大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


※チケットなどのお問い合わせは アトホール まで。横のカラムの ABOUT/MAP (1) のカテゴリーをクリック


2015/6/4(木)【ライブ】
★BERGLJOT Japan Tour 2015★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:Bergljot(ノルウェー/チェコ)/hugh
料金:前売2000円/当日2500円

BERGLJOT (ノルウェー/チェコ)
Vojtech Prochazka - シンセサイザー、エレクトロニクス、ピアノ
Adrian Fiskum Myhr - エレクトリックベース
Tore Sandbakken - ドラムス、パーカッション、ドラムマシーン

Bergljotは2000年に結成されたフリーインプロヴィぜーション音楽グループである。
豊かな音色、音質に焦点を当て、それらをクリアなアイデアで非常にゆったりと発展させるという独自の音楽スタイルを発展させている。
ピアノ、ベース、ドラムという伝統的な楽器編成であるが、シンセサイザー、エレクトリックオルガン、フィールドレコーディングやドラムマシーンなどを使いユニークなサウンドを形成する。Bergljotの音楽はエネルギー溢れる大音量のものから瞑想的な静寂まで幅広い。これまでにJazz Fest Brno, Natt Jazz Bergen, Koktebel Jazz Festival, Jazzinec Trutnov, Alternativa Festival, BE4など様々なフェスティバルに出演した。またフランス、ポーランド、ウクライナ、オーストリア、ドイツ、スロヴァキア、ノルウェー、スロヴェニア、ハンガリー、セルビア、チェコ共和国などでコンサートを行った。
https://www.facebook.com/bergljotmusic

「Bergljotは興味を惹く印象的なパフォーマンスで大胆で想像力に富む音波の美を奏でた」Eyal Hareuveni, Allaboutjazz.com.

hugh
サイケデリックフォークシンガー。クラシカルマナーなフィンガリングから繰り出される幻想的なアルペジオとウイスパーボイスが作り出す夢見がちな世界



2015/6/12(金)【ライブ】
0604nrrg_web.jpg

★NORA MULDER&ROGIER SMAL DUO★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:NORA MULDER&ROGIER SMAL DUO(オランダ)/Large
料金:前売2000円/当日2500円

Rogier Smal ロジャー・スマル (drums)
フリー・インプロヴィゼーションを志向するドラマー。2人のドラマーと自作電気楽器奏者によるグループ「Dagora」の他、さまざまなミュージシャンやアーティストとの共演やソロ演奏を行う。Toztizokレーベル他よりさまざまなユニットでCDやカセットテープをリリース。ドローイングやリリース作品のアートワークも多く手がけている。
http://rogiersmal.blogspot.com/

Nora Mulder ノラ・マルダー (piano, electrick cymbalom)
クラシック系ピアニストとしての演奏活動と並行して、最近はピアノとツィンバロム(中東欧でよく見られる打弦楽器)を用いて作曲や即興演奏を行っている。ソロのほかに彼女自身のグループ 7090、Trolleybusなどで活動。パフォーマンスの可能性を拡げるため、ミュージシャンだけではなく、ダンサー、美術家、俳優、詩人、料理人とも頻繁に共演している。
http://www.noramulder.nl/

Large (ラルジュ)
Trad + Tribal + Ever Green Pops + Experimental Music
北欧の曇り空。晴れたり曇ったりノルウェーの森。絵が見えるミュージック名付けて「えみゅー」。

ゆき かつや (Produce/A.Guitars)
いけなが なり (Flute,Ocarina,Others)
おくがわ ふみお (Double Bass,Others)



2015/6/13(土)
★RESERVED★

2015/6/14(日)【映画上映】
pcb141506.jpg
★劇場版「プロレスキャノンボール2014」上映会★
上映開始 14:00/17:00/20:00 ※開場は各回の30分前
※入れ替え制なし
料金:前売1700円/当日2000円

チケットは5/14(木)より発売開始
ローソンチケット Lコード:85880
アトホールでの受付のほか、
プロレス居酒屋とらの穴 097-538-1301
カレー酒場ROUTE10 0977-75-8272 でも販売

監   督:マッスル坂井
助 監 督:今成夢人
製作総指揮:高木三四郎
製   作:DDTプロレスリング
配   給:ライブ・ビューイング・ジャパン
DDT製作映画『劇場版プロレスキャノンボール2014』




劇場版「プロレスキャノンボール2014」
プロレスラーは強くて、楽しくて、ちょっぴりさみしい!!
簡単に言うならば、「疾走感あふれる青春アクションドキュメンタリー」です!!!
DDTを中心に集められたプロレスラー13名が、4チームに分かれ、自慢のマイカーでゴール(東北)をめざしながら、RUNステージとWRESTLEステージで得点を競っていく様子を自由に伝えるドキュメンタリー。スマホ片手にSNSを駆使し、プロレスラーのみならず、アイドルや一般人までをも巻き込みながら、迫ってもこない敵を無理やり引きずり出し、次々と戦いに挑んでいく。
総監督を務めるのは選手としても活躍していたマッスル坂井。かつて、カンパニー松尾監督の作品「劇場版テレクラキャノンボール」に感銘を受け、そのオマージュとしてDVD「プロレスキャノンボール2009」を制作している。あれから5年の時を経て、遂に実現することとなった映画製作となる本作品では、身近なようで身近じゃない「プロレス」を生業とするものたちが、全力で戦い、悩み、そして遊ぶ様子を描き出す。
http://liveviewing.jp/contents/ddt/

本編出演:
【世界一性格の悪いクレージー大社長チーム】 高木三四郎、鈴木みのる、葛西純、マッスル坂井、D:福田亮平
【DDTスペシャルチーム】 HARASHIMA、飯伏幸太、男色ディーノ、中澤マイケル、D:佐古俊介
【酒呑童子チーム】 KUDO、坂口征夫、マサ高梨、D:尾崎孔一
【ガンバレ☆プロレスチーム】 大家健、D兼任:今成夢人

監督:マッスル坂井
1977年新潟県新潟市生まれ。早稲田大学在学中はシネマ研究会に所属し、2000年よりDDT映像班兼練習生に。プロレスラーとしてデビュー後は、雑多なカルチャーのフレームワークを大胆に導入したプロレス興行『マッスル』を主宰し、一躍人気者になった。2010年10月に家業の金型工場を継ぐために引退し故郷・新潟に帰省。坂井精機㈱専務取締役として金型製作のほか、プロレス関連の仕事もおこなう、ものづくり系クリエーターである。
助監督:今成夢人
1985年新潟県長岡市生まれ。多摩美術大学卒業制作作品で監督した学生プロレスを題材にした短編ドキュメンタリー映画『ガクセイプロレスラー』がバンクーバー国際映画祭など多数の映画祭から招待される。2011年DDT映像班に。会場VTRなどDDTの映像演出全般を手掛ける。現在、テレ玉にて放映中の『DDTプロレス中継 さいたまースラム!』のディレクターを担当する他、衛星プロレス団体ガンバレ☆プロレスでは選手として参戦中。
製作総指揮:高木三四郎
株式会社DDTプロレスリングの闘う大社長。卓越した経営センスを基に、様々な分野、角度から情報を発信しマネジメントとプレイヤーの両面からDDTを支える社長レスラー。飲食店経営や、ストレッチ店運営などにも乗り出し、近年では音楽業界、ファッション業界などとのコラボレーション興行を行うなどプロレス界屈指のアイディアマンとしてレスリングビジネスの可能性を広げている。

【DDTプロレスリング】
こんなのプロレスじゃない!
そう言われ続けながら、インディープロレス界の最下層を這い続けてきた団体、DDT。キャンプ場、商店街、町工場・・・求められればいつどこでも誰とでも戦ってきた。そんな彼らの追い求めるドラマチックなドリームは、やがて「文化系プロレス」という新しいジャンルへと進化を遂げた。2009年以降は両国国技館、日本武道館などでのビッグマッチも成功させている。



2015/6/19(金)【ライブ】
★70's birds さすらいの月 tour★
OPEN 19:00/START 19:30
出演:70's birds(山口)/Project.G/Nobuharu Archaeology/甲斐"Shell"康彦
料金:前売1800円/当日2300円

70's birds
次世代にブルースロックを継承すべく刻まれるギターのリフ、泣きのギターは1音にして聞くものをノックアウト!今現在でも、正統にブルースロックを継承するものは、でてきてない!ありきたりの産業ロックにはうんざりだ、消え失せてしまえ!100%ブルースロックの塊と、魂の叫びは、ここにあり、ここから始まる。
メンバーが敬愛する、フレディー・キング/ジミ・ヘンドリックスなどのアーティストの音楽を受け継ぎ70’s birdsとして新たな形でブルースロックをプレイする。
http://theriver1109.seesaa.net/s/



2015/6/20(土)昼
★RESERVED★

2015/6/20(土)夜【ライブ】
★お疲れサマーソニック2015~KAWASHIまつり~★
START 20:00
出演:おじぎ草/にしやまひろかず/sakanafish/あかしももか/hugh/ネネカート/the omelettes/trialerror(熊本)/sportsman/THE ANOTHER PLANETS 他
DJ:Jonas&DAI
料金:1000円

おじぎ草
1963年、大分市生まれ、自称アシッド・フォークシンガーソングライター小笠原洋の一人ユニット
にしやまひろかず
音楽家 前衛家 何家 感覚家 家居ル家
http://ameblo.jp/haru70126/
sakanafish
魚と亀と暮らしてます。
あかしももか
1999年、『昭和喫茶』により、CDデビュウ。その後上京し、大学で哲学を学ぶかたわら、幅広い芸術表現に目を向ける2006年末、帰郷。2009年3月にCDアルバム『コスモポリタン・パレード』を発売。
以後も各所をふわふわと越えていく。
hugh
サイケデリックフォークシンガー。クラシカルマナーなフィンガリングから繰り出される幻想的なアルペジオとウイスパーボイスが作り出す夢見がちな世界
ネネカート
オルタナ・オルタナカントリー ってだけでもない。ソフトロック、フォークトロニカ、、なんだろ。グッドミュージックを。
"スティーリー・ダン"は合衆国南部を旅をする。
大分を基盤に、福岡、熊本へと足を広げる。
the omelettes
ex.cell、ex.SYMG、ex.gallo、ex.Third Sister Lovers、、、
アメリカンオルタナティブ、ニューウェーブ、ハードコア、ポップスなんかが玉子でふんわりまとめられた!?

trialerror
2004年熊本にて結成。幾度ものメンバーチェンジを経た後に辿り着いた、USインディーの空気をたっぷり吸い込んだインストロックを真摯に奏でる。
これまでにFC FIVE、mule、8otto、hyakkei、COMBOPIANO、ドラびでお+勝井祐二、PANICSMILE、KIRIHITO、forget me notといった様々なジャンルのアーティストを招聘しての自主企画も開催。

sportsman
"ゆるり"とした空気の中で"するり"と軽やかに言葉を綴る。
トリオと言う最小編成から生み出される無限の柔らかい宇宙
THE ANOTHER PLANETS
テン年代式"COSMIC WAVE PUNK"!!!を70年代生まれが!!!
http://theanotherplanets.jimdo.com/



2015/6/25(木)【ライブ】
★JAAP BLONK JAPAN TOUR 2015★
OPEN 19:30/START 20:00
出演:JAAP BLONK(オランダ)
料金:前売2000円/当日2500円

0625Blonk_wb.jpgJAAP BLONK
1953年、オランダ・ウールデン生まれ) は独学で作曲を学んだ作曲家で、パフォーマー、詩人でもある。1970年代末期にサックスを始め、数年後ボーカルパフォーマーとしての自らのポテンシャルに気づく。詩の音読を始め、後々即興や独自の作詩を披露するようになる。20年間近く彼の声こそが、彼の発見や新しい音を発展させるツールであった。2000年あたりからBlonkは電子音を使って作曲を始め、最初は自らの声をサンプルしていたが、後々シンセの音も含むようになる。
世界中で演奏を行っており、ステージ上での存在感や、即興での無邪気な自由さと鋭い構造の共存性が、彼のユニークさといえる。ソロでの活動のほか、Maja Ratkje、Dylan Nyoukis、Mats Gustafsson、Makigami Koichi、Jim O'Rourke、Joan La Barbara、Okkyung Lee、The Ex、Lasse Marhaug、the Netherlands Wind EnsembleやEbony Bandなどの多くの現代音楽や即興音楽のミュージシャンやアンサンブルとコラボも行っている。独自のレーベルKontransも経営しており、これまで22の作品をリリースしてきた。Staalplaat、Basta、VICTO、Ecstatic Peace、My Dance The Skull、Monotype、Plant Migration Records、Elegua RecordsやScumbag Relationsなどでも、Blonkのレコーディングを聴くことができる。
http://www.jaapblonk.com




2015/6/27(土)【パフォーマンス】
★theatrical torerocamomillo festival
 饒舌な殻2★

OPEN 19:00/START 20:00
出演:kazumaritchie/ヤマシン・スカイウォーカー/超人発電所/ルーシー・ラブグッドウィル/矢田未来
STAFF 藤本貴美公 / 宣伝美術 矢田未来
料金:前売1000円/当日1200円

未完成作品「だ ら し な い せ か い」

本作品は未完成公演です。
当日ご来場いただいたお客様の手で初めて完成品となります。ぜひ、ご協力を。



2015/6/28(日)【ライブ】
★Blue Babe presents「ふぉーくしょんぼりー」★
OPEN/START 19:00
出演:Blue Babeクルー
料金:お客様1000円/出演者1500円

問:Blue Babe 090-2510-0694

30年を超える歴史の大分のブルースバーBlue Babe主催のイベント。




チケットなど総合問い合わせ:AT HALL 097-535-2567 info@athall.com

※毎月のスケジュール情報の配信を希望される方は、右記のメールフォームにお名前をご記入の上、メールをお送り下さい。
スポンサーサイト

テーマ:九州(福岡・佐賀・長崎・熊本・大分・宮崎・鹿児島)・沖縄地方の各県の路線案内 - ジャンル:地域情報

ほっけが立ち上げたジャンボリーだから「ほっけジャンボリー」。立ち上げたばっかりだから第1宴。うたげだから第1宴。
ええ、ホールの中は海産物でいっぱいです。ウソです。
GO!です。

オーガナイザーのほっけちゃん自らが飾り付けたホールの中、ふぁんしー。旗、ハタハタ。あれ?やっぱり海産物?乾き物?

sknf141004.jpg開場早々、オープニングアクトのsakanafishが歌いだす。アコギでの弾き語り。寂しくて刺さる歌と言葉。自分が好きなラップ的な手法の曲も。
自身に良くしてくれた職場の先輩が辞める。そんなことも。


ggk141004.jpgそして出演者のトップバッターは「GO!GO!KISETSU!」。GO!です!
イベント主催のほっけがドラムを叩く。リーダーはギター。ホールは明るいまんま。どこか締まらない気がするがお構いなしで。
自分の嗜好をこだわり持たず出す。CloudNothingsみたいなギターかき鳴らし、酔っ払ったコールアンドレスポンス、ラップ


nnct1410104.jpg「ネネカート」、ここからは照明は普通に。そして音は練られたポップソングに、これは彼らにとって普通。洒落た音作り、アメリカ的、ヨーロッパ的、オールドタイミーなポップス、エレクトロニカ以降の肌触り、様々な側面。
「sren」では全員でのコーラスも。


grk141004.jpg記念すべき一回目のゲスト一組目は大阪からの3人組「GRIKO」。ドラム、ギター/キーボードにボーカリスト。
打ち込みと生音を合わせてダンサブルでファンキーなナンバー、メロの立ちまくった歌モノ、こちらも雑食かつ貪欲に。大人から子どもまで愛される曲を、って思いの感じさせるみんなの歌。パワフル。


flks141004.jpgトリは福岡からのゲスト。オーガナイザーほっけとも付き合いの深い?「The Folkees」。
ステージに上がった4人、ボーカルの糸永を中心とした陽性のロックンロール馬鹿でグイグイと引っ張る、ステージとのコミュニケーションも希求する、ポップ!なロケンロー。ヒロミゴーを思い出したり。GO!です!!


2015/10/4(土)

GRIKO http://grikorock.com/
The Folkees http://thefolkees.com/



テーマ:J−POP - ジャンル:音楽

「CHAOTIC NOISE RECORDINGS企画"三上寛 & ハナクソ"ツアー大分編」
日本の土着のドロドロした因習、タブーなど今まで取り上げられなかった闇、重い部分なんかを「怨歌」と言う形で歌にしてきたフォークシンガー三上寛がやって来た。

hnks140928.jpg高知ライブハウスCHAOTIC NOISEの企画したCD発売に合わせたツアー、CHAOTIC NOISEに深い関わりのあるハードコアパンクバンド「CONGA FURY」のメンバーでもあったハードコアソンガー! ハナクソがまず歌う。
身体を折り曲げつんのめるようにマイクに向かうハードコアソンガー!
"Greatfull Daysはやっぱ日本史上一番有名ラインを生み出してんな。"
てな感じでハードコアフォークにもフックを散りばめて。


mkmk140928.jpg三上寛、イメージどおりの坊主頭の魁偉、キャッチーでありながら底知れないデカさを隠せない。
グレッチのレッドファルコンをJCに通し、自由自在にかき鳴らし、アームで揺らす。それ合わせ自由に動き回り、重ねられる言葉には深くリバーヴをかけて。感情も揺らす。
"なんだろうこの説得力っつーのは。
ガチで吸い込まれるわ。
人間力?"
そんな簡単な言葉でまとめられるものではない、積み重ねと持って生まれたもの?
「夢は夜開く」に明日のジョーをつなげて。感じられる言葉の強さ。


2014/9/28(日)

三上寛 http://ameblo.jp/kan-mikami/
ハナクソ http://hanakuso.blog.jp/



テーマ:ギター - ジャンル:音楽

「AT SKETCH Specail」、弾き語りのアーティスト4人が集まってのイベント。
東京山口からの3人と異地から匂いが強くなっている。

nsym140927.jpgその要因でもある大分のにしやまひろかず、彼が彼ら、彼女らを呼んだ形である。
ガットギターで細かく指弾きを重ね、朗々と歌い上げる。どちらにしてもクセは強い。出所不明、在所不明、行先不明。いつも通りではあるが、終わりにギターのボディを叩いて拍手を求めたり。


tgw140927.jpg戸川碧子山口在住、福岡などでも活動する弾き語りシンガーソングライター。赤いカーディガンマッシュールームカット、普通のアコギがかなり大きく見えるプチサイズ。
キャットボイスと情念系の絶叫を自由に行き来する。ガーンとビビらすくらいギターを鳴らしたり。魔法が使えたら。


knst140927.jpg木下拓也、歌うたい。弾き語り、今日の中では逆に少数派のストロークが主体のプレイ。
現場で叩き上げられた感を感じさせる、煮込んだ歌声とステージでの佇まい。いい加減の裸感を感じさせる。


ymgt140927.jpg山口茉莉東京生まれ。東京育ち江戸っ子。灰色の団地、窓から見えるコンビナートを見て育つ。HIPHOP育ちでもないし、所謂江戸っ子感は感じない。
小さい水玉のワンピース、微音の指弾きの繊細な音、クラシカル、バロック?合ってんのかな。浮世離れしてるようで、仕事を休んで旅行、みたいな俗っぽいところも。



2014/9/27(土)

山口茉莉 http://www.yamaguchimari.com/
木下拓也 http://kinoshitatakuya.web.fc2.com/
にしやまひろかず http://ameblo.jp/haru70126/
戸川碧子 http://aoiuwasa.tumblr.com/



テーマ:クラシック - ジャンル:音楽


劇団トレロカモミロ主宰のkazumaritchie超人発電所による2時間ノンストップ&ノンカテゴライズトークショー「のばなし」。その24。
ゲスト工藤健太、そうあの人。
「くそぉぉ!」 “Dammit.”
セリフ、ジャック・バウアー。「24」って数字だけに引っ張られてる。られ過ぎている。
そして合っていない。シチュエーションにも。

nbns140926.jpg

ホスト二人のトークもそこそこに、けっこう早めにゲストが登壇。
「この瞬間を待っていた!」 “I've been waiting for this.”

上だけはスーツジャケットをちゃんと付けているが、下はジーパン姿。
これが画面の裏側の意外な真の姿らしい。

nbns2140926.jpg


彼、kazuの方とは古くからの知り合いらしい。なんで昔話も。いろいろと。

特技の詩吟の披露などもあったが、それからはオフレコトーク。止まらないHA~HA。
お仕事がお仕事だけに。お仕事だが。
言いたい事も言えないこんな世の中は? POISON

ああ、無常の世界。 "You Can't Always Get what You Want"

「大丈夫だ!」 “We're clear.”

2014/9/26(木)



テーマ:こんなことがありました - ジャンル:ブログ

竹田、大分県立芸術短期大学 竹田キャンパスでのアートイベント「パラード 2014」を終えてそのパッケージがそのままスライドしてきたような「SALMO MEETING SPECIAL」。SALMOってことは企画は山内桂
京都鹿児島、果てはデンマークからのアーティストたちが集まっている。

まず登場するのは松本充明。サウンドアーティスト、は今回の楽器はストリングス、と言うのはチェロと琵琶をフランケン的に合体させてるもの。琵琶のイメージが強めのプリペアド琵琶のようなもの、ループ、叩き、こすり、演奏と言うよりは音を出していく、というもの。

sms140920.jpg

次いではアコーディオンとシンセのryotaroとダンサー山口惠子とのデュオ。即興で作り出す持続音主体の音に、これまた即興で合わせていくコンテンポラリーダンス、緩急ある動きの中一つ一つの切れがさすが。観る方も演じる方も息を飲む。


山崎昭典京都丹後半島在住のギタリスト、作曲家。アコースティックギターをコンデンサマイクで拾って。それで分かる通り繊細な細かい指弾き。音を積み重ねて。細やかでありながら温かみのある音。

sms2140920.jpg

そして山崎が残ったまま、ボーカルとして安田敦美が加わっての「ARK」。繊細なギターの音色にボイスエフェクトを加えた歌声がのる。かすれた倍音。
バロック的な肌触りを感じたり、どこかアニメゲーム音楽的な印象を浮かべたり。


ホストの山内がここでステージへ。ソプラニーノ、スクワットするように身体を折り曲げたりしながら、即興。ぱたぱた、ぽんぽん、ぴー。音が鳴り、空気を震わす。軸は、として、動かず。

sms3140920.jpg

Martin Hoshi Vognsenはコペンハーゲン在住のギタリストでありサウンドコンポーザー、そしてレーベル主宰者でもある。
トラベラーズギターをステージに横置きしてE-BOW、弦の間に鉄棒みたいなものを挟んでプリペアド状態にして音を出す。ただ出す。何が何だかようわからりませんなー。


河端一、「Acid Mothers Temple」のギタリスト。てことでアトホールではもうおなじみ。
今回はギター一本で、椅子に座って。微小な音から持ち時間一杯を使ってドローン、引っ張って一瞬の爆音、ロックスターが顔を覗かす。十手、弓、いろいろ使ったり。

sms4140920.jpg

最後は引っ張りに引っ張って舞踏藤條虫丸、豪華にも今までステージで演奏したメンバーが全員集結してのセッション。顔芸まで、って言う言い方は違うが、身体全体を使っての表現。
音を出すみんなもそれを逃さないように注目して。どこで引いて、どこで出るか。さすがのもの。心の動きを力づくでももぎとってく。

2014/9/21(日)

山内桂 http://salmosax.com/
藤條虫丸 http://www.notus.dti.ne.jp/~mushimal/



テーマ:エフェクター - ジャンル:音楽

(まれびと)」
外部からの来訪者(異人、まれびと)に宿舎や食事を提供して歓待する風習は、各地で普遍的にみられる。

出演バンドは4組中3組が県外からのバンド。

kkp140919.jpgトップバッターはfrom 福岡はサイキックシティ田川の溝野ボウフラを中心とした「kakapo」。ギター2本にベース、ドラムで作り上げられる農場のインストサイケ、プログレ風味。組曲形式のオーガニックポストロック、もっともっともっと煮詰めたい。


tap140919.jpg唯一の大分組トリオ「THE ANOTHER PLANETS」。ライブはけっこう久しぶり。COSMIC WAVE PUNK from 70'sからのテン年代は天然のイルっぷり。既存曲のテンポも落としてそれは増す。新曲、プラスチックスの「top secret man」のカバーも。


sgtd140919.jpgfrom 広島No.1、「speaker gain teardrop」。スリーピース・ポストロックシューゲイザーバンド。自らで電子音楽系イベントを主催するなど精力的な活動を続ける。意識の高さを感じさせる積み上げてくようなシューゲイズ、誠実な音、逸脱はいづこか? ダイナミック。


usgb140919.jpgfrom 広島No.2、広島のインディーズバンドです「ウサギバニーボーイ」
メンバーはおよそ25~6人の内4人~6人程度が出演します。
こちらも広島で主催フェスなどを開催するなどの確かな指針を持つ人たち。
現在のJ-ROCKのある種の源流を感じさせるよなハイスパートメガネロック。グレートアマチュアリズム。おばちゃんも踊る、アンコール。


2014/9/20(土)

ウサギバニーボーイ http://usagibunnyboy.com/
speaker gain teardrop http://speakergainteardrop.com/
THE ANOTHER PLANETS http://theanotherplanets.jimdo.com/



テーマ:J−POP - ジャンル:音楽

// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

04 | 2015/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。
  1. 無料レンタルサーバー