FC2ブログ
大分市にあるイベントホールAT HALL(アトホールです。アットホールじゃないんです)で行なわれたライヴ、クラブイベント、映画上映会などの様々なイベントの模様を報告するブログです。
ボアダムスのギタリストとして、ROVOのギタリストとして、そして一楽儀光とのセッションなど幅広くコラボレーションを行なうなど、精力的に活動を続ける山本精一。彼が、構築性をベースにした、室内楽的グルーヴの追求をコンセプトとして立ち上げたグループ「PARA」。そこで重要なピースを占める、スペースギターの YOSHITAKE EXPEシンセサイザー西滝太 (彼はナカコーのiLLなどにも参加している)によるユニット 「EXPE.NISHI/INVISIBLE DUO」 が大分にやって来た。

exni100921
ステージ奥には、今回のツアーを一緒に回る相方でもある「小松音響研究所」の真空管アンプスピーカーウーハーが鎮座する。
ステージ左手のYOSHITAKE EXPEの前には、いつもようにおびただしいエフェクターにフットスイッチ、ループマシン。
ステージ右手には西、KORGのシンセとアナログの名機MSシリーズの2台、そして足下のループマシン。それが逆にシンプルに見える。
ちょっとした町工場ばりに機械が並ぶステージ。

exni100921_2
YOSHITAKEのギター、フレーズを弾く。エレキで、ガットで。短いの、長いの。チョッパーみたいに親指で、ピックで。ベース音で、トーキングモジュレーターで。それらがループマシンなどにより次々と重なり、重層的な音絵巻が広がっていく。
西の鍵盤、シンセでの白玉的な環境を作る音、ピアノでの華麗な指捌き、特徴的なアナログシンセ、ガムラン的アジアな音色などなど。
様々な音の応酬、もはやどれがどの音やら。ループの把握、足下のスイッチの抜き差し、それを間違えることがないのだろか? とか単純に思ってしまう。
音は波のように押し寄せたり引いたり。グルーヴィーに、時に優しく。

1時間ほどの極彩色の宇宙旅行。初秋、春が押し寄せる。 2010年

2010/9/21(火)

EXPE http://www.nuexpe.com/



スポンサーサイト



テーマ:ライヴレポ・感想 - ジャンル:音楽


管理者にだけ表示を許可する
http://athallreport.blog56.fc2.com/tb.php/507-93feeadf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
// HOME // 
Powered By FC2ブログ. copyright © 2005 アトリポート all rights reserved.
プロフィール

ATHALLあとうほる

Author:ATHALLあとうほる
アトホールのホームページは
http://www.athall.com/

当ホールは、各種イベントスペースと
してご利用いただけます。お気軽にご
相談ください。

※当ページの写真、文章の無断使用、
転載を禁じます。

最近の記事
月別アーカイブ

カテゴリー
カレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最近のコメント
最近のトラックバック
リンク
FC2カウンター
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

フリーエリア

あわせて読みたいブログパーツ

QRコード

QRコード

RSSフィード
ブログ内検索

ブロとも申請フォーム
  1. 無料レンタルサーバー