr.com/
gallo
おおいたで活動中の4ピースばんどです。
http://gallololoita.tumblr.com/



2014/5/25(日)【ライブ】
★6x9 six by nine Special~ラズベリードリームを迎えて~★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:ラズベリードリーム(福岡)/BRINKY/AO-SORA 他
料金:前売り1800円/当日2300円

ラズベリードリーム
2006年、福岡中洲のLiveBar専属バンドとして結成し、約一年間活動。その後は個人の活動を軸とし、音楽講師や、プレーヤーの経験を 経て、オリジナルバンドへとたどり着いた結成5年目の2011年本格始動。「言葉にできない気持ちを僕らは歌う」を合い言葉に、 あらゆる年代の女性を中心に支持され、甘いLoveSongを得意とする軽快カラフルPOPバンド。 2012年3月には初のワンマンライブを開催し120名動員。 同日1st Album「STORY」発売し、300枚完売。再販決定。 この中の「YOU」は『鹿児島繋がるキャンペーン』のCMソングに抜擢される。2013年3月24日には2回目のワンマンライブを成功させ、同日2nd Album「LOVE」を発売。
http://raspberrydream.official.jp/

BRINKY
「誰でも楽しめる演奏」をモットーとする
ファミリーパンクロックバンド。
オリジナルを中心に
ライブ活動をしている。
少年ナイフ、RAMONESのコピーも。
http://87.xmbs.jp/brinkey/
AO-SORA
油布諒介(A.Gt)、甲斐優希(Cajon)の2人からなるハイブリッドインストゥルメンタルユニット。
歌は無く、歌詞も無い。いわゆる「標題音楽」を軸とした曲作りを行っている。アコースティックギターとカホンというシンプルな組合わせから生まれる繊細かつ柔らかなサウンド、時に流血を伴う過激なライブパフォーマンス、笑いを取る事も忘れないライブスタイルでオーディエンスを魅了する。
温かく優しいバラード、スラップ奏法・速弾きを用いた激しいナンバーなど、アコースティックの枠を越え、あらゆるジャンルの枠を越えた多彩な音楽性でインストの可能性を追求し、その面白さを広めていくため活動を展開している。
http://aosora43.wix.com/aosorajetfinger



2014/5/31(土)【クラブ】
rd1405.jpg

★アニメソングDJイベント in おおいた
 『ろけっと☆だいぶ vol.8』★

START 19:00(till 26:00)
出演:あひるきの子/Kazu→H@ck♂/龍兄様/前田慶次/おじょー/ハルハラ(ファンタスティックプラネッツ)/UN☆SO☆YA(とらい★あんぐる
料金:1500円

"「これヤバくね?」「これマジでヤバいっす!」
その頃のぼくらといったらいつもこんな調子だった
心のベスト10 第一位はこんなアニメソングだった

(今回の)ろけっと☆だいぶは夜の7時!

ろけっと☆だいぶはアニメ・ゲーム・特撮・声優・ボーカロイド等の楽曲を幅広くお届けするイベントです。
最新のヒットソングから懐かしのあの曲、思わず歌って踊りたくなる曲から心の琴線に触れるスローバラード、みなさんご存知の有名曲からもっと知ってほしい隠れた名曲まで!老若男女問わず、オタクだけでなく非オタな方でも楽しめます!!
歌うも良し、踊るも良し、ゆっくりと耳を傾けるなど楽しみ方は人それぞれ!!コスプレイヤーの参加ももちろん大歓迎♪

アニメソングのマシンガンで君のハートも撃ち抜けるさ。
眠れない夜には時計はいらないから、とにかくパーティーを続けよう。これからも、ずっとずっとこの先も。"

http://rocketdivemember.blog.fc2.com/




チケットなど総合問い合わせ:AT HALL 097-535-2567 info@athall.com

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、右記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。
スポンサーサイト

テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報

毎年秋にアトホールで催されている「大分舞台芸術フェスティバル」演劇などのイベントがいろいろな団体により入れ替わり立ち代り集中的に開催されている。

2013年のフェスの幕を開けるのは、毎年参加している大分出身の頼れるアネキ小心ズ ヤノミが敬愛するデタラメインチキ紳士こと古き良き大衆音楽全般を愛するミュージシャン ハッチハッチェルを伴ってのレビューショー?

ynm131011.jpgショーはざっくり言って二部構成。
一部はヤノミが海外ツアーなどでも披露し、磨き上げてきた「ミスしゃっくりの幸せな一日」
花に包まれたとにかく派手な女が、音楽に合わせて歌い、踊り、笑い、泣く。

hchc131011.jpgハッチハッチェル、今回のオーケストラはドラムにウッドベース、キーボードという編成。
ハッチェルは年季を積んだおじいさんバイオリン(大分公演は二日公演、その間に大分在住の親切な職人さんがカラカラいってた魂柱を修理してくれたやつ)とギター。
"ラグタイムジャグバンド、古いジャズ、外国の民謡、マヌ・チャオなんか好きな人にオススメよ"

ってな歌たちを見事なおっさん力で粋に楽しくプレイ。いろんなとこで、続けてきた、説得力。

ynhc131011.jpg今回のホステスヤノミとの素敵なデュエットも。
歌の前におしゃべりで軽妙なやり取りも、ね。

人生、煤ける時もあるけれど、それでもやっぱり捨てたもんじゃない、って思える夜を。

2013/10/11(金)、12(土)

小心ズ http://shoshinznet.web.fc2.com/
ハッチハッチェル http://officebarbecue.com/



テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

劇団トレロカモミロ主宰のkazumaritchie、基本超人、時々おしゃべり、時々代表、超人発電所による2時間ノンストップ&ノンカテゴライズトークショー「のばなし」。その17は奇数月っていうルールをちょっと外して、10月に開催。

それは2013年も開催された大分舞台芸術フェスティバルをフィーチャーするため。

nbns2131004.jpg

雑談もそこそこに、舞台芸術フェスティバル参加団体のいくつか、

演劇集団 Re:音速でんでん虫
Drama Art Unit Beauty-pool
映像創作ユニット バイカーズ


の代表者も意外に早めにステージに上げたりしつつ、これまた意外に脚本や制作についてなどをマジメに話をしたり。設定を与えての大喜利的にエチュード的なことやったりと。

nbns131004.jpg

「チェルってる?」

2013/10/4(金)




「チェルってる? ってなに?」

テーマ:演劇・劇団 - ジャンル:学問・文化・芸術

山本精一と「ROVO」を立ち上げたエレクトリック・ヴァイオリンの第一人者勝井祐二、そしてインドに留学しタブラを学び、あまちゃんへの音楽での参加などのメジャーからインディーズまでフィールドを問わず活躍するタブラ奏者u-zhaan、こちらも第一人者。
二人のコラボレーションで大分へ。

uzn131002.jpgu-zhaan、径の大きさの違うタブラを5つ並べる。一個一個の前にマイク、足元にループステーション一個。
勝井はJCのアンプ、足元に空間系のエフェクター、バイオリンは4弦と5弦の二つ。弦はスチール。


基本即興、タブラはリズムでもありメロディをも担う。

kti131002.jpgバイオリンは奔放に動き回り、自由に広がってく。
ループし、重なり、拡散される。

技術はもちろん、遊び心もある二人。


カバーも少し、森のくまさんダブ風、あまちゃんのテーマアレンジしすぎで原曲わかんなくなるくらいに。(勝井さん見てないから)
アイリッシュフィドル風にミッキーマウスマーチ。十二分に遊ぶ。

フェスティバルフクシマでサカモト教授から直伝されたテクノポリスをアルトホルンと生バイオリンで。

ktuz131002.jpg

休憩を挟んでの二部構成。
二人とは思えないサイケデリック世界。
真っ暗にして音だけ鳴ってても、それぞれの頭の中にそれが広がってんじゃないかな。

2013/10/2(水)

勝井祐二 http://www.katsuiyuji.com/
u-zhaan http://u-zhaan.com/



テーマ:音楽機材 - ジャンル:音楽

エルサレム在住イスラエル人とパリ在住フランス人からなるデュオ「WINTER FAMILY」
日本ツアーで大分に。

共演はそれぞれ久々のMaher Shalal Hash Bazclavinotes

clv131001.jpgclavinotesはいろいろあって基本的にフロントマン竹田のソロ。
新曲も含めアコギでやさしい歌を。ドラムにサポートが入ったり、コーラス?として違和感があり過ぎのビックリする"ガール"が入ったり。ピュア、スカム


mhl131001.jpgMaher Shalal Hash Baz、無茶ぶりの王国。clavinotesがそのままスライドして、ノイジシャンkappaが加わった編成。
工藤冬里の詩をパソコンからプロジェクターに映し、リーディング。楽器隊はそれを見てインスパイアされたもので即興でループを作る。
パソコンのシャットダウンで強制終了。パッと1分くらいピアノと歌声でハッとさせる。

wf131001.jpg「WINTER FAMILY」、ビザール楽器フィリコーダをベーアンに繋いでパイプオルガンとして使う。重低音。
女性フロントマン、タム、シンバル、スネア、リズムボックス、モーリン・タッカーみたいに叩きながら、歌ったり、朗読、手で科を作ったりしながら、のどっか不穏なパッケージショー。


「低音効かせたヤングマーブルジャイアンツかレインコーツに日本のビジュアル系の基になったものがちょっぴり混ざって、それにケレンを振りかけて、みたいな。」

「あと、今日の通底のダシとしてアメリカ的グローバリズム嫌い、みたいな。」


2013/10/1(火)

WINTER FAMILY http://www.winterfamily.info/index2.php
Maher Shalal Hash Baz http://www.myspace.com/decablisty
clavinotes http://www.myspace.com/clavinotes
Kappa http://www.kappa.nu/k_intro.html



テーマ:ヴィジュアル - ジャンル:音楽


活動休止中の「L⇔R」のギタリストであり、プロデューサー、アレンジャーでもある黒沢秀樹とソロでも活動する前岨啓之こと(いや逆か)SOWAN SONG(ソワンソング)によるユニット「クロソワン」

ppka130929.jpgオープニングとして登場するのは大分のオトナファンキーバンド「ププケア」。ノリのいいグルーヴィーなロックを奏でるが、オトナなのに音がデカイ。音の塊で腰を揺らす。モ・ファンキー!

krsw130929.jpg「クロソワン」、ライブタイトルの「クロソワンの部屋」の通り、二人アコースティックギターを持ち、大人の柔らかいポップソングを。ルーツなどを感じさせるもの。
二人のギターと声のハーモニー、そしてソワンの大阪出身ならでは?の笑いを誘うMC。息子さんの鉄男ネタなんかで。
二人のソロの持ち曲、ブレッド&バターのカバーなども。


2013/9/29(日)夜

黒沢秀樹 http://ameblo.jp/hideki-kurosawa/
SOWAN SONG http://sowansong.com/



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

大分大学の軽音楽サークル「K on spice」の定期ライブが9月も末、夏休みの最後の日曜日に開催。
宿題を最後の日にまとめて済ます、にリスペクトを捧げたわけじゃあないが大挙19組が出演。さ、ドーンと行ってみよう。欽ちゃんばりに。

夏休み最後に4年生フロントのバンドがまずトップで登場。トリオで10-FEET「goes on」、Nirvanaの「Breed」、「American idiot」と美味しいところ連発でまず盛り上げる。

kos130929.jpg

続いては一年生?っぽいバンドが登場。ラルクの「Ready Steady Go」「Honey」を。フレッシュ!


その音通りキーボードの女の子も前面に立ってフジファブリックのナンバーを披露する5人。

kos2130929.jpg

DOESの「曇天」「修羅」を披露。最近の子たちが最初に飛ぼうとするハードルの曲をしっかりと。


キャップ姿、ストリートスタイルでかますのは10-FEET。「Super Stomper」「1sec.」なんかを。

kos3130929.jpg

女子がボーカルに立ってチャットモンチー、勢いいい「風吹けば恋」、しっとりした「染まるよ」。対比。


NICO Touch the Wallsの「夏の大三角形」「ホログラム」、ええ声~。

kos4130929.jpg

部長のアネキが参加してのGOGO!7188を本家と同じ編成で。「こいのうた」「C7」、代表曲。


衣装もビシッと決めてVAMPSのナンバー「ahead」「LOVE ADDICT」を。

kos5130929.jpg

別府のパイセンhotspringのカバーする4人は衣装の赤シャツも本家に合わせて。「ダニエルとメロディ」「エレクトリッククイーン」なんかを。


長いライブも中盤越えたところで次は9mm Paraberum Bulletの「Black market Blues」「新しい光」など3曲を気合いっぱいで。

kos6130929.jpg

茶髪ボブ女子がボーカルでセンターに立ってクリープハイプを。「オレンジ」「イノチミジカシ」などを。


キーボードが袖にはみ出すような編成でflumpoolの「because ...i am」「星に願いを」を。

kos7130929.jpg

黒猫チェルシー、ロックにガレージに、ガッツンガツンの勢いで。短距離走。


違った感じでバッキバキでBullet for my Valentineを。「Scream Aim Fire」「The Last Fight」、こちらも気合バッチリ。

kos8130929.jpg

ボーカリストとベーシストが女子で木村カエラのナンバー「Three Climbers」「Magic Music」、もちろん「リルラリルハ」も。


ONEOK Rock、「努々」(ゆめゆめ)、「Re:make」などを。ベーシスト途中から上半身裸になったり。

kos9130929.jpg

SiM、激しいのを一発。「AMY」「KILLING ME」、ギターも回そうかって勢いで。またまたまた気合バッチリで。


kos10130929.jpg

トリ、高校時代、中学時代を思い出すって勢いでB-DASH「ちょ」なんかを。明るく締めくくる。

2013/9/29(日)



テーマ:J-POP - ジャンル:音楽

ノルウェーのフリージャズ、現代音楽に影響を受けたクインテット「HONEST JOHN」。ギター、ベース、ドラムに木管バイオリンが加わる。

ktr130928.jpg大分のベテランサックス奏者山内桂が共演。
即興、アルトとソプラニーノ、2本を持ち、出来るだけ音がシームレスに繋がるように吹いていく。ホフネンの再現パート、久々のアルト、高音からぼわぼわ、突き刺したり、分裂症的にも。


hjn130928.jpg「HONEST JOHN」、それぞれアカデミックに音楽を学んだ上、Jazzっぽさもありつつ、崩してく。目茶苦茶に聞こえる即興っぽい時も譜面をガン見したりもしながらってのがちと面白い。
細かい展開がグルーヴを生む、それも北欧の人特有に持つグルーヴなんかもあるのかなー、なんて。
クラリネットにサックス、そしてギターやバンジョーをユニゾンで重ねてモアレになったり。

ものすごい技巧を見せつけた上で無駄にするー、みたいなー。

2013/9/28(土)

HONEST JOHN http://www.honestjohn.no/
山内桂 http://www.salmosax.com/



テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

竹尾悠兵と首藤将太によるお笑いコンビ「野良レンジャー」
月末金曜、「野良レンジャー」と福岡吉本よりやって来た「大正丸」パルハウスが今回もネタにトークと大忙しの「よしもと住みますライブ」。

近況報告的に野良レン二人でのトーク。
他県の住みます芸人がクラブのDJしてるー、ボクシングしてるー、に対して俺たちはー、、、みたいな境遇話しなんかしたり。

nrn130927.jpg

ネタ、大正丸はミッシェル、K-POPなんか使った音楽ネタにダンス、「パルハウス」は坊主ズラ使ったりしたコント、「野良レンジャー」は練った漫才を熱く、とそれぞれの本芸を見せていく。大分ではなかなか見れない。

nrn2130927.jpg

企画コーナーでは全員でゲームしたりもしつつ、トークし、じゃれる。
途中、客席に見に来てた福岡吉本のトリテンのメンバーも少しだけ板の上に上がったりも。

子供がいたって、O-30だって、若手芸人はわちゃわちゃと。

2013/9/27(金)



テーマ:芸人ライブ - ジャンル:お笑い

大分のストリートパンクバンド「SCRAPMEN」企画によるライブ「HOMELESS」。東京からのゲストも迎えて行なわれた。

DJのTA7KENYORIYORI、パンクにあまりこだわらず、日本のメインストリームのロックなんかも回してく。

als130921.jpg「THE Allisow」、トリオ。練習を重ねたところでボーカルが抜けたという血塗られた歴史があるということ(大袈裟)。よってドラムボーカル、SNUFF?
ファストコア、速いビートの上しっかり歌う。

hml130921.jpg東京からのメインゲスト「HOW」の後輩バンドが急遽登場。
東京からやって来て、ギターとドラムだけという編成で意外に普通の歌。ただ酔っ払いブースターがかかってかなりスカム。怒られる線ギリギリみたい、で。

wiy130921.jpg「WORLD IS YOURS」、ラップメタル的な音像で真摯にメッセージを送る。一緒に合わせられるコーラスがそれを補強する。かなりHipHopを聞き込んでる印象。

how130921.jpgメインゲストの「HOW」、トリオからのファストコア。スラッシュ、レゲエ、スカなんかをごちゃ混ぜにして。「トンカツ食え食え」、キラーチューン、キラーフレーズ。食っとけ、食っとけ、重いのを、速く速く。

scr130921.jpg「SCRAPMEN」、トリ、主催なのに盛大にいじられる。これもそのキャラ故か、3人とも。
細かいことは気にすんな、のパンク。US成分多め。電撃バップのカバーなんかも。
パーティーは下ネタ極めて多めで進んでく。酒の花も野次の花も盛大に飛んでいく。

飲まれて飲んで。

2013/9/21(日)

HOW http://ip.tosp.co.jp/i.asp?I=headoverwalls
world is yours http://worldisyoursjp.blogspot.jp/



テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

ノルウェーからの日本ツアーを行う5人組"サード・ストリーム・ストーナー・ロック"バンド「Robblerobble」。アカデミックなジャズを素養としつつ、新たな音を作り上げる。

lnr130920.jpg大分での対バンは精力的に活動していた「ULTRA HEAVENS」、「The centralbars」が発展解消の上合流して誕生した「THE LUNARIANS」
楽器陣にチェロが加わって、今までの自分たちの曲も新たにリコンストラクチャリング、良く考えられて整理している。自称の"フェイクロック"ってのが分かってる名付けである。

hugh130920.jpg6人の後は一転、一人。ギター一本での弾き語りhugh。いやたぶん普通の弾き語りとも違うのだが。
繊細な指弾きに小さな歌声、ボディを叩いての奏法も交えながら。
今回のツアーブッキングの東京のライブハウススタッフも興味を。

nnc130920.jpgネネカート、今回はベースがヘルプ。「SAYOUTEN」のドラマーが何故かベースで。
それでも練られたポップス世界は変わらずに。だがどこかロッキン。そういうものか。

rbl130920.jpg「Robblerobble」、いわゆるロックバンドらしいドラム、ベース、ギターにサックス、トランペットの管が加わった編成。それで、ドローンエレクトロニカからサバスまでと言った音をジャズのベースの上で料理する。
ダイナミックな音像もあるが、小さな音のとこが上手い。
リーダーのJohn Liljaにこやかに、「ラストソングイズヴェリーロング」なんてMCもちょけた感じで。


2013/9/20(金)

THE LUNARIANS http://lunariansbeppu.wix.com/the-lunarians



テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽


ヨーロッパのメタルフェスなどにも参加する日本の二人組ノイズグラインドバンド「SETE STAR SEPT」。今回はカナダより「ARCHAGATHUS」「VIOLENT GORGE」二組を迎えてのスプリット?ツアー。
しかしバンド二組ってのに白人さんは4人しかいないってのは少なすぎやしませんかねー。各々4人組だったはずなんですが。

vi130919.jpg彼ら迎えるのは大分を代表するゴアグラインドバンド「VISCERA INFEST」
彼らもメキシコインドネシアツアーを行なっているだけに堂々といつも通りの様子で最速爆音下水道サウンドで客人たちをお・も・て・な・す。


arc130919.jpg2バンド目は「ARCHAGATHUS」。リハ登場からほぼパンイチの巨体の半裸が一人おるって状態だったが、ギター2本で音塊感あるブラスト祭のグラインド祭を披露。ボーカルは二人で喚き散らす。PA泣かせの爆音を問答無用で。


sss130919.jpg「SETE STAR SEPT」、二人だがフロントのベースKaeはベーアンはもちろんギーアン2台からも歪ませまくって音階も分かりにくいノイズを撒き散らし、ドラムのKiyasuもまた半裸で上手い人がしっちゃかめっちゃか叩きまわす。
15分で30曲くらいをワーワーと。


vg130919.jpgラストは「VIOLENT GORGE」。なんのことはない同じ4人の役割が変わっただけ。ギターが一本になって、パンイチがギター持たんでプロレスラーのように暴れまわり、転がってガナる、叫ぶ。小橋健太がほんとに好きらしい。
嵐のような時空間。ようわからんけど。


アメプロ。こまけえことはどうでもいい的な。それもインディー。
カナディアン・デストロイヤー!

2013/9/19(木)

http://www.7s7.org/
ARCHAGATHUS https://myspace.com/archagathus
VIOLENT GORGE http://violentgorge.bandcamp.com/



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

N.Y.と極東、太平洋を股にかけて活動する和洋折衷ロックコンビ「KenSouthRock」
BREAK THE WALLS JAPAN TOUR、でっかい太平洋はもちろん、いろんな壁をぶっ壊すべくライブにやって来る。

kdb130916.jpgトップバッターは"スイミン不足"も関係ない、いや関係あった!ガールズバンド「こどものあそび」。3人、オリジナル、ロックンロールなんだけどかわいらしい曲を。


hps130916.jpg「My Boy Lolipop」たち、ではない、いや関係あった!「THE HIPPIES」。ガレージなロックでガンガンいくぜ、前傾姿勢でセミアコ弾くぜ、翻案強い「Hippy Hippy Shake」も突っ走る。


sbc130916.jpg前日のライブなんかで突然大分に来ることが決まったKenの盟友と言ってもいい鹿児島のトリオ「水中ブランコ」が登場。そんな急遽でも彼らを見に来たお客さんもいる。
楽しそうに音圧を感じさせるロックを鳴らす。


ksr130916.jpg「KenSouthRock」、二人なんで当然セットなんかもガッツリ変えて。ドラムにアコギだが、ベーアンも鳴らしてガンガンにダイナミックにロックする。
アメリカでも日本台湾でもライブを重ね、いろんなとこがこなれ、馴染んできて自由に遊ぶ。


2013/9/16(月)

KenSouthRock http://bakeru.jugem.jp/
水中ブランコ http://suichu-blanco.jimdo.com/


テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

03 | 2014/04 | 05
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー