FC2ブログ
大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※チケットなどのお問い合わせは アトホール まで。横のカラムの ABOUT/MAP (1) のカテゴリーをクリック


2015/4/3(金)【クラブ】
4_3freely.jpg
★FREELY★
OPEN/START 18:00(~23:00)
GUEST DJ:UE3(Cabospasm)/Oh!No!/ぎょろ/のぶ仔(indexes of Erudito) 他
DJ:No.13/GENKI(Takk)/SOU(One-Chance!)/きーふぁー(RAPT/indexes of Erudito)/Yukkey
painter:タカノ/だーさわ/mocchan 他
Staff:きゃりー、雪希
料金:2000円(DRINK FREE)

2000円飲み放題の聞き放題、踊り放題のクラブイベント「FREELY」、宗家の名古屋に負けずに大分でも。
大分県(大分、別府)を拠点に金曜日開かれるALLSTYLE MUSIC PARTY.




2015/4/4(土)【ライブ】
★ネジ巻き夜伽★
OPEN 18:30/START 19:00
出演:にしやまひろかず/アカリノート(東京)/山田庵巳(東京)/別府深緒(奈良)/hugh 他
料金:2000円(要1ドリンクオーダー)

アカリノート
1983年11月10日生まれ。鹿児島県出身。ビール狂。幼少の頃より様々な音楽に触れ、14歳の頃初めてアコースティックギターを手にする。作詞・作曲を独学で学び大学在学中より「誰かの心をそっと照らすような"アカリ″みたいな"音″」という意味合いの 「アカリノート」という名前で音楽活動を開始。都内各所で年間80本以上、また地元鹿児島をはじめ全国各地でもコンスタントにライブを行う。現在までに自主制作アルバム6枚を販売。5thCD「depaysement」に収録された「帰船」が鹿児島南日本テレビ「MBCニューズナウ」の2012年3月のエンディングテーマに起用される。併せてフォトグラファーとしてもミュージシャンのアーティスト写真撮影などを主に活動中。聴く人の心に静かに語りかけるようなその唄声は幅広い層から支持を受けている気がしてやまない。
http://akarinote.net/index.php

別府深緒
2011〜2012☆
TERRAという名前でおんがくをしていました
2013〜☆
soloでうたってます
http://hihumi0818.blog.fc2.com/

山田庵巳
八弦クラシックギターを携え弾き物語る、現代の吟遊詩人。
作品は壮大な物語から、美しい小品まで。
緻密に構築された作品たちは、観客を夢の世界へいざないながら、時にニヒルな語りを交えつつ進行される。
中性的な歌声と豊潤な音色のギターが織りなす唯一無二のステージは多くの人の心を掴んで離さない。
CD「機械仕掛乃宇宙」発売中

にしやまひろかず
音楽家 前衛家 何家 感覚家 家居ル家
http://ameblo.jp/haru70126/
hugh
サイケデリックフォークシンガー。クラシカルマナーなフィンガリングから繰り出される幻想的なアルペジオとウイスパーボイスが作り出す夢見がちな世界



2015/4/5(日)【ライブ】
★4or5(シカゴ)デビュー!★
START 19:00
出演:4or5/Chicago Blues Project/Juke Joint Blues Band
料金:前売予約1000円/当日1500円

4or5 フォー オア ファイブでも1or8でもない。”シ カ ゴ”だ。

Chicago Blues Project
1950~60年代前半のシカゴ・ブルーススタイルを基調にした大分のブルースバンド。 シンプルでありながら踊り出したくなるようなグルーヴ感は、お酒との相性抜群
Juke Joint Blues Band
Vo. 工藤 亜矢 Ba. 森 孝允 Dr. 平嶋 進一 Gu. ジャイアン・スガ
https://www.facebook.com/pages/Juke-Joint-Blues-Band/522934147795974



2015/4/11(土)【ライブ】
★大分大学サウンドファミリー新入生歓迎ライブ★
OPEN 12:30/START 13:00
出演:サウンドファミリーのバンドたち
料金:無料

大分大学の老舗軽音楽サークル"SOUND FAMILY"の新入生歓迎ライブ。
2015年度大分大学へ入学する音楽に興味ある新入生はぜひ足を運んでみては!?


チケットなど総合問い合わせ:AT HALL 097-535-2567 info@athall.com

2015/4/15(水)【ライブ】
mdmg1504.jpg
★マダムが行く!激闘・地下劇場 春場所★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:ゴトウイズミ(特技:歌とアコーディオン)/長井江里奈(特技:ダンス)/はと(特技:絵と工作) 他
料金:2500円(要1drink order)

問:organzainfo@gmail.com

予約特典 マダムツアーテーマソングCD もあり

「混浴ゴールデンナイト」での記憶も新しい“三鷹のチャカカーン・吟子”ことダンサーの長井江里奈。
広島の音楽喫茶「ヲルガン座」を拠点に先駆的なイベント連発しているアコーディオン弾きの歌うたい、ゴトウイズミ。
「しでかすおともだち」のイラストでもおなじみイラストレーター(ときどき踊り子)の、はと

三人の素っ頓狂なマダム達が、対戦(?)形式でお送りする一大レビューショー!
皆さまを 胸焼けするほど お・も・て・な・し?

各地で登場するスペシャルゲストもお楽しみに!


ゴトウイズミ
舞台型キャバレーなアコーディオン弾き語り。昭和や純喫茶、淫靡なものをひたすら愛すアングラ出身。
SXSW出演やFRINGEFESTIVALなどヨーロッパを中心に海外でも活動中。
見世物小屋バンド「ねこ虫」を経て、現在自身のソロプロジェクト「ゴトウイズミ+アコーディオン」名義でのアコーディオン弾き語りのスタイルと、lengyoと四谷マチバリとのユニット「ベロア合唱団」、四谷マチバリとのユニット「残酷サ故のメリィゴーアラウンド」を中心に活動中。他に数々のミュージシャンとの変則的なセッションやユニットも多く行う。
全国的にイベントのオーガナイズを展開し、MC、CM、ライター活動、ラジオのパーソナリティなどの活動をしつつ、広島の原爆ドーム近くでヲルガン座とふらんす座を主宰。日々赤いベルベットとサブカルチャーと純喫茶な日々。
http://gotoizumi.net/

長井江里奈
1975年 東京・吉祥寺生まれ吉祥寺育ち。
高校のダンス部でダンスを始める。専門学校のダンス科に入学。クラシックバレエ、モダンダンス、ジャズダンス、タップダンス、ストリートダンス(とその頃は呼ばれていた)をひと通り習う。モダンダンスに傾倒する。
専門学校卒業後、望月辰夫、能美健志、軽部裕美にクラシックバレエとモダンダンス(グラハムテクニック)に師事。
その後「伊藤キム+輝く未来」のメンバーになり、「伊藤キム+輝く未来」の解散後、「まことクラヴ」の活動を始める。
踊ったり喋ったり。映像作ったり。たまーによその舞台に出たりしつつ、基本的にはずっとまことクラヴの活動に専念。

2011年、「大人ディスコあけみ」というイベントに参加し「吟子」という源氏名を頂く。
吟子、長井江里奈でソロ活動をぼちぼち開始。踊ったり喋ったり。
2013年に「山猫団」を立ち上げる。
他にも踊ったり喋ったり演じたり指導したり。バレエスタジオで即興のクラスも担当。
普段は地味。
http://www.erinagai.com/



2015/4/17(金)【ライブ】
mmtd1504.jpgアトホール&カモシカ書店共同企画
『クレオール・ニッポン―うたの記憶を旅する』リリース記念ライブ★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:松田美緒(うた)/鶴来正基(ピアノ)/渡辺亮(パーカッション)
料金:前売3000円/当日3500円
予約・問い合わせ:アトホール
またはカモシカ書店 097-574-7738 kamoshikabooks.1900@gmail.com



松田美緒
土地と人々に息づく音楽のルーツを魂と身体で吸収し表現する”現代の吟遊詩人”。その声には彼女が旅した様々な地域の魂が宿っている。ポルトガル、ブラジル、ウルグアイ、アルゼンチン、ベネズエラ、ペルー、カーボヴェルデなどポルトガル語・スペイン語圏の国々で、ウーゴ・ファトルーソ、カルロス・アギーレなど現地を代表する数々のミュージシャンと共演。南米やヨーロッパ、韓国など世界各地で公演を重ねている。2005年にビクターよりデビューし、以来5枚のソロアルバムを発表。2014年12月、3年がかりのライブとフィールドワークの集大成である初のCDブック『クレオール・ニッポン うたの記憶を旅する』を発表。各方面から高い評価を得ている。
http://www.miomatsuda.com/

鶴来 正基
石川県金沢市出身の音楽家、作曲家。メインの楽器はピアノとキーボード。。
6才よりピアノを始める。高校時代は吹奏楽部に在籍、そのかたわらでピアノを越野正信、作曲を大能正紀に師事。大学時代にVARIETEに参加。'85年VARIETEのメンバーとしてアルファレコードよりデビュー、アルバムを2枚発表。VARIETE解散後はピアニスト、作編曲家として活躍。緻密に構築された録音物を作成するが、ステージでの演奏は即興性が強い。

渡辺亮
1958年生まれ。武蔵野美術大学卒業。
EPO、鈴木重子、スーザン・オズボーン、Yae、松田美緒、あがた森魚、アガルタなど、数多くのアーティストとのコラボレーション、レコーディングに参加。
サウンド・デザインとして汐留「日テレ大時計」、NHK・TV番組の効果音なども担当。
また、いわき芸術文化交流館アリオス、佐渡「鼓童」アースセレブレーション、横浜教育センター、地球市民かながわプラザ、浜松こども館など、各地でパーカッションのワークショップを行っている。
青山「こどもの城」講師、東京学芸大学非常勤講師。
ソロ・アルバムとして「ウォレス・ライン」「モルフォ」
著書に「レッツ・プレイ・サンバ」(音楽之友社)がある。
自己の活動として「妖怪探訪」と「南方幻想」を主催。



2015/4/18(土)【ライブ】
tlbs1504.jpg

★THULEBASEN Japan Tour 2015★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:THULEBASEN(デンマーク)/マクマナマン(福岡) 他
料金:前売2000円/当日2500円

THULEBASEN
Nis Bysted(Gu/Vo) Emil Elg(Ba) Rune Kielsgaard(Dr) Niels Kristian Eriksen(Gu)

ここ数年、Thulebasenとそのユニークなロックスタイルと即興性は、デンマークのアンダーグラウンド・シーンでも最も影響力の大きいものとなってきた。そのサウンドは、伝統的なロックを壊しながらも統一させた緻密な音で、ボーカル、不思議なメロディー、ノイズ、鼓動のようなリズムと突発なエフェクトを、まさにコラージュのようにブレンドしたものだ。

Nis Bystedが2001年に実験的にスケッチブックに描く様に始めたソロ・プロジェクトから始まり、7年間かけて造りあげたデビューアルバム “Guitar Wand” を、コペンハーゲンに拠点をもつインディーズレーベルEschoから2008年にリリースされ、反響を呼んだ。某アンダーグラウンドミュージックサイトUndertonerはこのアルバムを「マインドファックな傑作」と絶賛した。

後々、ThulebasenにFelia Gram-Hanssen(Valby Vokal Gruppe、 Selvhenter、 Paradisets Born)がドラム、Niels Kristian Eriksen(KLoAK)がギターで加入し、スリーピースバンドに。このトリオのファーストアルバム “Gate 5”が2011年にEschoとTambourhinocerosのコラボからリリースされた。
「今年のベストレコードのひとつ。まだ2月だけど、それは確信を持って言える」(Undertoner)、「Thulebasenはリスナーをロックの歴史の中でも最もサイケな場所へ連れて行ってくれる」(Soundvenue)、「まるでアンダーグラウンドから間欠泉を通して溢れ出る様なアルバム」(Politiken)と、レビューも好評。
メンバーチェンジを経て、Thulebasenは新しいメンバーで2015年リリース予定のアルバム製作に取り組んでいる。

Thulebasenはイギリス、スウェーデン、フィンランド、ドイツ、アメリカ、オランダ、トルコ、アイルランドとデンマークで100以上のライブを行なった。Ariel Pinkや、tUnE-yArDs、Father Murphy、Charles Hayward (This Heat)、Kim Ki O、Junglandacee、Excepter、Lucky Dragons、White Magicなどと共演。Venice Biennale、Roskilde Festival、Way Out West Festival、Iceland Air FestivalやCopenhagen:Dox Film Festivalなど、数々のフェスに参加。Thulebasenの曲は Eric Copeland、Gala Drop、Lucky Dragons、Hhappiness、 Lamborg Tony Lamburgによってリミックスされている。

Bystedが共同経営するEschoが主にThulebasenのデンマークでの活動をサポートしている。このアンダーグラウンドレーベルはIce Age、Goodiepal、Lower、Excepter、Mit Nye BandやT.S. Hoegなどのアルバムをリリースしたほか、コペンハーゲンではほかには見られないユニークな活動で知られており、Black Dice、Boredoms、Gang Gang Dance、Sunburned Hand of the Man、Chris Corsano、Otomo YoshihideやOmar Souleymanなどの国際的アーティストが出演するイベントを組んできた。
http://www.jvtlandt.com/live/thulebasen/

「デンマークでThulebasenていうバンドと共演したんだ。彼らはすごかった。僕らはレコードを交換したりして・・・最高だったよ。」Greg Saunier (DEERHOOF)

マクマナマン
ギターギターベースドラムの4人 インストバンドmacmanaman(マクマナマン)
ホームは福岡ヤフオク!ドームxxx!!!
俺がやる。
http://d.hatena.ne.jp/macmanaman/



2015/4/21(火)【ライブ】
★Takano Masamiki First Meeting★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:高野正幹(Sax)、長尾英二郎(G)、木村英夫(B)、志賀翔太(D) 他
料金:前売2500円/当日3000円(要1ドリンクオーダー)

高野正幹
佐賀県出身
サックス奏者として常に意欲的で活発な活動を続けている高野正幹。
彼は1980年代、宮間利之とニューハードを皮切りに、猪俣猛ら有名ジャズメンとの共演を続け、2001年に初リーダーアルバム「Star-Crossed Lovers」を発表して、ソリストとしての高い評価を得た。

木村英夫
佐伯市出身。ジャコ・パストリアスに触発されてベースシストの道へ。東京で27年間、スタジオ、TV、ライブで様々なジャンルのミュージシャンと共演。活動拠点を九州に移してからも、多彩なバンド・音楽イベントへ参加する傍ら、ラテン・フォルクローレユニットでのアルバム制作に関わるなど、ジャンルに縛られない活動を続けている。ソロアーティストとしては、ジャズに軸足をおいた独自な音作りをストイックに追求してきた。独自の感性を貫くプレイヤーとして音楽活動の舞台を広げている。



2015/4/25(土)【クラブ】
★4 to the place 8th Anniversary★
OPEN/START 22:00
DJ:sato/aizawa/Takushi/Negi/KEISUKELILITH/Don-Tabasco
VJ&Lighting nyun
SOUND SYSTEM YEBISU PRO
料金:With Ticket:1500円/Door:2000円

問:090-1087-9411(タケウチ)

TECHNO/HOUSEのPARTY。8周年のアニバーサリー。



2015/4/26(日)【OTHERS】
寄席あつめ 第1集★
開場14:00/開演14:30
出演:セックス・アンド・ザ・シティ(漫才)/藤本貴美公(落語)/おじぎ草(漫談w)/林田&佐々木(漫才from宮崎県) 他
   まぎーゆう(マジック)/アレクサンドラ・ちどり(歌ネタ)/まちゃめし(フリップ芸)/五代目メケメケ(漫談)(以上 豊後お笑い倶楽部)
料金:前売1000円/当日1200円

"ひょんなきっかけから漫才コンビを組むことになった、ルーシーと霙のユニット「セックス・アンド・ザ・シティ」。
宮崎のイベントでデビューを踏みましたが、大分でもお披露させていただこうと思いました。
素敵なゲスト多数お迎えしております、笑いに満ちた時間を一緒に過ごしていただけましたら幸いです。"



2015/4/29(水・祝)
★RESERVED★


チケットなど総合問い合わせ:AT HALL 097-535-2567 info@athall.com

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、右記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。
スポンサーサイト

テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報

夏の終わりの、夏休みの終わりの「AT RANDOM Special」。出演は3組。県外からのゲストを迎えて。

gts140829.jpgトップバッターは後藤慎太郎。個人名義だがドラム、ベース、ギターのトリオでの編成。練習入って1ヶ月くらい。つってもメンツは他のバンド経験などもあっての座りはいい。ギャーギャーしたよなハードコアナンバー、酩酊うたもの。バンドへと繋がっていく。


otns140829.jpg4人組のティーンエイジバンド「オトノシヅク」(2015年3月現在活動休止中)。青い光を放つよな疾走感のある歌と演奏。ギター、ベース、ドラム盛り込みたい時期、その中で歌を届けようと。新曲も。


incs140829.jpgトリは福岡からのゲスト「THE INCOS」。もちろん初登場。4人組でキーボードとドラマーが女子。アップトゥデイトな印象に残るリフで引っ張る曲もあるが、泥臭く熱いファンクナンバーも。男女二人がそれぞれがヴォーカルで持ち味を出す。沁み込むよなバラードも。


2014/8/29(金)



テーマ:洋楽ロック - ジャンル:音楽

2002年より大分のラジオ局(FM OITA)のラジオパーソナリティーとして活動をスタート。
現在は、タレント『大野タカシ』としてテレビ・ラジオ・テレビCM・ナレーションモデルメイクアップアーティスト・イベントMCなど多数出演中。

の大野タカシ。

彼がライフワークとして続ける音楽活動。その中でも貴重とも言えるアコースティックライブをアトホールにて。

clar140824.jpgオープニングアクトとしてベテラン歌ものアコースティックトリオ「Cool-air」が登場。
カホンにベース、アコースティックギター、若手一人に二人のベテランで大人の"シティポップ"と言いたくなるスムーズな歌を聞かせる。そして何気にベースは五弦、それ故か、と言いたくなるよなプログレ風味を感じたり。


tks140824.jpgそして主役のタカシー、アコギとパーカッションにキーボード、そして自らもアコギ、そして座ってのライブ、なんかCSN&Yなんかを連想するのは年齢が分かる。(そして実はそんなに曲は知らない)
ホールに座るお客さまたちに熱く、でもしっとりと歌を届ける。
今回の形態を生かしての普段のライブではあんまりやらない曲、そしてもちろんの達者なMCでも盛り上げる。
観客からのリクエストなんかも募るが、自身が歌いたい曲は挙がらなかったりするのはご愛嬌。でももちろんシングル曲の「恋のロマンチック爆弾」
なども。


さすがのエンターテナー。

2014/8/24(日)

大野タカシ http://ohnotakashi.com/



テーマ:心に沁みる曲 - ジャンル:音楽

「AT STRUTTIN' vol.5」

ogc140823.jpgまず登場は大口直人。アコースティックギターでの弾き語り。立っての。
フィンガーファイブ、ピンクレディーの「渚のシンドバッド」など。耳なじみ昭和のメロディ、かすれてるが艶のある声。オリジナルも耳なじみよい。


sik140823.jpg「さいきしみん」は手練れたちが集まってのトリオ。一人はまだ中津市民だが。フロントマンの大谷はアコギでやわらかい当たりの歌を。ファンシー歌もの、だがその芯には折れないぶれない強いものを感じさせる。


tdrk140823.jpg「tradrocks」もまたトリオ。アトホールは初登場。そしてその名前で感づいたらこれまた相当の手練れだが、敬愛するCharのナンバーでギター弾きまくり、ぶちかまちしまくり。大人のロックでもまだ落ち着かない。


sln140823.jpg「Saloon」、久々の登場。4ピースの爆音系のガレージR&Bバンド。ソニックスとかの方のR&Bね。いつものスーツではなく今回は夏ってことでアロハで。
荒いが少しリバービーにして、サーフソングに「ロールオーバーベートーベン」なども。


ppka140823.jpgラストはSTRUTTIN'の顔「ププケア」。キーボードにコーラス、ゴージャスに組み立てられる大人のファンキーロック。踊りだしたくなるリズム、ストレートなポップナンバー、バラードまで。ギターのフィードバックで感じさせる壮大さが印象に。


2014/8/23(土)



テーマ:楽器 - ジャンル:音楽

「宇宙の隅っこ その②」「cosmos」のタカノの企画によるライブ。今回は自身とも関係の深い鳥取?、いや島根のバンドが集まったイベント。またその繋がりによりスペシャルゲスト的に、大阪より下ネタのナポレオンクリトリックリスを迎えて行われた。

トップバッターは大分のガールズバンド「こどものあそび」。ラストライブになるやも知れぬ、みたいな状況を孕む中、ギターとドラムのみの二人、よりシンプルな機材で。それがよかったか。展開的には盛り上がりどころに工夫を入れて。

hsk140816.jpg

おじぎ草、いつも?はやれコンテンポラリーダンスや、ラガラップやー、何かアッパーなもんを仕込むが今回はアコギのみ。"ヘプバーンなあいつ"や"風に吹かれて"とメジャー、マイナー関わらず本歌取りでアシッド化。談志か。


clavinotes、竹田ソロに今回はあかしももかのエレクトーンのサポートが入って。鍵盤が綺麗だけどある種不規則な音に分かりやすい線を引いていく。しっぽを掴まれたくない、でもどっかで何かを舐めて、でも虚勢みたいなもんもコーラスとメロディの中に沈み込んで。

hsk2140816.jpg

緑の箱庭、タカノの盟友、島根繋がり。前回はDJ的に参加だったが今回はステージで。
PCを使ってのラップトップミュージック、そんな言葉で思い起こされるよな音楽、デジタルハードコア、レディヘ的エレクトロニカチップチューン、様々に風景を変えていく。


「cosmos」は基本タカノのギターと歌だが、ゲストの「なゆたのつぶて」よりドラム、ギターがサポートとして入っての編成。
シンプルなキックとライド、エフェクター重ねてグニャグニャ膨らむギターと刺さる音、フラストレーションをリバーブに包んで歌に乗せ。

hsk3140816.jpg

「ソプラノイズ」島根からのゲスト。ギターとキーボードの男女コンビに元メンバーがサポートに入った曲も。
演奏ももちろんあるが、朗読もあったりの実験的なパフォーマンスの趣も。ギターでミニマルにフレーズを重ねる。郷愁。
とんピクさんの「鍾乳洞へ旅」なんかも思い出したり。


「なゆたのつぶて」、トリオでのピュアシューゲイズ?バンド。ドラマーが曲によってはギターを持つ。ドラムセットでキックを踏みながらギターを重ねる。えっ!? そしてボーカルも。それってピュア?
尖がったギターの音。滝のようなシューゲイザ-にはベースが重要じゃね。やっぱ。

hsk4140816.jpg

トリはクリトリック・リス。裸がおいらのユニホーム。
サンプラーからのプンクボイ、DAFを想起するチープなトラックに合わせてラップであり歌、心の叫び?
裏表一体、人生。エンターテインメント、人生の悲しみを知ってしまったからねー。大したもんじゃなくてもね。
36歳から始めて8年、2年前には会社も辞めた。
笑いと悲哀の凄い落差。

半年後まさかのメジャーデビュー! 中年ホームラン!

2015/8/16(土)

クリトリック・リス http://star.ap.teacup.com/clitorick/
なゆたのつぶて http://nayutanotsubute.jimdo.com/
cosmos http://cosmsoc.jimdo.com/
緑の箱庭 http://midorinohakoniwa.tumblr.com/



テーマ:演歌/歌謡曲 - ジャンル:音楽

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー