大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
※チケットなどのお問い合わせは アトホール まで。横のカラムの ABOUT/MAP (1) のカテゴリーをクリック


2014/8/2(土)
★RESERVED★

2014/8/3(日)【ライブ】
★そろそろspecial vol.1★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:矢野あいみ/にしやまひろかず/猪股高史/丸井康介
料金:前売・予約1800円/当日2300円

ynam1408.jpg矢野あいみ  
大分県日田市出身。アイリッシュハープ弾き語り、ピアノ弾き語りで活動中のシンガーソングライター。
2012年 BootRock Recordsより、ピアノ弾き語りミニアルバム「CONNECT」でデビュー。
2013年3月 運命的にアイリッシュハープと出会う。以降、ハープ弾き語りを中心に各地で演奏を行う。
同年10月、ハープ弾き語りシングル「明日待ち」を発売。
日常のスキマをさりげなく切り取りあたらしいドラマとして歌にしていく。
矢野あいみ
矢野 あいみ(やの あいみ)
4月24日生まれ 大分県出身
小型のアイリッシュハープ弾き語り、
ピアノ弾き語りで活動中のシンガーソングライター。

<2013年>
4月 アイリッシュハープと出会う。
5月よりハープ弾き語りでもライブを始める。
10月2日 ハープ弾き語りシングル『明日待ち』を発売。

<2012年>
インディーズレーベルGreenwich Recordsより発売のコンピレーションアルバム
『キュー・ファンファーレ』に参加。
9月7日 BootRockRecordより『CONNECT(全国盤)』でデビュー。

<2011年>
11月27日 2nd mini Album『connect(自主制作盤)』発売。

<2010年>
ピアノ弾き語りを始める。
6月~12月 弾き語り企画『なんか会』in 池ノ上ruinaを 第2,3,4月曜日(計21回)に行う。

<2009年>
ライブ活動スタート。
自主制作 1st mini Album『LANDSCAPE』を発売。

http://www.yanoaimi.com/

にしやまひろかず
音楽家 前衛家 何家 感覚家 家居ル家
http://ameblo.jp/haru70126/
丸井康介
大分出身、福岡在住弾き語りアーティスト。
猪股高史
ポップス、ブルースなどの影響を受けた大人の歌声を聴かせる



2014/8/4(月)【ライブ】
★WONDER HEADZ 1st album RELEASE PARTY in Oita★
OPEN/START 19:30
出演:wonder headz(京都)/cowbells(愛媛)/yue ほか
料金:前売・予約1500円/当日2000円

wonder headz
Nabowa 川上優と堀川達による生音コズミックディスコ・デュオ。
ヴィンテージシンセ・サウンドとミドルテンポのミニマル・ディスコビートに自身の演奏による生音を見事に融合させた。
デビュー作『wonder wanderer』を2014/2/12にリリース

cowbells
2011年4月、愛媛県で川崎(ex.DRIFTAGE)、井川(IMPULSE RECORDS,forget me not,ITHAQUA,off-end)の二人により結成。
ドラム2台を向かい合わせたシンプルな構成に、トリガーを使ってサンプラーを鳴らす、アナログシンセを使うといったことで音色に幅を持たせ楽曲を構成。結成当初より県内外でジャンルを超えたイベントに出演し、ライブハウスはもちろん、幼稚園、野外、クラブイベント等、場所を選ばず活動中。
http://mineokawasaki.wix.com/cowbells#!portraits/c164h

yue
アブストラクト。ターンテーブル+サインウェーブ、そして色々。竹田在住。



2014/8/6(水)【ライブ】
bmq1408.jpg

★ブルームーンカルテット 2014 SUMMER TOUR~QUARTET ON A SUMMER'S DAY~★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:ブルームーンカルテット(神戸)
料金:3000yen(要1ドリンクオーダー)
問:VIVE LA VIE!! 090-1343-3155
メール予約 maboroshibar@gmail.com

ブルームーンカルテット
黄啓傑(tp)富永寛之(uke、guitar)工藤精(b)木村純士(dr)で編成されるインストカルテット。

ジャズ・スタンダードから小粋なオリジナル曲までジャンルを問わず幅広く奔放に展開する。"ゆるやかな軽音楽" をテーマにした自由奔放な演奏スタイルは、内外問わず様々な感性豊かな層から絶大な支持を得ている。

2008年より活動を開始、2010年には自主盤「シーズン1」リリース、
2011年にはファーストアルバム「ブルームーンカルテットのすべて」、
2012年には自主盤「シーズン2」、
セカンドアルバムにしてクリスマスアルバム「ブルークリスマス」をリリース
2013年8月には「架空の映画音楽」というコンセプトの初のフルオリジナルアルバム
「End of the Beginning」をリリースと活発な動きを見せている。

また、インスト中心のバンドながら石原顕三郎(the travellers)、畠山美由紀(port of notes)、牧野竜太郎、noon、Leyona、相川理沙、矢野絢子など幅広い実力派シンガー達との親交も深い。
http://ameblo.jp/bmq2009/



2014/8/10(日)【ライブ】
unii1408.jpg

★unii live in Summer 2014★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:unii(東京)/S.A.G/peppies/まくら(宮崎)
料金:前売・予約2000円/当日2500円

※台風のため日程変更ありました。

Unii (ゆに)
シンガー、ソングライター、 コンポーザー (ambient/avant-pop/electronic)。
北海道札幌市出身。柔らかくも印象強い歌声と電子音楽のアンサンブルで独自の世界観を描 き出す。ヨーロッパ、東南アジア、シンガポール、ベトナム、韓国等、国内外で数多くのライブバフォーマンスを行い、国境を越え高い評価を受けている。その サウンドはポスト世代のbjorkとも形容され、深く静かで、浮遊感の漂うサウンドスケープが私達を夢の世界へと誘う。
ファーストアルバム "new world,sea and your eyes"(2011)をインディペンデントレーベルelegantdiscより発表、すべての録音、作曲、ミックスを手がけた。現在アンビエント/ミニマルに焦点をあてた新しい音源を製作中。2014年夏に発表予定。
http://uniiunii.com/

まくら(from おどけもの)
宮崎のツーピースバンド「おどけもの」のドラマー
http://odoke-mono.blogspot.jp/

S.A.G.(spaceship airguitars)
Noise instrument of "SAYOUTEN". Industrial elrectronica performance in oita.
https://soundcloud.com/s-airguitars083-1
peppies
キラーノイズmeetsポストパンカー
https://soundcloud.com/peppies



2014/8/13(水)
★RESERVED★

2014/8/14(木)【ライブ】
★懲りずに還って来た、湯けむりイボイボぶらり旅 2014★
OPEN 17:30/START 18:00
出演:LITTLE BASTARDS(熊谷)/VISCERA INFEST(大分)/TAINTED DICKMEN(福岡)/PAPACONIA(北九州)/SPACEGRIND*ULTRATURBO DX(西日本)/NECROPOTENCE(大分)/KNAVE(大分)/SCRAPMEN(大分)
料金:前売・予約1500円/当日2000円

LITTLE BASTARDS
1992年結成。今年で活動20年目。経験と共にパンク~ハード・コアというスタイルを追求し、幾度かのメンバー・チェンジをして現在のベース・レス・スタイルに至る。国内外のレーベルから音源を発表。全て完売させている。グラインド・イベントに限らず、メタル・クラスト、パンク、インディーロック、ジャンク・ノイズ、ジャズ、クラブ・イベント等さまざまなジャンルから支持され、積極的にイベントに参加している。

Tainted DickMen
2008年11月、GPを中心に結成
OLDなThrash Metal, Grind Core、B級ホラー映画等の影響
を受けたサウンドを武器に、福岡を中心として活動中。
2013年5月、ミニアルバム『The Defects of Humanity』を
リリース。

時は来た!それだけだ!!
http://tainteddickmen.syakuhati.com/

PAPACONIA
ERECTRO ORGASM
SEXUAL MACHINE GRIND
http://www.geocities.jp/papaconia/manco.html

SPACEGRINDER
SPACEGRINDERは七変化でその日その時が生モノ。それこそが宇宙!

VISCERA INFEST
Chain saw and Vomit : GOREGURA KUMIAITYO
Chain saw and Vomit : KAITYO
Blasting Linear Motor Car : BLAST HONBUTYO
http://sound.jp/viscera-infest/
KNAVE
【darkcore】:
KNAVEが独自に掲げるExtreme Style。
hardcore、crust等から来る「メッセージ性」
grindcoreの「破壊性」
death metalの「残虐性」
black metalの「暗黒性」
これ等を取り入れ、「重く」「速く」「暗く」を追求する。
http://tosp.co.jp/i.asp?I=KNAVEPUNK
NECROPOTENCE
大分拠点で活動...
弾き語り最狂爆走BLACK METAL Unit
SCRAPMEN
Punk / Melodic Punk
eiji(gu.vo).yusuke(dr).syougo(ba)
http://www.audioleaf.com/scrapmen/



2014/8/16(土)【ライブ】
★宇宙の隅っこ その②★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:クリトリック・リス(神戸)/こどものあそび/cosmos/なゆたのつぶて(島根)/ソプラノイズ(島根)/おじぎ草/緑の箱庭/clavinotes
料金:1500円

クリトリック・リス
下ネタのナポレオン
http://star.ap.teacup.com/clitorick/

なゆたのつぶて というバンドです。
ナオヤナカジマ
木村
ナカバヤシ
2004年~
いろいろあって2014年現在に至るのだった。
http://nayutanotsubute.jimdo.com/

ソプラノイズ
2011年結成。島根県松江市在住の3人組です。

こどものあそび
大分県内で活動中
ガールズバンド?こどものあそびです
http://anpanman732.wix.com/kodomonoasobi
おじぎ草
1963年、大分市生まれ、自称アシッド・フォークシンガーソングライター小笠原洋の一人ユニット
cosmos
不思議と出会う。宇宙。日常。人間。生活。どぶ。捨て猫。朝の出来立ての味噌汁のゆげ。スリッパで駆ける。そんな音を鳴らして生きたい。
http://cosmsoc.jimdo.com/
緑の箱庭
大分在住の電子音楽家
http://midorinohakoniwa.tumblr.com/
clavinotes
日本のバンドです。かわいい夢見心地なサウンズ
http://www.myspace.com/clavinotes



2014/8/23(土)【ライブ】
★AT STRUTTIN' vol.5★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:ププケア/Saloon/Flashザ徒歩5分/大口直人/the tradrocks/さいきしみん
料金:1500円(フライヤー提示の方1ドリンク付き)

ププケア
大人の色気を纏う、きらびやかなロックを披露するファンキーオーケストラ
Saloon
リズム&ブルース
FLASHザ徒歩5分
元「FLASH BACK 9」のギターFLASH氏による、ピースフルな弾き語りソロユニット
http://keeponmusic.com/fb9/
大口直人
ロックンロール弾き語り



2014/8/24(日)【ライブ】
★大野タカシアコースティックライヴ in アトホール★
OPEN 17:30/START 18:00
出演:大野タカシ
O.A.Cool-air
料金:1500円(要1ドリンクオーダー)
(前売り予約多数の場合、当日の方は入場出来ないことがあります。ご容赦下さい)

大野タカシ
2002年より大分のラジオ局(FM OITA)のラジオパーソナリティーとして活動をスタート。
現在は、タレント『大野タカシ』としてテレビ・ラジオ・テレビCM・ナレーション・モデル・メイクアップアーティスト・イベントMCなど多数出演中。

"アコースティックライブ"

地元大分のプロスポーツリーグの、「Jリーグ 大分トリニータ」、「Fリーグ バサジィー大分」、「bjリーグ 大分ヒートデビルズ」のスタジアム/アリーナMCとしても活動中。

2004年からヤマハ株式会社主催の『YAMAHA ELECTONE STAGE SUPER LIVE』『JAPAN ORIGINAL CONCERT』のメインライブナビゲーターとして、元NHKアナウンサー久保純子さんの後任として九州各県をはじめ広島・岡山・神戸・大阪など活動の場を広げている。

同時にミュージシャンとしても全国を視野に入れ精力的に活動し2010年3月14日(日)には株式会社KISS・MUSIC(以後 K・M)より『春・大切なあなたへ』3曲入のマキシシングルで全国デビューを果たした!!
<レギュラー番組>(現在)

■2002/04~放送中
 FM OITA 「もっとあなたとカラフルパレット」月曜~金曜日 16:00~16:55
 金曜日 担当
■2006/04~放送中
 テレビ大分 「ハロー大分」 土曜日 09:55?11:25
 スタジオキャスター&中継リポーター 担当
■2011/06~放送中
 ケーブルテレビ佐伯「ENJOb!!」/メインリポーター
■2012/04~放送中
 NHK大分放送局 「GAP!」/ 総合司会として出演中

http://ohnotakashi.com/



2014/8/29(金)【ライブ】
★AT RANDOM Special★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:THE INCOS(福岡)/後藤慎太郎/オトノシヅク 他
料金:1500円(フライヤー提示の方1ドリンク付き)

THE INCOS
新進気鋭の謎のフォーピースバンド。予測不可能な中毒性のあるサウンドに時に切ないメロディを過激に歌う。

後藤慎太郎
大分県在住。宅録家。galloというバンドのギター始めました。おいしいきんつばを求めています。タヌキネイリというネットレーベルから曲の配信始めました。
http://flavors.me/lomo_oppai
オトノシヅク
大分県で活動中の4ピースバンド
同年代バンド数組と出演した卒業ライブではおよそ400人を動員。



2014/8/30(土)【ライブ】
★6x9 six by nine vol.54★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:STEEL OF WILD/Torch Wood/倉園正彦 ほか
料金:1500円(フライヤー提示の方1ドリンク付き)

"The ordinary live"



2014/8/31(日)【クラブ】
★アニメソングDJイベント in おおいた 『ろけっと☆だいぶ vol.9』★
START 14:00(till 20:00)
DJ:あひるきの子/龍兄様/前田慶次/おじょー/コータ(デルタポップ)/世界ぃの社長ぅ(東方萃楽宴
VJ:前田慶次
料金:1500円(学生の方は学生証等確認で500円OFF)

夏の終わりの午後、わたしたちの好きなアニメソングが動き出す。

おかげさまで、3周年!!

ろけっと☆だいぶはアニメ・ゲーム・特撮・声優・ボーカロイド等の楽曲を幅広くお届けするイベントです。
最新のヒットソングから懐かしのあの曲、思わず歌って踊りたくなる曲から心の琴線に触れるスローバラード、みなさんご存知の有名曲からもっと知ってほしい隠れた名曲まで!老若男女問わず、オタクだけでなく非オタな方でも楽しめます!!
歌うも良し、踊るも良し、ゆっくりと耳を傾けるなど楽しみ方は人それぞれ!!コスプレイヤーの参加ももちろん大歓迎♪

風があざみ、夏は過ぎてゆく。さぁ、部屋をとびだそう。
青すぎる空を追い越し、忘れられない歌を見つけるために。

http://rocketdivemember.blog.fc2.com/ 




チケットなど総合問い合わせ:AT HALL 097-535-2567 info@athall.com

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、右記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。
スポンサーサイト

テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報

大分のロック系クラブイベント「mintdragon」
今日もレギュラーDJ橋本タイスケ、DAI、NORI、DISK、ke-gたちがご機嫌なナンバーをスピンしていく。それぞれの持ち味、色を存分に出しながら。

Breedersの「Canonball」、お、懐かしいなんか聞いたことある奇妙なリフレイン。

ROTTENGRAFFTYの「金色グラフティー」、デス声とキャッチーなメロの対比。

md140125.jpg

"ジェームス・ジェマーソン(モータウンのベースの人)の偉大さを分からせるいいDJプレイやな。
はあせらず で始めて はあせらず に戻ってくるきれいな円環構造。締めはラスティックでのカバーで。"

ke-gのかなり企画を練ったプレイ、一定のベースライン、桑田圭佑からJAM、
BOØWYまでを網羅する原典。でもバリエーションは豊富。

md2140125.jpg

15年続いてるのは伊達じゃない。引き出しはいっぱいありまっせ。奥さん、今夜はこんなのどうでっしゃろ?

prodigy、helmet、house of painとちょっとこれまた懐かしいアーリー'00、'90を思い出すような流れ。

さらに時代を遡るNORIのオールディーズタイム、Mickey & Sylvia「No Good Lover」、ポール・アンカなんかまでも。

深い時間になると「Little bitch」やら「のスペルマ」までシームレスに繋がってく。(ハッ、実はよく考えたら繋がってる? ビッチとスペ...)

音も繋がって、人も繋がっていけばいいのになぁー。。。

2014/1/25(土)夜


テーマ:DJ/CLUB - ジャンル:音楽

大分大学軽音楽サークル「SOUND FAMILY」。老舗のサークルってことで歴史もあるんで、OBたちの層も厚い、ってことでOBライブを今年も開催。

トップバッターは現役生も交えての「スーパーさとしくん」。スーパーなんでスーパーカーをカバー。PCでの同期ものも交えての「ストロボライツ」、「WHITE SURF style 5.」「ストーリーライター」、エレクトロニカ系からシューゲイズものまでやりたいことを。

sfob140125.jpg

ザ・マスミサイルを演奏する四人、久しぶりにドラムがやりたい、もっと若い頃に聴いていた曲を、みたいな思いを込めて。「教科書」「雑種」などの曲を。青春パンクに輝きを。疾走。


黒いジャケットなんかで揃えて演奏するのはLUNA SEA。ボーカルさんは達者な回しで成人式トーク。確かにそういうジャケットは成人式にもいる。
なんやかんやで先輩にも話を振ったりもしつつ。先輩は達者な演奏で返す。
「JESUS」「IMAGE」「GRAVITY」、盛り上がる曲もそうでないものも。

sfob2140125.jpg

「shihara VS herman」、もちろん二人以外もいるが。「Crossroad」「いとしのレイラ」、などの激シヴ(あ、そうでもないか)の腰の据わったブルースロックを弾きまくる。くわえタバコなんかもしながら。Hotei vs. Char「Stereocaster」なんかも。これが名前の原典か。


DIR EN GREY、演奏するのは4曲。重く、激しい曲、ビジュアル度も高いのも低いのも、メガネのボーカルさんが歌う。あ、歌う時ははずす。それがスイッチ、MCは固いしゃべり。曲に入ればグロウルにスクリーム。堂々と。

sfob3140125.jpg

「セガヒクイナー」から「タケイトシダナー」にという同級生だけど年上ディスにクラスチェンジした彼らは、白いメガネさんの強い要望があって転換中はBiSとでんぱ組ばっかり流れてる。なんだかよく分からない文字列続いてます。
演奏するのはストレイテナーの「ROCKSTEADY」「TRAVELING GARGOYLE」などを。

sfob4140125.jpgトリは今回の最年長たち、そして各代の幹部たちも多い「ストロークズ」。いやー、ちゃんと社会で活躍してる人たちなんですけどね。
ストロークス「Under cover of darkness」「Reptilia」などをクールに。
最新のアルバム「いいですね!」なんて言って買わせておいて、自分は練習してこない、なんてとこに少しクズの片鱗が?


久しぶりのライブ、しばらく楽器をあたれてなくても、若い頃に結構真剣にやってたら、すぐに勘は取り戻せるもの。
時々、アンプのでっかい音を浴びてみよう! いつもから少し離れて。
パワーを再充填。

2014/1/25(土)



テーマ:BLUES - ジャンル:音楽

英国フリージャズサックスの重鎮アラン・ウィルキンソンとノルウェーの若手実力派プレイヤーからなるグループ「AKODE」
その日本ツアーで大分へ。

lnr140119.jpg

「THE LUNARIANS」、オーダーにより極力電気的な部分を減らしたセットでのステージ。
その中でもガツンと出るところ、引くところ、様々な展開を全面一曲にまとめて組曲に。けれんとフルートバイオリン。いい感じで妖しくて、胡散臭くて。

akd140119.jpg

「AKODE」、ドラム、ウッドベースにギター。アンプは使うが基本ノーマイク。フロアタムをバスドラムにしつらえて。
アランは恵体の紳士、その体を折り曲げバリトンのでっかいサックスを押し曲げんばかりに息を吹き込む。(他のサックスも使うよ)
リズム隊はとにかく細かい手数王、物量作戦。
フリー、伝統と若手の対マン。

2014/1/19(日)

AKODE https://soundcloud.com/akode
THE LUNARIANS http://lunariansbeppu.wix.com/the-lunarians



テーマ:JAZZ - ジャンル:音楽

"大分、北九州中津、福岡と九州それぞれの地で活動するバンドメンバーが集まったバンド夜不魅(キヨフミ)
主催によるイベント夜の宴 VoL.1」

scrp140118.jpg一組目に登場するのはアトホールでも主催ライブを行った大分のストリートパンクトリオ「SCRAPMEN」。今回はノーフル○ンで、ロウなパンクで突っ走る。「少し小さくなって」?なんのことだろう?

gdb140118.jpg続いては復活した大分のハードコアパンクレジェンド「GODDAMNBULL」。二本のギターにドラムとベース、全員のコーラスにシンガロング。嵐のように掻き回す。堂々と響くギターソロが伝統に沿っている。

swg140118.jpgまたまた大分組「SWAG」。同じハードコア、という言葉のくくりの中でもよりうねりのあるスタイル。どっちかっつーとアメリカの方のやーつ、東の方のやーつ。
その道の大家鹿児島の「LIFE STYLE」からゲストも迎えてのステージ。オリジナルのスケーターのPVも一緒に。

ctrl140118.jpg福岡からのゲスト「CONTROL」。Confuseから続く博多ノイズコアの純正。
コリコリのベース、キーキーしか鳴ってないギター、嵐のようなドラム、吠えまくるボーカル、スパイキーーヘア。もはやノー音楽、ノーコミュニケーション。貫いてて、カッコいい。

kyfm140118.jpgトリはもちろん「夜不魅」。豊後激核「TRUST」のKIYOFUMIをヴォーカルに据えるスターユニットは伝統的なスタイルの激しい音の中でもしっかりと言葉を聞かせる、メッセージを伝える。全体で発する「!」の叫び。レコ発の夜をしっかりと〆た。

2014/1/18(土)

TRUST http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=trustman
URBAN HEAD RAW https://myspace.com/urbanheadraw



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

「グレイトリッチーズ」として、ナゴムレコード、バンドブームの波を乗り越え、その後もソロ、「MAMORU & THE DAViES」とコンスタントに活動を続けるワタナベマモル
毎年大分へやってくるが、生誕50周年「マディウォーター」発売ツアーで大分へ。

対バンで登場するのは共に若手。

kdb140117.jpg「おジャ魔女どれみ」の主題歌が出囃子で登場するのは「こどものあそび」
女子バンド、ギターとドラムだけの編成。ギャリギャリしたギターに達者なエイトビート。軽快に。ポップな歌メロはどこか弾き語り的な味が。


sgsp140117.jpg border=「Sugersheeps」は本格的に動き始めたばかりのトリオバンド。サイケの入ったロックンロール、ちょっと遅めの腰の入ったリズム、古くさ~く粘りのあるブルージーなギターソロ、前のバンドの曲も少々とか。


mmr140117.jpgワタナベマモルはアコギ一本、ノーエフェクターで勝負。バッキングギターに歌声といういかにもバンドのリードボーカルスタイル。
パブロックパンクR&B、クラッシュみたいな、ラモーンズみたいな、アコギでロックンロール。やさしいロックンローラー。


2014/1/17(木)

ワタナベマモル http://www1.odn.ne.jp/davies/


テーマ:BLUES - ジャンル:音楽

アトホールのロックの日「6x9 six by nine」。vol.51は4組が出演。

dqn140113.jpg時々アトホールに降臨する「DQN」は、本日も演奏開始前に謹製のイントロダクション動画の上映から。ちょっと早すぎる節分ネタ。え!?
赤いシャツでキメてる二人はYMOを。「東風」「ライディーン」、いいとこどりのメドレーなども。

krzn140113.jpg倉園正彦はアコギ一本での弾き語り。体を揺らしつつ、自身の持ち味である高音を生かして、Sugar Soulの「GARADEN」、「君の瞳に恋してる」なんかの女性ボーカルの曲を歌ってく。

glt140113.jpg初登場の「GALLETTO」。女子二人入った4人組。てことは必然女子ボーカル(必然なのか?)。
別バンドで別のパートなんかを担当してるメンバーもいつつ、カバーでは「HELP」被った「君の瞳に~」を。オリジナルでは今風のギターリフなんかで押す曲も。

sow140113.jpgラストは「STEEL OF WILD」。基本Skid Rowのカバー、一曲目「モンキービジネス」で入って、スッコーンと突き抜けた西海岸風バカハードロックで魅せる。潔い。
ボーカリスト、前はイエテボリ風のメロデスを。突き抜けるハイトーン。


2014/1/13(日)



テーマ:HR/HM - ジャンル:音楽

年末年始の風物「バクの夢」主催による音楽イベント「バクまつり」。10回目、10th anniversary。も興味深い出演者を集めて開催される。

大分組を代表してのバンド「ネネカート」、今回唯一のフルバンド編成を小さなスペースにギュッと詰めて、よく練られた歌を。丁寧に。優しく。

bkmt140112.jpg

アコギを膝に置いてステージ真ん中椅子に座るは生野亮。「sportsman」のフロントマン。力を抜いて、これまたよい歌、声を響かせる。「くたびれちゃうよ」などを。


やないけい、「二-ル☆UMA」のフロントマンなどでも活動。マーチンのギター、バンジョーなどを持ち替え歌う。ヘロヘロ系なんだけど纏う聖人感みたいのにやられる。

bkmt2140112.jpg

同じく北九州からやって来た藤井邦博。こちらも「魚座」ではなくソロでも積極的に。アコギを抱え、歌う。小さな音で、声で。別府タワーの歌なども。存分に暗い。


そしてやないの藤井のユニット「バロン&オブサリティ」。ギターも歌声も繊細に重なる。しけったアニス・アンド・ラカンカなんてな。悪口ではなく。北九弁も。

bkmt3140112.jpg

この後は倉地久美夫+外山明「ふちがみとふなと」の二人のセットを基本としながらも、それぞれの演者が有機的かつ自在に入れ替わりながら歌を演奏していく。
倉地、外山、"歌"として元の形がありながらも、演奏は自由に即興で形を変えていく。いきなり倉地がを読み上げたり、息をつかせない。ピリリとした空気。

bkmt4140112_2.jpg

ふちふな、ウッドベースと声だけ。こちらも"歌"と言うぶっとい背骨はありながら、自由にアドリブを交えながら、奔放に歌う。自分たちの歌も、カバーも。自由でありながら、母性を感じさせる大きな歌。

その後は入れ替わり立ち替わりしながらのある種のムチャ振り天国
「smoke on the water」なんかも思いもしない形で入ってきてビックリさせられたり。既成概念に捕らわれるな。

2014/1/12(土)

倉地久美夫 http://hirunohikari.com/kurachikumio.html
外山明 http://hwbb.gyao.ne.jp/tea-pb/sotoyama.htm
ふちがみとふなと http://www.asahi-net.or.jp/~cp3j-fcgm/
sportsman http://www.myspace.com/sportsman313
魚座 http://uoza.net/
やないけい http://hibiku77keijiban.cocolog-nifty.com/blog/


テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2013年の年末もやって来るアトホールの周年祭、回ってきました9回目。(この言い回しも3回目)
週を越えての「アトホール9周年ライブ 第三夜」。周年祭の最後でもあり、2013年最後のライブでもある。やふー!(無意味な空元気)

nnj131229.jpgアウトサイダーちっくな絵やオブジェをこれまた祭壇ちっくに設置して演奏するのは「NINJAMAN」。ハンマービートにコントーションズ、ドラムにギター2本、先週に続いてルナの石田がサックスを。

clv131229.jpg「clavinotes」、いろいろあってフロントマン竹田ひとりの状態での演奏に。
「ネネカート」足立を急遽ドラムに迎えて、美メロがスカムになったりしながらで。それもある種リアルな姿。


サキソフォニスト山内桂は長い付き合いの手練れの盟友たちを従えて演奏。
ベースとアコギとエレキ、たおやかな即興と練られた自身の曲を。いわゆる"フリー"な匂いをふんだんに立ち上がらせる瞬間も。

9ani3131229.jpg

熊本から来た「Klagitz」、それぞれ別のバンドのメンバーとして活動している二人がそのバンドを合体させた名前の下に。二人、酩酊の壁の向こう側に旅立った後、二人文字通りポジションを変えながらアシッド(酔った的な意味で)?フォークを。九州んしはが好きやねん。やっぱ。


ft5131229.jpg大分からも酔いどれ、で対抗。てわけでもないがエレキで一人に小さな音でロックするFLASHザ徒歩5分が登場。ペーーソスな言葉、軽快なリズム、沈んでくフォーク? 主夫は10周年にバンドで登場するってことです。


フランス?のHIPHOPっていうちと意外なSEで登場した「RAKUDA」
勢いのいい場末なガレージロックンロール、激しく、走るロックナンバー、低速のも、変わらず見せる。

9ani32131229.jpg

アトホールの2013年を締めくくる大トリは"アトホールの顔(自称)"「ナントカ動物園」。イノシタの絞り染めも何事もなかったように復活してのステージ。
安定したステージ&MC、でホールのお客さんを確実にロックする。アンコールまでしっかりと。

2013年さようなら~。書いてる今は2014年7月~。
旅は続くよ~どこまでも~。

2013/12/29(日)

clavinotes http://www.myspace.com/clavinotes
山内桂 http://www.salmosax.com/
ナントカ動物園 http://nantokazoo.blog.fc2.com/
FLASHザ徒歩5分 http://keeponmusic.com/fb9/
NINJAMAN http://ninzyaman.tumblr.com/



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

大分大学の軽音楽サークルの一つ「KON spice」。こちらも3年生の現役引退ライブ。

今回も出演バンド多いのでさっくさく行きましょう。(後乗せで) レポートの方でも。

トップバッターはFLOWをカバー。いつも司会を務める彼も歌う方に回って、華々しく。「贈る言葉」なんかを、テーマにあっている。

kos131227.jpg

9mmをカバーする「6mmパラベラムバレット」。「黒い森の旅人」、「Living Dying Message」など、他のバンドよりちょっと多目の4曲を披露。


KANA-BOONをカバーする「おかずーん」。ボーカルはおかずさん。と言うことほんものも かなおさん かな(違う)。「眠れぬ森の君のために」などを。

kos2131227.jpg

続いてはワンオクのカバー。「じぶんロック」などを。今までで一番いいワンオクらしい。なるほど。


外バンとして活動していた「ALDILA」がおよそ一年ぶりに登場。多大に影響を受けたBackHornの「刃」などを魂を込めて。

kos3131227.jpg

きれいなお姐さんが真ん中に立って東京事変、林檎さんのナンバーをカバー。
「空が鳴っている」「ギブス」など。お酒はそんなに飲まないよ、ってこと。


謎のハイテク技術を使ってQUEENの「I was born to love you」を披露する謎の二人フレディ(もちろんホッケーマスクの方)。BONJOVIの「It's my Life」も演奏するが筋にくんの幻影が、いたしかゆし。

kos4131227.jpg

「バンプ feat マンドリンヒロシ」、という芸名に楽器が付くというジャイアント馬場メソッドを駆使した部長が歌うは「アルエ」など。部長は口マンドリンを披露します。3年ぶりのメンバーも。


kos5131227.jpg「NCIY」、ストーンがユータになった。その名の通り、ナッシングスをカバー。「isolation」などを。好きな曲、やりたい曲をやる、っていう夢が叶うのは嬉しい。


「シニガミロイド」ボーカロイド系の楽曲をカバー。物騒な名前は死神の通り名を持つメンバーがいるから。男女ボーカル、初めてクリスマスを共に過ごした異性だが、甘い話はなし、練習だから。「嘘つきのパレード」などを。

kos61312127.jpg

ヒロシのいるサカナクションカバーのバンド、「ヒロシクション」。ハックション。
「夜の踊り子」「ナイトフィッシング~」などしっとりめの曲を。みんなでの合唱で声を揃える。


「地獄めぐり」、同郷の先輩hotspringをカバーする。赤いシャツもまたリスペクトを捧げる。
「コールタール」「45回転」などロックやり切る。

kos7131227.jpg

SiMをやる「BiM」。ベッショ・イズ・マインらしい。本家は何・イズ?
「Blah Blah」「Killing me」なんかを激しく揺らしながら。


サザンをカバーするシブい大学生たち。いや、イイものは年代を超えるってことか。原坊役もちゃんといるよ。
シンドバッド、エリー、マンピーと古いのから新しいの、派手なのしっとりの両方とも。

kos8131227.jpg

でんぱ組で登場して10-feetを演奏する「テンフィ組inc.」。簡単!ハイブリッド!
とにかくお祭り感がいっぱいだ。「River」「Cherry blossom」でとにかくお祭り感で(二回目)。

3年生をちゃんと送り出せたかな?

2013/12/27(金)



テーマ:J-POP - ジャンル:音楽

毎年12月に行われる大分大学の老舗の軽音楽サークル「SOUND FAMILY」「3年生引退ライブ」。今回はということで2011生が主役。2011年に入って、2013年に現役引退、って言うんだから時の流れは速い。だからこそ、出来るだけ最初からガーッとダッシュした方がいいんだよ。

トップバッターはそんな先輩たちを安心して送り出せるようにってことで下級生主体の「katty」が露払う。雅楽「越天楽」で登場した彼らが演奏するのは和繋がりでFACT。「slip of the lip」「a fact of life」などを。ボーカルは貫禄の加藤君。なるほど。

sf131223.jpg

次は「THE MIKKIES」。ミキさんだからミッキー、3年生。hippiesもリスペクトでかかってるらしい。
ピロウズ、「Funny Bunny」 「ハイブリッドレインボウ」など。主役の幹部、だけどベーシスト。これもらしい。


「牛として時雨」、3年生二人。女子ベースってことで編成も本家にそろえる。
時雨→牛、ね。甘辛く煮たやつ。ギラギラした音の上で、二人がキャーキャー叫ぶ。変な音楽やなーと思う。「disco Flight」「NAkano KILL YOU」など。そう思わせる、てことはちゃんと出来てるってこと。

sf2131223.jpg

「トカゲの王様」、ミッシェルか?もうひとつか?とどっちだ?と思ってたらドアーズの方。レイ・マンザレク役をキーボードとベース役割分担して「Hello,i love you」「Light my Fire」などを。後者はがっつり後半のインストパートも演奏。モデルガンをぶっ放して終わり。


「どらごん☆ほーむかふぇ」、黒い集団がステージに。てことで重い系、Korpiklaani「Wooden Pints」などを。そして変則チューニングもあるってことで間のMCでは何故か達者な手品の披露も。端正なトークとグロウルなんかのギャップ。
「to be with you」では大団円感。まだ途中!

sf3131223.jpg

「エレファントカシマメ」、違いは一文字だけ、シ。3年生幹部、いつもの弦楽器から解放され、ステージ真ん中で思う存分にミヤジになる。白シャツ、MCの自由さ、漂い方。「奴隷天国」ではガナり、「悲しみの果て」では美しく歌う。


「死んでたまるか戦線」、Girls Dead Monsterのカバー。"テレビアニメ『Angel Beats!』に登場する陽動部隊でありガールズバンド"らしい。うん、さすがにおっさんはその辺は知らなかった。「My soul your beats!」「Crow song」などをもちろん女子ボーカルで。ドラマーの部長、珍しくコーラスも。

sf4131223.jpg

トリは「10回転足らズ」。10回転しか、なのか、10回転足らない、なのか。
50回転ズのナンバーをフロント3年生、ドラム2年生のラインナップで。「少年院のソナタ」「出稼ぎ行進曲」などちょっと多めに演奏、最後だから。
ヘッドバンギング?首の振り付け?なんかも決めつつ盛り上げる。

ガーッと走った3年間。もちろん現役は引退しても学生生活は続く。
頼もしい仲間と音楽と一緒にまだまだ走っていきましょー。

2013/12/23(月・祝)



テーマ:CD・DVD - ジャンル:音楽

はパンクの方ね。

閑話休題。

2013年の年末もやって来るアトホールの周年祭、回ってきました9回目。
週を越えての「アトホール9周年ライブ 第二夜」。

「DiverDown」、トリオ。久々のパーマネントなラインナップでのライブ。
ガレージ、洋楽的なエッセンスの香るロックサウンドを若さを感じるフレッシュさで。またiPadのアプリを使ったピアノ調のしっとりした曲も。

9ani2131222.jpg

実の親子トリオ「BRINKY」、今回は時節に合わせてギタボのリナちゃんはサンタファッションでキメる。
やる曲はいつもと変わらずスリーコード、8ビートでRamones、オリジナル、そして"より"得意っていうShonen Knifeのナンバーも。


「xinsha」はいつもの4人にゲストとして「THE LUNARIANS」よりサックスの石田を迎えて演奏。映像を映し出したステージ、「Downyみたいや」なんて声も聞こえる中、キリキリした音に鋭角的なサックスの音が切り込み、スリリング、エクスペリメンタル

9ani22131222.jpg

「SAYOUTEN×S.A.G」、こちらも緊張感あふれる地獄のダークファンク?を聞かせる。ジャンルはようわからんし、気にしてもしょうがない。
鉄の音のギター、アンビエントノイズ、ひこずるビート、うねる旋律。リズム隊に特段の気合を感じる。


「THE LUNARIANS」、まずはマイク、ミキサーなどを極力通さないアンビエントセットから始まる。手持ち楽器も普段とまたちょい違う。ジプシートラッドアラブ、いろんな風にまた聞こえる妖しい音。そして、電気楽器入ってから爆裂の二重底構造。

9ani23131222.jpg

「トナリマチ」、今回はドラムが入った編成。急遽出演が決まったり、リハができなかったりいろいろ困難みたいなのもあったが、とにかくいい歌を伝えようと。
二人、それぞれ持ち味は違うが艶のある声がすっと沁みこんで来る。


ガールズトリオ「SYMG」。その通り自由な女の子3人。「ブラウンシュガー」のカバーで珍しくボーカル曲をやるなどやり散らかすが、ゲストの「NINJAMAN」の二人ちょっとやり散らかし過ぎ。でも、笑かして、楽しませて、踊らせて。

9ani24131222.jpg

2013年、本当に度々アトホールに出演してくれた「gallo」。その年の最後を飾る気合の入った演奏を見せる。そしてそれは来ているお客さんに十分伝わるもの。感嘆の声があちらこちらから。新曲も。曲の盛り上がりのところの、マイクを通さない後藤の叫びもエモい。

9ani25131222.jpgラストは最後をホッとやさしく〆てくれるような歌で。二宮綾子。アコギ一本、ステージに座って。ゆるく、でも聴かせる。アルコールのせいか、いつもより可愛らしげな所作、バッカスのミューズは今夜も降りてきた。ワイルドサイドに自分の詩を付けた者なども。


2013/12/22(日)

BRINKY http://87.xmbs.jp/brinkey/
gallo http://gallololoita.tumblr.com/
トナリマチ http://tonarimachi.junglekouen.com/
SYMG http://flavors.me/symgjp/
xinsha http://xinsha.tumblr.com/
SAYOUTEN http://www.myspace.com/sayouten
S.A.G https://soundcloud.com/s-airguitars083-1
THE LUNARIANS http://lunariansbeppu.wix.com/the-lunarians



テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

2013年の年末もやって来るアトホールの周年祭、回ってきました9回目。
「アトホール9周年ライブ 第一夜」まずは一日目。

そのトップバッターはトリオ「遊びは文化。足元にズラッとエフェクター並べ、フロント二人スタジオ?みたいに向かい合う。
UTDで現代的な"日本のロック"。ちょっとしたお祭り感ってことでドラムのまゆたフィチャーの曲も。ファンシー感。

9ani41311215.jpg

大分のガレージバンド「THE HIPPIES」、急遽のグループ解散のこともありボーカリスト大口直人がソロでステージへ。
バンドの曲、新しい曲、フィンガー5の「個人授業」のカバーなどをアコギで。艶のある声がよく分かる。


続いては「ププケア」。久しぶりにパーカッションも加わってのフルメンバーで。
「フレッシュなバンドです」、ええ大人揃いのメンバーたちでも十分にフレッシュです。MCの安定感はさすがだが。
洒脱なファンキーロック、フレッシュらしくデッカい音で。バッコーンと。

9ani3131215.jpg

福岡よりやって来たミワサチコ。今回は久しぶりにソロで。椅子に座って、アコギ一本を爪弾く。普段あまり歌わない曲やDanroの「sky of the night」なども。
酔っ払いのミューズは今日も澄んだ声を届かす、どこまでも。


「ファンタスティックプラネッツ」、今回もきらびやかな導入動画からそのパーティーは始まる。キーボードなども加わった圧縮陳列型のパンキッシュなダンスポップロック。オールナイトニッポンなMC、バグルスのカバー、楽しませるフックを山盛りで。インベーダーはセガが好き。

9ani2131215.jpg

久々のパーマネントなメンバーでアトホールに登場のトリオ「FARM」、新ドラマーは女子。オーガニックな肌合いで大きなバラードにイケイケのファンキーロック。堅固なアンサンブルは健在。キマジメなところも透けてくる。


「Natural merry-go-round」、こちらもライブはおよそ一年ぶり。その間に新メンバーが入って、ギター2本体制に。顔で叩くドラマーなどは変わらないが、より音が分厚い感じで。君臨すれども統治せず、てな感じでてんでばらばらなんだけど統一感が。

9ani131215.jpg

トリではお祭りってことで「cell」が華々しくまとめる。ギターのユウキが真ん中なのも、なんとなくそれを加速させる。
疾走するオルタナティブを、色合いの違うボーカリストたちが曲を彩る。
ステージ最後ではかなーりサプライズな演奏も。現場で体感を。

2013/12/15(日)

遊びは文化 http://nagarekawarecord.jimdo.com/
ファンタスティックプラネッツ http://fanpla.com/
ミワサチコ http://miwa0123.cocolog-nifty.com/
FARM http://www.myspace.com/farm2010



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2013年9月に15周年を迎えたロック系クラブイベント「mintdragon」。 アニバーサリーイベントを終えて、16年目に入っても変わらずロックを浴びに来るお客さんをロックし続ける。

md131214.jpg

ロック、ゆーてもその取り上げる範囲は広いわけで。
「Smoke on the water」、Damnedの「Love song」と言ったクラシックソング。
neco眠る with 二階堂和美、ハンバート×2アンドCOOL WISE MANと言った趣味イイ系邦楽。
lithium、LONDON CALLINGなどのカバーのダブパート。
MAD、SOADと言ったラウドロック
「Sugar baby love」、ディスコ。Donna the Prima Donna、オールドR&B。
アンダーグラウンドミクスチャー、HABANA。「root down」、HIPHOP。
[Champagne](改め[Alexandros])なんかの最新のJ-ROCK。。。

md2131214.jpg

橋本タイスケ、DAI、NORI、DISK、ke-gのDJ陣が選ぶ曲たち。
まあとても書ききれるものじゃないですが、さまざまな音が、7インチ盤からPCDJまででホールの中に放出される。
踊っちゃいましょう。夜が更けるまで。
いい曲を浴びに来ましょう。見つけに来ましょう。

2013/12/14(土)


テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー