大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



※チケットなどのお問い合わせは アトホール まで。横のカラムの ABOUT/MAP (1) のカテゴリーをクリック


2015/1/2(金)【OTHERS】
★コタツでダラダラお正月!★
開宴 17:00
料金:1000円(鍋・お菓子つき)※着物でご来場の方は半額です。

毎年恒例のアトホールのお正月。参加者全員がコタツでダラダラする、ダラダラしたイベントです。



2015/1/11(日)【パフォーマンス】
ftf150.jpg

劇団不在 vol.1
 face to face★
開演:15:00/20:00 
開場全て30分前
出演:ルーシー・ラブグッドウィル、ヤダミク(劇団水中花)
作・演出:ルーシー・ラブグッドウィル
料金:前売り1500円/当日1800円 

問:gekidanhuzai@gmail.com
  090-8760-7368(ナカハマ)

劇団背油こってりを主宰していたルーシー・ラブグッドウィルによる新たなプロジェクト「劇団不在」

face to face
容姿に悩む妹と、性別に悩む姉は、見晴らしのいいカフェで再会する。それまできちんと向き合えなかった二人の関係は、妹の告白をきっかけに解放されていく。
うまく生きていけない姉妹の半生が、男女二人の俳優によって叙事的に練り上げられてゆく。




2015/1/12(月)【ライブ】
★レイザーギター再び!★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:ドラびでお/S.A.G/peppies+
料金:前売2000円/当日2500円

doravideo
2012年長年プロとして活動してきたドラムを引退。その後tkrworks社と長年開発を進めて来た映像と音楽をリアルタイムにリミックス出来る自作楽器「DORAnome」により活動を再開。既製の楽器ありきの音楽では無く楽器自体から自分自身の音楽専用に一から作り上げるというコンセプトにより圧倒的な個性と唯一無似な世界観を出している。
http://doravideo.net/

ドラムによるコンピューターコントロールシステム「ドラびでお」はドラマー一楽儀光によるソロ・ユニットでドラムセットを巨大なビデオデッキとして使用し映像をコントロールしている。この「ドラびでお」は世界中のロックフェス、ジャズフェス、メディアアートフェス、映画祭、芸術祭でも好評を博している。

知的でストイックな作品が主流のメディアアートシーンの中、彼の作品は粗野で下品そしてくどいぐらいのエンターテイメントである。

2005年にはARS Electronica(オーストリア)にてその年最も優れたDigital Musicsに贈られるHonorary Mention賞を受賞。2007年6月世界芸術界の最高峰ベネチアビエンナーレに招待され2008年8月にはスペイン「サラゴサ万国博覧会」に日本代表として招待。2009年には人気テレビ番組「SMAP×SMAP」にも出演している。

S.A.G.(spaceship airguitars)
Noise instrument of "SAYOUTEN". Industrial elrectronica performance in oita.
https://soundcloud.com/s-airguitars083-1
peppies
キラーノイズmeetsポストパンカー。スタイルチェンジ中。
https://soundcloud.com/peppies



2015/1/14(水)【ライブ】
agt1501.jpg
★新譜LP&CD『浦島64』発売
 あがた森魚弾き語りライヴツアー「浦島1964←→2014」 ★

OPEN 19:00/START 19:30
出演:あがた森魚(東京)
O.A.毛利幸隆(ライスボウル/福岡)
料金:前売3000円/当日3500円


あがた森魚
'48 年北海道生まれ。'72年デビュー曲「赤色エレジー」の大ヒットで一躍時代の寵児に。20世紀の大衆文化を彷彿とさせる幻想的で架空感に満ちた作品世界を音楽、映画を中心に展開。2014年11月 42枚目のオリジナルアルバム『浦島64』アナログ盤、12月にはCD盤をリリース。全国でライヴを展開中。劇場公開作品3本を監督、俳優や執筆などでも活躍。日記映画を渋谷アップリンクファクトリーにて月刊で上映している。
http://www.agatamorio.com/

毛利幸隆(ライスボウル)
2000年活動開始。トリオでの活動を経て、現在は毛利ソロでの形態。
1stアルバム「きらめき」は曽我部恵一プロデュースのもとリリース。ROSE RECORDSのコンピレーションにも参加。
あがたの2014年の九州ツアーにも同行するなどその関係は深い。
http://riceballll.com/



2015/1/15(木)【ライブ】
anl1501.jpg

★アンラ・コーティス LIVE in Oita★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:ANLA COURTIS(アルゼンチン)/Shower Curtain
料金:前売予約2000円/当日2500円

ANLA COURTIS
ブエノス・アイレス生まれの音楽家。主にエレクトリック・ギターをプレイするが、他に多様な楽器(やマテリアル)も演奏する。1996年にミゲル・トマシンらと共にブエノス・アイレスの伝説的エクスペリメンタル・グループ「レイノルズ/Reynols」を結成。レイノルズ名義だけでも100枚以上の作品をリリースし、個人でも世界中の様々なミュージシャンとジャンルを問わず共演、デイスコグラフィカル・データも膨大な数に上る。アルゼンチンの音楽の懐の深さを体現する重要人物。
世界中をツアーし、これまでに日本、ヨーロッパ、アメリカ、オーストラリア、ニュージーランド、南米、そして北極(!)といった様々な場所で演奏を行っている。映画音楽の制作やインスタレーション、そして世界各地でのワークショップといった具合に多岐に渡る彼の音楽活動は、常に実験精神に満ち溢れている。演奏にはプリペアド・サウンド、テープコラージュ、フィールド・レコーディング、ライブ・エレクトロニクス、ガジェット、シンバル、シンセサイザー、コンピューター、伝統楽器(アコースティックも含む)、自作楽器、異様な楽器(弦がないギターなど)などが用いられる。
今まで共演経験のある山本精一、湯浅湾、Acid Mothers Templeの川端一と田畑満、川口雅己、秋山徹次といった日本人ミュージシャンたちの名前の並びをみれば察しがつくように、アンラ、そしてレイノルズの動向を常に気にしている人間は、ここ日本のアンダーグラウンドなロックのネットワークの中にも少なくない。
https://myspace.com/courtis

今回は、ライブ前にルゼンチンを訪れたダモ鈴木氏(ex. CAN)がアンラの招聘により集められた地元ミュージシャンたちと共に行ったコンサートの記録とイメージ映像で構成されたドキュメンタリー作品『Alter Sapukai! Damo Suzuki in Argentina』を上映します。
上映終了後は、アンラ・コーティスがライブを行います。世界中を旅しながら、各地のアンダーグラウンドな音楽の現場にて数多くの強者たちとの共演を重ねているアンラの、現在進行形の音楽を目撃して下さい。
映像作品に興味のある方も是非どうぞ。

Shower Curtain
2011年に当バンドの前身となる「ninjaman」を結成。ゲシュタルト崩壊を引き起こす歌詞を、ドップラー効果を利用したメロディーに乗せて演奏する技法が特徴的で、聴く人を合法麻薬いらずの世界に招待する。メンバーの地元である大分、別府、国東を中心に活動しており、昨年2014年にはAPU立命館アジア太平洋大学の学祭に招待され、ベースボーカルが脱糞。さらに同年2014年に「ninjaman」からギターボーカルの後藤大樹が脱退し、ギターの上野真之介とドラムボーカルのりょうの2人を中心に再結成。前バンドでは助っ人だった荒地肥社をトランペットとして正式にメンバーに迎え、さらに上野真之介の幼馴染のヤスオがベースとして加入した。2015年から本格的に「バンド名」として活動を開始している。
ex.NINJAMAN
http://clevertacofart.tumblr.com/




2015/1/16(金)【ライブ】
★ワタナベマモル弾き語りライブ★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:ワタナベマモル(東京)/Tetsuya Hozaki/東瑞人/さざれ石
料金:前売予約2000円/当日2500円

ワタナベマモル(Vo.G)
1963年12月4日生まれ静岡県出身射手座0型。趣味は日刊スポーツを読むこと、創作活動。座右の銘は「オッサンよろしく」
1983年ロックバンド「グレイトリッチーズ」を結成し、ナゴムレコードより2枚のシングル、キャプテンレコードより1枚のアルバムを発表。1989年にキングレコードと契約してメジャーデビューし、3枚のアルバムと2枚のシングルを発表して1992年に解散。その後MAMORU & THE DAViESを結成して現在に至る。
弾き語りライブや自らレコーディングも手掛け、最近はドラムにはまり日々ロックンロールの研究に励む。THE BEATLES、チャックベリー、ブッカーT &MG'S、ベンチャーズ、アートブレイキー、味噌ラーメン、寿司、ユニクロ、野茂英雄などを好む。
http://www1.odn.ne.jp/davies/

Tetsuya Hozaki
ワンマンハードロックギタリスト。インストでも、一人でも、ロック魂は燃え上がるッ!
東瑞人
http://attraction.digiweb.jp/ATTRACTION/ATTRACTION.html



2015/1/17(土)【ライブ】
★ほっけジャンボリー~第2宴~★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:水中ブランコ(鹿児島)/THE INCOS(福岡)/GO!GO!KISETSU!/世界のザキ(福岡)
料金:2000円

水中ブランコ
Gt&Vo 井上 雄太 Ba ヒダカ ユイ Dr リュージ
2009 年7 月、Gt&Vo イノウエを中心に結成。同年8 月初ライブ、2010 年1 月南九州ロックフェスvalcano10 にてオープニングアクトを務め、その後、鹿児島を拠点に九州各地でライブ活動を展開。2011 年10月1stminiAlbum「Dummy」をリリース。2012 年5 月、公開レコーディングワンマンライブ”水アソビ”を行い、7,8 月にはKenSouthRock!!!!!と共にのWレコ発全国ツアーをする。さらに2012 年12 月1stFullAlbum「SOLE」リリース。それを引っ提げ2012 年1 月東名阪、九州を中心とした全国ツアーを行う。そして、2013 年5 月からアメリカ、台湾を含む過去最大規模のツアー『チノメグリツアー』を敢行!!衝動的なロックミュージック。激しいライブパフォーマンスと独自のサウンド、そしてステージ内外とのギャップで聴衆に衝撃を与える。
http://ryujiblanco.wix.com/suichublanco

THE INCOS
新進気鋭の謎のフォーピースバンド。予測不可能な中毒性のあるサウンドに時に切ないメロディを過激に歌う。
福岡を拠点にabout a ROOM、olly ollyのメンバーらからなる。

GO!GO!KISETSU!
Gt&Vo LOMO Dr HOKKE Ba PETER

世界のザキ
福岡の超カリスマB級ロックバンド
http://sekainozaki.tumblr.com/



2015/1/18(日)【ライブ】
★6x9 six by nine vol.55★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:cosmos/clavinotes/Osmanthus
料金:1500円(前売り購入またはフライヤー提示の方1ドリンク付)

cosmos
不思議と出会う。宇宙。日常。人間。生活。どぶ。捨て猫。朝の出来立ての味噌汁のゆげ。スリッパで駆ける。そんな音を鳴らして生きたい。
http://cosmsoc.jimdo.com/
clavinotes
日本のバンドです。かわいい夢見心地なサウンズ
http://www.myspace.com/clavinotes
Osmanthus
医大生5人組のバンドです!リピート続出!あっさりだけどコクがある!一度聞いたら忘れられない味とメロディ!ぜひ一度聞きに来てください(*^^*)



2015/1/23(金)【ライブ】
kkng1501.jpg

★空間現代 ライヴ in 大分★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:空間現代(東京)
DJ:Don-Tabasco/Takushi/yass (4 to the place)
料金:前売2000円/当日2500円(要1ドリンクオーダー)

空間現代
野口 順哉  Junya Noguchi(guiter / vocal)
古谷野 慶輔 Keisuke Koyano(bass)
山田 英晶  Hideaki Yamada(drums)

2006年、現行メンバー3人によって結成。
編集・複製・反復・エラー的な発想で制作された楽曲を、スリーピースパンドの形態で演奏。
これによるねじれ、 負荷が齎すユーモラスかつストイックなライブパフォーマンスを特徴とする。
近年では演奏における一つの試みとして、並走する複数のグルーヴ/曲を行き来しながらも、ライブに流れる時間全体が一つのリズムとして立ち現れてくる様なライブ形態の構築と実践に取り組んでいる。

東京でのライブを活動の中心としながらもECD/飴屋法水/大橋可也&ダンサーズなど先鋭的なアーティスト達とのジャンルを超えたコラボレーションも積極的に行っている。
現在は京都において 断続的に公演される演劇作品、劇団「地点」によるブレヒト戯曲作品『ファッツァー』の音楽を担当。
http://kukangendai.com/

2009年:ファーストアルバム『空間現代』
2012年:セカンドアルバム『空間現代2』
2013年:月刊リミックス配信企画「空間現代 Monthly Remixes」
2014年:ライブアルバム『LIVE』



2015/1/24(土)【ライブ】
bkip1501.jpg

★BAKA IPPAI★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:the omelettes/UTOPIA/SAYOUTEN
料金:1500円(with 1drink)

the omelettes
ex.cell、ex.SYMG、ex.gallo、ex.Third Sister Lovers、、、
アメリカンオルタナティブ、ニューウェーブ、ハードコア、ポップスなんかが玉子でふんわりまとめられた!?
SAYOUTEN
SAYOUTEN
2007年”カモメナーコティック”解散後yamamotoを中心に大分にて結成。
2012年ノイズユニット"spaceship airguitars(S.A.G)"と合体後は現在の4人体制に定着。
(Vo.Guitar)Yamamoto
(Bass) Murakawa
(Drums) Abe
(Noise.Gu) S.A.G
no wave.sad core.noise rockの要素を内包した"power folk"バンド。
https://soundcloud.com/s-airguitars083-1



2015/1/25(日)【ライブ】
★6x9 six by nine.56★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:TOM@(トマト)/Shownin/ネネカート
料金:1500円(前売り購入またはフライヤー提示の方1ドリンク付)

TOM@
新感覚★TOM@POPS!!ちょっぴりテクノなトマト味!!
Shownin
ベーシスト・ギタリストとして活躍。教室での講師も。ソロでは、ディレイ、オクターバー、トーキングモジュレーター、、様々なエフェクターを駆使し、即興演奏を行なう。
http://yaplog.jp/sgbass/
ネネカート
オルタナ・オルタナカントリー ってだけでもない。ソフトロック、フォークトロニカ、、なんだろ。グッドミュージックを。
"スティーリー・ダン"は合衆国南部を旅をする。
大分を基盤に、福岡、熊本へと足を広げる。



2015/1/29(木)【OTHERS】
★のばなし その25★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:かずまりっち~(トレロカモミロ)/超人発電所
客人:豚星なつみ(象書家(ショウショカ))
料金 1000円(お茶・おにぎり付)

問:アトホール/トレロカモミロ camomillo.net@gmail.com

劇団トレロカモミロ主宰のkazumaritchieらによる2時間ノンストップ&ノンカテゴライズトークショー
超人発電所
基本超人、時々おしゃべり、時々代表。
ポロシャツ、ハト胸、ツーブロック。
バンドマン、役者、今度は何だ。成りたいものは人気者!!!
豚星なつみ
筆で文字の意味や象(カタチ)を豚星オリジナルの書体で書く。ぶた好きな書家。 沢山の笑顔を見るために☆
http://blog.livedoor.jp/butaboshi/



2015/1/30(金)【クラブ】
frly1501.jpg★FREELY★
OPEN/START 18:00(~23:00)
DJ:No.13[YKR、yu!]/GENKI(Takk)/きーふぁー(RAPT、indexes of Erudito)/SOU(One-Chance!)/Yukkey/UE3(Cabospasm)/懷(O´clock・O.O.U!)/kou(Check!)/Oh!No!
Staff:きゃりー、雪希、だーさわ
料金:2000円(DRINK FREE)

2000円飲み放題の聞き放題、踊り放題のクラブイベント「FREELY」、宗家の名古屋に負けずに大分でも。
大分県(大分、別府)を拠点に金曜日開かれるALLSTYLE MUSIC PARTY.




2015/1/31(土)【ライブ】
★大分大学サウンドファミリーOBライブ★
OPEN 12:30/START 13:00
出演:サウンドファミリーOBのバンドたち 他
料金:無料

大分大学の老舗軽音サークル「サウンドファミリー」のOBたちによるライブイベント。
デカイ音出してー。昔とった杵柄ー。




※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、右記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。
スポンサーサイト

テーマ:大分県 - ジャンル:地域情報

ワッサァ地球人!
ワレワレハ「ファンタスティックプラネッツ」
地球をダンスホールにすべくやって来た侵略者。

大分を中心に活動するTeenage Punk Rock Band
「SIX LOUNGE」、トリオで精力的に活動する。

その二組によるツーマンフリーイベント。お客さんたくさん。

二組ってことでステージもたっぷりと言うこと2ステージずつ。

sxlg140614.jpgまず「SIX LOUNGE」。トリオ、尖らせたルックスの二人にニコニコ嬉しそうに弾くベース。キャラの違いがいい感じ。
自分たちの曲をガーッと詰め込んで。ガレージパンクベースだけど色々と幅が広く、パターンを持ってる。若さの刹那が輝く。


fnpl140614.jpgファンプラちゃんこと「ファンタスティックプラネッツ」。いつもの通り派手にキメた5人、8bitなSE音と共に代表曲「アナログインベーダー」でスタート。
情報過多、詰め込み気味のパンキッシュディスコビートでサイリウム振ってダンシング。セガガガガガガ。



2周目。

sxlg2140614.jpg「SIX LOUNGE」、スペシャルライブってことで短めの曲のカバーなんかも交えてサクサクと進めたり。「SATURDAY NIGHT」「雨上がりの夜空に」など。若いバンドながらなかなかなおっさん殺しのナンバーを自分なりのアレンジで。
さすがのコンテスト荒らしの貫禄。


fnpl2140614.jpgそして「ファンタスティックプラネッツ」も2ステージ目。しっかりタクローは衣装チェンジなどもして面目躍如。そしてプロジェクターからの映像もステージに映しての通常営業。
ディスコビートに映える蛍光色、左右に。新曲も披露しつつラストは「アナログインベーダー」で〆。円盤構造。いや円環構造。



PUNK STRIKE ROCKS

2014/6/14(土)

ファンタスティックプラネッツ http://fanpla.com/
SIX LOUNGE http://artist.aremond.net/sixlounge/



テーマ:バンド活動♪ - ジャンル:音楽


ロマンスグレー・サウンスドケイプ
ASA-CHANG小林武文が2013年1月に突然つくった、ロマンスグレー・サウンドスケイプ。
ASA-CHANGのタブラボンゴ、トランペット、巡礼トロニクス等など数々のアイテムと
小林武文のドラムタブラボンゴ、金属・木製・電気的各種打楽器。
4畳半から大ホールまで、空間に応じて自由自在な、
打楽器的あるいは非打楽器的なDUOパフォーマンス。


何度かアトホールでライブを行ったことのあるおなじみのASA-CHANG。そしてNHK Eテレ「大!天才てれびくん」などでも活躍する小林武文によるユニットのライブ。

mamt140611.jpgまずはMasaru Mitarai & Germination Sound。こちらは府内にあるRASDEN RECORDオーナーらによるユニット。
名前に"SOUND"とあるとおり、スピーカー、アンプなどのシステムを持ち込んでのショウ。3人のDJたちが入れ替わりしながらパーカッションネタなどのレコードを部品として、組み合わせ絵を描く安定したDJスタイル。スモーキー。ダブファンク。最後は四つ打ちで〆る。


ロマンスグレー・サウンスドケイプ ascn140611.jpg「ロマンスグレー・サウンスドケイプ」、サンプラー、おもちゃ楽器などの上ものも少しはあるものの、基本は打楽器だけのハードコアアンサンブル。
ドラムセットとタブラボンゴ主体のセット、技術のあるマッドサイエンティストが基本即興でストレンジな作品を組み立てていく。
軽やかに鳴るドラム、ドゥーンとローが響くタブラボンゴ巡礼トロニクスから発されるサンプリング声ネタ「まだ子供が食ってる途中でしょうが」。



踊るのは身体より頭。頭も身体。ロマンス。

2014/6/11(水)

ロマンスグレー・サウンスドケイプ http://romancegrey.tabigeinin.com/
ASA-CHANG http://www.asa-chang.com/
小林武文 http://shabahige.boo.jp/kobatake/



テーマ:SmoothJazz - ジャンル:音楽

大分出身、現在東京で音楽で奮闘するドラマーそのだゆうすけ
パーマネントなバンド、様々なサポートなどを続ける彼の活動の一つが海外などでも活動するウクレレプレイヤーTomoki Sato「Tomoki Sato Trio」でのもの。
今回はヨーロッパツアーを控えての大分公演となる。

そのだの人徳などもあって多くの人がホールに集う。

tss140607.jpg

そんななかまずはTomoki Satoのソロから。
「lalala love song」、Jack Johnson、デパペペなどの洋邦問わないカバーでウクレレの腕はもちろん甘い声でも聴く人たちを魅了する。

軽くお色直しを済ましてトリオでの登場。

tmst2140607.jpg


技量のしっかりした3人、ドラム、ベース、ウクレレそれぞれがソロなどでも見せつつ研ぎ澄ましたアンサンブルを披露。
エフェクターを上手く使った所謂ウクレレっぽい音から想像できないような世界を作る。オリジナル、カバー、インストでも歌ものでも、バラードでも軽快なものでも自在に。にこやかに。そのだのMCはグダグダ。持ち味。
カバーでは「HAPPY」、ボブ・マーリー「Turn your lights Down」、ゲストにトランペットを迎えた「jamaica song」など幅広く。

ハッピーな時間を。

2014/6/7(土)

Tomoki Sato http://www.tomokisato.com/



テーマ:洋楽 - ジャンル:音楽

"華やかな光"

アニメソングDJイベント in おおいた『ろけっと☆だいぶ vol.8』
あひるきの子、Kazu→H@ck♂、龍兄様、前田慶次、おじょーのレギュラーDJに加えて今回はゲストとして、UN☆SO☆YA(とらい★あんぐる)そしてバンド界からハルハラ(ファンタスティックプラネッツ)を迎えて、東京は夜の7時、ってことでちょっと早めにスタート。ブギーバック!

rkdv140531.jpg

やはりダンスフロアに華やかな光ってことで、曲に纏わる映像もVJとして空気を盛り上げる。

おのおののDJはもちろんアニソンゲームソング、ボカロナンバーなどイベントの趣旨に則った選曲を見せるがその中でどう個性を出すかってことは重要。与えられた枠の中で。

邦楽の現在(イマ)の匂いを感じられる選曲のあひるきの子、四つ打ちで踊らせようっていうKazu→H@ck♂、ゲストのUN☆SO☆YAは逆に一般の大人層が"アニメの主題歌"って言われた時に思い浮かべそうなオールドスクールの王道(80年代、90年代とか)、ハルハラもまたノーナ・リーブスの「Love Together」なんかで色を見せる。踊りだしたくなるよな名曲。ウキウキ通り。
そしておじょーはいつも通り姫。

rkdv2140531.jpg


「YAH YAH YAH」がきっちりネタソングになっちゃった、時事性はあったが(今はまた忘却の彼方。このブログのリアルタイム性の問題)、大盛り上がり。
今から一緒に殴りにいこうか?タイガー!、ファイヤー!、サイバー!、ファイバー!、、、、

スーパーカーからBiSから鮎川麻弥、水樹奈々、水木一郎まで。ミズキ違い。

アニソンのイベントだよね。UN☆SO、渋谷系のイベントではない。
そう、その頃のぼくらといったらいつもこんな調子だった。

2014/5/31(土)

ろけっと☆だいぶ http://rocketdivemember.blog.fc2.com/



テーマ:DTM、宅録、ミックス、レコーディング、機材 - ジャンル:音楽

「6x9 six by nine Special~ラズベリードリームを迎えて~」。タイトル通り福岡を中心に活動し、CMソングなどにも楽曲が起用された「ラズベリードリーム」を迎えて行われた。

brnk140525.jpgトップバッターは福岡でのライブで「ラズベリードリーム」と共演し、今回のきっかけとなったファミリーパンクロックバンド「BRINKY」
今日もご機嫌なショートナンバー次々連打。「電撃バップ」、少年ナイフの「ジャイアントキティ」といったおなじみのカバーから、自身のバンド名を冠にした新曲も披露。看板曲に!


aosr140525.jpg「AO-SORA」カホンとアコギの二人によるインストユニット。アコギはスラップ奏法がメインとなり、ベースパート、パーカッシブにも鳴らし、カホンの優希も熱く呼応し、熱の入ったインストを聴かせる。
お客さんとのコミュニケーション取りつつ、オフビートなMCも。


rsdr140525.jpg「ラズベリードリーム」はドラム、ギター、ベース、キーボードにボーカルの5人が技量に裏付けられたウェルメイドなポップソングを披露する。
曲ごとにジャズレゲエなどのエッセンスをまといながらも肌触りは確かにポップに仕上げてく。バラードもポップナンバーも自由自在。
おとんとおかんに贈る曲、決め曲。アンコールも飛び出し。「BRINKY」も飛び出す。
楽しそう!


2014/5/25(日)

ラズベリードリーム http://raspberrydream.official.jp/
BRINKY http://87.xmbs.jp/brinkey/
AO-SORA http://aosora43.wix.com/aosorajetfinger

テーマ:J−POP - ジャンル:音楽

「Lunarians/xinsha/gallo共同企画異種交配」
タイトルの通り3バンドの共催企画。神戸からのゲスト「蛸地蔵」を迎えて開催。

lnr140524.jpgトップバッターは「THE LUNARIANS」。「蛸地蔵」との関係が一番深いにも関わらず、だから?一番に。
今回は特別バージョン、てことで前のバンドでメンバーだった清家がゲストに。真ん中、歌?掛け声?変態ファンク? 通常の重いナンバー。サックス、フルート絡む旋律。


glo140524.jpg「gallo」、このライブをもって解散。ベースも脱退してるってことでヘルプにモーリーが入って。メンバーが全員男性ってこで、なんか音も男くさくダイナミックに聞こえたり。繊細さに力強さが、なんかエモく。マイクの立て方が違う。


xns140524.jpg「xinsha」、こちらもまた今回で活動を停止。ドラムとベースとギター2本、キックとスネア、抑制されながらも絡み合う。とがったギターの2本の絡み、歌も思ったより前に出る。サイケポストロック、ビートにHIPHOPの匂い。


tkj140524.jpg「蛸地蔵」、楽器の並びも変わる。ベース左、ドラム右、うえのひる子真ん中。
やせぎす、フォトジェニックなドラマー、着物風の出で立ちグラマラスに傾くうえの。つぶれたファズギターが暴れ回り、おどろおどろしい歌声、ドライビングするベース。星空のドライブ。昭和元禄サイケデリック。
浅川マキのカバーも。ギラギラ。


2014/5/24(土)

蛸地蔵 http://tacojizou.jimdo.com/
THE LUNARIANS http://lunariansbeppu.wix.com/the-lunarians




テーマ:演歌/歌謡曲 - ジャンル:音楽

あがた森魚
1972年にデビュー曲「赤色エレジー」がヒット。
以後、ソロ、「VirginVS」での活動。音楽性もフォークテクノポップライと変遷を重ね、また音楽活動だけに留まらない俳優映画監督などとしてもコンスタントに活動を続けている。60の坂を越えた今も毎年のように作品を発表するなど勢力的だ。
アトホールでは数度目のライブ。

rmr140522.jpg

今回の共演はあがたとも関係が深い毛利幸隆ライスボウル)。
以前のバンド形態から現在はアコースティックギターでの弾き語りで。
それ用の曲も増えている。「恋の歌」、毛利ヒストリーを辿るように。「あがたは祖父にそっくりだ」と言うこともMCで。

agt140522.jpg

あがたもアコースティックギター一本でのステージ。
ハットボーダーのシャツにジャケット。夕暮れ時も新しい作品作って、日本中回る。海賊のように。ボーダーだしね。
歌とともに自由にトークを交えながら。
それも自分の歴史を辿りながらのものに観念的なものを入れながら。
「未来からタイムスリップしてきたら違いがわからない」
衝撃を受けた「Be My BABY」「Like a Rolling Stone」「I get around」などの話も。
大滝詠一のカバー、そしてエモい「佐藤敬子先生はザンコクな人ですけど」で〆る。

2014/5/22(木)

あがた森魚 http://www.agatamorio.com/
毛利幸隆(ライスボウル)http://riceballll.com/

テーマ:ワールドミュージック - ジャンル:音楽

大分のロック系クラブイベント「SOULFOOD」。いくつかあるそれ系イベントの中では比較的黒っぽい、横に揺らす系の色が強い方。
開催場所は数度変遷はあったが、アトホールでは数度のmintdragonとの共催イベントを経て、記念の「10th anniversary」を開催。

DJM☆T☆K、YON、G-star、I・K、TEMMYE、panchi、M@CHA、KUNIら。

リーダー格のM☆T☆K、スクラッチなんかも挟みつつ、上手い具合にミックスしていく、うねり、よりうねり。
マカレナのビートでマリワナマリワナ言っている。あ、ヴァイナルかポリカーボネイト盤がね。

sf140517.jpg

「レネゲイドマスター」、SiMなんかも回されて。

ガールズDJTEMMYE、HIPHOPナンバーも。それに合わせてこれまたガールズMCがフリースタイルでサイドキックを合わせて盛り上げてく。女の子の歌ー!

sf1405172.jpg

Matisyahu「Sunshine」、NO DOUBT「JUST A GIRL」、The Offspring「One Fine Day」、、、
黒っぽく跳ねるのが一晩中。一方ラウド系の違った意味で飛び跳ねるようなナンバーもふんだん。
ステージ上、DJ含めメンバーが何人も並んで腕を振る。騒げー!

2014/5/17(土)



テーマ:DJ/CLUB - ジャンル:音楽

自主企画”Art Blakey”を主催し、火の国熊本で独自のリズムでシーンを作り、引っ張るバンド「Doit Science」。その名は東京までに轟く。
熱望されていた初めてのライブをアトホールで行なう「AT RANDOM Special!」

nnc140515.jpg大分組「ネネカート」熊本で彼ら"ドイチャンズ"との共演ももちろんある。
練られたアンサンブル、絡む主旋律とコーラス、アーシーなギターと凝った鍵盤、新曲も披露。こちらも歌もの、心弾むようなメロディ。


dis140515.jpg「Doit Science」、ギター2本とフレットレスベース、ドラム、そして歌とコーラス、それぞれが別の時間軸、座標で動いているよな死ぬほどハイコンテクストな音楽。間の音楽。弛緩と緊張。さっきとはまた違ったアンサンブル。
拍がよく分からん、複雑に不規則に動いてく。踊れない踊る音楽。頭を踊らせろ。


kjm140515.jpg大分へは数度目。東京からの「Kijima Sound System」
今回自分で用意している音の出るものはラジオだけ。そして当日の無茶振りでドイ、ネネカのメンバーをステージへ上げる。
そして、おのおの曲名をフリップを出しての指揮のようにサインを出して人力コラージュ。方法論の提示、切り口を変えること。掠め取る。


2014/5/15(木)

Kijima Sound System http://thomasrecordings.com/
Doit Science https://myspace.com/doitscience




テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽

2012年にドラムを引退してのち、ドラムセットを使用したドラびでおからDORAnomeと得物(いや兵器)を変えてきたドラマー一楽儀光が新たな武器として開発、リリースしたのがLaserGuitar。そうそれは、音や平面からも飛び出して空間も、体験も支配することを望んで。

nndi140513.jpgライブが始まる。
まず登場するのはn.N.d.i。ベース一本でのソロ演奏。歪み、ループ、ワウなどのエフェクターを使い、丹精に重ねいくフレーズ、ベース、シンセみたいな音etc..顔で弾く。フュージョンって言葉を思い出す。オリジナル、Jazzのカバー、Nirvanaのカバー。


pps140514.jpgpeppies、使うのはギター、サンプラー。だが主役はステージの床にずらーっと並べられた多くのエフェクターたちかも知れない。
サンプラーからリズム的に鳴らされる打楽器系の音、これが今までよりは強調されている? 弦を最初にすこーし弾き、それを回線の中でひたすらぐーるぐる、増幅、重ね、はいつも通り。


drvd140514.jpgdoravideoいやLaserGuitar? 今回は大分、ダンスチーム「レッグウォーマーず」で活動していたコンテンポラリー系のダンサーseiraとのコラボレーションも行なう。
ガンキャノンのようにステージ両側に置かれるレーザー射出装置。あらかじめ焚かれているスモークの上を光の描線が、スターウォーズのX-WINGの戦いのように我らに襲ってくる。
地鳴りのような音の中、暴れる回るレーザー。seiraも踊る。時にさえぎる様に真正面からレーザーぶつかる芸人根性も。


2014/5/13(火)

ドラびでお http://doravideo.net/
peppies https://soundcloud.com/peppies

テーマ:PLC・シーケンス制御 - ジャンル:学問・文化・芸術

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

11 | 2014/12 | 01
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー