FC2ブログ
大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
 "511(ゴーイチイチ)"、並んだ3つの数字。2009年5月11日、アトホールで歌う3人の女性。
 石橋英子ミワサチコ、とうめいロボ。彼女たちは、それまで何の接点もなかった。それぞれが溢れんばかりのタレントを持ち、各々が輝いている。同じ場所、同じ時に交差する時、さらに輝きを増した。

tohmei090511
 岡山出身、東京在住、前日は新潟でライブのとうめいロボ。
 ステージの真ん中、すっと上に引っ張られるように立つ彼女。ジャズマスタータイプ、ディストーションとループステーション。
 繊細な歌声、でも強い。むき出しで突き刺さるような言葉。天然もののようで、間と強弱を巧みに使う。シンプルにただ歌を届ける。
 巫女のようにどこかから降りてきたような歌が続く、ラストの「黒猫温度」では客席を走り回り、カスタネットを渡し、一緒に歌うことを求める。なんかホッとする。

miwa090511 
椅子に座り、エレアコを抱え、いつものスタイルのミワサチコがそこにいる。
 中高域の豊かな声、心地よい響きを残し、天へ消えていく。
 心地よく場を支配する、真っ直ぐな凛とした声。その佇まいも含めて、少年のように感じる。わざとらしくない自然な意味で"自然体"、初夏の緑の原のような歌を届ける。
 あまりMCを挟まず、新曲も交えながら、流れるように。

ishibashi090511
 ステージ上にはエレピが一台。マイクはこれまたループに繋がれる。
 最初はピアノだけの曲を。流麗かつ力強いピアノの調べ、演奏力の確かさを大いに感じる。ピアノと言う楽器の、右手と左手で別の音が出るという強みを存分に感じる。
 そして、ひとたび歌いだすと、その紗のかかった声に自然に心も持っていかれる。やはり何か聖性を持ったふくよかで奥の深い声。また、それを単純に良いメロディに落とし込むだけでなく、何度もループで重ねるなど素材の一つとしてクールに扱うサウンド指向も興味深い。
 最後の曲はゲストのSaxの山内桂と。彼女の曲を初共演とは思えない息の合い方で(でも緊張感も孕みつつ)、プログレッシブに大曲に仕上げる。朝のテーマ。

 ただシンプルに歌の良さが堪能できた、素晴らしさが心に沁みた夜。
 最高の一夜だったと言っても良いのではないしょうか?

2009/5/11(月)

石橋英子 HP:http://www.eikoishibashi.com/
 http://www.myspace.com/eikoishibashi
とうめいロボ HP:http://toumeiroll.googlepages.com/
 http://www.myspace.com/toumeirovo
ミワサチコ HP:http://www.geocities.jp/miwa01234/



スポンサーサイト



テーマ:女性アーティスト - ジャンル:音楽


管理者にだけ表示を許可する
http://athallreport.blog56.fc2.com/tb.php/347-07b5e69a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
  1. 無料レンタルサーバー