大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※チケットなどのお問い合わせは アトホール まで。横のカラムの ABOUT/MAP (1) のカテゴリーをクリック


2014/6/7(土)【ライブ】
★Tomoki Sato Trio Live in Oita★
OPEN 18:00/START 19:00
出演:Tomoki Sato Trio(東京)
O.A. 荒木音弥 (sax)/森山朝子
料金:3000円

問:nuun0224@gmail.com *ご予約は、お名前、人数を明記の上左記まで

Tomoki Sato
ウクレレプレーヤー、ヴォーカリスト、コンポーザー、ソングライター。
1992年生まれ。3歳でピアノを弾きはじめる。16歳の時にウクレレをはじめ、驚異的なスピードで上達し、その年にライブデビュー。2009年、アメリカのボストンに留学。現地で語学を学ぶ傍ら、様々なジャンルの音楽に出会う。現地のバーでの演奏や、チャリティーコンサートに積極的に出演し、ウクレレの演奏技術と音楽センスを磨く。帰国後、2011年、その高いウクレレの演奏技術が話題となり、カナダケベック州のラジオ番組に出演。
2010年より歌手としての活動も開始。2013年には自身初となる2曲入りのミニアルバム「You and I」をリリース。
現在はカフェ、レストラン、イベント等で精力的にライブ活動を行っている。また、ソロ活動の傍ら、ベースに矢口康平、ドラムにそのだゆうすけを迎えた「Tomoki Sato Trio」での活動も開始。歌唱力、ウクレレ演奏技術、二つの才能を兼ね備えたニュータイプの若手アーティストとして、今後のさらなる活躍が期待されている。
http://www.tomokisato.com/

"ヨーロッパツアーを控えた彼らの大分公演"

雑貨屋Cochocohoとのコラボも。



2014/6/8(日)【ライブ】
★ブルーベイブ主催「ふぉーくしょんぼりー」★
START 19:00
出演:ブルーベイブクルー
料金:1500円(1寿司と1唐揚げ付)

問:Blue Babe 090-2510-0694

30年を超える歴史の大分のブルースバーBlue Babe主催のイベント。
寿司? 唐揚げ?



2014/6/11(水)【ライブ】
rg1406.jpg

★ロマンスグレー・サウンドスケイプ』九州ツアー★
OPEN/START 19:00
出演:ロマンスグレー・サウンドスケイプ(ASA-CHANG&小林武文/東京)
w/Masaru Mitarai & Germination Sound
料金:前売2500円/当日3000円(要1drink order)
※5人で団体割引あり

ロマンスグレー・サウンスドケイプ
ASA-CHANG と小林武文が2013年1月に突然つくった、ロマンスグレー・サウンドスケイプ。
ASA-CHANGのタブラボンゴ、トランペット、巡礼トロニクス等など数々のアイテムと
小林武文のドラム、タブラボンゴ、金属・木製・電気的各種打楽器。
4畳半から大ホールまで、空間に応じて自由自在な、
打楽器的あるいは非打楽器的なDUOパフォーマンス。

ドラムセットをはじめとして、皮物、小物、電気物まで、様々な打楽器を駆使し、独特の音楽を作り出す。
http://romancegrey.tabigeinin.com/

ASA-CHANG
ヘア・メイキャップアーティストを目指して、上京。
渡辺サブロオ氏のアシスタントを経て、SASHU所属のヘア・メイクへ。
80年代中~後半にかけて、Olive、anan、キューティー等、ファッション誌や、小泉今日子、本木雅弘、山瀬まみ等の当時のカッティング・エッジなアイドル、タレントの仕事を数多く手掛けるも、89年に東京スカパラダイスオーケストラのパーカッション兼バンド・マスターとしてデビュー。その自ら創始した東京スカパラダイスオーケストラがブレイクを果たすが、93年に脱退、フリーランスに。
スカパラ在籍時から、その特異なライブ・パフォーマンス、プレイは注目されていたが、独立後の数々のセッション・ワークにより、ドラマー、パーカッショニストとしてその存在を知られるようになる。
いわゆるラテン・パーカッション系だけでなくインド・アジア系から玩具類、ガラクタ、シンセ音などを散りばめ、楽曲にアプローチする彼独特のプレイスタイルを確立し、ドラマーとしても躍動感のある唯一無二のそのビートは、パワフルさと繊細さを兼ね備え、数多くのアーティストからの信望を集めている。
ポップとアバンギャルドを軽々と行き来する様々な活動は、多くの注目を集めている一方、作曲・アレンジもこなすプロデューサーとしても活躍している。
http://www.asa-chang.com/

小林武文
邦楽囃子方仙波清彦氏に師事し、邦楽・お囃子を国立劇場などで実践的に学ぶ。
舞台・ライブサポート・レコーディングなど、幅広いフィールドで演奏する一方、作編曲活動も行う。
NHK Eテレ「大!天才てれびくん」の音楽コーナーMTKで楽曲プロデュースした「パタタピテ ポタツピテ」は大きな反響を呼んだ。
自身のグループ「琴鼓'n管(キンコンカン)」の他、SARDINEHEAD、小川美潮フ・タウタフ、林正樹との”シャバヒゲ”,"間を奏でる"、国広和毅率いる”ダた”、あまちゃんスペシャルビッグバンド、ASA-CHANGとの”ロマンスグレー・サウンドスケイプ”といった数多くのユニット、さらに「鬼太鼓座」にはドラマーとしてゲスト出演するなど、多方面で活動中。
http://shabahige.boo.jp/kobatake/



2014/6/14(土)【ライブ】
fpsx1406.jpg

★2MAN FREE LIVE
 ファンタスティック・プラネッツ vs SIX LOUNGE★

OPEN 17:00
出演:ファンタスティック・プラネッツ/SIX LOUNGE
料金:無料

SHOW ME WHAT YOU GOT

"NERD INVADER STRIKE"
ファンタスティック・プラネッツ
ワッサァ地球人!
ワレワレハ『ファンタスティックプラネッツ』!
通称『ファンプラちゃん』!
ゴキゲンジャンの御意見番!
地球をダンスホールにすべく
遠い惑星からやってきた6人組の侵略者!
振れよサイリウム!
踏めよサイドステップ!
ライブハウスで待ってるぜ!
http://fanpla.com/

"TEENAGE PUNK ROCKS"
SIX LOUNGE
大分を中心に活動するTeenage Punk Rock Band
http://artist.aremond.net/sixlounge/

当日限定、枚数限定のTシャツ販売予定。



2014/6/16(月)【ライブ】
★AT VERSUS!★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:The Lunarians/水中ブランコ(鹿児島)
料金:前売・予約1800円/当日2300円

水中ブランコ
Gt&Vo 井上 雄太
Ba ヒダカ ユイ
Dr リュージ

2009 年7 月、Gt&Vo イノウエを中心に結成。同年8 月初ライブ、2010 年1 月南九州ロックフェスvalcano10 にてオープニングアクトを務め、その後、鹿児島を拠点に九州各地でライブ活動を展開。2011 年10月1stminiAlbum「Dummy」をリリース。2012 年5 月、公開レコーディングワンマンライブ”水アソビ”を行い、7,8 月にはKenSouthRock!!!!!と共にのWレコ発全国ツアーをする。さらに2012 年12 月1stFullAlbum「SOLE」リリース。それを引っ提げ2012 年1 月東名阪、九州を中心とした全国ツアーを行う。そして、2013 年5 月からアメリカ、台湾を含む過去最大規模のツアー『チノメグリツアー』を敢行!!衝動的なロックミュージック。激しいライブパフォーマンスと独自のサウンド、そしてステージ内外とのギャップで聴衆に衝撃を与える。
http://ryujiblanco.wix.com/suichublanco

THE LUNARIANS
大分県別府市在住のフェイクロックバンド
Ueno ryosuke(Violin&Sax.etc) Ishida Takefumi(Gu&Sax) Takunu Ono(Organ&Piano)
Goto Genki(Bass) Hayashi Yusuke(Dr)
http://lunariansbeppu.wix.com/the-lunarians



2014/6/21(土)昼
★RESERVED★

2014/6/21(土)夜【ライブ】
pd1406.jpg

★プラハデパート LIVE in 大分★
START 21:30
出演:Praha Depart(東京)/Natural merry-go-round/hugh
料金:前売2000円/当日2500円

Praha Depart
2004年結成。
矢野真依(北海道留萌市出身、Ba./Vo.)、亀谷司(北海道留萌市出身、Gt.)、山本淳平(茨城県水戸市出身、Dr.)の3ピースオルタナティブロックバンド。Japan Timesでは「抑えきれないダンサブルなジプシーパンク」と評される。
プラハのチェコアニメーターであるヤン・シュバンクマイエルに影響を受け、プラハ(Praha)へ飛び立つ(Depart)前の期待や不安を同居させた気持ち混ぜ込んでバンド名に託す。音楽を聴いている間は対象を異国へ連れ出す様な体験をさせたいという思いで演奏を続けている。
亀谷と矢野が在学中に一緒に行った2001年Rising Sun Rock Festivalにてeastern youthのライブを観た事で2人の人生が一変。 情熱が音楽を通して明確に伝わり、やりたいのはコレだと気づく。音楽道に進む火種となった。
亀谷が在学していた大学周辺で音楽活動を始動。卒業後は東京に拠点を移し、友人から紹介されたドラマー山本が加入。
現在に至る。東京を拠点に活動し、2007年〜2012年にかけて10度の自主企画「解態サロン」を開催。
東京では2010、2011年の2度ワンマンショウを敢行。即興、ラテン、金切りボイス、オクターブファズやディレイエフェクトを取り入れながら、過去に自主制作でCheck!(2008)とUOU SAOU(2009)、イギリス人オーナーレーベルのCall and Response RecordsからDot.(2012)をリリース。
2011年からDIYで海外での活動を広げ、24ヶ月間で6度の渡航。アメリカ・ヨーロッパ・カナダ・イギリスで通算10カ国20都市をツアー。これまで2011年3月ニューヨーク、10月ヨーロッパ(スロベニア/フランス/スペイン/ドイツ/オランダ)では
スロベニアンラッパーN'tokoとツアーを周り、 スペインではAmerican Psychedelic Band/Bardo Pondの前座を2度務める。 2012年3月はニューヨーク、5月カナダではNext Music From Tokyo vol.4に招集され、ZAZEN BOYS,group_inou,チャランポランタンとツアーを周り、 11月には2度目となるヨーロッパ(イギリス/チェコ/ドイツ/オランダ/スロベニア/オーストリア)での単独ツアーを敢行。バンド名の由来でもあるチェコ・プラハで2度公演のチャンスを得る。
2013年3月にはニューヨークとアメリカ最大美術館の一つであるフィラデルフィア美術館にて単独公演を果たす。
結成10年目の節目である2014年も勢力的に国内外ツアーを予定している。
http://www.prahadepart.com/

Natural merry-go-round
大分の4ピースバンド。グルーヴィーで歌もので、少し舐めてて。
hugh
サイケデリックフォークシンガー。クラシカルマナーなフィンガリングから繰り出される幻想的なアルペジオとウイスパーボイスが作り出す夢見がちな世界



2014/6/22(日)
★RESERVED★

2014/6/28(土)【ライブ】
★Kids are alright 2014★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:Saloon/チェリーブロッサムズ/The Pete Beat Brains
DJ:NORI/KAWAUSO/SHIHO
料金:1500円(フライヤー提示の方1ドリンク付き)

万国の労働者よ、団結せよ!
メーデーが6月だってもいいじゃない。
大分の、2014年の、メーデー、ここに開催。

いや、重要なのはそこじゃない、モッズたち、ここに集まれー!
いま歌え、いま飛ばせ、確かな鼓動
いや、そっちじゃない! だがとにかく Kids are alright



2014/6/29(日)【ライブ】
yke1406.jpgsn1406.jpg

★玄海つれづれラプソディ大分編★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:佐藤行衛(韓国)/インディアン・スニ(韓国)/hugh/にしやまひろかず 他
料金:前売・予約2000円/当日2500円

佐藤行衛
韓国を中心に活動する日本のミュージシャン、ギタリスト。
1995年 日本人によるコリアンロックバンド「コプチャンチョンゴル」を結成。バンド名は朝鮮語で「モツ煮」の意味。
韓国フォークロックはもちろんアバンギャルド(前衛)音楽までこなす弘大(ホンデ)前インディーズ音楽界の大物。

インディアン・スニ
韓国の女性シンガー

にしやまひろかず
音楽家 前衛家 何家 感覚家 家居ル家
http://ameblo.jp/haru70126/
hugh
サイケデリックフォークシンガー。クラシカルマナーなフィンガリングから繰り出される幻想的なアルペジオとウイスパーボイスが作り出す夢見がちな世界




チケットなど総合問い合わせ:AT HALL 097-535-2567 info@athall.com

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、右記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。
スポンサーサイト

テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報

「SAYOUTEN×S.A.G presents VECTOR vol.2」、県外からのゲストを迎えて開催。
バンドに加えてVJもまた県外から。

pps131108.jpgpeppies、ステージにエフェクター類をたっぷり並べて、ギターを軽く弾いて、後は回して、回して、重ねて、重ねて。サンプラーなんかも載っけてのノイズ。あっさりめ。

mtj131108.jpg宮崎からのゲストメタジュン。PA卓側に機材をセッティング。チープなテクノポップにのせて歌とダンス。そしてヴェルヴェッツのSUNDAY MORNINGに合わせて紙芝居。出し物ではなく、人間がスカムでノイズ的な感じ。宮崎ハンパね。

lnr131108.jpg「THE LUNARIANS」、元となった2バンドの融合が進み、さらに本格化してきたところ。このバンドで始めた新しい得物(楽器ね)、チェロなどの使い方にも慣れてきてる。ブルペン重ね、肩が暖まってきたということか。どんな形になっていくのか。

odk131108.jpgこれまた宮崎からの「おどけもの」。ギターとドラムの2人組、アトホールへは何度か。
顔にペイントした、邪悪なこどもたちって感じの二人はエフェクトかました尖った音で、いささか崩れた、しすぎた巨神兵てな感じでトラウマモード。

sag131109.jpg「SAYOUTEN×S.A.G」、主催が最後をきちんと〆る。
鉄のギターとノイズ、ニューウェーブが引きづりモードになって変なHIPHOPとして出てきた、みたいな。横ノリの解釈をどう捉えるのかみたいな。ゆっくり熱い。

2013/11/9(土)

THE LUNARIANS http://lunariansbeppu.wix.com/the-lunarians
SAYOUTEN http://www.myspace.com/sayouten
S.A.G https://soundcloud.com/s-airguitars083-1
おどけもの http://odoke-mono.blogspot.jp/
メタジュン http://ameblo.jp/tyuwarai/



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽


"デヴィッド・アレンと写真撮ったり話す日が来るとは…(T-T)高校時代の俺が知ったら失禁する…ていうか信じないと思う…。"

そんなことも言いたくなるよな、ロック界のレジェンドでもあるソフトマシーン、GONGのギタリストであるデヴィッド・アレンが、ユミ・ハラ&クリス・カトラーとのユニット「you me & us」がアトホールへ。

ymu131108.jpgドラムとキーボードにデヴィッドのギターと声、何故か昨日買ったお気に入りの火消しのハッピ、ピンと伸ばしたクリスの背筋。

書物、画面の向こうでしか見られなかった伝説みたいなものが大分に立っている。


"3人だけとは思えない濃密な時間、空間。
カンタベリーの匂い。60年代末から、70年代初頭の空気。
リアルタイムで"

多すぎず、少なすぎず、インプロと"曲"の分が上手く混じりあう。熟練の演奏。
観る人たちを 夢の人 に。

ymu2131108.jpg

ギター、エフェクター、音叉を使ったカモメの鳴き声のような音、そして詩の朗読も。
「Shipbuilding」、「HOPE FOR HAPPINESS→DYNAMITE」、「DIDODIDO」、楽曲でももちろん満足させる。

2013/11/8(金)

デヴィッド・アレン http://daevidallen.net/
クリス・カトラー http://www.ccutler.com/ccutler/
ユミ・ハラ http://yumihara.exblog.jp/



テーマ:プログレ - ジャンル:音楽

「anju presents PARAISO #6 Tour de 九州」
北九州出身、東京在住の主催者anjuが企画したシリーズライブで東京からの興味深いアーティストたちがやって来る。

myy131105.jpgしかし、トップで出るのは大分、九州組。地元は大切です。
yue+前田タイクソン+吉田主税による即興。発振機にターンテーブルによるスクラッチ、モジュラーシンセ。ここまではいい。ゾイドみたいなのがステージ前を歩く、コンロで湯を沸かす人、こなるとよく分からない。そしてサックス、あ、これは分かるわ。

kp131105.jpg続いても九州組、福岡のノイジシャンかっぱ。今回も自前のGUYATONEのギターアンプ、テーブルの上にエフェクターなど、アンプちょっと高いとこにあるんでボートの船外機みたいに。
バンダナ巻いて、気合入れて脳に突き刺さる高音に太めの低音、やりきる。

msq131105.jpg「MUSQIS」はマルチ奏者、野口英律を中心とした集団。ライブごとに編成は異なる。
今回はドラム2台、それぞれカオスパッドボイス、ピアニカなども隠し持つ。そしてベースにギター2本にバイオリン
ダイナミックなポリリズムダブ、麗しいバイオリンの音色、小さく、激しく、組曲のように移り変わる。

変わったことをやってるが結果的に一番今夜の中で一番普通のことを、なんて。

noe131105.jpg短波ラジオSONY CF-5950によるライブ演奏を行う直江実樹(radio)って担当楽器表記もなかなかにインパクトがあるが、その通り大きなラジオを膝抱えし、睦みごとのようにチャンネルを回す。スペースエコーをかましたラインとマイク使い分け、寸劇的にも見せるステージ、図らずも鳴った時報がナイスタイミング。

hrd131105.jpg国内外のフェスで活躍する「ROVO」のベーシストでもある原田仁
しかし今回は自称するHearts&Mindsという担当楽器?演奏?の呼称をTシャツの胸に躍らせ、ステージにはカオシレーターとマイクのみ。
ゴーーッというノイズボイスとリズムとメロディ混じった電子音のみ。
それをやろう、それだけでやろう、って発想がスゴイ。
新種のエクストリームメタルだったり、すんげえ勘違いした民族音楽みたいだったり。

「これはいったい何なんすかね。自分で喋っちゃうとなんですが」

2012/11/5(火)

原田仁 http://jindestroy.web.fc2.com/
MUSQIS http://sadtreelab.wix.com/musqis
直江実樹 http://blog.goo.ne.jp/mikinaoe42_12
かっぱ http://www.kappa.nu/k_intro.html



テーマ:音楽機材 - ジャンル:音楽

ファッション団体Modeの主催する初めてのイベント「夢十夜~第一夜~」。

ymt2131104.jpg

高校生から社会人まで、ドレスアップしたModeのメンバーたちがDJ、バンド、ダンスなど、自分たちの得意技を披露し、観に来た人たちをもてなす。もちろんこのイベントを企画したってことでも。

txl131104.jpg


TACTらによるDJ、Modeメンバーのいる「toxic Lilis」のライブ、イベントに協賛した「Spins」「澄箪笥」といったアパレルショップの映像での紹介などもあり。

ymt131104.jpg

「Modeのイベント、みんなキラキラしてました。それはModeの皆も来ていたお客さんも。すごいパワー。本当に拍手喝采です!」

ライブハウスにいつも来ていそうな人とはちょっと違った人たちがいっぱいなのうれしい。
そして元気な若い人たちはいろんなところにいるんだなー。

2013/11/4(火)



テーマ:古着 【USED CLOTHING】 - ジャンル:ファッション・ブランド

まだまだ続く「大分舞台芸術フェスティバル2013」
「Drama Art Unit Beauty-pool 第二回公演『明朗、暮らしゆく』」
と言っても今回は 作・演出・出演:上田奈津美の一人芝居
上田が書いた脚本を企画・制作:parfounir ruxuが中継ぎとなり長崎県の劇団F's Company の代表福田修志がドラマドクターとして脚本、演出プランにに助言などを与えてブラッシュアップを施す。


"おばあちゃんは、入院して寝たきりになったおじいちゃんを、一ヶ月ほど病院に泊まり込み、つきっきりで看病している。老衰のためほとんど口が聞けなくなったおじいちゃんを元気づけるため、声をかけ続ける"

dab131101.jpg

ステージはビール瓶のケースにベニヤ板、掛け布団をかけられてるのは切り株みたいな木材

"ある日、おばあちゃんは一度家に戻り、二人の思い出のアルバムを持ってくる。看病の合間にアルバムをめくり、おじいちゃんに写真を見せながら、思い出話を始める"

dab2131101.jpg

献身的に優しい言葉をかけ、介護をする老婆、木材は何も応えない。
優しい言葉をかけ続ける彼女が一瞬般若のようにも見える表情を見せる。

いつか来る道
どこまでホントの話か。
風鈴が鳴っている。

dab3131101.jpg

身にはつまされる
ただ誰でもが通る道
潰される必要もないが忘れてもいけない。

2013/11/2(土)、3(日)

Drama Art Unit Beauty-pool http://beautypool.blog.fc2.com
劇団F's Company http://www.fs-company.com/



テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

定期的に行われた大分吉本住みます芸人「野良レンジャー」のネタ&トークライブ。

まずは二人の近況報告を兼ねたフリートーク

nr131101.jpg

OABの地元番組「JORKER」のレギュラーが決まった首藤に対しての竹尾の"ギャラの分け方についてのご相談"や、大阪はなんばグランド花月で出張仕事があった時、3000円しか手持ちがない芸人たちの過ごし方なんかを、力を抜いた語り口で。

福岡吉本のコンビ「パルハウス」のシュールコント、ピン芸人大正の歌ネタ、そして「野良レンジャー」によるループ、テンドン満載の大ネタ漫才、と本芸を披露。

nr2131101.jpg


最後の企画コーナーは、全グループで近況雑談も含めつつのマジカルバナナ的なゲームなどもをやったり。イルなヒップホップみたいになったり。

SAY HO!!!! HO!!!! HO!!!!
バナナと言ったら

< 野良レンジャー!?

2013/11/1(金)



テーマ:芸人ライブ - ジャンル:お笑い

「鉄割アルバトロスケット」公演「鉄卜全 - 大分編」よりほぼ2週間をあけての2013年の大分舞台芸術フェスティバル」の参加公演は演劇集団 Re:音速でんでん虫公演餃子の匂いと盛る猫」

2013年9月に旗上げしたばかりにも関わらず北九州大分ツアーを行なった大分を拠点に活動する大学生が主体の演劇集団だ。
シュールな?タイトルは話しにどんな風に関わってくるのか?

舞台はどこかの喫茶店。仲良さげにじゃれるいまいちモテなそうな野郎二人。

odd3131027.jpg

それでも片っぽはなにか嬉しそう。
お、あそこにいる女の子はなんだろう?

odd21310127.jpg密室?ってほど閉じられてないシチューエーション。その中で会話が、お話が、進んでく。
くすぐりを散りばめながら転がってく、少し不思議で、ちょびっとほわっとするお話。


ちゃんとしたお話。餃子はあんま関係ないけど。

odd131027.jpg

そしてこの場面も特にSFXVFX使われていない。

2013/10/27(日)



テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

「DOUBLE STEAL」「cell」「FARM」。3バンドによる企画ライブ「SPIRAL-3」
県外から斜陽「danro」のゲスト二組を迎えて開催。

cll131026.jpgトップで登場するのは「cell」。主催ライブと言うある種の"祭り"ってことでお祭り男タネ・マッケイガンがセンターに立って突っ走る。音の分離よし。
レミーみたいに荒っぽく、派手にかっ飛ばす。

shy1310126.jpg北九州からのゲスト斜陽は一人ユニット。一転静謐なギターアンビエント。尖ってないギターを重ね、柔らかいフワーンがホールに広がっていく。時折グリッチ音がかき乱してく。

ds1310126.jpg「DOUBLE STEAL」、みんなからの信頼の厚いやつらがそれに応える熱いライブを見せる。ドラム音圧魔人に透徹した芯のある音、30半ばを過ぎても変わらず熱くはあれる。

dnr1310126.jpgゲスト二組目「danro」、福岡組らしく多少の酔いの怪しさも感じられるが、二人組だが人を殺しに来るよなギターの音、歌心に寄り添うドラム、澄んだ歌声。知らない人であっても目を留めさせる。

frm131026.jpg「FARM」トリオなんだが、"お祭り"、トリってことで、やってみたいことをとにかくやりたいことを詰め込んでみて、でっかい和太鼓三味線篠笛にかおなしまちすさんの墨絵でのライブペインティングと盛り沢山。

2013/10/26(土)夜

FARM http://www.myspace.com/farm2010
DOUBLE STEAL http://tosp.co.jp/i.asp?I=doublesteal001
斜陽 http://shayou.exblog.jp/


テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

大分大学の軽音楽サークル「K-on spice」OBライブ。
現役を引退した4年生が主体、そして社会人になったホントのOBも参加している。

トップバッターは全員四年生年代、元部長なども参加してる「ヒスパニックバンド」。大塚愛をやろう、ってとこから紆余曲折経てヒスブル「春」やらエルレなどを演奏。いつもの楽器と違う楽器やったり、要素いっぱい。

kos4131026.jpg

ガールズバンド、「風吹けば恋」などチャットモンチーを3曲ほど。ボーカルも入れ替わったりなんかしつつ。


次はトリオで毛皮のマリーズのナンバーを。「ボニーとクライドは今夜も夢中」「REBEL SONG」などをイキって、スカして、カブいて。

kos3131026.jpg

THE BACKHORN、「罠」「美しい名前」「コバルトブルー」など5曲を熱演。熱く、気合込めて。


帰ってきた初代部長が一人で弾き語りを。"歌ってみた"系の曲、ミスチルの「tomorrow never knows」なんかを熱演。

kos2131026.jpg

ニットキャップが目立つ女子ボーカルによるSEKAI NO OWARI。「ファンタジー」「インスタントラジオ」、漢字時代の?


初代含め元部長そろい踏みと言った感じの編成でやるのは、B'zの「衝動」、ラルクの「虹」なんかを。Tak松本ならぬショク松本がいるからね。

kos131026.jpg

本家と同様ATRのDigital Hardcoreで登場して9mmを全力疾走。「Living Dying Message」「supernova」などで完全燃焼。

kos5131026.jpgサックサク進んだライブももはやトリ。サックサクだけに元気なメンバーたちが10-FEETの「RIVER」などを元気に。テンフィは元気にやらないと(韻踏み)。


2013/10/26(土)昼



テーマ:J-POP - ジャンル:音楽

「笑う花」をはじめとした西川美和映画の音楽を手がけ、国立市を拠点に全国を放浪し続ける日本語リズム&ブルース・バンド「モアリズム」
「祝!ドラムス・チャーリー横山正式加入っ ~お披露目興行ツアー~」で久々の大分ライブ。

namc131024.jpg大分ライブに華を添えるのは二組。まずは始動したばかりだった「二宮綾子とマルチカルチュラリズム」。シンガーソングライター二宮にカホン、アコースティックベース、アコーディオンと言う編成。
歌はもちろんのクオリティだが楽器隊の演奏もバランスよく色を添える。完成度に揺さぶりをかけて。

ntk131024.jpg「ナントカ動物園、こちらもライブがほぼ半年振りで人前での演奏のブランクと言う意味では同じ。
ちょっとした衣装チェンジはあるが、ベースを中心に落ち着きはある感じ。リスペクトする「モアリズム」、および関連映画に拠ったトークなども。

mrm131024.jpg敬意を払う二バンドがしっかりとエンターテインした後に真打「モアリズム」が登場。
そう言えばこちらもドラマーのメンバーチェンジがあったと言うことは同じ、だがそこは圧巻の安定感で定番の自己紹介ソングからウケを頂く、魅せる、掴む。
とにかくグイグイーと観客を楽しませる。
達者な歌、演奏、エロいおじさんの弾き語り、全員後ろ向きでの演奏、などなど、楽しいー、ライブは楽しいー。


2013/10/24(木)

モアリズム http://www.morerhythm.net/
ナントカ動物園 http://nantokazoo.blog.fc2.com/



テーマ:オールディーズ - ジャンル:音楽

アトホールのロックの日「6x9 six by nine」 vol.50は5組が登場。

gsn131020.jpgトップバッターはネットレーベルからアルバムをリリースするシンガーソングライターであり、バンド「gallo」のギタリストでもある後藤慎太郎。エレキ弾き語り、自分の中のアーカイブ棚卸しで即興で歌ってると言うが、いいメロディ、Butすげえオチる歌。酩酊なのか?ないのか?シティミュージックからスカムへの川流れ。

symg131020.jpgガールズトリオ「SYMG」ぼんくらサブカルTシャツが映えている。CSS思わせるよな跳ねたナンバー、歌ものの重い女の歌、バンドの中が初期と後期が混在してる感じ。
演奏終わり、椅子からジャーンプ!重い女でもぐしゃーっと。

xns1310120.jpg「xinsha」、揺れるカリメロ、zoo freaksと経てきた、変わってきたバンド。
構築中、模索中、周波数一点だけ突いたギターが大暴れ、リフが非常に耳に付く。抑制されたビートの中で。抑えつけて。ダイナミクス。

sss13020.jpg「Sugersheeps」、トリオ。こちらも初めて。そしてまた組み立て中。
ガレージサイケ、長尺のナンバー、声のエフェクトなんかも利かせながら、ギターでもブルースから地続きのオーセンティックなソロを抑制的なリズムの上で弾きまくる。

mmk131020.jpgトリはこの中ではもはやベテランシンガーソングライターあかしももか。
キャリアがあるだけに動じない、水玉の赤のカーディガン指揮棒持って踊る。
もちろん鍵盤に向かっても、ほわほわ水中リバーヴ利かせて歌ったり、そして体操で代謝を上げたりも。

2014/10/20(日)

SYMG http://flavors.me/symgjp/
あかしもも http://www.myspace.com/akashimomoka
後藤慎太郎 http://flavors.me/lomo_oppai




テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

広島からのゲスト「Blind Hate」を迎えて行われた「Viscera Infest presents GORE DOMINATION」。今回もうるさくて、速くて、激しいエクストリームなバンド揃い。

dt131019.jpgトップで登場するのは大分のピュアスラッシュバンド「DEATH THIRST」。メンバーチェンジを経てのひさしぶりのライブ。メンバーベテラン揃いってことで、地鳴りみたいなベース、雷みたいなギターをザクザクと達者に。ギターソロも鳴る。東京でのライブも決定。

knv131019.jpg唯一無二のDARK COREを標榜する「KNAVE」。こちらもニュードラマーを迎えての新編成、トリオ、ベースレスなのは変わらず。そして新ドラマーもきっちりメイク。
様々なエクストリームミュージックが詰め込まれた混沌での圧倒も変わらず。

sc131019.jpg若手グラインドバンド「SLAUGTER COWBOY」は今回が初ライブ。トリオ、途中からはベーシストはピンボーカルででも。荒っぽいブラスト、キーキーしたギター、ある種のノイズコアっぽくも。ライブは2、3回だけの刹那。血のりも吐いて。

bh131019.jpgゲストの「Blind Hate」がここで登場。広島で「Death Fest」を主催しているだけあって貫禄もたっぷりで堂々としたデスラッシュサウンドを聴かせる。振幅大きい。そしてファイナルファイトのハガー市長のマネもバンバン飛び出す。
スキンズとロングヘアの大風車のコントラストも大きい。

lmm131019.jpg「LOVERS MASS MURDER」、曲間フリースタイルなんかも織り交ぜつつのラップスタイルのボーカルでのブルデス? モッシュパートもありつつの展開多目の曲。サポートギターも加わって念願のツインリードも華麗に披露する。

vi131019.jpgトリは顔役「Viscera Infest」。ギター2本の変則的ゴアグラインドで、音の塊を期待して待つデス野郎、女郎たちにぶつける。低音出したマイクに曲間で豚鼻フゴフゴボイスを乗っけたりも。
こちらも貫禄の演奏。最後は一分千発。スネアにマイク集中して。

2013/10/19(土)

KNAVE http://tosp.co.jp/i.asp?I=KNAVEPUNK



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

2013年夏にEP「海へ行こうか」を発売し、九州でのツアー「どんぶりこツアー」を行った注目のシンガーソングライター柴田聡子。アトホールでライブを。

nnym131018.jpg共演まず登場するのはにしやまひろかず。アトホール初登場、ガットギターかなり細かい譜割りを指弾きで、散文詩的な言葉をオペラチック?な唱法で。独特。壁の中に入っていけるか。

ojg131018.jpgおじぎ草、今回もダンスで入場。弦変えてないアコギを鳴らしファルセットでアシッドな弾き語り。そして結成されたユニット「若さかな」の相方を連れてカホンを加えての楽曲も。これまた独特。

nnc131018.jpgネネカート、今回はベースがサポート。そしてさらにちょっとした事情が重なって座ってのプレイ。でもそんなことはあんま関係なく"USインディーを日本に置き換えたような良質なPOPと漂う田舎感"を安定に披露。

sbt131018.jpg柴田、メガネ女子。アコースティックギターとともに。やはり声質が耳に心地いい。
らしい、文系女子の言葉は綺麗に伝わってくるが、誰の心にでも渦巻いてる"嫉妬"みたいなものが、どこか透けてくるような。メンヘラじゃあないが十分な重さを感じさせる。
メガネはずり下がってくる。気にせずに、言葉を伝える。きれいなことだけじゃあなく。愛しちゃったらね。


2013/10/18(金)

柴田聡子 http://sbtstk.tumblr.com/
にしやまひろかず http://ameblo.jp/haru70126/


テーマ:ギター - ジャンル:音楽

2000年代のアンダーグラウンド音楽シーンに広く影響を与えたインダストリアルノイズバンド「wolf eyes」のメンバーとして活動し、その後はソロとして米国ミシガンに留まらず、現在のモダンノイズシーンを牽引する存在として活躍するAARON DILLOWAY

"アメリカのど真ん中あたりがガチで狂った時の闇の深さはハンパない"

アメリカのど真ん中ではないが、日本の端っこ、中心から外れたところ、周縁の大分でガチで狂った音がどう響くか。

mskr131017.jpgオープンニングは一組「MasuKure」
ソロでも活動する大分のノイズアーティストpeppiesらによるユニット。ギター、ベースと10を越えるエフェクターなどによるアナログ?デジタル?ノイズラップトップPCから生み出されるリズム?ノイズ?からなるサウンド。
音圧と一回性のバランスのやじろべえ、重量級。


aarn131017.jpgAARON、話してみるとアメリカンドラマのちょっと冴えないナイスガイみたいな。いいやつ感。
お、Willson Picket!?とか思ったら、適当に上からダビングしちゃった8トラックなどを元の音源として、テープエコー?なんかを噛ましてる。エコー用のテープは昔の保存が悪かったカセットテープみたいにビロンビロンに延ばしてる。それがビジュアル的に見えてるのも不気味感増すプラス点。
フロアタムにコンタクトマイク付けてぶおーんと低音出して、それらの音源重ねて自分のリズムで出して、乗っかる不穏なサウンド。ふおーん、ぶおーん。

ノイズの人にありがちな不思議なノリ感覚、リズム感、不思議。

2013/10/17(木)

AARON DILLOWAY http://hansonrecords.bigcartel.com



テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

2013年3月に開催予定だった大野タカシのトークショー「タカシとヒロシのチョットいいかしら? Vol.1」
狙われたピンポイントのインフル禍に見舞われてまさかの延期。

このまま幻の企画として闇に葬られてしまうと思われたが、誠実な俺らのアニキ タカスィーは違った。

半年遅れでも待った、俺たちは、ワタシたちは待った。"改"となってかいってきた。いや、帰ってきた!

tks131016.jpg

タカスィー、いつものテレビの中とは少し違ったジャケット姿、対して謎のヒロシは学生服姿(本当は謎ではない)。

テーブルを挟んで、多くの客さんに向かって熱く話しかける。人生を語る。LINEについてなんかも。
人となりも分かる、マジメで、ホントに熱い人なんだー、って。
真摯に自分の進んできた半生みたいなものを。知らないことばかり。

tks2131016.jpg

後半、普通にお客さんで来てた吉本住みます芸人「野良レンジャー」の首藤くんがステージに呼ばれて、彼を肴にサンドバッグトークを。いや人間サンドバックと化す。

2時間超えのおしゃべりで確かに半年振りのリベンジを果たしたのねーん。

2013/10/16(水)

大野タカシ http://ohnotakashi.com/



テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報

"近年の芥川賞にもノミネートされている作家戌井昭人を中心としたパフォーマンス集団「鉄割アルバトロスケット」
寸劇踊りなどがごった煮になったステージは、感動的な阿呆らしさが感じられる内容になっている。"

2013年度の「大分舞台芸術フェスティバル」の2発目はそんな「鉄割アルバトロスケット」による公演「鉄卜全 - 大分編」
リハーサルもそこそこに率先して存分飾り付けられたアトホールの内装はいつもと全く違った様相。

ttwr2131013.jpgその中で繰り広げられるのはちょー下んないコント?を20本超続けざまに。
ヤクメタル から始まって
ワイルドサイド歩き...
園まなぶ...
天佑霊草大師麻黄..
ごくつぶし
へと

オフビートで投げっ放し、「しょーもな、」が最高の賛辞の言葉。
下ネタにダメ人間でブラック、とりあえずワロとけ、ワロとけ。



ttwr4131013.jpgカルチャーネタのくすぐりも方々に詰め込んで。ナンセンス

説明もできないっす。

やって来て、座って、笑ってって。
九段ねー、下んねー。
一生笑って暮らしたい。
ただただ笑って、そのままなんも残らずに。

ttwr3131013.jpg
大の大人が腋毛でバイオリン


2013/10/13(日)、14(祝・月)

鉄割アルバトロスケット http://www.tetsuwari.com/top/index

「鉄卜全 - 大分編」
作/戌井昭人 演出/牛嶋みさを
出演
戌井昭人
奥村勲
中島朋人(兄)
中島教知(弟)
村上陽一




テーマ:不謹慎(笑) - ジャンル:お笑い

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー